From:ななころ
プライベートオフィスより

◆「7回読むプロジェクト」とは?

これまで毎週火曜日は、世界的名著「人を動かす(デール・カーネギー)」をブログ読者のみなさんと一緒に読んできました。


なぜかというと、日本の長者番付に何度も輝いたことのある斎藤一人さんが、

「私の本を読むぐらいなら、この本を7回読みなさい」

とおっしゃったほどの名著だからです。


ところが、この本、なかなか一人では読み進められない。。。


内容が素晴らしいことは分かるのですが、眠くなるのです。

まるで校長先生の朝礼を聞いているかのようなのです笑


読もう読もうと思って、かれこれ20年以上も放置していた本でした。


そこで、毎週1章づつクイズ形式にして、ブログ読者さんと一緒に読み進める形にすれば、じっくり読破できるのではないかと考えたのです。


そしてみなさんのお陰もあって、約8ヶ月をかけて精読できたのです!

私自身大きく成長することができました。


そして次の本に選んだのが、「道は開ける」です。


原題は「How to stop worring and start living」。

直訳すると「心配するのを止めて、新しい人生を生きていくための方法」という意味になるでしょうか。


その本は、「人を動かす」の姉妹本と呼ばれている本。

同じデール・カーネギーが書いた本。

同じく世界的なベストセラーになっている本。


「人を動かす」が自分の「外」へどうやって影響を与えていくかについて書かれた本とするならば、今度の本は逆。


自分の「内」へどうやって影響を与えていくかについて書かれた本。

人間誰しもが絶対に抱える「悩み」への対処について書かれた本なのです。


まさに今はコロナもあり、さまざまな心配や悩みに溢れています。

心配や不安に立ちすくんでいる方も大勢いると思うのです。


本に導かれるようにこの本を手にしていました。

このブログを読んでくださっているみなさまと一緒に読み進めていき、よりよい人生を生きることができればと願っております。


<バックナンバー>

【第一話】続・「7回読む!プロジェクト」

【第二話】悩んでいた医学生のその後の人生を大きく変えた本の1節とは?


【第三話】あなたの悩みを解決する!魔法のような3ステップ

【第四話】一流企業の重役の健康診断を行ったところ、驚くべき結果が!?汗

23FC780E-5B87-44FA-8ED4-61248DF79386_1_105_c



◆カーネギーからのクイズ #04

生死に関わる悩みにぶつかった時、あなただったらどのようにその悩みに対処するだろうか?


第二次世界大戦中、一人のアメリカ人が中国上海で生命保険会社を経営していた。

当時、彼はアジアで最も成功したアメリカ人実業家と言われていた。


ところが、戦争が始まり、日本軍が上海を占領した時、絶対絶命の危機に直面した。


これまで築き上げてきた資産のすべてを没収されないように工作したのが、日本軍に露見したのだ。

拷問にかけられ、死を覚悟しなければならない。


友人の一人は、連行されるようりはましと自殺した。

別の友人は、十日間尋問と拷問を受けた末に死んでしまった。


明日には日本軍の担当官が事務所にやってくる。


逃亡しようものなら射殺されることだろう。

釈明ができる状況にもない。

明日朝までにどのように対処するかを決断しなければならない。

不安と悩みで身も心も押しつぶされそうな状況だ。


このような絶体絶命の状況の時、彼はいったいどのようにしてこの不安や悩みから解放されることができたのであろうか?

そして、どのように窮地を乗り切ったのであろうか?


Carnegie02.jpg.pagespeed.ce.yk3CDpbjlz



◆答え

前章でも触れたが、悩みは最悪の副作用をもたらす。

いつまでたっても考えがまとまらずに堂々巡りを繰り返していると、やがて神経症をもたらし、生き地獄へ追いやるのだ。


幸いなことに、事業家として幾度も悩みにぶつかり解消して成功してきた彼には、悩みから解放される術があった。

悩み解消の4つの段階を踏めば、悩みの9割を追い払うことを知っていたのだ。


その4つの段階とは、

ステップ1.悩んでいる事柄を詳しく書き記す

ステップ2.それについて自分にできることを書き記す。

ステップ3.どうするかを決断する

ステップ4.その決断をただちに実行する



彼はアレコレ悩む前に、まずはタイプライターに向かって、悩みの種は何なのかを明確にしていったのだ。

そして、悩みがほぼ消えた状態で覚悟を決めて望んだのである。

すると、翌朝予定通り日本軍の担当官が事務所に来て睨みつけてきたが、事なきを得たのである。


もし仮に不安にさいなまれてビクビクしていたり、夜一睡もできずに疲れた顔をしていたら、日本軍の担当官は猜疑心が沸き起こっていただろう。

彼の命はなかったかもしれない。


「人間は考える努力を省きたいがために、ありとあらゆる方便に頼ろうとしてしまう。」

これはトーマス・エジソンの有名な言葉である。


まずは悩みを書き出すことから始めてみよう。


第2部・第4章「悩みの分析と解消法」

4457940_s



◆ななころの体験談と実践

不動産投資は悩みの連続ですよね!?

何百万円、何千万円、時には何億円というお金を投資するのですから、悩まない方がおかしいのかもしれません。


ななころも最初の物件を競売で入札する時は、怖くて恐くて仕方ありませんでした。

何千万円、何億円と投資している人から見たら恥ずかしいのですが、最初は800万円という金額を投資するのに何度も苦悩しました。

(今では数百万円の投資をなんとも思っていない自分が怖いですが笑)


そんな時、ななころが実践した方法も「書き出す」ということでした。

A4のノートを広げて、自分の考えていることや不安を書き出せるだけ書き出しました。

最後には覚悟を決めて、800万円という金額で入札したのです。


そして、今のななころがいます。

この物件は借金もなく、毎月30万円以上の家賃収入を10年以上も生み出し続けてくれています。


きっとこれからも悩みはあると思います。

もっと大きな悩みにぶつかることもあるでしょう。

その度にこの章を思い出し、悩みを書き出し、悩みに対処していこうと思います。



メルマガでは毎回2000文字から3000文字で、不動産投資に役立つ情報を書いています。

▼毎週金曜配信のメルマガ登録はコチラ

※登録は無料です。気に入らなかったら即解除もできます。



◆編集後記

ここ最近はお金の悩みは解消されつつある一方で、子育ての悩みが尽きません。


息子たちは成長し手間はかからなくなってきた一方で、自己主張が強くなりますし、反抗するようにもなっています。

息子たちの人間関係の悩みも増えてきています。


親としてどうすればいいのか?

息子たちにどこまで手を差し伸べていけばいいのか?


息子たちが思い悩んでいる姿を見ると、親としては自分が悩んでいるよりも辛く、いたたまれなくなることもあります。


しかし、親としてできることは限られています。

息子たちの代わりに人生を生きることもできません。


息子たちが悩みに対処していく術を一緒に考えていきたいと思っている次第です。の