ライトアームに運ばれて5日ほど、お店から整備と車検が終わるので予定通り納車可能との連絡。え?はやー。おさーんが割り込んだとはいえ、作業早すぎ。流石である。
その二日後、車両を引き取りに、いそいそとお店へ向かうおさーん。

お店に着き、挨拶もそこそこに状況の説明を受ける。
結論から言うと、今回のエンジンがかからない理由はキャブであった。

キャブの中で、送り込まれたガソリンが揮発し、残留物のガムのような物質がダイヤフラムの固着と内部の詰まりを引き起こした。この結果、ガソリンがキャブからシリンダーに送り込まれていなかったとの事であった。ダイヤフラムも粘着物質にまみれ、動かない状態だったとのこと。うーむ。

ダイヤフラム自体は、キャブを外さなくても確認と取り出しができるらしく、ダイヤフラムを取り出して洗浄し、機能修復を行なったとのこと。
現状は機能回復しており、車検も取得済みで走行に問題はないとのことであった。

というわけで、実施していただいたメニューは、ほぼ当初の予定通りの以下となった。
  • 車検代行
  • 24か月点検整備(各部チェック・電装品点検・増し締め・その他調整含む)
  • キャブレター点検・清掃(ダイヤフラム清掃・パイロットスクリュー清掃・同調設定含む)
  • リアフェンダー取り付け修正
  • リアサスペンション取り付け修正
  • 不足ボルトの追加(レギュレーター周り)
  • 電装品の配線見直し
  • バッテリーターミナルボルト変更
  • エンジンオイル・ガスケット交換(スペクトロオイル持ち込み)
  • ブレーキ・クラッチフルード交換(スペクロトロ製)
  • ギアオイル交換・ガスケット交換(スペクトロ製)
  • クーラント交換(スペクトロ製)
  • フォークオイル交換(スペクトロ製)
  • 荷掛けフック取り付け
リアフェンダー取り付け修正
キャリアの取り外しやタンク交換でリアフェンダーは幾度となく外したが、ボルトの向きや位置が変わっていたそうである。おさーん痛恨のミス。

リアサスペンション取り付け修正
元々間違っていたのは気づいていたが、直さず乗っていたもの。OHLINSリアサスに変更の場合、オイルタンクが標準ボルトと干渉するため、低頭ボルトに変更が必要。だがこの車両では、ボルトの交換は行われず、サスに挟むカラーの上下位置を変えることでタンクとの接触を回避してあった。
今回低頭ボルトに変更してもらい、カラーの位置も正しくしてもらった。

ネジの脱落
レギュレーターの留めネジが1本無かったそうである。車両入手前に行われた交換時の取付忘れか。今回ボルトを追加。

電装品の配線見直し&バッテリーターミナルボルト変更
ライトアーム製のイグニッションリレーキットとヘッドライトリレーキットに加え、ワイズギア製ハーネスキット、バッテリー充電器用充電コードを追加したおさーんの車輛は、バッテリー周りの配線がぐちゃぐちゃ。端子がかなり多いため、ターミナルボルトも標準のものでは長さが足りず、ロングボルトを入手し付け替えていた。
今回の整備の中で、配線周りは一体となるよう見直していただいた。おかげで配線すっきり&端子がかなり減り、標準ボルトに付け替えられていた。配線の見直しは伝送系に対しても絶大な効果があり、悩まされてきた課題がひとつ解決。よけいな配線はやはり害悪でしかないことを痛感したおさーん。

フォークオイル&オイルシール交換
フォークオイルを交換してもらった際に判明した事実だが、フロントスプリングはOHLINS製だとのこと。まぁそうだろな。これだけ部品選んで造られた車両だから、フロントも交換してあるのではと思っていた。ありがたやありがたや。オイルシールも同時に交換してもらった。

以上が整備の内容だ。フロントフォークオイル交換やキャブ清掃&調整といった費用は別途になるが、車検整備や代行費用は、ライトアームのサイトに記載されているので、見ていただけるとおよその金額はご理解いただけるだろう。絶対額としては相応な金額だが、その内容と得られる効果を考えると、相当割安だったと正直思う。

整備内容や今後必要になる整備などは引き取り時に詳しく教えていただける。また、ブログに記載されるように、交換部品もすべて見せてもらえる。
自分で整備する人も、足りない部分や積み残しがわかるので、持ち込める人は数年に一度、24か月点検またはコンディションチェックを受けるのをお勧めしたい。Vmaxに精通するプロの整備士の見解は、車両の維持にこのうえなく有益だ。

キャブを全分解しなくてよかったのは本当に助かった。だが、まぁいずれかはやらねばならないのは間違いない。いますぐどうこうという状態ではないが、ダイヤフラムは相応にくたびれているらしく、いずれ交換せねばなるまい。うーむ、高いんだよなーあれ。

パチパチパチパチ←ダイヤフラムアセンブリの価格を調べるおさーん。

ぬわに! 19,140円!!!←これはたまげた。これ1個あたりの価格。(2020年3月現在)
こんな値段上がったのか、予想の斜め上だった。ちょっと見ない間に、部品価格がえげつない状態になっていたのであった。