まったり日記(新)?

色々なMMOゲームめぐりや愚痴を全般につらつら暇な時に更新していきます。 最近は主にECO中心で痛いブログ書いてます。

Emil Chronicle Online

ECO:星を守る者 第五話【愛がために】レポート その3

本日はECO(エミルクロニクルオンライン)の年間クエスト
ECO:星を守る者
第五話【愛がために】のレポートその3です。
=====caution 注意 caution======
画像張り付けまくりな上ネタバレを含みます。
なお攻略では無いので攻略はwikiをご参照ください。
長文及び痛い表現がありますのでご注意下さい。
本ブログに出てくるECOキャラクターのセリフは
ゲーム本編に出てくるテキストを参考に投稿者が妄想で描いた物で
ゲーム本編とはまったくかけ離れてる可能性がありますので
ご了承下さい。

メイリー_通常2
愛の守護戦士:随分と長い愛の休憩だった気が済ますが・・・
 気のせいでしょう。
輝翼14-2シモいやいや
愛のある休暇がほしい・・・
クロノス_こほん
クロノス:・・・・うん、まぁ・・・
 研究中に行き詰まった時の私よりはましよ。
キリエ_笑顔4
キリエ:それはとてもお世話のしがいがありそうですね。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:それはともかく、
 あなたが守護魔で間違いないですよね?
メイリー_通常2
愛の守護戦士:はい。わたしは愛の守護魔。
 人呼んで愛の守護戦士!
ウルゥ_H_真剣
ウルゥ:それはもういいです。
輝翼14-2マミジト目2
あっ・・・ウルゥちゃんのイライラ度合いが上がってる・・・

ウルゥ_H_通常
ウルゥ:今回は事件の解決が先になりましたが、世界各地で
 このような、想いの力の影響と思われる事件が発生しています。
クロノス_ひらめき
クロノス:おかげでいろいろ大変なのよね。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:想いの力がこのまま増え続けることで、
 世界に大きな問題が発生する恐れがあります。
 そのような事態を防ぐために、
 同じ守護魔として力を貸していただけないでしょうか?
メイリー_通常2
愛の守護戦士:協力したいところですが、わたしは人々に
 愛を伝えるのに忙しいんです。
キリエ_笑顔2
キリエ:それは大変ですね。
 お手伝いできることはありますか?
メイリー_通常2
愛の守護戦士:いえ、大丈夫です。
 それで、ちょうど愛について理解のある協力者がいます。
 その人にわたしの力を預けてあなたの元に行かせましょう。

メイリー_登場2
愛の守護戦士:それでは、わたしはこれで!


ゴースト_通常
ゴースト:あれ、メイリーさんですよね?
輝翼14-2マミジト目2
突っ込んだら負けかな?

17_5月_76

ザッハ3
ザッハ:トルテさん、その、返事は・・・。
トルテ3
トルテ:ザッハくん、わたしで良ければ・・・。
 でも浮気はだめ・・・だからね?
ザッハ3
ザッハ:トルテさん!
 もちろんだよ、トルテさん!
 僕はトルテさんだけを愛してるから!

輝翼14-2マミジト目2
ザッハトルテ・・・・まだやってたんだ・・・。
キリエ_笑顔2
キリエ:あまーい、チョコレートケーキだけに甘い雰囲気ですね♪

17_5月_77
メイリー_登場
メイリー:お二人とも、おめでとうございます!
 トルテさんの悩みも解決しましたし、
 これもすべて愛の力のお陰ですね。
ザッハ3
ザッハ:うん、僕たちの愛の力は無敵だよ。
トルテ4
トルテ:ザッハくん・・・。
輝翼14-2マミジト目2
あっ戻ってきた・・・。

ルシファー_会話
ルシファー:(人間の心、想い。大変素晴らしい。)
トルテ2
トルテ:えっ!?

17_5月_78
サタン_話す
黒くなったルシファー:何言ってんのよ。
 その心のせいでこんな事件になったんでしょうが。
 なーにが、「大変素晴らしい」よ。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:あ、あなたは一体?


17_5月_79
サタン_話す
サタン:アタシはサタン。
 もう一人のアイツってところかしら。
 まあ、今回の事件のおかげでこうして表に出てこれたわけだけど。
ゴースト_通常
ゴースト:さっきトルテさんに憑依してた人?
 でもあの人は白かったはず・・・。
17_5月_80

トワ_話す
トワ:あの白い人、ルシファーさん?
 ルシファーさんはどこにいったのかな?
サタン_話す
サタン:アイツは今、アタシが抑えているから、
 表には出てこれないわよ。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:二重人格、みたいなものでしょうか?
ザッハ
ザッハ:トルテさん?
 トルテさんはどこ?
サタン_通常
サタン:今はアタシがトルテの体を使わせてもらってるわ。
 憑依みたいなもんだから、彼女に影響はないわ。
 安心しなさい。
ザッハ2
ザッハ:トルテさんを返せ!
サタン_通常
サタン:だから、人の話を聞きなさいよ。
 アタシも話したいからしばらく貸しといてよ。

輝翼14-2マミはてな
あーこれはもう通信しといたほうがいいかな?
クロノス_こほん
クロノス:あーうん。
 私のほうから連絡してガイド君に持ってきてもらうわ。
輝翼14-2マミジト目2
うん、お願い。

17_5月_81
ルシファー_攻撃2
ルシファー:勝手に表に出るな。
 元々この体に憑いていたのは私。
 人間の行動を見守っていたのも私。
 お前は後から出てきただけ。
 引っ込んでろ。
ゴースト_通常
ゴースト:ルシファーさんになりました。
ルシファー_会話
ルシファー:今は私があいつを抑えているから大丈夫。
ウルゥ_H_困り顔
ウルゥ:お二人、と言っていいのでしょうか?
 お二人はどちらか一人しか表に出てこれない、
 ということでしょうか?
ルシファー_攻撃3
ルシファー:そう。普段は抑えておけるんだけど、
 気持ちが緩んでいたり、
 あいつが感情を爆発させると表に出てきてしまう。
ザッハ
ザッハ:じゃあ、トルテさんの体を返してくれる?
ルシファー_通常
ルシファー:別の人に憑依すればトルテの体は返せる。
 トルテの心は大体わかったから、あいつも拒否しないはず。

17_5月_82
サタン_笑い
サタン:勝手に話を進めないでくれる?
 トルテの心が分かったことと、
 体を移ることは別の話でしょ?
 別の人に憑依するって、誰に憑依するのよ?
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:今はサタンさん、ですね。
 先程、心のせいで事件が起きたというようなことを話されてましたが、
 それは一体どういう意味でしょう?
サタン_通常
サタン:ああ、その件ね。
 アイツが、「心は素晴らしい」みたいなことを言ったから、
 つい反応しちゃったのよね。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:ルシファーさんは心は素晴らしいと考え、
 サタンさんはそんなことはないという考えなのでしょうか?
サタン_悩み2
サタン:別に心を否定してるわけじゃないわよ。
 心って、簡単に善悪で判断できるものではないって思ってるだけよ。

17_5月_81
ルシファー_攻撃3
ルシファー:間違ったことは言っていない。
 ザッハの心がトルテに届いたからトルテが元に戻ったし、
 トライの心がみんなに届いたから事件が解決した。
 今回の事件で心が素晴らしい働きをしたことは確か。
ゴースト_通常
ゴースト:今度はルシファーさんになりましたね。
トワ_酔い2
トワ:交互に出てきて口論してるみたいねー。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:どうやら、この様子を見ると、
 お互いの会話は表に出ないとできないみたいですね。
ルシファー_会話
ルシファー:明察。
 私はあいつとは頭の中で直接会話できない。
 だから、こうして表に出て、言いたいことを言って、
 相手に伝えてる。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:お二人は心について興味があるのですか?
ルシファー_会話
ルシファー:そう。人間のことを知りたい。
 そのために、心、というものに興味がある。

17_5月_82



サタン_ジト目
サタン:誤解してほしくないんだけど、
 心に興味があるのはアタシだって同じよ?
 でも、アイツのやり方は悠長すぎる。
 もっと積極的に行動させるべきなのよ。
 人間を追い込んで試練を与えた方が、
 手っ取り早く人間の本性が分かると思わない?
トワ_通常
トワ:うーん。
 無理に試練を与える必要はないんじゃないかなー。
 自然が一番よー。
サタン_ジト目
サタン:アンタも悠長な方?
 人の心は人によって違うし、人間はたくさんいるんだから、
 一人一人じっくりと観察してる暇なんてないと思わない?
ウルゥ_H_真剣
ウルゥ:つまり、人の心を知るために今回の事件を起こした、
 ということですか?
サタン_ジト目
サタン:違うわよ。
 アタシも今回の事件で表に出てこれるようになったんだから。
 今まではずっとアイツの心の中で一緒に見てただけだったから、
 表に出てこれてはしゃいじゃったのは確かだけど。

