From:ななころ
プライベートオフィスより

◆「7回読むプロジェクト」とは?

これまで毎週火曜日は、世界的名著「人を動かす(デール・カーネギー)」をブログ読者のみなさんと一緒に読んできました。


なぜかというと、日本の長者番付に何度も輝いたことのある斎藤一人さんが、

「私の本を読むぐらいなら、この本を7回読みなさい」

とおっしゃったほどの名著だからです。


ところが、この本、なかなか一人では読み進められない。。。


内容が素晴らしいことは分かるのですが、眠くなるのです。

まるで校長先生の朝礼を聞いているかのようなのです笑


読もう読もうと思って、かれこれ20年以上も放置していた本でした。


そこで、毎週1章づつクイズ形式にして、ブログ読者さんと一緒に読み進める形にすれば、じっくり読破できるのではないかと考えたのです。


そしてみなさんのお陰もあって、約8ヶ月をかけて精読できたのです!

私自身大きく成長することができました。


そして次の本に選んだのが、「道は開ける」です。


原題は「How to stop worring and start living」。

直訳すると「心配するのを止めて、新しい人生を生きていくための方法」という意味になるでしょうか。


その本は、「人を動かす」の姉妹本と呼ばれている本。

同じデール・カーネギーが書いた本。

同じく世界的なベストセラーになっている本。


「人を動かす」が自分の「外」へどうやって影響を与えていくかについて書かれた本とするならば、今度の本は逆。


自分の「内」へどうやって影響を与えていくかについて書かれた本。

人間誰しもが絶対に抱える「悩み」への対処について書かれた本なのです。


まさに今はコロナもあり、さまざまな心配や悩みに溢れています。

心配や不安に立ちすくんでいる方も大勢いると思うのです。


本に導かれるようにこの本を手にしていました。

このブログを読んでくださっているみなさまと一緒に読み進めていき、よりよい人生を生きることができればと願っております。


<バックナンバー>

【第一話】続・「7回読む!プロジェクト」

【第二話】悩んでいた医学生のその後の人生を大きく変えた本の1節とは?


【第三話】あなたの悩みを解決する!魔法のような3ステップ

【第四話】一流企業の重役の健康診断を行ったところ、驚くべき結果が!?汗

【第五話】第二次世界大戦中、日本軍に睨まれたアメリカ人実業家の悩み対処法

【第六話】突然最愛の2人の娘を失い茫然自失となった男性が、活力を取り戻すことができた方法とは?

【第七話】悩みが吹っ飛び、もう二度と悩んだりするまいと考えるようになったワケとは?


【第八話】心配性で人生を台無しにしていた婦人を変えた、たった1つの考え方とは?

【第九話】あなたがもし、これ以上手の施しようの事態に陥ったら?

23FC780E-5B87-44FA-8ED4-61248DF79386_1_105_c



◆カーネギーからのクイズ #09

あなたは、「ミカド (The Mikado)」や「ペンザンスの海賊(The Pirates of Penzance)」といった、現在でも世界中の人々を喜ばせ続けているオペラをご存じだろうか?


特に「ミカド」は、1880年台にヨーロッパで沸き起こっていた日本ブームに乗った作品である。

mikado_flyer_sp


これらの実に陽気で楽しいオペラ作品達は、ギルバートとサリヴァンという二人の男性が次々に制作していった作品である。


ところが、ある些細なことから仲違いを起こし、法廷闘争にまで発展する事態となってしまった。

オペラを上映する新劇場に敷くカーペットの値段で意見が合わなかったのだ。

それから、死ぬまで互いに口をきくことはなかった。


あなたにもこのような些細な事から、大事に発展してしまう過去があるのではないだろうか。

こんな時、どのような考え方が役に立つであろうか?


Carnegie02.jpg.pagespeed.ce.yk3CDpbjlz



◆答え

人間誰しも、後悔してもしきれないことはたくさんあるものだ。

ギルバートとサリヴァンのような世界中に喜びや楽しみを分け与えている人物ですら、些細なことから感情をコントロールできずに、一生を棒に振ってしまうのだ。


幼い頃に受けた仕打ちをいつまでも忘れずに恨み続けて生きる人もいる。

些細なことがきっかけで離婚にまで発展してしまう人もいる。


ただ、ずっと後悔して生き続けることもできるが、できればそうしたくはない。


そんな時に、私がオススメする考え方の1つである「ストップ・ロス・オーダー」という考え方を共有しよう。

「ストップ・ロス・オーダー」は、主に株式投資で使われる用語であり、考え方である。


たとえば、1株1万円で購入した株を、8千円のストップ・ロス・オーダーの設定をしておく。

実際に8千円に値下がりした場合、即座に損切り注文するようにしておくのだ。

この仕組みを利用して、損を最小限にして、株で大金持ちになった人物は何人もいる。


この株式投資「ストップ・ロス・オーダー」の考え方を応用するのである。


あなたが、もし仮に相手と仲違いしてしまったり、上手くいかないことがあったりする。

あらかじめ「引きづるのはここまで」と決めておくのである。

線引きすることで、心の切り替えスイッチが入り、その後の人生を無駄にすることがなくなるのである。


第3部・第10章

「悩みに歯止めを設けよう」


4211584_s



◆ななころの体験談と実践

この章の考え方は、特に人間関係において大切だなと感じました。


今では恥ずかしい過去になってしまいましたが、今だに顔を合わせても口をきけなくなってしまった友人がいます。

それまでは兄弟のように仲の良い関係でした。


それが、”あること“を境に断ち切れてしまったのです。


きっかけは決して些細なことではありません。

どちらかと言えば、友人が絶対に許せないようなことをしてしまったのです。

人の命に関わる問題だったのです。


ただ、20年以上経った今、この章を読み考え直してみると、

「もっと違った考え方もできたのではないだろうか?」

「関係は元通りにできないとしても、違った解決方法あったのではないか?」


そんな風に考えられるようになってきました。

これが“丸くなる”ということなのでしょうか!?


私たちは、どうしたって譲れない時もあります。

絶対に許せないことだってありますよね。


ただ、「今後一切の関係を切る」ということが、唯一の答えだったのかというと少し違う気もします。

相手から期待や信頼を裏切られた時、どのように自分自身の心に対処するかを、これからも模索していきたいと思った次第です。


メルマガでは毎回2000文字から3000文字で、不動産投資に役立つ情報を書いています。

▼毎週金曜配信のメルマガ登録 → コチラ

※登録は無料です。気に入らなかったら即解除もできます。



◆編集後記

「もっと器用に生きられたら楽になるのに・・・」

そう思っていても、私たちはなかなか器用には生きられないようです。


子供たちを見ていると、「すごいな」と思ったりします。

喧嘩はしょっちゅう。

蹴り合い叩き合い、どんどん激しくなってきました。


ところが、1時間もすればケロッと忘れて、さっきまでの喧嘩が嘘だったように仲良く笑い合っている。

一緒に遊んでいる。

こんな風に、思いきっり喧嘩した後はケロッと忘れるような性格を心がけています。