From:ななころ
プライベートオフィスより

◆『人を動かす』を7回を読むプロジェクト

日本を代表する商売人が、

「この本は良い!」

「私の本を読むぐらいならこの本を読め!」

「7回は読みなさい!」


というほどの名著。


「人を動かす」(デール・カーネギー)

51gbCN9nJAL._AC_UL320_ML3_



しかし、簡単なようでいて難しい。

なかなか7回も読むことができない。

さらに言うと、1回すらちゃんと読むことができない。。。


ということで、1話づつクイズ形式にしてブログでシェアすれば、ななころが本の内容を理解しながら読み進められるのではないか!?

ついでに、ブログの読者のために役立つのではないか!?


と思い立って始めたプロジェクト。


「『人を動かす』を7回を読むプロジェクト」


「不動産投資のブログなんだから、不動産投資に関して発信してよ」と文句が出そうな企画(笑)。

自己啓発系に興味の無い方や毛嫌いしている人は、どうか読み飛ばしてしまってください。

(毎週1回だけの配信の予定です。)


とはいえ、人生をより良く描くには人間関係を良好に保つことが不可欠。


「人の動かす」の原文タイトルは、

「How to win friensd and infulence people」

(友を得て人々に影響を与える方法)



ブログ読者様と一緒に「人を動かす」を読み進めながら、良好な人間関係を築いていきたいと考えている次第です。


 【第一話】日本一の商売人が「7回読め!」と言った本とは?

 【第三話】人を動かすためのたった1つの秘訣とは ?

 【第四話】「人の立場に身を置く」とはどういうことなのか?

 【第五話】数年間ずっと断られ続けてきた営業マンが、相手の方から「買うよ」と言われるようになった秘訣とは?


 【第八話】歴史的なアメリカ女性誌を作り上げた人物が、少年時代にアメリカ中の成功者とつながった秘訣とは?

 【第九話】史上最年少42歳でアメリカ大統領になったルーズベルトが考えていた「人の心をとらえる近道」とは?

 【第十話】人間関係の重要な法則「相手に重要感を持たせる」その具体的な方法は?

 【第十一話】相手と議論になった時、この世にただ1つ最善の解決策とは?

 【第十二話】相手が明らかに間違っている時でも、意固地にさせず、誤りを認めさせて、納得してもらうには?
 
 【第十三話】自分の非がある時、相手がすんなり許してくれるためには?

 【第十四話】ことわざ「1ガロンの○○よりも、一滴の△△△△の方が、多くの□□が取れる」

 【第十五話】建設的な議論をしたい場合、絶対にやってはいけないこと、やるべきこと

 【第十六話】話しをまるで聞かない反抗期の娘の心を開いた母親の態度とは?

 【第十七話】人が自ら進んで動くようになるには?

 【第十八話】相手と意見・主張が異なる時、非難することではなく、まずは◯◯する

 【第十九話】相手の敵意を好意に変えるためには?

 【第二十話】成功している人ほどお金では動かない理由

 【第二十一話】人を動かすには事実を伝えるだけでは足りない。◯◯が必要!

 【第二十二話】鉄鋼王カーネギーが重宝した人物の優れた業績アップの方法

 【第二十三話】相手を納得させるのは、過失を責めるのではなく、まず相手を○○る。

 【第二十四話】対立を生まずに、相手を注意するには?

 【第二十五話】相手を不愉快にさせずに注意するには?

 【第二十六話】反感を生まずに人を動かすには「命令せず、○○を求める」

 【第二十七話】相手の○を立てるだけで、伝わり方がまるで変わる!

 【第二十八話】人を動かすどころか、人生を大きく動かすほどの威力のある「○める力」



◆カーネギーからのクイズ #028

最近まで立派な仕事をしていた従業員。

優秀で経験豊富な機械工だ。


しかし、ここ最近、彼の仕事ぶりが粗雑になってきた。

能率も落ちてき、出来栄えも今までに比べて今ひとつだと感じるようになってきた。

あたなは以前のような優秀な仕事をしてほしいと考えている。


この場合、従業員が、やる気を失ったり反感を買ったりすることなく、指摘するにはどうしたら良いだろうか?


