From:ななころ
プライベートオフィスより

子どもたちの間で流行っている「呪術廻戦」というアニメ。

我が子たちも今は鬼滅よりもこちらにハマっているようです。

面白いのかどうかは分からないのですが、1つネックなのが、どうしても「じゅじゅつかいせん」を噛まずに言えません。。。汗


◆TATERU社が社名を変更

一部上場企業の株式会社TATERUが、2021年4月1日より「株式会社Robot Home」へ社名変更しました。

※本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:古木大咲


=== 記事一部引用 ===

TATERU、4月1日付けで「Robot Home」へ社名変更--AI、IoT、DX推進に注力

 TATERUは2月12日、4月1日に「株式会社Robot Home」に社名変更すると発表した。知名度、ブランド力の更なる向上とより効果的な事業展開を目指す。

210212_tateru_01
(2021年02月12日 CNET Japan記事より)

=== ここまで ===



TATERU社はご存知の方が多いと思いますが、融資書類などを改ざんするなどして不正融資を行い、主にサラリーマンに新築アパートを販売していた不動産業者です。

社内調査によって350件もの不正が発覚。

2019年には行政処分となり、一時営業停止となっていました。


 とうとうTATERUが業務停止命令へ、これで完全にアウトか!?


なぜ、ここにきて社名を変更することになったのでしょうか?

現在、業績はどうなっているのでしょうか?

TATERUオーナーへはどのような影響があるのでしょうか?



◆社名変更を繰り返す歴史

TATERU社あらためRobot Home社は、もともとは「フルキ建設」という社名でした。

おそらく社長の名前から取った社名だったのでしょう。


その後、1年もたたずに社名を「インベスターズ」に変更します。

さらには2014年に「インベスターズクラウド」へと変更。


そして、2018年には「TATERU」へと変更し、業務停止命令処分が下され、一気に業績が悪化して事業転換を余儀なくされていました。


そこで、今回の「株式会社Robot Home」という社名に変更となったのです。


つまり新築アパートを建設して販売する事業から転換するという意図があるのです。

行政処分以降、事実上の銀行取引停止となっていたTATERU社にとって、生き残るための唯一の手段だったからです。


実際、当時密接な関係のあった西京銀行とは縁が切れ、西京銀行は東京から撤退。

他の金融機関もTATERU社の案件には融資をしなくなっていたからです。

5023d55f-1b2f-4b20-af71-a39c1f6a81fe



◆明るい兆しが見えてきた?

そこでTATERU社は、リストラや在庫を一層。

新築アパート販売事業から、主に賃貸管理事業へ大きくシフトしています。


賃貸管理業は、ストック型のビジネスモデルで安定していますからね。

決算では、赤字幅は縮小し、21年12月期は黒字転換を予想。


ようやく立ち直ってきたかに思われます。

TATERUオーナーにも明るい兆しが出てきました。


ただ、まだまだ不安が残ります。。。

これから必ず訪れるであろう試練が、TATERUオーナーに待ち構えているからです。


どいうことかというと・・・

(つづく)


不動産投資についてもっと突っ込んだ役立つ情報を書いています。

▼毎週金曜配信のメルマガ登録 → コチラ

※登録は無料です。即解除もできます。


(オリエンタルラジオの藤森氏を起用してCMを打つRobotHome社)
スクリーンショット 2021-04-07 18.55.59



◆編集後記


社名をコロコロ変えることを、「機を見るに敏」と見るか、「信頼のできない会社」と見るか、意見が分かれるところかなと思います。


ただ、一般的にはあまり良い印象を受けません。

信頼できる会社かどうかをチェックする場合、社名を頻繁に変えている会社はいわくつきのことが多いからです。


かぼちゃの馬騒動を引き起こした、スマートデイズ社もそうでした。

コロコロと社名を変更していた過去があります。


東京シェアハウス → スマートライフ → スマートデイズ


「名は体を表す」と言ったりしますが、人の名前でもなんでも、やっぱり名前って大事ですよね。

そう考えると、物件名も我が子のように大事に大事に名付けてしてあげることが、とても重要なんじゃないかなと考えている次第です。