2007年02月23日

三洋電機のお話!

2月23日(金)、お昼のお話。本日は、朝から雨になっております。

トライス:本日もまたまた、面倒どころの問題が出てきたね。

数希:今回は、どこ?毎回毎回飽きもせずに、不祥事が出てくるけど・・・。

トライス:大阪府・守口市に本社のある、三洋電機。

千里:証券取引等監視委員会が、三洋電機が出した決算につきまして、調査を受けたことが明らかになった問題ですね。2005年3月期までにおきまして、連結決算の対象となっている、子会社の業績が低迷していたのに、どうも評価損(=損失)を少なく計上していたのではないか、と言われております。

数希:もしそうだったら、カネボウ本体の粉飾決算と同じ道をたどっていたことになるよね。三洋電機は子会社だけど。

トライス:他にも、ライブドアがあったっけ。まあ、利益の水増しにせよ、損失の過小申告にせよ、はっきり言って、そんな事が簡単にまかり通ってしまうこと、そして、やるところが後を立たないって点に問題があるよね。

数希:まあ、株価の維持だか、報酬の維持だか、トップの保身だかは知らないけど、発覚したとき、手厳しいしっぺ返しを食うことをわかってやってるのかな?

千里:一時的な、小手先の手段で乗り切ってしまいますと、次以降もその手で乗り切ってしまうことにつながりかねません。『禁断の果実』の誘惑をいかに振り切るかが企業の見せ場ですね。

数希:今回の三洋電機も、まだ正確な状況についてはわからないけど、経営再建中ってことで、支援なんかの面で少しでもよく見せたかったのかもね。

トライス:こんなことで信頼ががた落ちして、経営がさらに悪化したら、何の意味もなくなるのに・・・。

数希:首を絞めることにならなきゃいいんだけどね。

まだまだ出てくる?・・・それはさておき、次号もよろしく!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