From:ななころ
プライベートオフィスより

◆「7回読むプロジェクト」とは?

これまで毎週火曜日は、世界的名著「人を動かす(デール・カーネギー)」をブログ読者のみなさんと一緒に読んできました。


なぜかというと、日本の長者番付に何度も輝いたことのある斎藤一人さんが、

「私の本を読むぐらいなら、この本を7回読みなさい」

とおっしゃったほどの名著だからです。


ところが、この本、なかなか一人では読み進められない。。。


内容が素晴らしいことは分かるのですが、眠くなるのです。

まるで校長先生の朝礼を聞いているかのようなのです笑


読もう読もうと思って、かれこれ20年以上も放置していた本でした。


そこで、毎週1章づつクイズ形式にして、ブログ読者さんと一緒に読み進める形にすれば、じっくり読破できるのではないかと考えたのです。


そしてみなさんのお陰もあって、約8ヶ月をかけて精読できたのです!

私自身大きく成長することができました。


そして次の本に選んだのが、「道は開ける」です。


原題は「How to stop worring and start living」。

直訳すると「心配するのを止めて、新しい人生を生きていくための方法」という意味になるでしょうか。


その本は、「人を動かす」の姉妹本と呼ばれている本。

同じデール・カーネギーが書いた本。

同じく世界的なベストセラーになっている本。


「人を動かす」が自分の「外」へどうやって影響を与えていくかについて書かれた本とするならば、今度の本は逆。


自分の「内」へどうやって影響を与えていくかについて書かれた本。

人間誰しもが絶対に抱える「悩み」への対処について書かれた本なのです。


まさに今はコロナもあり、さまざまな心配や悩みに溢れています。

心配や不安に立ちすくんでいる方も大勢いると思うのです。


本に導かれるようにこの本を手にしていました。

このブログを読んでくださっているみなさまと一緒に読み進めていき、よりよい人生を生きることができればと願っております。


<バックナンバー>

【第一話】続・「7回読む!プロジェクト」

【第二話】悩んでいた医学生のその後の人生を大きく変えた本の1節とは?


【第三話】あなたの悩みを解決する!魔法のような3ステップ

【第四話】一流企業の重役の健康診断を行ったところ、驚くべき結果が!?汗

【第五話】第二次世界大戦中、日本軍に睨まれたアメリカ人実業家の悩み対処法

【第六話】突然最愛の2人の娘を失い茫然自失となった男性が、活力を取り戻すことができた方法とは?

【第七話】悩みが吹っ飛び、もう二度と悩んだりするまいと考えるようになったワケとは?


【第八話】心配性で人生を台無しにしていた婦人を変えた、たった1つの考え方とは?

【第九話】あなたがもし、これ以上手の施しようの事態に陥ったら?

【第十話】歯止めのかからない悩みや人間関係の悪化を防ぐ考え方とは?

【第十一話】ことわざから学ぶクヨクヨ後悔しない考え方とは?

【第十二話】デール・カーネギーが学んだ人生最大の教訓とは?

【第十三話】相手が非難中傷するような言動をしてきた時の対処法

【第十四話】恩知らずを気にしない方法

【第十五話】悩みで打ちひしがれている日々から脱出するための考え方とは?

【第十六話】世界的ベストセラー「人を動かす」が大ヒットした理由とは?

【第十七話】「こんなところ刑務所の方がマシだ」という娘の考えを変えた、わずか二行の父の言葉とは?

【第十八話】「◯◯◯◯◯◯こと」を考えると、悩みや不安が消え去る?

【第十九話】なぜ偉大な人物ほど、祈りを捧げるのか?

【第二十話】なぜ人は謂れのない非難をしてくるのだろうか?

【第二十一話】人から非難に傷つかないようにするには?

【第二十二話】人からの非難を気にしない第三の鉄則とは?

【第二十三話】偉大な成功者に共通する◯◯の習慣とは?

【第二十四話】私たちに疲労をもたらす一番の原因は?

【第二十五話】疲労を忘れ若さを保つ簡単な方法


【第二十七話】仕事で疲労困憊だったはずの彼女が、彼からの電話1本で生き返る理由とは?


23FC780E-5B87-44FA-8ED4-61248DF79386_1_105_c



◆カーネギーからのクイズ #27

あなたは不眠で悩んだことがあるだろうか?