17_5月_81


ルシファー_攻撃3
ルシファー:あなたのやり方は賛成できない。
 人が自分で考え、自分で答えを出すことが重要。
 意図的に試練を与えることは、人の行動を誘導するのと同じ。
 それでは、本当の人の心は分からない。
ゴースト_通常
ゴースト:お二人は本当に意見が反対ですね。
トワ_酔い2
トワ:そうねー。
 心に興味があるのは一緒だけど、アプローチが全然違うのねー。
ルシファー_会話
ルシファー:そう。
 私はトルテの気持ちを確かめる言葉を投げかけるくらいしかしない。
 でも、あいつはそれでは足りないと言う。
ザッハ
ザッハ:それでトルテさんは僕の言葉を信じてくれなかったの!?
ルシファー_会話
ルシファー:私は言葉を投げかけただけ。迷ったのはトルテ自身。
 でも、最後はザッハの言葉を信じた。
 それがトルテの心の真実。
 私はそれが見れて満足。

17_5月_82
サタン_話す
サタン:トルテの心について分かったのはアタシも納得してるわよ。
 でも、ずいぶん時間をかけたと思わないの?
 最初にトルテに憑いてから、どれだけ時間がかかってると思うのよ?
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:一体いつから憑依していたのですか?
サタン_話す
サタン:タイミング的にはこっちの世界に来てからすぐだけど、
 こっちの世界ではどれくらいの時間になるのかな?
 トルテがザッハと会えないって不安になりはじめた時期あたりからだから・・・・。
ザッハ
ザッハ:僕がアルバイトで忙しくなって
 トルテさんと会う時間が減り始めたのが、
 今月の頭だから、三週間くらい?
サタン_通常
サタン:じゃあ、そのくらいなんじゃない?
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:そんなに長い時間トルテさんに?
サタン_通常
サタン:アタシとしては、
 トルテの心の中で呟いて不安を大きくしていけば、
 もっと早く結果が出たと思うのよ。
輝翼14-2マミジト目2
(なかなか怖い話だねー
 気が付いたら心の中に第三者が・・・ってあれ?・・・
 私何回か身に覚えが・・・)

サタン_通常
サタン:だいたい、アイツは物ぐさすぎるのよ。
 靴を履かずに外に出かけるわ、面倒くさがってお風呂に入らないわ、
 この間なんか、布団に入らず椅子に座ったまま寝てたりするのよ?
 面倒くさがるのにもほどがあるわよ。

17_5月_81
ルシファー_会話
ルシファー:私の生活についてとやかく言われる筋合いはない。
 靴を履かなくても歩くことはできるし、
 椅子でもちゃんと寝ることはできる。
 私は別に困らない。

17_5月_83

トルテ3
トルテ:ふたりとも人の体に勝手に憑依するのはやめて!
 ふたりともわたしの体から出て行って!
トワ_んー
トワ:あ、止まったみたい。
輝翼14-2ライジト目
まぁ・・・さすがに切れるよね・・・。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:ジャバウォックさんの時と同じように、別の素体を用意しましょう。
 ルシファーさんとサタンさんには、そちらに移っていただけば
 トルテさんに迷惑はかからないかと。
ルシファー_会話
ルシファー:(この人間の心は分かった。
 次に移って問題ない。)
トルテ2
トルテ:それでいいって言ってます。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:ではトライさん、素体の用意をお願いできますか?
輝翼14-2シモ通常
すでに発注済みだよ。
クロノス_笑顔
クロノス:あと少しでここまで来るはず。
キリエ_通常2
キリエ:あっ来たみたいですね。

17_5月_84
輝翼14-2シモ通常
うん、それじゃ・・・・
ケット姐さん_1
ヌトス:ちょっといいかしら?
輝翼14-2シモ通常
・・・はい。
(いるの忘れてたわ・・・)
ケット姐さん_1
ヌトス:たしか、トライ、と言ったかしら。
 私が居たこと忘れてたって顔ね・・・
 まぁ、貴女のやり方、見せてもらったわ。
 まさか犠牲を出さずに事件を解決するなんてね。
輝翼14-2シモ通常
私はハッピーエンドが好きなので・・・
ケット姐さん_1
ヌトス:でも、今回は運が良かったと思うのね。
 世界を救うためには、少しくらい犠牲が出ることも覚悟しておきなさい。
キリエ_流し目
キリエ:(その運の良さもこの方の力・・・
 そしてそれは、偶然ではなく必然の力・・・
 そしてそれは多くの人を救う力・・・)

クロノス_ひらめき
クロノス:言いたいこと言って行っちゃったわね・・・。
17_5月_85

ウルゥ_H_話す
ウルゥ:ヌトスと言いましたね。
 あのケット・シーは普通のケット・シーとは違うようです。
輝翼14-2シモ通常
だね・・・
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:一般的に、ケット・シーは自分たちの領域から出てこず、
 世界を観察するだけにとどめ、
 自分から積極的に動くことはしないと聞いています。
クロノス_こほん
クロノス:この世界の観察者ね・・・。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:あのように積極的に活動するケット・シーがいるとは、
 正直意外です。
輝翼14-2シモ通常
(もう一人?匹?居るけどね・・・)
ゴースト_通常
ゴースト:あの人たちは相変わらず無茶をしようとしますね。
トワ_フフフ
トワ:誰も犠牲を出さないっていうのは理想だけどー、
 難しいのも確かよー。
 最初から諦めちゃってるのが残念だけど、
 言いたいことは分かる気がするわー。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:ともかく、事件も解決しましたし、
 新しい守護魔と出会うことができました。
 一度祭壇に戻りましょう。


ザッハ
ザッハ:トライさん、メイリーさん。
 今回は本当にありがとう。
 おかげでトルテさんともっとラブラブになることができたよ。
トルテ2
トルテ:もう、ザッハくんってば。
 おふたりにはわたしたちの結婚式に出席してほしいです。
メイリー_登場
メイリー:それは素晴らしいです!
 喜んで出席させてもらいます!
輝翼14-2シモ笑顔2
まぁ、なんだかんで、昔からの知り合いだしね。
ウルゥ_H_困り顔
ウルゥ:・・・あの、もういいでしょうか?
 早く戻りましょう。
輝翼14-2シモ通常
あっ・・・ごめん・・・。

17_5月_86
クロノス_思案中
クロノス:さて・・・・ようやく戻ってこれたわね。

17_5月_87

ウルゥ_H_お辞儀
ウルゥ:改めて、ようこそ。
 守護魔ではないメイリーさん、そしてルシファーさん。
メイリー_登場
メイリー:お邪魔します。
 愛の守護戦士さんから頼まれたとはいえ、
 わたしなんかがこんなところに来ていいんでしょうか?
ルシファー_攻撃1
ルシファー:新しい体、感謝。
クロノス_こほん
クロノス:何か不具合があったら言ってね、
 かんぱにーに連絡するから。
17_5月_88

シャル_驚き
シャル:いらっしゃいませ!
 ・・・でも、守護魔じゃないんですか?
アカリ_怒り
アカリ:いえ、気配で分かります。
 メイリーさんは守護魔です。
フェール_通常
フェール:この距離で間違うはずがありません。
 どうしてウルゥさんは守護魔ではない、
 なんて言ったんですか?
トワ_目閉じ3
トワ:いろいろあったのよー。
 守護魔ではない、ということにしてあげてー。
ラン_ふえ
ラン:え、え?
 守護魔じゃないってことは、お友達には・・・。
 で、でも、守護魔ならお友達?
 私、どうしたらいいんでしょう?
ゴースト_通常
ゴースト:こういう時は話を合わせるんだそうです。
 トライさんのお勧めです。
輝翼14-2マミジト目2
うん・・・・合わせてあげて・・・。
ジリス_へえ
ジリス:アタシはどっちでもいいわよ!
 そこのアンタ、ルシファーって言ったわね。
 同じ存在だって聞いたわ。
 喜びなさい!アタシと一緒ってことよ!

ルシファー_攻撃2
ルシファー:いらない。遠慮する。

メイリー_登場
メイリー:皆さん、何か勘違いされてるみたいですね。
 私は守護魔ではなく、
 愛の守護戦士さんから頼まれてウルゥさんに協力するんです。
 もちろん、愛の守護戦士さんからいろいろ預かってきましたよ。
17_5月_89

ウルゥ_H_失敗
ウルゥ:もうそれでいいです。
 このたまごに、預かってきた力を分けていただけますか?
フロン_呆れ2
フロン:ウルゥさんが投げやり気味に・・・。
 なんとなく分かる気がする。
 こういう時、常識人ってつらいよね。
輝翼14-2マミはてな
でも・・・もう少し「ウル」ちゃんの無邪気さを出してもいいと思うんだよね。
ウルゥ_H_うーん
ウルゥ:「ウル」のですか?

ウル_201507
ウル:愛の戦士!?うわぁーすげー!!
 ドカーンとなった!!トライ!ウルもあれやりたい!!
 なぁなぁいいだろ?

