2021年11月13日 17:07

裸坊


11/23は広瀬天神のお祭り。

有名な防府天満宮と同じことを、山口県山岳部のお宮でもやっている。

今年もコロナ禍のために御網代の奉納はやめて、

昨年同様に御神輿での御神幸になるかもしれない。

興味のある方は、当日15:30に白装束で広瀬天神にお越しを。

白装束といっても締め込みとかじゃなく、スウェットとかトレーナーなんかで十分。

今年は我が家に不幸があったので、ワタクシは参加できませんの…。

    mixiチェック

2021年11月11日 22:42

2日もかけてここまで走ってきて、すぐに帰るのもくやしい。

いっぺん見ておこうかと松島観光に。

10時の遊覧船に間に合うように送ってもらい、乗船。
松島観光船

松島1


松島2



50分後に上陸したら、最寄りのJR松島海岸駅出発まで20分しかないのでダッシュ。

無事に仙石線に乗り込む。

仙台駅で新幹線に乗り換えだったのだが、昼飯はどこも行列でやむなく弁当購入。
牛タン弁当







牛タンですな。

東京駅乗り換えも10分ぐらいで土産買う暇ないし。
3本目










しかしさすが新幹線、往路に25時間もかかったのに、7時間半ほどで最寄り駅に着く。

嫁はんに迎えに来てもらい、8時間ちょいで帰宅。

軽トラで日本海側を走るときに5つの水族館前を素通りしたし、福井でいつもの地酒&魚にありつけなかったし、新潟で友人に会えなかったし、ヘッドライトに照らし出される関川村近辺は紅葉していたようにも見えたし、白鷹町を通りそこなったし、牛タンは弁当だったし、宿題をいっぱい残した3日間だった。

このルートはまた、来ようと心に誓ったのであった。

それにしても腰がいかん。

    mixiチェック

2021年11月08日 22:30

2日目、朝風呂を堪能してから薄暗いうちに出発。
貸し切り混浴露天風呂










まずは令和3年第2回エアFTPを開催してみるなど。
令和3年第2回エアFTP










そう、今回の相棒は四駆の軽ダンプなのだ。

FTP会場には当然誰も来ないので、東進を続ける。

上越













この日の行程は14時間、628劼世辰燭蕕靴ぁ

まあ2日間で走りも走ったり、1,200厖召蠅鮃膩25時間で走破。

買主に無事引き渡すことができたので、ミッション完了…ではない、帰らねば。

Day3に続く。

    mixiチェック

2021年11月06日 17:42

ネタは自ら紡ぐタイプなので、大物を投下してみる。

親父が車を3台も所有していたので、順番に処分した。

軽ワゴン2台は車検がじきに切れるので、近所の車屋さんにそれぞれお願いして廃車。

最後に残った1台は車検が1年半もあり、需要はあるはず。

欲しい人がいたら譲りますよとWeb上にアナウンスしたら、秒で連絡が入った。

まあ最初にお声がけいただいたし、あなたに譲りますよと話が進む。

ただ一つだけ大問題があって、これが遠いんだな…。

持っていくにも日帰りできそうにないし、取りに来るにも病み上がりで無理だということだし。

陸送を検討したら、素晴らしい見積もり。

じゃ、持っていきますということで、11/3から決行する。

東へGoだっ!!

初日のログが途中で切れているが、ここからもう150劼阿蕕た覆鵑世な。

葦湯

染み渡る一杯




























Day2に続く。

    mixiチェック

2021年09月11日 18:48

平成7年式って何年前よ?

