インプラント・ホワイトニング・矯正治療・バネなし入れ歯のささき歯科ブログ

秋田県横手市のインプラント・口腔外科・ホワイトニング・抜かない矯正治療・バネなし入れ歯のささき歯科医院院長 佐々木徹とスタッフの日々雑感・・・

おはようございます

ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

 

先週は連休明けというのに、水曜日と土曜日の両日とも午後休診にしてしまいまして、誠に申し訳ございません

 

特に土曜日ご希望の患者さんのご予約が、スタッフの休みが多かったり、診療時間が短かったりで、入りづらくなっており、大変申し訳ございません

 

そこで、土曜日しかいらっしゃれない患者さんには、今日型取りをして、もし1か月先に装着となると間が空き過ぎて不味いので、予め「型取りのご予約」と「装着のご予約」を二つ取らせて頂いております

 

さて、先週は、私の尊敬しておりますK先生の治療をさせて頂きました

 

昨年は、K先生の手術もさせて頂きましたが、今回は「虫歯の治療」をさせて頂きました

 

治療している自分が「させて頂きました」という表現は、客観的にみるとおかしいと思われるかと思いますが、私にとっては正に「させて頂く」という表現がピッタリなのです

 

と言いますのは、どんな治療に関しましても、「アドバイスを受けながら(指導を受けながら)」行っているからです

 

私が治療法に関して質問して、K先生が答えるという格好で治療をします

 

隣で治療を受けている患者さんには、どのように聞こえるんでしょうね

 

院長が患者さんの指示を受けながら治療をしているというのは有り得ないことですからね

 

K先生は、口腔外科の医局の先輩で、開業前にご指導頂いた先生ですが、30年以上経っても常に私の前を走っている素晴らしい先生です

 

他の近隣の歯科医の先生がたの治療も行いますが、私にとってもスタッフにとってもK先生の治療は特別です(介補に付くスタッフも緊張するようです

 

それにしても、尊敬する先生の治療(手術)をさせて頂くということは、本当にありがたいですことです

 

 

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9001230 午後 14001730
水曜日       午前 9001230
土曜日       午前 9001230 午後 14001600
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL
 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/

 

 


おはようございます

ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

 

当院は、先週3連休で昨日一日診療して、今日からまた3連休です(スタッフは、7連休や飛び石8連休の人もいます)

 

さて、昨日は、連休の狭間ということもあって、他の医院で治療を受けている方々がいらっしゃいましたが、数時間お待たせしてしまい大変申し訳ございませんでした

 

言い訳をするようで申し訳ございませんが、平均的な医院ですと一日15人から30人ほどの患者さんの治療をされますが、当院の場合、一日70人から80人、日によってそれ以上の患者さんの治療をしております

 

そのため、飛び入りの方を治療する枠がなく長時間お待たせしてしまいます

 

本当に申し訳ございませんでした

 

ところで、先週水曜日に横手市倫理法人会の講演会に参加した時に、メンバーのお一人のTさんから、このようなチラシを頂きました

ワクチン後遺症①
ワクチン後遺症②
 

皆さんも、コロナワクチンの後遺症に苦しんでいる方、日常生活が営めなくなった方、学校に行けなくなった子供さん、そしてワクチンが原因でお亡くなりになった方などの情報は少なからず見聞きされているかと思います

 

私はそのような方は身近にはいないのですが、このチラシでは死亡報告が1,444人とありますが、数か月後の今では1,600人以上に上るそうです

 

我々医療従事者はいち早く3回目の接種をしましたが、とても元気だった看護師さんがお亡くなりになるというような例も少なくないようです

 

また、非常に考えさせられることは、「賢いドクターは自分や家族には絶対接種していない」という方々が少なくということです

 

私のように何も考えずに3回目まで接種するおバカもいますが、先週お会いした秋田市のドクターも一度も接種していませんでした

私のように還暦近くなって、もう人生の終焉に近付いて来ている人間は仕方がないかもしれませんが、これからの日本を背負って行く子供さん方には接種するかどうかをよく考えて頂きたいものです

 

通院している子供さんでも既に罹患した方もいらっしゃいましたが、いずれも症状はほとんどなかったそうです(もちろん大人の方もです)

 

私は仕事柄4回目も接種するかもしれませんが、悩んでいる方は是非この記録映画をご覧になって、十分お考えの上、国の指示に従うかどうかをお考え下さい

 

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9001230 午後 14001730
水曜日       午前 9001230
土曜日       午前 9001230 午後 14001600
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL
 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/

 

 