輝翼14-2マミはてな
・・・・・やっぱりお話が進みそうにないので今のままでいいです。
ウルゥ_H_テレ
ウルゥ:よ・・・よかったです。
 (でも貴女が望むなら少し出してみてもいいですけど・・・)


メイリー_登場
メイリー:はい、預かってきた愛の力を、どうぞ!
17_5月_90
17_5月_91




17_5月_92
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:ありがとうございます。
 愛の守護魔の力、確かにお預かりしました。

ウルゥ_H_目閉じ
ウルゥ:今回は今まで以上に大変な事件でした。
 まさか、街の中で、人がモンスターになってしまうとは・・・。
アカリ_怒り
アカリ:人がモンスターになってしまうなど、
 正直、信じられません。
フロン_不満2
フロン:ひょっとして、モーグで倒したモンスターも
 元は人間だったとか・・・。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:それはないと思います。
 ファーイーストやモーグでは、モンスターを倒した後に何も残りませんでした。
 もし人間がモンスターになっていたのなら、
 倒された後に人間の姿に戻ったはずです。
ラン_テレ
ラン:それにしても、原因はなんでしょうか?
 やはり、各地の事件と同じで、
 想いの力が影響しているんでしょうか?
メイリー_登場
メイリー:トルテさんがモンスターになった時に、想いの力を感じました。
ゴースト_通常
ゴースト:通りすがりのメイリーさんでも、想いの力を感じるのですね。
メイリー_登場
メイリー:って、愛の守護戦士さんが言ってました。
トワ_目閉じ
トワ:メイリーちゃん、無理しなくてもいいのよー。
メイリー_え
メイリー:な、なんのことですか?
 わたしはただの通りすがりの女の子ですよ?


ルシファー_会話
ルシファー:私が彼女に囁いた後、彼女の不安が周囲のマナに干渉。
 不安がマナにのって急激に膨らんで、その後、彼女に収束。
 そしたらモンスターになった。
 あの街の治安が悪かったのも、
 街中のマナに住人の不安や恐れが蔓延してたからだと思う。
ジリス_すまし顔
ジリス:まな?
ルシファー_会話
ルシファー:マナ。
 自然の中に漂う、魔力の源。
 それに似たエネルギーが、この世界にはある。
輝翼14-2ライジト目
まな・・・・デュエマ・・・ギャザ・・・。
マナを消費して・・・召喚・・・〇ョニー・ザ・〇ョニー・・・違うか・・・
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:ルシファーさんが感じているエネルギーは
 想いの力と呼ばれるものだと思います。
ルシファー_会話
ルシファー:そう。
フェール_戦闘
フェール:では、今回の事件も想いの力の影響だということですか?

17_5月_93
ルシファー_攻撃3
ルシファー:・・・・・・?

17_5月_94
サタン_不機嫌
サタン:なんでそこで終わるのよ!
 もっと説明できるでしょ!
シャル_怯え
シャル:わわ!
 ルシファー様が別の人になっちゃいました!
サタン_呆れ
サタン:あー、アタシはサタン。
 なんて言えば分かるかな?
 ルシファーとアタシはふたりで1人。
 1つの体にふたつの人格があるって思ってもらえばいいよ。
シャル_怯え
シャル:???
サタン_攻撃1
サタン:細かい事は気にすんな。
 黒い方がアタシ、白い方がアイツだと思っとけばいい。
フェール_戦闘
フェール:それで、もっと説明できるとはどういう意味ですか?
サタン_通常
サタン:人が恐れたり不安に思うことって、逆に言えば、
 あってほしくないと想像することでもあるわけよ。
クロノス_ひらめき
クロノス:確かにその通りね。
サタン_通常
サタン:良い結果を望んで良い結果を出す奴がいるように、
 悪い結果を想像して悪い結果を引き寄せることもある。
キリエ_通常2
キリエ:確かに・・・
サタン_通常
サタン:この世界は、空気中に漂うマナ、想いの力だっけ?
 それのせいで、思ったことが事実になりやすいみたいね。

ウルゥ_H_困り顔
ウルゥ:つまり、想いの力は良い方向だけではなく、
 悪い方向にも影響を与えると言う事でしょうか。
 そんな・・・。
 では、私が生まれてきたことは・・・。
17_5月_95
輝翼14-2シモ半目
ったく・・・・
ウルゥちゃん。
確かにそういう面もあるかもしれない・・・
でもウルゥちゃんのおかげで、
色々な子が色々な事に挑戦できるようになった。
想いを叶えることができるようになった。
想いから新たに生まれることもできた。
古の想いを繋げることができた。
世界のバランスだって取ってるでしょ?
落ち込む必要なんてないんだよ?

ウルゥ_H_テレ
ウルゥ:トライさん・・・・。


アカリ_通常
アカリ:しかし、想いの力が悪い方向にも影響を与えると考えれば、
 今までの事件についても納得ができます。
ウルゥ_H_困り顔
ウルゥ:そうですね。
 今年に入って発生している各地のトラブルは、
 思い返せばすべてその土地の人々が恐れていた事が
 現実になっています。
アカリ_通常
アカリ:ファーイーストでは火事とモンスターの襲撃。
 どちらもファーイーストの住人が恐れていることです。
フェール_戦闘
フェール:モーグは街中へのモンスターの侵入ですね。
フロン_話す
フロン:モーグはモンスターの襲来が多いから警戒もしていたし、
 最悪の想定として、街中への侵入も考えられてたね。
ラン_真剣
ラン:鉄火山では火山の活発化ですね。
 確かに、火山弾が街の方まで降ってくるのはとても怖い想像です。
トワ_話す
トワ:そして、イストー岬では流行り病ってわけねー。
 村の運営に支障が出るほどの病気なんて、
 怖いに決まってるわよねー。
ゴースト_驚き
ゴースト:まさか、病気が流行った時のことを心配し過ぎて、
 本当に病気になってしまうなんて・・・。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:警戒するだけではなく、過剰な恐れがあったところに、
 想いの力が悪い方向に作用して現実にしてしまった、
 ということでしょう。
輝翼14-2マミジト目2
なるほどね・・・・。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:しかし、人々に恐れるな、
 過剰に警戒するなと言うわけにもいきません。
 どうしたらよいのでしょう。
ジリス_戦闘
ジリス:ねーねー。またアイツらと会ったんだよね。
 愛の守護戦士?ってのがぎったんぎったんにしてやったって聞いたわよ。
 アタシもその場にいて、
 一緒にぶん殴ってやりたかったわ!
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:彼女、でいいのでしょうか?
 彼女たちの目的も世界を救うことと言っていましたが・・・。
メイリー_え
メイリー:目的が一緒なら、協力できるかもしれませんね。
アカリ_怒り
アカリ:あの無礼な男とですか?
 駄目です、拒否します。
 俳句の良さが分かるようになってから出直してきてください。
フェール_戦闘
フェール:私も反対です。効率効率ばっかり言って、
 みんなを護る覚悟を持たないなんて、許せません。
ラン_ふえ
ラン:え、えっと、私は・・・。
ジリス_戦闘
ジリス:このアタシに殴りかかってきたんだから、当然敵よ!
ラン_涙目
ラン:わ、私もジャバウォックさんと同意見です!
トワ_フフフ
トワ:私も、最初から諦めたくはないかなー。
 出来る限り多くの人を助けたいと思うわー。
輝翼14-2ライジト目
ハッピーエンドを否定するような方々ですからねー
クロノス_ひらめき
クロノス:初めからすべてを諦めてたら研究なんてできないわよ。
キリエ_目閉じ
キリエ:メイドはただ主と共に・・・。
メイリー_通常
メイリー: 皆さん、ずいぶんと嫌ってますね。
輝翼14-2ライジト目
まぁ色々あったからね・・・。

ウルゥ_H_通常
ウルゥ:彼女たちとの協力は考えず、私たちなりのやり方で
 世界を救う方法を探しましょう。
トワ_微笑
トワ:・・・そうすると、やっぱり、世界樹の力が必要なのかもー。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:そうですね。
 守護魔の皆さんの力を借りていますが、
 思っていた以上に世界に影響が出ているようです。
 守護魔たちの力だけでは、
 世界のバランスを保つことは難しいかもしれません。
トワ_話す
トワ:世界樹は、守護魔と同じように世界のバランスを保っているから、
 守護魔のみんなでお願いすれば、力を貸してくれるかもー。
 問題は、世界樹がどこにあるのか分からないってことなんだけどー。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:世界のバランスが崩れてきてた今、
 世界樹はその役割通り世界のバランスを保つために
 その歪みを正そうとしているはずです。
 その歪みを正そうとする力を追えれば、
 世界樹の元に辿りつけるかもしれません。
輝翼14-2マミはてな
歪みね・・・(次元断層の様なものとは違うよね?)
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:世界の危機は思ったよりも早く、しかも危険な状況です。
 このまま手をこまねいて事態の推移を見守るわけにはいきません。
 なんとしても、世界を救う手段を見つけなければ・・・。
クロノス_通常2
クロノス:とはいえ、すぐに動ける情報もない・・・
 まずは情報収集からね。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:はい。
輝翼14-2ライジト目
まぁ、ひとまず解散ね。
キリエ_笑顔4
キリエ:その前に一息つきませんか?
 シャルお手伝いをお願いします。
シャル_笑顔
シャル:はい!かしこまりました。