通勤快速JOG-ZRも新しいと思っていたら、もう買ってから26年も経っているらしい。

2サイクルなんて旧世紀のうちに市場から絶滅しちゃったんだし、これも太古車である。

例に漏れず、パーツがもうなくなっていたりする。

こいつもスターターリレーが壊れて久しい。

キックで掛ければ普通に動くし、特に困ったことはないのではあるが。

スターターリレーはもうヤマハさんに在庫していないのでまあいいかと思っていたら、なんかリペア方法を紹介したサイトに行き当たる。

適当なリレーを流用してそのうち直すかなと思っていたのだが、このサイトを見てスイッチが入った。

要はリレーが接点不良を起こしているので、解体してそこを磨けばよいというもの。

気候も良くなってきたので、早速チャレンジしてみた。

ガワを全バラしないと件のリレーにたどり着けないので、朝からばらす。

で、取り出したのがこれ。
JOG-ZRスターターリレー










さっそくカッターナイフで開封。
リレー開封







リレー内部















↑ この写真の右側がソレノイドになっていて、左の奥にある接点を物理的に動かしている。

そこで、サンドペーパーを半分折りにしてひたすら磨く。
接点研磨










ソレノイド部分を上から押しこむと接点が閉じるので、両面を磨くことができた。

あとはエポキシ接着剤で蓋を戻し、マスキングテープで仮止めしたら組むばかり。

ついでにカウル類を洗って磨いてシリコン仕上げしながら組んでみた。

なにが本命作業だったのかわからんぐらいきれいになったぞ。

しばらく走り回って充電できたら、セルを回してみよう。

もしかしたら、まったく改善していないかもしれんし。

今日のところはこの辺で勘弁しといたる。

    mixiチェック

2021年05月05日 23:59

GWはステイホームでポッケのレストアを決め込む。

フレームやらなんやら塗装に出していたもんが帰ってきたので、緑号を追い出して車庫を占領。

さて、組むぜ。

塗装済みフレーム










まずは無駄な傷をつけないように、その他パーツを梱包してあった緩衝材でフレームを養生する。

フレーム養生










ここまでが4月29日。

5連休はフロントショックのアウターチューブの塗装から着手する。

仕上げにウレタンクリアを吹くことにしたのだが、ウレタン塗料は一気に使い切らないとまずいので、余計な行動に移る。

ホイールが錆錆なので、これにしようかなあ…。

アウターチューブ塗装













バラしてさび落としを始めたのだが、これが大変。

カップブラシが入らないところばかりで、手作業を強いられる。

7割ぐらいやっつけてリタイアしたのが5月2日。

ホイール分割









研磨













合間にリアショックをみがいてみたり。

リアショック













5月3日はひたすらみがき作業。

一部サフェーサー仕上げまでやっつけた。

サフェーサー仕上げ













5月4日、カップブラシが入らないところを手で研ぐのもきついので化学兵器に頼ることにする。

開店直後のホームセンターに剥離剤を買いに行き、ホイール塗装に着手。

塗装剥離してミッチャクロン〜サフェーサー〜ゴールド塗装でこの日の作業終了。

オイルポンプ










塗膜乾燥の間にE/Gを洗いまくって、分解洗浄しておいたオイルポンプを装着。

あれ???

軸が合わん。

TZR50のポンプがポン付けできると思っていたら、ウォームシャフトの品番が違う。

もう廃番で新品は出ないので、ポッケのポンプを探すかTZRのウォームシャフトを探すかしかない。

余計な仕事が増えてしまった。

ずっと作業しているのに形にならんのが癪なので、リアショックを入れる。

リア周り










May the 4th be with you!!