おはようございます
ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

先週はここ横手市でも25度以上の夏日を記録しましたが、最近はまた寒くなりましたね

この時期は、気温の寒暖差で体調を崩される方が多いのでご注意ください

ところで、ご報告が遅くなってしまいましたが、今月初め4月1日から保険点数の改正のため、保険点数が変わりました

つまり、患者さん方のご負担金が変わりました

「変わった」とは言いましても、安くなったわけではなく高くなってますから、患者さん方には申し訳ございません

ただこれは、我々医療サイドのせいではなく、2年に一度必ずある国の改正によるものです

具体的に言いますと、金属の高騰により銀歯の値段が上がったり、歯のクリーニングが200円ほど上がったりしております

保険の改正とは言え、患者さん方のご負担金が上がりましたので、ささき歯科医院一同、サービス・技術の向上目指して頑張りますので、今後ともどうか宜しくお願い申し上げます

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/

こんにちは

ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

 

先々週も先週も、インプラント手術の準備や勉強会等でブログを書けず申し訳ございませんでした

 

また、先週も5連休のスタッフがいたりと、今週も5連休のスタッフがいたりと、その関係で特に土曜日の診療予約が入りづらくなってしまいまして、誠に申し訳ございません

 

そして、本日はセミナー受講や入学式等で休診にしまして、重ね重ね申し訳ございません

 

さて、先週はアカデミー賞の受賞会で、アメリカのウイルスミスという俳優さんが奥様の脱毛症をギャグにされて、その言葉に腹を立ててビンタしたという出来事がありました

 

これに関しましては賛否両論あると思いますが、私は正直「公衆の面前でビンタないでしょ!」という気持ちになりました

 

私の日々の診療を見ている患者さん方は「お前がそれ言うか!」と怒られそうですね

 

と言いますのは、診療中にスタッフがミスをすれば、決してビンタはしませんが「ボヤっとしてんじゃないよ!」とか「寝ている?12時だから、そろそろ起きてな!」とか気合を掛けることがあるからです

 

患者さんによっては、「この院長は好き勝手やってるな!」とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんね

 

確かにウイルスミスは奥さんの薄毛をいじられて腹が立ったのでしょうけれど、その原因は「脱毛症」とはわかりませんし、健康そのものの私の薄毛よりははるかに濃かったです

 

私も薄い頭をいじられることは少なからずありますが、怒るどころかコミュニケーションを取るための一つのアイテムとして親に感謝しております(負け惜しみ?)

 

どうか皆様も身体的特徴でいじられることはあるかも知れませんが、それをギャグで返すよう顔張ってください

もし、怒るなら、深呼吸して5分おいてからにしましょう(怒りはおさまります)

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/

 

おはようございます
ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

 

先週もブログをサボってしまいました、2週間ぶりになりました

 

申し訳ございません

 

ところで、先週水曜日の夜にかなり大きい地震がありました

 

震源地は福島県沖でしたが、お亡くなりになった方もいらしたり、新幹線が脱線したりと甚大な被害があったようで、ご冥福をお祈りいたしますと共に、福島・宮城の方々にはいち早く安心した生活に戻られることを祈念致します

 

ここ横手市でも震度5というかなり大きい規模であったため、飼い犬はワンワン吠え、妻は怖くなって、1階から2階に上がってきたようです

 

ところが、私は大変間抜けなことに、この地震に全く気付かず普通に寝ていたそうです

 

その日は、たまたま次男が来て飲み過ぎたせいもあったのですが、私が地震を知ったのは翌朝のスマホニュースでした

 

次男は妻のことが心配で、2階から1階に降りて来て「大丈夫?」と声を掛けたようですが、私はグーグー寝ていたものですから「ホント、いざという時に役に立たない!」と呆れられました

 

翌朝スタッフに聞きましたら、「地震に気が付かない」人は誰一人いませんでした

 

ちなみに、私以外にもそのような人間がいて、私の母親も全く気付かず爆睡していたようでした(そのくせ、いつも眠れていないと言ってます)

 

元々は若い頃、口腔外科で入院患者さんや急患の患者さんを診ていましたので「仕事がら何かあったら素早くサッと起きる」と自負しておりましたが、口腔外科の医局を辞めて30年経って、すっかりただの開業医になってしまったようです

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/

 

 

 

 

こんにちは

ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

 

ほぼ1か月ぶりに、セミナーや勉強会のない週末を迎えております

 

いつも言い訳ばかりですが、平日はもちろんですが日曜日・祝日は余裕がなく、ブログも書けず申し訳ございませんでした

 