会社や上司からのプレッシャー。

お金や人間関係の不安。

一大イベントを控えている時の緊張。

誰しも人生一度は、夜眠れない日々を過ごした経験があるのではないだろうか。


アメリカのある有名な法律学者は、喘息と不眠症の二重苦で、生涯夜眠れない日々が続いた。

睡眠時間はわずか。

人生で一度も長時間熟睡したこともなかったという。


ところが、彼は健康そのもの。

当時は今ほど平均寿命が長くない時代に、81歳という長寿をまっとうした。


そう、実は不眠で一番問題なのは夜眠れないことではない。

それでは、不眠で一番問題なのは何であろうか?


Carnegie02.jpg.pagespeed.ce.yk3CDpbjlz



◆答え

そう、私たちほどんどの人間にとって、不眠はあまり問題ではない。


第一次世界大戦中ボール・ケルンというハンガリー兵士が、頭を撃たれた。

脳の大脳前頭葉を大きく負傷した。

そのため、傷は癒えたものの、不思議なことに不眠症になってしまった。

彼はとうてい長くは生きられないだろうと医師たちは考えた。


ところが、彼はその後何十年と健康に生活をしていた。

生涯眠ることはできなくなってしまったが、横になり目を閉じて休息することで、私たちと変わらずに健康な一生を過ごしたのである。


つまり、繰り返すが、不眠で一番問題なのは夜眠れないことではない。

不眠で悩むことが問題なのである。


夜眠れずに苦しみ、なんとか眠ろうと、さらに眠れなくなる。

眠れないことの苦しみから疲労は蓄積し、精神的にも病んでくる。

そして、体に様々な症状を発症し、最悪は自殺に至ることもある。


一方で、前述のアメリカのある有名な法律学者は、眠れない時間を読者や勉強をして過ごした。

眠れない時間を悩むのではなく、眠れない時間を有効活用したのである。

そして、法律学者として大成功を収め、巨万の富を築いたのである。


あなたも夜眠れないことがあるかもしれない。

ただ、眠れないことを気に病む必要はない。

眠れない時間を有効活用することに目を向けてみよう。


第7部二十八章「不眠症で悩まないために」

22008707_s



◆ななころの体験談と実践

ななころも夜眠れなくなったことは何度もあります。

サラリーマン時代はしょっちゅうでした。


フロアボールの世界大会の準決勝。

相手はスペインだったのですが、緊張で一睡もできませんでした。

体は疲労のピークになっているはずなのに、まったく眠れないのです。


また、最初の物件購入で失敗してしまった時も、2、3週間はよく眠れなくなりました。

高校の時、初めて失恋した時も眠れなかったですね笑


これからの人生でも、夜眠れなくなるようなことはあるのかもしれません。

ただ、この章の内容を教訓に、眠れない時間を悩むのではなく、有効に使おうと思った次第です。


メルマガでは毎回2000文字から3000文字で、不動産投資に役立つ情報を書いています。

▼毎週金曜配信のメルマガ登録 → コチラ

※登録は無料です。気に入らなかったら即解除もできます。



◆編集後記

ちょっと話がそれるのかもしれませんが、ななころは以前、寝ないことに憧れたことがありました。

不眠で悩んだことがある一方、寝過ぎることにも悩んだのです笑

たしかに人生の1/3を寝て過ごすってもったいなと思ったのです。


そこで、一時期「短時間睡眠」を試してみたんです。


TVタレントの武井壮さんは、1日に45分の睡眠が3回あれば良いとYouTubeで語っています。

45分 ✕ 3回、つまり一日3時間の睡眠で良いというのです。




ただ、短眠を実践してみて思ったのが、あまりにもやることが無い。

夜更けまで映画を観て過ごしたり、本を読んでみたり、、、


「これだったら、寝た方が良くない?」

「やっぱり寝るのって最高の贅沢な時間の過ごし方だ!」


と思うようになったのです笑


ですから、短眠はすぐに止めました。

今では目覚まし時計なしで7時間以上眠り、お昼寝もします。

寝るの大好きです!


夜更けまで起きて時間を過ごすのは、不眠になったときだけにしようと考えている次第です。



【無料レポート】

成功した人たちは、どのようにして不動産投資で経済基盤を確立しているのか?

不動産投資で経済基盤確立に成功した9人の貴重なサラリーマン不動産投資実践記を、レポートにまとめました。

すぐにダウンロードしてお読みいただけます。

▼レポートをダウンロード → 「不動産投資で経済基盤を確立した人々の物語」(PDF25ページ)