From:ななころ
プライベートオフィスより
 
◆不動産投資で苦しんでいる人たち・・・

ななころは今、「不動産投資をこれから始めよう!」という人だけでなく、物件を購入したものの「収支が悪くて苦しい・・・」というサラリーマン投資家を支サポートする活動をしています。


今支援で関わっている団体では、サポートとはまったく関係無いところで障害が発生したり、はっきり言って投げ出したくなる気持ちもあります。

(責任とリスクは大きい一方で、完全にボランティアです・・・)


とはいえ、ななころを信頼して入会してくださった方々を、全力で応援していくと決めています。

以前からブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、ななころ自身、1棟目の購入で失敗してしまい、先輩大家さんや回りの人に助けられた経験があるからです。


サポート活動をスタートしてから10年。

相談を受けていると、夢を見て行動したにも関わらず、誰にも相談できず夜も眠れない日もあるほど悩んでいる人が大勢いることに気づきます。


書籍「やってはいけない不動産投資」に書かれているように、現実はかなり悲惨です。


本の冒頭、かぼちゃの馬車オーナーが登場するのですが、衝撃的です。

スマート社が計画倒産し、突然家賃保証を切られ、毎月多額の借金に追われる日々。

少しでも収支を改善しようと、慣れないトイレ掃除をしている様子が写真に映し出されています。


不動産投資のやっかいなところは、失敗にすぐさま気づくことができず、数年経ってから徐々に収支が悪化して苦しんでいる人もいます。

ななころが相談を受けた時には、すでに手遅れの人もいました。

突然死の宣告を受けたがん患者のようです。。。

IMG_0003

1BF0A04C-1315-4FEE-84B8-8B6FDE4BC6F2_1_105_c



◆購入条件を定めていくステップ

そのため、先日の記事「負けない不動産投資」でも書いたように、まずは「不敗(負けない)」という態勢を築いてから不動産投資を始めることをオススメします。


購入時は、「絶対に買ってはいけない物件には手を出さない」ことです。


悪徳な不動産業者やコンサルは言葉巧みに、

「今がチャンスですよ。今買わなくて、いつ買うのですか?」

「そんなことではいつまで経っても買えませんよ」

などと迫ってくることもあるでしょう。


市況によっては、購入条件を妥協しないといけないと感じることもあるでしょう。

このままでは「ずっと買えないのではないか・・・」と焦る方もいるかと思います。


しかし、それではまるで、妥協して結婚して、その先何十年と結婚生活で苦しむようなものです。

離婚できればまだしも、残債が多すぎて物件を手放させずに苦しんでいる人が大勢います。


ですから、絶対に購入条件をぶさらないことです。

(築浅・利回15%以上・都心の物件、といったありえない購入条件は見直す必要がありますが)


不動産投資以外にもいくらだって投資はあります。

手間はかかるものの、もっと安全に副収入を得る方法だってあります。


ですから、順番としては以下のステップです。

Step1.自分自身の購入条件を明確にする

Step2.購入条件に基づいて物件を探す

Step3.物件の探し方を工夫する



決して不動産業者やコンサルが「この物件はいいよ」と持ってきた物件を信じない。

自分自身の購入条件をクリアするものだけ、手を出すことが肝心になってきます。


そして、その行動の結果が、いつまでたっても購入できないようなら、

Step4.先輩大家さんなど信頼できる人からアドバイスを得ながら購入条件を見直す

といったように、トライ&エラーを繰り返してみてくださいね。




◆編集後記

家族旅行中に、今年5月に買ったばかりの一眼レフカメラを落としてしまいました。。。涙


バッテリーカバーが破損。

底がへっこんでしまいバッテリーが取り外せなくなってしまいました。


金額も安くなかっただけにショックです。

修理には7万円近くかかるそうですが、「仕方がない」と自分に言い聞かせているところです。

(ショックすぎて破損の様子を写真に収めるのを忘れてしまいました。)

00_s



しかし、不動産投資は「仕方がない」と自分に言い聞かせるには、失敗してしまったときのダメージが深刻です。

金額が金額なだけに、どうしようもできない。。。


もちろん挽回することはできますし、そのためにサポートもしていますが、多大な犠牲を払うこともあります。

カメラの修理代どころの話しではもちろんありません。


どうか、どうか慎重に慎重に不動産投資に取り組むようにしてくださいね。