ということで、ミレニアムファルコン似のこいつの写真を撮ってみたり。

ミレニアムファルコン










ホイール塗装してみたが、乾燥まで時間がかかって次の作業に進めない。

ホイール塗装










5月5日、GW最終日。

まずはおかんにファンヒーターを借りて、車庫に持ち込む。

吹き出し口の先に段ボールを置き、塗装したパーツを強制乾燥させることにする。

ホイール塗装を済ませ、先日塗っておいたアウターチューブとともにウレタンクリアで仕上げる。

そのあとはひたすら組む。

ホイールにチューブとタイヤを入れ、ブレークシューも新品にして組付け。

ステムにフロントフォークを組んで、ホイール装着。

フレームにE/G載せて、リア周りまで組んだところでタイムアップ。

ホイール塗装はちょいと気に入らんので、そのうちもう1回やり直そう。

今週末もまた車庫にこもりきりだなあ。

自立

    mixiチェック

2021年02月22日 23:40

油断してたら生えてきてたぞ。

Vespa ET3 primavera125とYAMAHA Pocke。

町内の好事家が亡くなって、ご遺族が放出されたものを救出。

危うく鉄くずに出されるところだった。

Vespaは圧縮はあるけどE/Gかからず&シフトの動きが悪い。

PockeはE/Gかかったけど、タンク内が錆錆で至る所が泥かす油でねちょねちょ。

両方ともタイヤ、ブレーキ、ワイヤー類の更新とキャブレターO/Hせねばだなあ。

車庫がぎゅう詰めで置く場所がそろそろいかん。


IMG_20210220_094452


IMG_20210220_094516


IMG_20210220_095955


IMG_20210220_094537


IMG_20210220_094502


IMG_20210220_094723

    mixiチェック

2021年01月17日 05:46

116030184_1406078079601596_5767098081495428991_n













ブログを始めて15年以上経ったが、ほぼ毎年書き続けている同じネタ。

今日はあの日、26年前に阪神地方を襲った大震災のあった1月17日。

震源から285km離れた我が家でもそこそこ揺れたらしい。

テレビの画面に高速道路にぶら下がるバスが映し出され、じきに長田で火の手が上がる。

三宮駅前のビルが倒れ、倒壊する阪神高速。

作りごとではないかとわが目を疑った。

神戸に住む親戚と連絡がつかないので、バイク持ってるお前が行ってこいと言われてその覚悟をしたり。

2日後ぐらいに身内は無事が確認できたのではあるが。



さて、我が家の1号車は昭和63年式、我が家には震災の2年前に5年落ちでやってきた。

最近見かけないのだが、どこかにとってあるはずの車検証コピーによると、前オーナーは長田区にお住まいだったようだ。

うちに迎えてなかったら、燃えてなくなっていたような気がする。

前オーナーの安否は今でも気になる。



わが子ら3人は、神戸近辺で暮らしている。

あの映像が頭に浮かぶたびに心配になるが、外から見ている限りでは神戸は平静を取り戻したようにも見える。



レストア3年目を迎えたが、今は走れる状態にない1号車。

車検証のコピーに書いてあった住所を訪ねてみようと思い続けてもう四半世紀以上、完成したら今度こそこいつで神戸に行こうと思う。


    mixiチェック

2021年01月07日 00:24

最近の流行り言葉に「安心安全」というのがある。

首長や行政がよく使うというか使わされているというか、お役所がやたらめったら使っているように感じる。

首長は言葉の響きもよいし、よそでも流行っているから好んで使っているように思う。

で、それに追従する地方公共団体職員が鵜呑みにして使う。

だが待てよ、この2つの言葉って、似ているけど全然違うものなのになんでセット販売なの?

2000年代に入ってすぐのころは安全安心という使い方をされていたように記憶しているのだが、どこかで誰かがゴロがいいから安心安全の並びに変え、一世を風靡してしまったような気がする。

