今は亡き、ドムドムマーラカオというバンド。

奴らは、どこか虚空の彼方に旅立ち、それぞれの苦悩を抱きながら
未来への不安や現実の摩擦と戦っています。

彼らが何を歌いたかったのか、何を伝えたっかたのか?

トライ田剛側の見解を、この風化した現在に独白!

Q:バンド結成に至ったキッカケは何ですか?

トライ:はい、やはり世の中への不満だったり、自分への不満だったり、
    若いからもやもやしてたんですよね。
    なにかと学生生活も暇であり刺激も減ってきていたので、
    ここらでドバーっとやりたくてね。
    とは、言っても実際はブルーさんが面白いマシーンが手に入った
    から、それで生の音楽作ろうぜ!ってのが始まりですね。
    お互いに、音楽の知識を蓄えてて、爆発させたい気持ちが
    常にあったのかもしれないですね。

Q:ドムマーさんのファンは熱烈な方が多いですよね。
  路上ライブをすれば周りにうちわを持ったファンが100人くらい
  いたわけだし。ファンについてどう思いますか?


トライ:そうですね、ファンはもちろん大事ですけど、うちわとか太鼓で
    の応援には正直、抵抗がありました。
    だって、僕たちは純粋にロックがしたい訳で、
    アイドルでもWatでもないですから(笑
    一度、熱狂的なファンの子に手作りのケーキを貰ったんですよ。
    うれしくて二人で食べて、味はものすごくおいしくて、
    感動したんですよ。あ〜僕らのためにケーキを作ってくれる人が
    いるなら、もっといい歌作って恩返ししなきゃな〜って
    夢をだったんですけどね。

Q:ドムマーさんのロックのあり方はなんですかねー?

トライ:ロックっていっても広くてアバウトなものだと思うんです。
    ギターをガリガリ鳴らせばある意味ロックであり、
    化粧して妖艶な風貌で歌うのもロックだったらしますし、
    イコール、ロックって何でもありだと思うんですよ。
    かっこいいかっこ悪いは別にして。
    自分の思うロックなスタイルって誰しもあるんですよ。
    プリン職人だって芝生職人だって警察にだって
    だから、僕らなんかは、まさに生まれ持った感覚でしたね。
    話がまとまらないので次行きましょう。

Q:はい、楽曲制作の方法とかお聞かせください?

トライ:いろいろパターンはあるんですけど、
    お互い作った曲を聞かせあって、
    これだってのがあれば本格的に詰めていく。
    あとは、片方側が一気に楽曲を作ってしまい、
    それにスパイスとしてもうひとりが何かを付け足すの
    もありましたね。
    他は、スタジオで短期間で作ったこともあります。

Q:制作時の苦労とかありますか?

トライ:単純に時間がなかったですね。会う時間が極端に少ないので、
    その日は徹夜が鉄則で、体調を犠牲にがんばってましたね。
    それに、ぶつかり合いもありましたね。
    やっぱりお互いに譲れない部分があったりするので、
    そこは、バトル&スマッシュでしたね。
    まだまだあるんですけど、言い切れません。

Q:ドムドムマーラカオの名前の由来は?

トライ:私がつけました。最初は、スラムダンクスとかさよならギターズ
    とか、オリエンタルレイディオとかいろいろ名前変えてやってた
    んですけど。ある時、ちゃんと決めようという事で、私が出した
    10個くらいの案からブルーさんが選びました。

Q:その候補にはどんなのがありましたか?

トライ:修二と章、ジャンがリアンハムスター、飲む飲むモーター
    そばめしカレー、外人という当たり前、サラダラサ
    セブンイレブン、カメックス、未来収集とかですね。
    
Q:最後の質問です。解散の理由は何ですか?

トライ:忙しいから。



ドムドムマーラカオはいつか帰ってきます。いつか帰ってきますよね?