From:ななころ
プライベートオフィスより

今朝ブログがアップされていなかったようなので、アップがこの時間になってしまいました。

いつも朝読んでくださっている方々、申し訳ありませんでした。

◆前回のあらすじ

「相変わらず融資が厳しい中、みんなどんな物件買ってるの?」

気になっている方もいらっしゃると思います。


コロナ下、オリンピック後でも物件は暴落どころか、高騰しています。

そして依然として融資は厳しい状況が続いています。

特にサラリーマンが初めて収益物件を買うのは、非常にハードルが高いと言われています。


そのような状況の中、ライバル投資家はどんな物件を買っているのでしょうか?

サラリーマンAさんはどんな物件を買ったのでしょうか?


※前回記事「サラリーマン投資家への融資が厳しい中、どんな物件を買っているのか?(1)





◆物件概要

前回の記事でお話した通り、Aさんは一部上場企業に勤めるサラリーマンです。

今回が初めての物件購入となります。


持ち前の行動力を活かして、どんどん面白そうな物件を見つけてきます。

残念ながら静岡県富士宮市の競売物件は落札できませんでしたが、その後も精力的に物件探しを続けていきます。


そして、今年6月、

「この物件に買付を入れようと思っているのですが、ななころさんはどう思いますか?」

とLINEで相談が入ったのです。


=== 購入物件概要 ===

物件所在地:茨城県水戸市


構造: 軽量鉄骨2棟一括

土地面積:約900平米

築年:平成6年築(築27年)

間取り:2DK ✕ 10部屋

販売価格:3900万円

水戸募集図面

=== === ===



◆さっそくマイソクチェック!

すぐにマイソクを入念にチェック。


築年は1994年(平成築)でそこまで古くはありません。

2020年12月に大規模修繕をしており、建物の状態も良さそうです。


セットバックはあるものの、土地は広く、駐車場も戸数分以上あります。

土地評価は、路線価はおおよそ3万円/平米ですので2700万円ほど。


立地は比較的人気エリアで、家賃相場も崩れておらず、入居重要はありそうとのこと。

「賃料をもう少し上げても良いのでは!?」という声もあったようです。


また、仲介に入る業者も信頼できるところなので、安心できます。

騙されるといったことはまず無いでしょう。



◆収支予測をチェック

続いて収支をチェックしていきます。


販売価格3900万円で、表面利回り14.03%です。

満室時の家賃収入は約550万円。


融資は、金利3%、期間14年で、O銀行がほぼOKという回答あり。

自己資金は1割必要と言われています。


この物件、あなただったら買いますか?見送りますか?

(つづく)



不動産投資についてもっと突っ込んだ役立つ情報を書いています。


▼毎週金曜配信のメルマガ登録 → コチラ


※登録は無料です。即解除もできます。




◆編集後記

ななころが2棟目に購入した物件も4000万円でした。


今でこそ4000万円という金額は、そこまで大きな金額に感じませんが、ななころも当時は怖くて仕方がありませんでしたよ。。。汗

「大丈夫、大丈夫」と自分自身を奮い立たせて購入した記憶が蘇ります。


購入後も大地震やら雨漏りやら色々とトラブルもあり、苦労することもありました。

空き店舗の入居募集も苦労しました。


それでも、あれから10年以上経ち、今でも安定して稼ぎ続けてくれています。

この2棟目の物件があるからこそ、サラリーマンを辞めることができました。


人生を大きく変えてくれる借金4000万円だったなと感じている次第です。



成功した人たちは、どのようにして不動産投資で経済基盤を確立しているのか?


不動産投資で経済基盤確立に成功した9人の貴重なサラリーマン不動産投資実践記を、レポートにまとめました。


すぐにダウンロードしてお読みいただけます。

▼レポートをダウンロード → 「不動産投資で経済基盤を確立した人々の物語」(PDF25ページ)