個人的にものすごく違和感があるので、ちょいと書いてみることにした。

広辞苑によると

安心:心配・不安がなくて、心が安らぐこと。また、安らかなこと。

安全:^造蕕で危険のないこと。平穏無事。∧事が損傷したり、危害を受けたりするおそれのないこと。

安全のうち,呂覆鵑箸覆安心に近いものなので、まあ同じような解釈ができるかもしれない。

判断の基準は主観なのではなかろうか。

ところが△鮓ると、客観的ではっきりとしたボーダーを引くことができるものであるとわかる。

つまり、あいまいな,箸亙綿、安心と同じものではないということだ。

安全とは確実な白であり、グレイであってもかまわない安心と一緒に使うものではないと思っていたので、この辺りが違和感の元なのかもしれない。

ちょっと使い方を変えてみよう。

^多瓦任△蝓△つ安全である。

安心であるが、危険である。

I坩造任△襪、安全である。

ど坩造任△蝓△つ危険である。

一般に求められていると思う並びで書いてみた。

危機管理の考え方で言うと△鉢が逆転しているのだが、日本人は雰囲気が好きなので前述の並びになってしまう気がする。

テレビが作り出しているのがこの雰囲気であり、ほとんどの日本人がこれに惑わされているのではなかろうか。

昨今のコロナ報道を見ていると、まさにここのような気がする。

話がそれたが、それでは求めるべき本質はどこなのか。

全く個人的な意見なのだが、安心を捨てることだと思うのだが。

客観的に線が引ける安全のみを優先して、あいまいで心のよりどころでしかない安心という言葉を横並びにしないことだ。

特に行政の政策から安心という言葉を取り去って、基準を安全のみにすることは大切だと思う。

危険でも安心がまかり通ってしまうところに金も人も投入するのは何ともばかげている。

雰囲気が好きな日本人、もっと冷静になろうよ。

    mixiチェック

2020年12月30日 17:04

ビクトル投げからの膝十字固め













いつもと同じ年ではなかった。

職場の接客カウンターにはアクリルの衝立が置かれ、ペンは貸し出す度に消毒。

イベントはことごとく中止になり、飲み会も軒並み中止。

年末のお休みには消防団の夜警があるのだが、今年はこれも中止された。

年賀状に着手した瞬間、プリンターの電源全喪失。

思わぬ出費を強いられたがさすが新製品、例年を上回るペースで作業終了。

大晦日を待たずに投函してしまった。

大掃除を端折ったので、最終日の大量ゴミ直接搬入もなし。

関西に住む子ども等は、爺さん婆さんの健康を気遣って帰省せず。

年の瀬寒波がやってきて、昼ごろから大雪。

今夜は積もりそうだ。

あとは巣籠もるだけである。

まずはビクトル投げからの膝十字固め生酒から始めてみよう。

    mixiチェック

2020年11月19日 19:24

草千里19の写真集が届いた。

写真集













酔っ払って、なんかいらんもん頼んじゃったのかと思ったらこれだった。

ちゃんとZOG-ZRでエントリーされとる。

エントリーリスト


こんだけのバイクがいれば探すのも難儀だわ。

30分ぐらい往生して、P104の左上に発見。

P104










カッコはV魔くん仕様なんだけどなあ…。

黒金仏壇仕様のV魔くんも発見できたけど、現地で会えんかったね。

しかしまあシルバーグレイというか白髪というか、20年前とは比べものにならんな…。

99年はこれだよ。

ブーツとGベストだけ20年経っても変わっていない。

e524d3c0.JPG











スタッフの皆さん、お世話になりました&お疲れさまでした。


    mixiチェック

2020年11月05日 01:31

P_20171123_163930










11/23は広瀬天神のお祭り。

天神裸坊は防府天満宮が有名である。

全く同じことを、山口県山岳部のお宮でもやっている。

例年と違って今年はコロナ禍のために、御網代の奉納はしないことになった。

御霊は御神輿に入っていただき、しずしずと御神幸を行うそうだ。

裸坊奉納にご協力いただいている皆さんには、御神輿を担当して欲しいとの依頼があった。

興味のある方は、当日15:30に白装束で広瀬天神にお越しを。

白装束といっても締め込みとかじゃなく、スウェットとかトレーナーなんかで十分。

マスクはお宮でご準備いただけるとのことです。

    mixiチェック

2020年10月11日 17:02

内張り剥がして










緑号が窓落ちしたので、ウインドウレギュレータを仕入れて交換してみた。

黄色号に新品を組み、その中古パーツを緑号にピンポン移植するというややこしい作業。

作業自体はそんなに難しいものではないけど、2台やっつけると3時間かかった。
件の軸1










この軸が変形するだけなのに、ウインドウレギュレータを丸ごと交換。

以前は軸だけ30€ぐらいで流通していたという未確認情報もあるにはあったのだが、最近は聞かないな。

あったら間違いなく軸だけ買うけど。

厄介なのが内張り裏のブチルゴム。

1枚目の写真の内張り裏の縁に沿って塗り付けてある灰色の部分がそれなのだが、なんでこんな素材を選んじゃったんだろうね。

全撤去して少しお上品なブチルゴムテープに置き換えておいた。
カプラー加工













モーターに差し込むカプラーも微妙に形状が違うので、配線をぶった切って作り直し。

これも意外に時間をとる作業であった。

途中から手が真っ黒になり、おまけにブチルゴムでネバネバになったので写真撮ってる場合ではなくなってしまった。

あと、肝心の新品ウインドウレギュレータも写真撮ってなかった…。

    mixiチェック

2020年09月10日 00:41

家の鍵の、プラスチックでコーティングされたつまみの部分が割れた。

そのままではキーホルダーに取り付けられないので、持ち歩きに不便である。

そこで思いついたのが、バイクでよく見るキーグリップ。

早速購入してみた。

バイクパーツの有名店から販売されているそれは、アルマイト仕上げでなかなかよさげである。

つまみの部分を完全撤去し、キーの根元を指定の9mmに削る。

車庫でグラインダーを使って加工したのだが、みごと蚊の餌食になってしまった…。

ついでに長さも8mmほど詰めておく。

加工したキーをキーグリップに差し込み、イモネジを締めて完成〜♪
キーグリップ










かっこいいではないか。

キーリングの在庫が見あたらなかったので、ゆふいんの森号のキーホルダーを付けておいた。

こりゃ鞄にピンオンリールでぶら下げておくのが正解かな。

    mixiチェック

2020年06月28日 23:34

通勤特急V魔くん、まあ28年も乗ってりゃアラも出るわな。

エアインテークのメッシュが錆びてなんとなく薄らぼんやりしてきた。

気になっていたので塗りなおしてみた。

まずは分解してサンポールに漬ける。
サンポール処理










酸の威力は素晴らしく、10分ほどで錆と塗装が泡と化す。

水洗いしたらワイヤーブラシでごしごし。
錆落とし













立体なので元の形を崩さないように気を遣った。

あらかたきれいになったところで、水洗い&乾燥。

概ね脱脂できたようなので、いよいよ塗ってみる。

塗料は2液性のウレタンを奢る。
ウレタン塗料













ついでに取り付けのトルクスねじ6本も酸漬け脱脂、ウレタン塗装。

十分に乾燥させてから、元通りに組む。
仕上がり













いやもうこれはね、新品じゃんね。

塗料の黒が深く、闇に吸い込まれるがごとく。

残った塗料、何に使おうかな。

いいお値段だったのに、1/4も使ってないや。


    mixiチェック
Profile

trz_xx

しょぼいぞ〜訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Commentありがとう
Archives