私の代わりに、スマイルコーディネーターの渋谷さんが書いてくれて助かりました

 

さて、先週、私の飼い犬がシャンプー&カットの終わった姿をお店のインスタグラムに載せて頂きましたので、その写真を当院のフェイスブックに載せさせて頂きました
 

そこのお店でも、そうだったのですが、このミニチュアダックスフンドは7年間、一度も爪切りはしたことがありません

 

このミニチュアダックスフンドの前に飼っていたラブラドルレトリバーも、何度もカット&シャンプーに行きましたが、一度も爪切りはしたことがありません

 

犬を飼っている方なら、どうしてかお分かりかと思いますが、私の犬たちはマメに散歩しているので、爪が自然とすり減って伸びないのです

 

ラブラドルレトリバーは大型犬ですので、今日のように私が休みだと朝も夕方も40分くらい、平日でも朝30分以上、夕方は妻が20分ほど散歩をしておりました

 

ミニチュアダックスフンドの方も小型犬でありながら、朝20分、夕方15分くらいは行っています

 

他の小型犬の飼い主さんに聞きますと、冬の降雪期間は散歩はほとんどしないとのことでした

 

私の妹のうち、福井県に住んでいる方はミニチュアダックスフンドを2匹飼っていますが、雪の中を元気に散歩している小型犬は見たことがないと驚いていました

 

爪が伸びないのは良いのですが、私に飼われると寒い日でも散歩に連れて行かれるので、犬としては大変なのかもしれませんね

私としては、吹雪の日なんかは仕方なく行っていますが、実は犬はイヤイヤ行っているのかも知れません

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/




こんにちは( ^)o(^ )🎶

スマイルコーディネーター渋谷です!( ´∀`)つ

 

本日は、院長の記事でもフッ化物洗口について取り上げられておりましたが、
フッ素についてのお話をしたいと思います

 

 

皆さんは『フッ素』という言葉を

耳にしたことがありますか??

 

当院にいらっしゃっている患者さんは

大半の方が虫歯の予防薬としてフッ素入りの歯磨き剤を使っているので

知っている方が多いと思います。

 

また、最近では幼稚園🏫や小学校🏫でも『フッ化物洗口』を導入しているので

身近な言葉になっているように思います。

 

フッ素=虫歯予防に良い✨

というイメージは皆さんの中にもあるのではないでしょうか??

 

しかし、なぜ、フッ素入りの歯磨き剤が必要なのか

そもそもフッ素はどんなはたらきなのか

どのくらいの量を使ってブラッシングしたら

などなど、フッ素についての疑問をお話ししたいと思います( ^)o(^ )🎀

 

 

その①フッ素とは??

 

フッ素とは歯の質を高くする元素です!

 

歯や骨が作られるときや、

それらを健康に為に必要不可欠なのだとか。。

 

 

その②フッ素の働きについて

 

     歯の質を強くする

・・・フッ素を表面に塗ると、歯が酸で溶けにくくなり虫歯予防に

 

     歯を再石灰化する

・・・初期の虫歯を元に戻す。

 

     歯を守る抗菌作用

・・・虫歯菌を弱らせる、虫歯の進行を抑えてくれる。

 

 

 

(・_・D フムフム✍✍

フッ素にはこんなに素晴らしい働きがあるのですね!

でも、せっかくなら適切な使用量とブラッシング時間で

しっかりと予防したいですよね( ^)o(^ )🎶

 

今回は長くなってしまいましたので

パート2にてご紹介させて頂きますね( ^)o(^ )

 



インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)の医療法人ささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9001230 午後 14001730

水曜日       午前 9001230

土曜日       午前 9001330 午後 14001600

日曜日・祝日    休診 

〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197

TEL 0182-33-8020 

ホームページ http://www.sasakishikaiin.com/

 

 

んばんは
ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

いつも言い訳して申し訳ございませんが、毎日診療後はセミナーや面会等でまったく時間がなく、ブログ記事の続きを書けず、すみませんでした

今日も、Webのセミナーでしたが、午前は歯科医師会主催のセミナーを受講し、午後は矯正治療のセミナーを受講してたら、プライベートな時間が全くなかったです

ところで、Hさんの状況は、専門的な用語を使って申し訳ございませんが、「不顕性齲蝕」というもんでした

 

よく我々歯科医師の間では「不顕性露髄」という言葉を使いますが、これは虫歯の治療をしていて、歯の中の神経や血管まで進行していないことを確認して詰めたり被せたりするのですが、実際は既に神経や血管まで虫歯菌が入り込んでいて、神経が感染してしまう状態です

 