Carnegie02.jpg.pagespeed.ce.yk3CDpbjlz



◆答え

ジョルジェット・ルブラン女子の書いた著書

「我が思い出(回顧録)ーーーメーテルリンクとともに」

には、シンデレラのような運命を辿った貧しいベルギー娘の話が描かれている。


このベルギー娘は、とても不器用で、 斜視で、O脚。

心身ともに貧相な少女だった。


しかし、ある一言が彼女の運命を大きく変える奇跡が起きた。

表情も変わり、容姿も女優のように美しくなったのだ。


そして、二ヶ月後。

彼女は最愛の人と結婚。

冴えない皿洗いの少女が、誰もが羨むような人生を得ることに成功したのだ。


その一言とは、

「マリー、あなたは自分の中に素晴らしい宝物を持っているのに、気がついていない。」


話をクイズの答えに戻すと、能率の落ちてきた従業員にどんな言葉をかけるべきだろうか?


あなたがこの従業員を怒鳴りつけたり、脅したりしても逆効果になるだけだ。

彼が仕事にやり甲斐を感じ、以前のような仕事ぶりを発揮してもらうにはどうしたらいいだろうか?


1つの解決策としては「期待をかける」だけでいい。


「ビル、君は優秀な機械工だ。経験も豊富だ。君の立派な仕事ぶりを、大勢のお客さんが褒めている。」

「だが最近、どうも仕事の能率が落ち、出来栄えも今までに比べてもう1つのようだ。」


こんな風に、期待を込めて話してみるのはどうだろうか?


彼は、自分の仕事ぶりが低下していることに気がついていなかっただけだった。

そして、以前にも増して優秀な仕事ぶりをするようになったのである。



人を変える原則А峇待をかける」

1972391_s



◆ななころの体験談と実践

昔好きだったTV番組の1つに「初めてお使い」があります。

自分の幼い子どもに近所のお使いをさせるという番組なのですが、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。


途中で怖くて泣き崩れてしまうシーン。

幼い兄弟や姉妹で助け合っていくシーン。

お使いを終わらせてママの胸に飛び込むシーン。

未知の世界に勇気を持って挑んでいく幼い姿に、何度も涙しました。


これも1種の「期待をかける」ということですよね!


ななころも息子たちには、重荷にならないように「期待をかける」ようにしています。

「素晴らしい力を持っているんだよ」

「まだまだ可能性をいっぱい秘めているんだよ」

といつも我が子に声をかけるようにしています。


また、ななころのセミナーや勉強会を受講された方はご存知かと思いますが、ななころはいつも会員さんや受講生さんに期待をかけています。

「あなたには無限の可能性がある」

ということを伝えています。


すると、本当に素晴らしい人ばかりに囲まれるようになっています。

これからも相手に対して、そして自分自身に対しても期待かけていきたいと感じている次第です。



◆編集後記

今は亡きプロ野球界の名選手であり、名監督である野村克也氏の名言。

「三流は無視、二流は称賛、一流は批難」


プロの世界だから、競争は厳しい。

だから三流選手は、プロとして残るならば、死に物狂いで努力するしかない。

もしくは、早いところ、転職した方がいい。

その選手に、褒め言葉は、むしろマイナスになる。

だから「無視」する。


二流の選手は、褒めて褒めて、気分良くして、使う。

褒められることが一番、選手を伸ばす。


しかし一流選手は、褒めてはいけない。

一流は子供のころから褒められることに慣れている。

褒めると図に乗る。

だから批判して、発奮させる。

そのために、的確に非難する。

一流選手は、その非難に耐え、乗り越えて、超一流となる。


ヤクルトの選手時代の古田敦也捕手は、言う。

「野村監督から褒められたことがない」


ななころは、「自分は褒められたら伸びるタイプ」と言っちゃったりしますが、二流なんですね。。。

超一流を目指すために、このブログももっともっと批評してください!

(でもやっぱり嬉しいコメントも待ってます笑)