2017年03月20日

荷車 西宮ミッション最終回、荷車が大活躍。

trz_xx at 22:45コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 | 道具

2017年03月16日

献血150回













本日、職場に巡回してきた移動採血車で献血150回達成。

高校2年生のときに徳山駅前の移動採血車に飛び込んでから、36年かかった計算になる。

献血の定年まであと17年。

年3回のペースを維持できれば、かろうじてもう50回で200回到達か…。

先は長いな。

trz_xx at 12:35コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
健康 

2017年02月05日

230,000km










2号車Kangoo、230,000km達成。

10年と7ヵ月かかった。

目指せ月までの距離、384,400km!!

trz_xx at 17:29コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
 

2017年01月17日

1128







やっぱり書かなきゃ気がすまない1月17日。

我が家のR4、うちに来て24年になる。

5年落ちで7万km走行。

探していたときには過走行かなと思っていたが、今では28万kmになっちゃったし、実は大したことではなかった。

やって来たのが93年の3月、阪神淡路大震災の2年前だ。

もしもそのまま神戸にあったら、今は姿形も残ってなかったかもしれない。

縁あって我が家に来てくれたんだなと、つくづく思う。



縁あってといえば、3人の子どもたちも神戸で過ごしている。

上は神戸で4年学び、神戸で就職してもうじき5年になる。

中は神戸で6年学び、この春そこを離れる。

下は神戸で4年暮らし、この春近くに根付く。

まったくもって、車に端を発するご縁と思えてならない。



さて、毎年気になるのは神戸と車検証にあった前オーナーの安否。

あの震災を無事に乗り切られたのだろうか?

どこかで生活を再建されて、このブログにたどり着かれることはないだろうか?

前オーナー様。あなたから譲り受けたR4、29歳を迎えます。

嫁の通勤車として、毎日元気に走り回っています。

この車のお陰で友人も増え、毎日楽しく過ごしています。

会津若松まで走ったし、長野にも、福井にも連れて行ってくれました。

へたってやれて綺麗ではないけれど、まだまだ現役で頑張っています。

40万kmを目標に、まだまだ乗り続けます。

あなたのご無事を、遠く山口の空の下からお祈りしています。

併せて、震災の犠牲になられた皆さんのご冥福をお祈りします。

trz_xx at 05:46コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 | 季節ネタ

2017年01月14日

GALAXIE_GT













Kangooのオイル交換したった。

GALAXIE GT、奴油の最高峰。

常に1個上のギアが使える感じ。

登りのワインディングでよくわかる。

こんぐらいなら3速なんだけど、パワー食われてないから4速で行ってみようか〜行けたじゃんみたいな。

サーキットでも行くのって聞かれて、Kangooだから行かんよと答える。

ではなぜ入れた?

いや…酔っ払って憑いった〜遊びしててだな…つい。

trz_xx at 22:31コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 

2016年11月14日

時代が違うのだが4年前の中国大会で、お子さま3号のチームは就実(岡山)に1点差で競り負けた。

しかも残り9秒のミスジャッジで、ボール保持を失った挙げ句という曰く付きの試合で。

ラストタッチを見誤った審判は、ゲーム後に当時の中国ブロック審判長にこってり絞られたらしい。

審判が試合結果を左右してどうするんだって責められ、大会中の残り試合で審判させてもらえなかったとか。

それはさておきその就実高校、山口県のクラブチームに勝利して、全日本総合選手権大会に駒を進めた。

こう言っちゃ何だが、山口県勢は山口国体までの選手層の厚さと今の選手層を比べると大きな差があるのは確かだ。

小中学生のスキルの低さ、高校生の判断力のなさは、5年前にはさほどなかったものだ。

底辺を支える子どもバスケ、中学バスケの指導者としては、選手に目標がないのではと感じてしまっている。

加えてボトムアップの機会の少なさ。

国体が終わったらこんなものなのか?

東京オリンピックの選手層に間に合わない小中学生のプレイヤーに、意識を高めるチャンスはないのか?