17_5月_96

※星を守る者 第五話 愛がために 終わり※

輝翼14-2シモ通常目
これにて五話のレポートは終了です。
ようやく続きが書けました。
そしてついにECOの世界に繋がるのもあと一か月です。
寂しい限りです・・・・。

それではお疲れさまでした。
17_5月_97

ECO:星を守る者 第五話【愛がために】レポート その2

本日はECO(エミルクロニクルオンライン)の年間クエスト
ECO:星を守る者
第五話【愛がために】のレポートその2です。
=====caution 注意 caution======
画像張り付けまくりな上ネタバレを含みます。
なお攻略では無いので攻略はwikiをご参照ください。
長文及び痛い表現がありますのでご注意下さい。
本ブログに出てくるECOキャラクターのセリフは
ゲーム本編に出てくるテキストを参考に投稿者が妄想で描いた物で
ゲーム本編とはまったくかけ離れてる可能性がありますので
ご了承下さい。

輝翼14-2ミニ涙目
色々あって続きのレポートを書くのに時間が掛かってしまい申し訳ありません。

ザッハ
ザッハ:そんなことはどうでもいい!
 トルテさーん!!
クロノス_こほん
クロノス:えっと前回の続きは・・・
 浮気現場を目撃されたザッハにトルテ ショック!
 だっけ?

ザッハ
ザッハ:浮気なんてしていない!僕はトルテさん一筋だ!!

17_5月_30

キリエ_ひみつ
キリエ:ふふ、そうですね、それでは早く追いかけましょう。
 こちらですよ。
クロノス_こほん
クロノス:え!行先分かるの?
キリエ_笑顔4
キリエ:はい♪メイドにお任せください♪
輝翼14-2ライジト目
メイドすげー・・・・。


17_5月_31
トルテ
トルテ:やっぱりザッハくんには新しい恋人がいたんだ。

17_5月_32
ルシファー_むー
【???】
 (人が人を好きになるのは止められない。)

トルテ
トルテ:ザッハくん、かっこいいから、モテるのも当然だよね。

17_5月_33
ルシファー_目閉じ
【???】
 (別れ話。修羅場。)

トルテ
トルテ:やっぱり、わたし捨てられちゃうんだ・・・。



キリエ_笑顔4
キリエ:ほら、こちらです。
クロノス_目閉じ
クロノス:ホントにいたよ・・・。
トワ_フフフ
トワ:でも・・・・なんだか声を掛けづらいわねー。
ゴースト_通常
ゴースト:とってもブルーになっています。
 元気が出る注射でも打ちましょうか。
トワ_目閉じ
トワ:うーん、注射じゃ元気は出ないんじゃないかなー。


17_5月_34
ザッハ
ザッハ:トルテさん!

17_5月_35
トルテ
トルテ:ザッハくん!
 あ、またあの人と一緒・・・。
輝翼14-2マミジト目2
私達もいるけど・・・・うん・・・聞こえてないね・・・。

ザッハ
ザッハ:トルテさん、話を聞いて・・・・。
トルテ
トルテ:別れ話でしょ?
 聞きたくないよ、ザッハくん。
ザッハ
ザッハ:そんなことあるわけないよ。
 トルテさん、僕のトルテさんへの愛を信じてくれないの?
トルテ3
トルテ:だって、またその人と一緒なんだもん。
ノース_通常
ノース:誤解よ。私はただ話を聞きたかっただけよ。
ライズ_2
ライズ:まだ言葉が足りないんじゃないかしら。
メイリー_え
メイリー:こういった時は隠し事をせずに、正直に話すべきです。
輝翼14-2マミはてな
まぁそうだね。
メイリー_え
メイリー:トルテさん、
 ザッハさんはトルテさんとの結婚資金を貯めるのに忙しかったんです。
 ザッハさんはトルテさんを嫌いになったわけではありません。
 ザッハさんは変わらずトルテさんを愛しています。
輝翼14-2ライジト目
あっ それメイリーが言っちゃうんだ・・・。
ザッハ
ザッハ:ほんとは内緒にして驚かそうと思ってたけど、
 トルテさんに誤解されるなんてごめんだから。
 トルテさん、僕と結婚してください!
トルテ2
トルテ:えっ!?
 ザッハくん、それ、ほんとに・・・?
ザッハ
ザッハ:うん、僕はトルテさんとずっと一緒にいたい。
 僕はトルテさんを愛してる。
トルテ2
トルテ:ザッハくん・・・・。
 わたし、ザッハくんを信じていいの?

輝翼14-2ライジト目
砂糖はきそう・・・・
キリエ_笑顔4
キリエ:では、コーヒーをどうぞ。

17_5月_36
ルシファー_通常
【???】
 (もう少し悩んでみたら?)

輝翼14-2マミはてな
えっ!あれって・・・・
クロノス_通常2
クロノス:神魔ね・・・
キリエ_ひみつ
キリエ:別の世界より来られた、精神生命体ですね。
ケット姐さん_1
ヌトス:神魔・・・。
 別の世界から来た、精神だけの存在、ね・・・・。

17_5月_37
ルシファー_会話
ルシファー:私はルシファー。
 天からの使いとして、あなたに助言する。
 良い恋人が良い夫たりえるとは限らない。
 結婚を機に豹変することはありえる。
 まずはじっくり考えるべき。
トルテ2
トルテ:え?
ルシファー_会話
ルシファー:浮気という言葉は本気の反対。
 どっちかは本当でどっちかは嘘。

17_5月_38
トルテ2
トルテ:ザッハくん、ほんとにその人とは関係ないの?
ノース_通常
ノース:この人とはさっき会ったばっかりよ。
ルシファー_会話
ルシファー:恋はある日突然やってくる。
 時間は関係ない。
トルテ
トルテ:ひ、一目ぼれ?

輝翼14-2ライジト目
あっ・・・なんかめんどくさくなってきた予感・・・

ザッハ
ザッハ:ちょ、ちょっと!この人とは何の関係もないよ!
 僕はトルテさんを愛してる!
ルシファー_会話
ルシファー:だけ、とは言わなかった。
 そっちの人”も”愛してる?
トルテ
トルテ:やっぱり・・・。
ザッハ
ザッハ:トルテさん、どうしたら信じてくれるの?

17_5月_39

トルテ
トルテ:わたしだってトルテくんを信じたい。
 でも、疑うのを止められないの。
 どうしたら・・・・。
 
 ああっ!?

17_5月_40
輝翼14-2ライジト目
うぇ!!なんで!!
ザッハ
ザッハ:トルテさんっ!?
メイリー_え
メイリー:これは一体!?
ウルゥ_H_真剣
ウルゥ:まさか、想いの力が作用して!?

17_5月_41

【ダウンタウンの住人】
 人間がモンスターに!?
 逃げろー!

17_5月_42
ルシファー_攻撃2
ルシファー:人間がこうなるとは・・・。
 とても興味深い。
メイリー_え
メイリー:トルテさんっ、しっかりしてください!

17_5月_43
【ダウンタウンの住人】
 うう、なんだか身体が・・・・。

17_5月_44
輝翼14-2ライジト目
はぁ!?

17_5月_45
ゴースト_驚き
ゴースト:ダウンタウンの住人がどんどんモンスターに!?
トワ_フフフ
トワ:これはちょっとまずいわねー。
クロノス_混乱
クロノス:想いの力のマイナス現象がこんなことまで?

17_5月_46
ルシファー_思考
ルシファー:!?
 これは・・・、私にも影響が?
 ・・・・駄目、抑えきれない!

17_5月_47
サタン_悩み2
黒くなったルシファー:え、アタシに代われた?
 まあ、いいわ。
 なかなか面白いことになってるみたいだし、
 人間がどんな行動を取るか、観察させてもらうわ。


17_5月_48
ケット姐さん_1
ヌトス:まさか、こんな事件になるなんてね。
レイ_5
レイ:モンスターは倒すだけだ!
コドー
コドー:おう!任せろ!
 片っ端から倒してやるぜ!
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:駄目です!今はモンスターの姿ですが、
 元はダウンタウンの住人です。
 元に戻す方法を考えるべきです!
ケット姐さん_1
ヌトス:そんな不確実な方法に賭けるわけにはいかないわね。
 事件解決が最優先よ。多少の犠牲は目をつぶりなさい。

輝翼14-2マミジト目2
モンスターと言っても、元「人」だよ!
いきなり切りかかってどうするの!?
多少?町全体でどれぐらいいると思ってるの?
ノース_通常
ノース:こうやって話してる間にも被害は広がるのよ?
 非効率だと思わない?
レイ_5
レイ:邪魔をするなら相手すると言ったはずだな。
コドー
コドー:甘ちゃんに現実ってやつを教えてやる。

キリエ_凛
キリエ:なるほど・・・皆様はこちらの邪魔をされる・・・
 と言う訳ですね?

17_5月_49
メイリー_え
メイリー:(こうしてはいられません)


ウルゥ_H_通常
ウルゥ:どうあっても、モンスターになった住人を倒す、
 ということですか。

17_5月_50
輝翼14-2シモ通常目
まぁ・・・・そんなことさせる訳には・・・行かないよね・・・
皆・・・力を貸して。

17_5月_51
キリエ_凛
キリエ:はい・・・トライ様の御心のままに・・・
クロノス_怒り
クロノス:争い事は苦手なんだけどね・・・
トワ_話す
トワ:トライちゃん、わかったわ!
ゴースト_目閉じ
ゴースト:あたしの力、使ってください。

キャス_1
キャス:お、やる気っすね。
ライズ_3
ライズ:あんまり気乗りしないんだけど。
ノース_叫び
ノース:こんな争い、非効率だわ。

【???】
 待ちなさい!

17_5月_52
輝翼14-2マミジト目
・・・・・・。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:メイリーさん?
メイリー_登場2
愛の守護戦士:わたしは愛を司る守護魔。
 人呼んで、愛の守護戦士!

17_5月_53
メイリー_登場2
愛の守護戦士:アクロニアに愛の心をお届けします!
 愛の守護戦士、華麗に登場!
輝翼14-2マミジト目
・・・・・・。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:メイリーさんですよね。
ゴースト_通常
ゴースト:メイリーさんですね。

17_5月_54

メイリー_登場2
愛の守護戦士:人違いです。
 わたしは愛の守護戦士!
 モンスターとなった人々を倒そうとするなんて、
 なんて愛のない行為。
 愛を司る守護魔として、許せません。
 わたしも助太刀します。

17_5月_55

輝翼14-2マミジト目2
あー・・・・うん・・・・。
ありがとーあいのしゅごせんしー
トワ_んー
トワ:トライちゃん、
 そうねー話を合わせましょうかー。
メイリー_登場2
愛の守護戦士:わたしが来たからにはもう安心です。
 行きますよ!

輝翼14-2マミジト目2
んじゃま・・・転生者PTだけど・・・こっちも
転生110パートナー大盤振る舞いで行こうか!
重課金者なめるなよ!

17_5月_56
輝翼14-2シモ怒
戦闘開始!!
メイリー_登場2
愛の守護戦士:お任せあれ!
ゴースト_通常
ゴースト:補助します!
17_5月_57
キャス_2
キャス:ぎゃぅ!
メイリー_登場2
愛の守護戦士:DEMが戦闘形態にならないなんて舐めてます?

17_5月_58
コドー
コドー:オラオラ!行くぜ!大車輪!
レイ_5
レイ:幻視空蝉!スライディング!!
ゴースト_通常
ゴースト:きゃあ!
クロノス_ん
クロノス:おっと危ない危ない!
 ちょっと下がって。

17_5月_59
ライズ_3
ライズ:はぁ・・・あんまり気乗りしないんだけど。
 ツイステッドプラント。
ノース_叫び
ノース:マジックメデューサ!
トワ_んー
トワ:ほーら、いくよ?
 桜花爛漫〜♪
17_5月_60
メイリー_登場2
愛の守護戦士:これが愛の力です!!
キリエ_怒り
キリエ:お引取り下さい・・・幻〇「殺人ド〇ル」
ライズ_3
ライズ:きゃぁ!
ノース_泣き
ノース:そんな・・・。
コドー
コドー:うわぁ!まじか!

メイリー_登場2
愛の守護戦士:とどめです!
 愛のオーラあたっく!!

レイ_5
レイ:くぅ・・・・

メイリー_登場2
愛の守護戦士:そこに愛がある限り!
 わたしは絶対負けません!

17_5月_62
ケット姐さん_1
ヌトス:これは驚きだわ。
 貴女強いのね。
 
メイリー_登場2
愛の守護戦士:当然です!

ケット姐さん_1
ヌトス:逆に貴方たちはだらしないわね。
 それで本当に世界を救えるの?
 でも、これ以上は命にかかわるわね。
 貴方たちだけで今回は一旦引きなさい。
ノース_泣き
ノース:くぅ・・・・・

 
ケット姐さん_1
ヌトス:いいでしょう。
 今回は貴女達に譲りましょう。
 貴女達のやり方で何が救えるのか、見させてもらうわ。

17_5月_63
メイリー_登場2
愛の守護戦士:さあ、次はトルテさんを救いましょう。
ウルゥ_H_目閉じ
ウルゥ:トルテさんがモンスターになってしまったのは、
 想いの力の影響だと思われます。
輝翼14-2マミジト目2
想いの力・・・・想いの力がトルテの不安な気持ちを増幅させた?
クロノス_こほん
クロノス:ザッハが自分を捨ててしまったり、
 忘れられてしまったりするのではないかという
 トルテの不安と恐れに想いの力が作用した結果、
 想いの力が暴走してトルテがモンスターになってしまった・・・かな?
ゴースト_通常
ゴースト:なるほど。そういう可能性が考えられる訳ですね。
 では、どうすればトルテさんを救えるのでしょうか?
トワ_んー
トワ:想いの力が作用しているってことは、
 その想いの力をなんとかすれば、元に戻せるかなー?
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:それと、あの憑依体、ルシファーと言いましたか。
 どう見ても暴走してますね。
 あれもなんとか元に戻さなくては。
輝翼14-2マミジト目2
ん〜想いの力の影響を減らせば元に戻るのでは?
クロノス_こほん
クロノス:ルシファーも想いの力が作用していると思われるから。
 どうにかして想いの力の影響を減らせば、
 ルシファーを元に戻せるかもね。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:どちらにしろ、トルテさんを元に戻すのが
 先決ということですね。

サタン_ジト目
黒くなったルシファー:前のアイツのやり方はまどろっこしいのよ。
 こんなふうに直接事件を起こした方が、
 簡単に人間の本性が分かるわよ!

ザッハ
ザッハ:トルテさん!
 僕だよ、ザッハだよ!
 正気に戻って!

17_5月_64
メイリー_登場2
愛の守護戦士:ザッハさん、トルテさんを救いたいですか?
ザッハ
ザッハ:そんなの当然だよ!
メイリー_登場2
愛の守護戦士:あなたの協力があれば、
 トルテさんを助けることができると思います。
 でも、ザッハさんにも危険が及ぶかもしれません。
 それでも構いませんか?
ザッハ
ザッハ:トルテさんが助かるなら構わないよ!
 早くトルテさんを助けて!
メイリー_登場2
愛の守護戦士:分かりました。
 わたしがザッハさんの愛をトルテさんに届けて、
 トルテさんの心を安心させます。
 そうすれば、想いの力が作用していた不安な心がなくなり、
 元の姿に戻るはずです。
 近くから愛を届けた方が成功率が高くなります。
 ザッハさん自身がなるべくトルテさんに近づいた方がいいのですが、
 今のトルテさんはザッハさんのことが分かりません。
 攻撃される恐れがあり、危険です。
輝翼14-2マミジト目2
・・・・つまり・・・。
ウルゥ_H_ひらめき
ウルゥ:トライさん、(いつも通り)お手伝いいただけますか?
輝翼14-2マミジト目2
はぁ〜・・・はいはい・・・了解です。
メイリー_登場2
愛の守護戦士:トライさん、ありがとうございます!
トワ_微笑
トワ:メイリーちゃん、トライちゃんやザッハちゃんの名前を呼んでる。
 全然正体を隠す気ないでしょー?
ゴースト_気絶
ゴースト:知らない振りをここまで徹底するのは凄いと思います。

17_5月_65
メイリー_登場2
愛の守護戦士:では行きます!

輝翼14-2マミジト目2
はいはい・・・こっちこっち・・・って!わわわぁ!

メイリー_登場2
愛の守護戦士:ザッハさん、今です!

17_5月_66
ザッハ
ザッハ:トルテさん、もう一度言うよ。
 僕と結婚してください!
 君を幸せにしたい!
メイリー_登場2
愛の守護戦士:届け!愛の心!

17_5月_67
キリエ_テレ
キリエ:ふふふ〜いいですね。せーしゅんですね♪

17_5月_68

メイリー_通常2
愛の守護戦士:トルテさん、恋は人を幸せにも不安にもさせます。
 でも、恋が愛になれば、人に安心を与えることができます。
 トルテさん、ザッハさんの愛を感じませんか?

17_5月_69
トルテ2
トルテ:・・・ザッハくん。
サタン_呆れ
黒くなったルシファー:なになに?あんなに絶望してたのに、
 こんな一言で安心しちゃうの?

サタン_笑い
黒くなったルシファー:って、アタシも!?

17_5月_70
ルシファー_攻撃1
ルシファー:戻った。
 なぜ、私はあんな行動を・・・?