日本バスケットボール協会は男子プロリーグの統一は果たしたが、女子は野放し。

小中学生はゾーン禁止にして、特に子どもバスケは高学年の人数が揃わないチームから勝利の喜びを奪った。

日本のバスケ、山口県のバスケはどこに向かうのだろうか。

中国バスケットボール総合選手権大会の結果を見て、いろいろと考えてしまった。

trz_xx at 23:36コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
バスケットボール 

2016年09月04日

左ライトのロービームがどうやら切れたらしい。

まあ、22万km無交換だから上出来ではある。

手持ちに黄球があったので交換してみた。

まずは切れた方の左から。
image










この丸いカバーをぺろんと持ち上げると、コネクターにエントリーできる。

カプラーを抜き、ゴムパッキンを外したらH4バルブを押さえるクリップを外すだけ。

手が入りにくいので、この「だけ」というのが今回の作業の最難関かもしれない。
image










あとは新品の球を入れて、取り外した手順の逆で組めばよい。
image










リフレクターに反射して…ないね。

ちょいとわかりにくい。
image










左右色違いだと車検に通らないので、右も同様に交換して終了。

車検といえばイエローバルブ、2008年1月1日以前に製造された車に限るらしい。

うちのは2008年登録だが、2007年の秋に生産された個体だと推測する。

この辺りは並行輸入車の強みで、どうせ製造年なんて立証できないのでかまわんと思う。

早速豪雨の高速道路走行などで試してみた。

他車からの視認性は、白球よりいいようだ。

追い越し車線に出たら、先行車がスムーズに避けてくれる。

こりゃええわ。

trz_xx at 16:55コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 

2016年07月17日

5月に撒いて放置していたのだが、やっぱりやっておきたい瓦そば遊び。

多くは語らんが、今年は衝撃的な一品が登場している。

まあ、見たこともないご当地グルメの材料をいきなり渡されてもだなあってところかな。

CjODsGLUkAARzsb

CjODIVIVAAEbHmC

ワッキーさん

ぴろ

しびとろ
















































慣れてきたヒトたちが増えてきたので、そろそろほかの食材にしよう。

trz_xx at 10:46コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 | food

2016年07月10日

今日は我が家の2号車の、10歳の誕生日。

217,000kmも走っちゃいましたが、これからも頑張ってくれ。
長らくお待たせしました 2006.7.10

trz_xx at 00:01コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 

2016年05月24日

P_20160524_193029










以前いただいたまま、台所で盆栽になっていたこの道具。

うずらたまご切りバサミである。

日本一の産地を擁する東海地方ではメジャーな食べ物らしいが、なんせここは山口県山岳部。

うずらたまごなんてものは年に3〜5個食べるのが関の山。

水煮の缶詰めは見かけるけれど、生のうずらたまごなんてまずない。

今回の福井遠征で14個入りのうずらたまごを12パックもいただいちゃったので、やっと出番が巡ってきた。

殻が切れていく感触が新鮮〜♪

こりゃ癖になる。

trz_xx at 20:27コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
道具 | food

2016年05月22日

2cv













遊んでくださった皆さん、ありがとうございました。

2日間の走行距離は1,320km、総走行時間は18時間10分でした。

帰路も無給油、なんてエコなんだ。

trz_xx at 23:59コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 | trip

2016年05月18日

公式出ましたよ。
http://tricolore5.exblog.jp/25809696/

オリンピックイヤーなので、前夜災が盛大な回ですね。

万障お繰り合わせの上、多数ご参加ください。image

trz_xx at 00:18コメント(3)トラックバック(0)  mixiチェック
 | 

2016年05月07日

このところ小銭の回りが悪くて、5台もある乗り物の宿題がじわじわと溜まってきた。

手始めに、5年ほど放置していた2号車のワイパーブレードを交換してみることにする。

先日、生肉と物々交換で手に入れたこの3本。
支援物質













まずはフロントのを取り外す。

ストッパーを押し込んで、ちょいとひねれば簡単に外れる。