17_5月_71

ザッハ
ザッハ:トルテさん!
トルテ2
トルテ:ザッハくん!

17_5月_72
輝翼14-2マミジト目2
あ〜〜〜砂糖吐くわ・・・
メイリー_通常2
愛の守護戦士:さあ、次はダウンタウンのみんなです。
 トライさん、みんなを元に戻すのに、
 あなたの愛の力を貸してください。
輝翼14-2マミジト目2
うぇ〜こき使うね・・・・・。

17_5月_73
メイリー_登場2
愛の守護戦士:さぁ、皆に届け!愛の心!

17_5月_74
クロノス_こほん
クロノス:とりあえず・・・元に戻ったみたいね。

17_5月_75
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:これは・・・・。
トワ_話す
トワ:メイリーちゃんがトライちゃんの愛の力を増幅して、
 みんなの不安な心を静めた、
 ってことかしらー?
ゴースト_気絶
ゴースト:モンスターになったみんなに注射を打つチャンスを
 逃したみたいです。
 残念です。
メイリー_登場2
愛の守護戦士:これが愛の力です。
 素晴らしいでしょう。
 愛の力で華麗に解決!
 わたし、愛のために闘います!


メイリー_通常2
愛の守護戦士:と言う訳で。
 一度ここで愛のある休憩です。
 お疲れ様です。
 また次回お会いいたしましょう!

ECO:星を守る者 第五話【愛がために】レポート その1

本日はECO(エミルクロニクルオンライン)の年間クエスト
ECO:星を守る者
第五話【愛がために】のレポートその1です。
=====caution 注意 caution======
画像張り付けまくりな上ネタバレを含みます。
なお攻略では無いので攻略はwikiをご参照ください。
長文及び痛い表現がありますのでご注意下さい。
本ブログに出てくるECOキャラクターのセリフは
ゲーム本編に出てくるテキストを参考に投稿者が妄想で描いた物で
ゲーム本編とはまったくかけ離れてる可能性がありますので
ご了承下さい。

輝翼14-2シモ通常目
ECOの例の発表後、
色々やる気が起きなかったのですが・・・
ちょこっとづつですが残りのイベント報告したいと思います。

輝翼14-2シモ通常目
正直六話というか最終話もまだやれてないんですよね・・・
早くやらないとっとは思ってるのですが・・・

クロノス_ひらめき
クロノス:ほらほら、とりあえず今は、
 そんなこと忘れて、ね。
キリエ_ひみつ
キリエ:大丈夫ですよ、別れは辛いですが・・・
 想いは続くのですから。
 ですから・・・

キリエ_笑顔4
キリエ:今はただ・・・
 失われる何かを嘆くよりも、
 楽しい物語を綴りましょう。

輝翼14-2ロキ笑顔
そう・・・ですね、
はい!行きましょ!
輝翼14-2ペペン笑顔1
あ!ちなみにこのイベントやった人は分かってるかもしれませんが、
今回のイベント長いです。
レポートも3つぐらいになるかも。
それじゃウルゥちゃんの所に行きましょう!

mainTitle

subTitle5
17_5月_1
輝翼14-2ペペン笑顔1
やほーウルゥちゃん。
クロノス_ひらめき
クロノス:あれ?他の皆は?
ウルゥ_H_困り顔
ウルゥ:トライさん、皆さんいらっしゃいませ。
 他の皆さんは今外に出ていますがそろそろ・・・
キリエ_笑顔
キリエ:皆様お帰りになられたようですね
 それでは、お茶の準備を・・・

17_5月_2
輝翼14-2ペペン笑顔1
やほー、みんな!

17_5月_3
シャル_笑顔2
シャル:トライさん♪
 あっキリエししょー様お手伝いします。
アカリ_照れる
アカリ:お手伝いしてるシャル可愛い♪
 あっ、皆さんこんにちは・・・
フロン_笑顔
フロン:あはは・・・こんにちは、トライさん。
フェール_通常
フェール:皆さん、お疲れ様です。
17_5月_4
ジリス_決め
ジリス:やほーあたしが来たわよ!
ラン_テレ2
ラン:えと・・・皆さん、お疲れさまです。
トワ_チェキ
トワ:やほー、みんな元気?飲んでる?
ゴースト_笑顔
ゴースト:流石にこのタイミングでは飲んでいないかと・・・
 お疲れ様です、皆さん。
 お注射如何ですか?
輝翼14-2マミジト目2
それも、どうかと思うよう・・・・
17_5月_5
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:さて、皆揃いましたね。
 それでは、これまでの事ですが・・・・
 イストー岬の事件を調査した結果、新たな事実が分かりました。
 想いの力が不安や恐れなどの人々のマイナスの想いに作用し、
 事件を引き起こしていたのです。
輝翼14-2マミはてな
(思えば最近更新してなかったから大分前だよね・・・)
トワ_通常
トワ:イストー岬では、「トンカの流行り病かも」って
 話が広まると同時に、バラバラだった病気の症状が
 同じ症状に変化していったのよねー。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:はい。想いの力が村人の病気に対するイメージに作用した結果、
 村人たちの病気が同じ症状に変化していました。
ゴースト_通常
ゴースト:村人たちの病気が治ったのも想いの力の影響だったのですね。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:治療薬が病気に効くという村人の想いが、
 想いの力によって具現化され、
 結果として症状が回復したというわけです。
シャル_笑顔3
シャル:想いの力って、いろいろできるんですね。
 すごいです!
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:各地で起きた事件では、
 街中にモンスターが出現することもありました。
 そのせいか、街の人がモンスターになったという噂が流れていて、
 人々の不安が高まっています。
フロン_話す
フロン:ちょっと情報を整理してもいい?
 一番最初は、たまごが割れて、ウルゥさんが生まれ、
 想いの力が世界に飛び散った、ということでいいのかな?
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:はい、その認識で間違いありません。
アカリ_通常
アカリ:それからいくつかの年を経て、想いの力が世界に溢れるようになり、
 私たち守護魔がこのように人間と同じ身体で活動できるようになりました。
フェール_戦闘
フェール:最近になって各地で不可解な事件が起こるようになって、
 守護魔たちはそれぞれ各地で使命を果たすために、
 事件解決に努力していたということですね。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:各地の事件を調べる過程で、アカリさん、フェールさん、
 ランさん、トワさんと出会うことができました。
ラン_通常
ラン:想いの力が強く集まる場所で事件が起こっていて、
 守護魔たちは事件を解決するために想いの力が強く集まる
 場所にいて・・・ということですよね?
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:事件が起きるのが先か守護魔がいるのが先か、
 という議論はあるかもしれませんが、その通りです。
ジリス_すまし顔
ジリス:あと、アイツらもいたわよね。
フロン_話す
フロン:ピンクのケット・シーと、その一味の冒険者達の事ね。
輝翼14-2マミジト目2
(あのケット・シーはタイ兄さんに叩けば何か出てきそうな気がするけど・・・)
フロン_話す
フロン:目的は分からないけど、事件の場所で必ず遭遇するし、
 想いの力を集める装置を持っていることを考えると、
 想いの力に何か関係があると考えるのが自然かな?
アカリ_怒り
アカリ:もしかして、想いの力を使って事件を引き起こしているのは
 あの一味なのでは・・・・?
ゴースト_通常
ゴースト:イストー岬では協力してくれましたが・・・。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:・・・・。
 今の情報では判断できません。
クロノス_ジト目
クロノス:何かあるんだろうけど・・・ね。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:ですが、もし事件を起こしている存在がいるならば、
 そのような企みは阻止しなければなりません。
 トワさんから教えていただいた、
 世界樹の力を借りることも考えるべきでしょう。
17_5月_6
ジリス_すまし顔
ジリス:せかいじゅ?
トワ_話す
トワ:世界樹っていうのは、守護魔と同じ役割を持つ樹で、
 世界のバランスを保っているの。
 このエミル世界のどこかにあるはずだから、
 探してみるのもいいと思うわー。
輝翼14-2マミはてな
噂(未実装案件として)は聞いた事あるけど・・・
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:そうですね。
 世界樹に関しても情報を集めてみましょう。
17_5月_7
シャル_笑顔
シャル:で、今度はどこに行くのでしょうか?
 知らない場所に行くのって楽しいです!
ウルゥ_H_困り顔
ウルゥ:シャルさんは旅行か何かと勘違いされているのでは。
キリエ_笑顔2
キリエ:それでは、お弁当も準備しましょう。
輝翼14-2ペペン笑顔1
だし巻き卵は必須で!
ウルゥ_H_真剣
ウルゥ:トライさん・・・
輝翼14-2マミはてな
ウルゥちゃんはいらないの?
ウルゥ_H_流し目
ウルゥ:うぅ・・・タコサンウィンナーも・・・
キリエ_笑顔3
キリエ:はい、了解しました。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:さて・・・今想いの力を強く感じるのはアクロポリスシティです。
 最近、ダウンタウンは治安が悪くなっていますし、
 人々の不安が事件を引き起こさないか心配です。
フェール_戦闘
フェール:それでは、今回はダウンタウンの調査ですね。