取り外し

取り付けはU字フックに引っ掛けて、あっという間。

取り付け














ついでにリアも交換完了。

ここ、何かひさびさに交換したような気がする。
リアワイパー交換

フラットワイパーブレードになって、90年代ベースの車もちょっと近代化したね。



5号車のパーツ手配が終わり、3号車のリペアパーツ物色中。

4号車はタンク降ろしてマスキングするかな。

trz_xx at 14:54コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
 | 道具

2016年03月31日

木谷原橋
木谷原橋遠景

木谷原橋近景


















岩国市錦町広瀬木谷原で錦川本流にかかる2スパンの橋。

下部工と橋台はコンクリート製。

ピア1本を挟んで、左岸側RC桁(27.95m)と右岸側ボーストリングトラス (32.60m)からなる。

橋長60.55m、幅員3.5m。

現在の位置に架橋されたのは1952年(昭和27年)らしいが、ボーストリングトラスの鋼材は1890年(明治23年)から1901年(明治34年)にかけて九州鉄道がドイツのハーコート社から輸入した47連のうちの1連だったことまでは判明している。

九州鉄道はその後国有鉄道に移行するのだが、同時期に荷重が不足することから架け替えが進み、そのほとんどが1925年(明治48年)ごろまでに更新されている。

その、一番の特徴であるプレハブ構造により移築が可能だったことから、九州鉄道の倉庫に保管されていたものが国内各地に運ばれ、道路橋や誇線橋などとして再利用された。

現存が確認されているのは国内に6橋、そのうちの1橋が木谷原橋とのこと。

1950年(昭和25年)9月のキジア台風、1951年(昭和26年)10月のルース台風では錦川沿いの地域で大きな被害が続き、錦帯橋をはじめ、旧木谷原橋を含む多くの橋梁が流された。

架設年からすれば、旧木谷原橋はキジア台風で流失したのだろうか。

陰陽連絡路線として岩日線(未成線、川西から錦町まで開通し、これ以北は建設を凍結された)が計画されていた折でもあり、政治的な判断からか九州の国鉄倉庫で眠っていたこの橋に白羽の矢が立ち、復旧工法として選ばれたであろうことは容易に想像がつく。

おそらく、錦川左岸側のヤードで組み立て等が行われ、門型クレーンまたは架線等で架けられたものではなかろうか。

木谷原橋床板2

木谷原橋床板3

構造

ピン結合部


A.H.A.V

1973年(昭和48年)から実施計画調査が始まった県営平瀬ダムの工事が1988年(昭和63年)から始まり、本体には2014年(平成26年)に着手している。

木谷原橋はダム堰堤直上流にあるため、道路としての役目を終え、湛水試験が始まる2018年(平成30年)までにダムの支障になる横断構造物として撤去されることになっている。

近代土木遺構2800選なるものに選ばれているようで、保存についてのご助言も多い。

これについては微妙なものがあって、元錦町道、現岩国市道としては役目を終えており、コストとの天秤になろう。

確かに、現存する残りの5橋は文化財等に指定されているようで、同等である以上これに値するのも理解できる。

逆に見れば、同型橋が既に移築保存されているのもあって、これをもどうしても残さなければいけないという理由はちと弱い。

ダム近辺にモニュメントとして残すとすれば、水没立ち退きになってしまった住民感情を逆なでするようで…。

先祖伝来の土地建物を壊して立ち退きしていただき、、この橋だけは元の場所の近くに原形をとどめて移築するというのもなんだかなあ。

どうしてもというのであれば、どこか木谷原とは縁もゆかりもないところに再生ということになるのかな。



trz_xx at 19:41コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
JOB 

2016年02月02日

錦川水系7番目となる平瀬ダムの本体工事が本格的に始まって、もうすぐ2年になる。

ダム軸の床掘が終了し、明日からコンクリート打設が始まるということで、現場の見学に行ってきた。

平瀬ダム軸右岸













1日最大1,300㎥のコンクリートはクレーン打設で、締め固めるバイブレータも巨大だ。

これから340,000㎥ものコンクリートを練っては打ち、練っては打ちの繰り返しだとのこと。

すべてが桁外れである。

コンクリート打設用クレーン

バイブレータ






















岩着の部分は丁寧に清掃され、我が家の居間の床よりもきれいかもしれない。

基礎部清掃

平瀬ダム底2



















実は本当に見たかったのは、これではなかった。

ダム底に沈む近代土木遺構、木谷原橋である。

続く。

trz_xx at 23:05コメント(2)トラックバック(0)  mixiチェック
分類不能 
Profile
しょぼいぞ〜訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Commentありがとう
Archives