17_5月_8
シャル_怯え
シャル:お出かけはないんですね・・・。
アカリ_照れる
アカリ:シャル、可愛い・・・。
クロノス_ん
クロノス:まぁ、近場でもお弁当持って出かければ、
 少しは楽しいかもよ?
輝翼14-2ロキ笑顔
ですね♪
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:そうですね。
 それでは、ダウンタウンの調査と並行して、
 引き続き新たな守護魔を探して協力を・・・・。
ラン_驚き
ラン:こ、この感じは・・・・。
トワ_目閉じ3
トワ:多分そうだと思うんだけどー。

17_5月_9
ジリス_決め
ジリス:??
 どうしたの?
 今さらアタシの凄さに気付いたって感じ?
フェール_通常
フェール:いえ、下に新たな守護魔の気配を感じたんです。
フロン_不満2
フロン:え、ほんと!?
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:この気配は私の知らない方です。
 新しい守護魔で間違いないでしょう。
アカリ_怒り
アカリ:この気配は、アップタウンでしょうか?
 場所までは流石に分かりませんね。
ゴースト_通常
ゴースト:アップタウンにいることが分かっているのならば
 話は早いです。早速探しに行きましょう。
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:とはいえ、アップタウンも広いです。
 手分けして探しましょう。
フロン_話す
フロン:じゃあ、私とフェールさんで北の方を探してみるね。
フェール_通常
フェール:さすが、攻めに定評のあるフロンさんですね。
 決断が早いです。
アカリ_怒り
アカリ:では、私とシャルは黒の聖堂のある西の方を担当します。
シャル_笑顔
シャル:はい!お任せください!
トワ_話す
トワ:それじゃあ、私とゴーストちゃんは反対側の
 白の聖堂の方を探してみるわー。
ゴースト_通常
ゴースト:白の聖堂・・・・?
 真ん中にある大きな建物のことでしょうか?
ウルゥ_H_通常
ウルゥ:ゴーストさんはアップタウンに来て日が浅いせいか、
 アップタウンの地理にはまだ詳しくないみたいですね。
 トワさんとゴーストさんには私が一緒に付いていきましょう。
 念のため、トライさん達も一緒に来ていただけますか?
輝翼14-2ロキ笑顔
了解!
ラン_驚き
ラン:じゃ、じゃあ、私とジャバウォックさんは残りの
 南方面で・・・。
ジリス_決め
ジリス:アタシに任せとけば大丈夫よ!
 おっきな船に乗ったつもりでいなさい!
17_5月_10

輝翼14-2ペペン笑顔1
じゃ、まー作戦開始!
ゴースト_通常
ゴースト:トライさん、よろしくお願いします。
トワ_酔い3
トワ:景気付けに一杯!しゅっぱーつ!
輝翼14-2マミジト目2
一杯というより一本・・・じゃん・・・。

17_5月_11
輝翼14-2ライジト目
さーてと・・・・何処かなぁ?

【不安そうな女】
 ・・・・でも、やっぱり・・・・。

【少女】
 なら・・・、・・・すれば・・・・。

17_5月_12
トワ_んー
トワ:んー。
 あの子かなー?
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:あの赤い服の少女から守護魔の気配を感じます。
 恐らくそうでしょう。
17_5月_13

輝翼14-2マミはてな
あれ?もう一人の子って・・・・
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:お話中にすみません。
 ちょっとよろしいでしょうか?

17_5月_14
メイリー_通常
守護魔らしき少女:はい、なんでしょうか?
ゴースト_テレ
ゴースト:あなたは守護魔ですね?
 注射打ちますか?
メイリー_え
守護魔らしき少女:えっ?
 しゅ、守護魔って何のことですか?
 注射もいりませんよ?
トワ_話す
トワ:ゴーストちゃん、注射はまたにしてねー。
ウルゥ_H_話す
ウルゥ:さて・・・同じ守護魔として、
 こんなに近くで間違うはずがありません。
 あなたは守護魔ですね。
メイリー_通常
守護魔らしき少女:な、なんのことですか?
 わたし、ただの通りすがりの女の子ですよ?
トワ_微笑
トワ:うーん、私もキミは守護魔に違いないと思うんだけど、
 なんでそんなに否定するのかなー。
輝翼14-2マミはてな
・・・・・あぁ・・・そういう設定か・・・・
皆ちょっといいかな?

17_5月_15
輝翼14-2シモ通常
っと言う訳で、基本向こうの話に合せるってことで・・・
ウルゥ_H_通常2
ウルゥ:そ、そういうものでしょうか・・・・。
ゴースト_通常
ゴースト:トライさん、慣れてますね。
トワ_にょあー
トワ:トライちゃん、すごーい!
キリエ_テレ2
キリエ:いわゆる黒歴史の経験ってことですね。

輝翼14-2シモ通常目
(うぐぅ・・・)
さ・・・さて・・・えと・・・さっきのは勘違いのようですみません。
私はトライ・・・他の皆は・・・

17_5月_16
メイリー_通常
メイリー:いえ、勘違いは誰にでもありますから。
 わたしはメイリーです。
 こちらの女性が悩んでいたので、相談に乗っていたんです。

17_5月_17
トルテ2
トルテ:トライさん・・・・
輝翼14-2シモ笑顔
あっ!やっぱりトルテじゃん。
ザッハは?
トルテ
トルテ:うう・・・・。

17_5月_18
メイリー_通常
メイリー:トライさん、
 トルテさんとお知り合いだったんですね。
 では、話が早いです。
輝翼14-2シモ笑顔

トルテ
トルテ:ザッハくん、最近帰りが遅くて、
 一緒にいる時間がすごく減ってるの。
 お話しようとしても、忙しい忙しいって言って、
 すぐにダウンタウンに行っちゃうの。
 きっとダウンタウンに新しい恋人がいて、
 わたし、ザッハくんに捨てられちゃうの・・・・。
輝翼14-2マミジト目2
(けっ・・・リア充め・・・しかし・・・
 あのザッハが浮気?ありえないと思うけど・・・)
メイリー_登場
メイリー:トルテさん、しっかりしてください!
 恋人なんですから、もっと自分とザッハさんの愛を信じてください!
トルテ
トルテ:ザッハくんを信じたいけど、心の声が
 「きっと捨てられちゃうんだ」って言うの。
 もう、不安で不安で・・・。
輝翼14-2マミジト目2
(ん?心の声?)
メイリー_通常
メイリー:分かりました。
 そこまで言うのならば、わたしがお二人の愛を確かめます。
 ザッハさんの素行を調査して潔白を証明すれば、
 トルテさんの不安を解消できるでしょう
トルテ
トルテ:え、でも、ほんとに浮気してたら、わたし・・・。
メイリー_通常
メイリー:大丈夫です!
 愛を信じてください!
トワ_微笑
トワ:なんだか変な話になってきたねー。
ゴースト_驚き
ゴースト:トライさん、
 こういった場合はどうすればいいですか?
輝翼14-2シモ通常目
ん〜まぁ流れに身を任すって感じかな?
メイリーちゃん私らも手伝うよ。
メイリー_通常
メイリー:ご協力、感謝します!
ウルゥ_H_通常2
ウルゥ:しかし、今、ダウンタウンは治安が悪化しています。
 私たちはトライさんが
 いるので大丈夫ですが、
 お二人は大丈夫ですか?
メイリー_通常
メイリー:わたしは大丈夫ですが、
 トルテさんはダウンタウンに行くのはやめておいた方がいいでしょう。
トルテ
トルテ:うん、ザッハくんが他の女の人と一緒にいたりしたら、
 わたし耐えられないと思うから、ここでみんなを待ってる。
メイリー_通常
メイリー:分かりました。ここで待っていてください。
 きっといい報告が出来ると思います。
キリエ_怒り
キリエ:それじゃ行きますか・・・
輝翼14-2マミジト目2
キ・・・キリエさん!?
メイリー_登場
メイリー:それでは、ダウンタウンに調査に行きましょう!
 愛の素晴らしさを証明してみせます!

17_5月_19
輝翼14-2ライジト目
さてと・・・ザッハは・・・・
ウルゥ_H_通常2
ウルゥ:ダウンタウンはアップタウンよりも想いの力が強いですね。
 治安が悪いことと関係があるのでしょうか?
 事件が起こらないか心配です。

17_5月_20

ザッハ
ザッハ:忙しい忙しい・・・・。
メイリー_登場
メイリー:いました!
 あの人です。
ゴースト_通常
ゴースト:では、早速声をかけましょう。
クロノス_通常2
クロノス:ん?あれは・・・
トワ_んー
トワ:あ、ちょっとまってー。
 あれ、この間の人たちだよー。

17_5月_21

ケット姐さん_1
ピンクの謎の生物:ちょっといいかしら?
ザッハ
ザッハ:ん?
 僕に何か用?
 え、何この怖い人達?
 最近ダウンタウンで起こってる怖い事件って、
 ひょっとしてこの人達が?
ケット姐さん_1
ピンクの謎の生物:貴方に聞きたいことがあるのだけど・・・。
輝翼14-2ライジト目
ちょっと待ってくれる?

17_5月_23
ケット姐さん_1
ピンクの謎の生物:あら、貴女はこの間の。
キャス_1
キャス:また自分達の邪魔をしにきたっすね。
コドー
コドー:あの時の甘ちゃんじゃねーか。
 少しは成長したか?
ノース_通常
ノース:貴女たちも効率を重視した結果、ここに来たのかしら?
レイ_3
レイ:貴様ら、また俺の邪魔をするのか!
ライズ_2
ライズ:だから、そんな喧嘩腰はダメよ、レイ。

キリエ_凛
キリエ:お話に合った、敵対勢力ですね・・・

ケット姐さん_1
ピンクの謎の生物:私達はとある目的のために活動しているギルド、のようなものよ。
 この子達はその目的のために私がスカウトした貴重な人材。
クロノス_ジト目
クロノス:どこかで聞いた事あるような話ですね。
コドー2
コドー:すげーだろ。
 強くなって、転生して、世界を救うんだぜ、俺たち。
ノース_叫び
ノース:コドー、貴方、そんなに簡単に情報を漏らしちゃ駄目じゃない。
 まあ、貴方は一番の新人だから、
 こういったことに慣れていないんでしょうけど。
 これからはもっと気を付けて、効率よく行動しなさい。
コドー
コドー:ヒーローになるチャンスなんだから、いーじゃねーか。
キャス_1
キャス:姐さん、どうします?
ケット姐さん_1
ピンクの謎の生物:その「姐さん」という呼び方、やめてちょうだい。
 あいつみたいで、嫌なのよ。
 ちゃんと名前で呼びなさい。
ライズ_2
ライズ:そうよ、ちゃんとヌトスと呼ばなきゃダメよ。


17_5月_24
ウルゥ_H_警告
ウルゥ:世界を救う、と言いましたね。
 今起きている、各地の事件を解決するのも、
 その目的のため、ということですか?
ケット姐さん_1
ヌトス:各地の事件?
 ああ、この子たちが遭遇したという事件ね。
 それはどちらでもいいわ。
 私は、迫りくる世界の危機に対抗する手段を見つけたいの。
 そのために、転生者という強力な力を持つ人間を集めているのよ。
ウルゥ_H_流し目
ウルゥ:世界の危機?
 それは想いの力によって崩れた、この世界の
 バランスのことではないのですか?
ケット姐さん_1
ヌトス:そんなものよりも、もっと直接的で強大な脅威があるわ。
 今は世界の守護者が抑えているおかげで活動していないけど、
 過去に世界の一部を飲み込んでしまった恐ろしい存在。
 その存在こそが、世界の危機なのよ。
クロノス_こほん
クロノス:(んーもしかして、それって・・・)
ウルゥ_H_真剣
ウルゥ:しかし、想いの力が作用して事件が起きているのは確かです。
 決して無視していいことではありません。
 崩れている世界のバランスを、
 元に戻さなければ世界はもっと悪くなっていくでしょう。
ケット姐さん_1
ヌトス:貴女の心配は分からないでもないけど、
 重要なのは脅威を排除すること。
 そのためには、ある程度の犠牲も覚悟する必要があるし、
 想いの力を利用して戦力にすることもするわ。
 世界のバランスなんて脅威を排除した後でもいいし、
 優先順位は低いわよ。
ノース_通常
ノース:話が平行線ね。もういいでしょう。
 どうせお互い、相手の意見に従う訳はないし、
 これ以上の問答は効率が悪いわ。
輝翼14-2ライジト目
そのようですね・・・
ライズ_2
ライズ:そうね。
 そういった考え方もある、って思うのじゃダメかしら?
 わたしはキミたちの考え方も一つのやり方だと思うけど、
 それでも、わたしの行動を変えるつもりはないし。
レイ_3
レイ:それぞれやりたいことをやればいいんだよ。
 俺の邪魔をするなら容赦はしないがな。
トワ_フフフ
トワ:うーん、言いたいことは分かるけど、
 でも、最初から諦めてちゃだめよねー。
ノース_通常
ノース:ともかく、私達の邪魔はしないでちょうだい。
 これ以上効率が悪くなるのは嫌よ。
 さて、話を聞かせてちょうだい。
ザッハ
ザッハ:話って言われても・・・・。

17_5月_25
トルテ3
トルテ:ザッハくん!
 その女の人は!?
輝翼14-2マミジト目2
あ・・・・・
ザッハ
ザッハ:トルテさん!?
 どうしてここに!?
トルテ3
トルテ:あなた誰?
 ザッハくんに何の用?
ノース_通常
ノース:貴女には関係ないわ。
 彼は私と大事な話があるの。
輝翼14-2マミジト目2
あっバカ!そんな勘違いしそうな・・・・

17_5月_26
トルテ
トルテ:二人で大事な話なんて・・・・。
 そんな・・・、そんな・・・。
 ザッハくんのばかー!!

17_5月_27
ザッハ
ザッハ:と、トルテさん!?

17_5月_28
ノース_通常
ノース:どこに行くの?
 関係ない人はほっといて、話を聞かせてちょうだい。
輝翼14-2ライジト目
あーもう!この効率厨は!
さっきの子はその人の恋人で、
貴女の誤解されるような一言で彼女に浮気相手だと思われてるんだよ!
これで破局したらどう責任取るつもり?
ノース_泣き
ノース:ちょっと、先に言ってよ、そういう事!?
ゴースト_通常
ゴースト:トルテさんが行ってしまいました。
 最近、ダウンタウンは治安が悪いそうです。
 トルテさん一人では心配です。
トワ_通常
トワ:たいへん!
 急いで追いかけましょう!
ザッハ
ザッハ:僕もトルテさんを・・・・!

17_5月_29
メイリー_通常
メイリー:ちょっと待ってください。
 あなたには、トルテさんへの愛について聞きたいことがあります。
ザッハ
ザッハ:トルテさんへの愛?
 そんなの、無限大に決まってるじゃないか。
 なんで今更そんなことを?
メイリー_通常
メイリー:最近、忙しいと言ってトルテさんときちんと
 話をしていないそうですね。
 それでも、あなたの愛は本物だと言い張れますか?
ザッハ
ザッハ:確かに、最近、トルテさんとちゃんと話をしてなかったかも・・・・。
 そろそろトルテさんとの結婚を考えはじめて、
 お金を貯めようと思って仕事を沢山いれてるんだ。
 そのせいで最近帰りが遅いし、疲れてるからトルテさんと
 ラブラブする時間が少なくなってたかも。

輝翼14-2マミはてな
なるほどね・・・でもそれは・・・男の都合だよね・・・
メイリー_通常
メイリー:それでは、トルテさん以外の女性と一緒にいたことは?

ザッハ
ザッハ:仕事の関係で一緒になることはあるけど、それが?
 あ、もしかして浮気を疑ってる?
 浮気なんてする訳がない。僕はトルテさん一筋。
 トルテさん以外の女性と付き合うなんてありえないよ。
輝翼14-2マミジト目2
だよね・・・・そこはすごいよ。
メイリー_通常
メイリー:なるほど・・・・。
 あなたのトルテさんへの愛を確かに感じます。
 トルテさんの心配は杞憂でしたね。
ザッハ
ザッハ:もういいかな?
 トルテさんを追いかけなきゃ!
メイリー_通常
メイリー:はい、早くトルテさんにあなたの愛を伝えて
 安心させてあげましょう。
ザッハ
ザッハ:そんなの当り前だよ!




クロノス_目閉じ
クロノス:まったく・・・砂糖を吐きそうなくらいの二人だね・・・
キリエ_ひみつ
キリエ:コーヒーのブラックをご用意いたしました。
クロノス_こほん
クロノス:これはどうも・・・
 さて、長くなってきたので一度この辺で、
 コーヒーブレイクと行こう。
 それではしばしの休憩を・・・
キリエ_ひみつ
キリエ:皆様失礼いたします。

ついにアレをGET!

休日の会社の飲み会と言う会議か会議という飲み会の様な物の帰り・・・

何気なくよったJRゲートタワーのビックカメラで・・・

とあるイベントが・・・

PS VR体験会!?

おぉ・・・久々に見た気がする・・・っと思ったら

PSVR緊急入荷ののぼりが!

気が付いたらレジに並んでました・・・

ふふふ・・・これで遂に私もVR体験が・・・・

まぁ・・・・PS4無いんですけどね。。。。

うん・・・そうですよね・・・本体いるよね・・・

本体・・・も高いんですよね・・・

うん・・・頑張ってお仕事しよ・・・
訪問者数
  • 累計:

グーバーウォーキング
記事検索
投票ボタン
blogram投票ボタン
livedoor プロフィール
(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
タグクラウド
  • ライブドアブログ