それと同じように、「不顕性齲蝕」というのは、見た目が虫歯に見えないのに歯の中の方で、かなり進行した虫歯になってしまう状態です

 

今回、勉強になったのは、この「不顕性齲蝕」は歯を守るために我々歯科医師が進めた「フッ化物洗口」が要因だったのです

 

どうして「フッ化物洗口」が不顕性齲蝕の要因になったかと言いますと、初期の虫歯は今現在の歯科の常識としては、フッ化物洗口や歯磨き剤に含まれるフッ素によって「再石灰化」という現象が起きるので、削って詰めるという治療はしません

 

問題はその「フッ素による再石灰化」にありました

 

つまり、初期虫歯の表層がフッ素によって再石灰化することによって、中の方までは再石灰化できず、中の方では深く虫歯菌が入り込んで、神経・血管まで到達してしまうのです

 

Hさんの場合を想像しますと、6歳臼歯が5~6歳頃に萌出して、その頃に初期の虫歯が進行したが、同時期から始まったフッ化物洗口によって表層は再石灰化したが、中の方では静かに虫歯が進行して10数年かけて神経が死んでしまったのかと思われます

 

今回のことで、私自身、多くのことを学ばせて頂きましたが、何歳になっても定期的な健診やクリーニングが大事であることを改めて認識しました

 

高校生として地元にいるまでは良いのですが、その後、大学生になっても社会人になっても帰省の度にクリーニングに来てくれる方々は多くいますが、今後は全ての方々にお声掛けをしていかなければならないと思いました

 

尚、誤解しないで頂きたいのは、「フッ化物洗口」が悪いわけではないということです

 

今現在、フッ化物洗口は全国に普及しておりますが、全国的に虫歯が減少し、また歯科医院に来られない子供さん方の歯を守るという意味では、多いに貢献している大変素晴らしい事業です

 

今後もフッ化物洗口は励行してくださいね


インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/


 

 

こんにちは
ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

今日は自宅にいながら、歯科医師会の研修会を受講しております

北京オリンピックが始まって1週間、私はスキーが好きなので、ライブでまたは録画して見ていますが、とてもガッカリする出来事が多いです

開催国が中国ですから、感動だけで終われるオリンピックではないだろうなあと思っておりましたが、毎日のように不可解なことがあって、もう見ない方がいいのかなと思っております

昨日も男子のスピードスケート500メールで、中国選手に金メダルを取らせるために、強い選手等(4人のうち2人は日本人)のスタートをわざとフライング扱いにしたり、スタートのピストルをなかなか撃たなかったりという場面が2度もありました

さて、気を取り直して、今朝のブログの続きです

ある大学生Hさんの虫歯がほとんどない歯の神経がダメになっていた話をしました

それにしても、Hさんの歯はおよそ虫歯に見えなかったのに、なぜ深い虫歯になっていたのでしょうか

 

また、高校生まで虫歯が全くなかったのに、なぜ1年半の間でこんなに深い虫歯になってしまったのでしょうか

 

常識的に考えると、このHさんの場合、横手市の事業で幼少の頃からフッ化物のうがいをしてますので、その効果は二十歳過ぎても続くと言われますから、虫歯にはなりにくい世代です

 

レントゲン写真にて診断後、念のため、神経が正常に機能しているかどうかを検査しました

 

今回のHさんの歯は、神経が3本か4本(正確には神経線維が3000本か4000本)ある歯ですが、それぞれの神経が生きているかどうかの検査をしてみました

 

そうしましたら、何と2分の1以上は死んでしまっていました

 

実際に治療してみますと、レントゲン診査や神経の検査でわかったように、虫歯は神経まで進んでいて、やはり神経の大部分は死んでしまっていました

 

出来るだけ神経は残した方が良いのですが、感染してしまうと残せないので、神経の治療をしました

 

今回の治療で、Hさんの歯がこの1年半の間になぜこんな酷い状態になったのか不思議に思いました

 

そこで、私もその後いろいろ調べましたが、その秘密はなんと歯を守るための「フッ化物洗口」にあったのです

 

パート3へ続きます

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/


おはようございます(とは言ってもまだ夜中ですね)
ささき歯科医院 院長の佐々木徹です

2月に入ってから、コロナ感染の第6波の拡がりで、様々な会合が中止になったため家にいる時間は長くなりましたが、インプラント手術等の外科手術の準備等で余裕がなく、なかなかブログ記事を書かず申し訳ございません


さて、昨年の11月頃に、東京の大学に進学した子供さん(Hさん)から、当院にお電話があり、その子供さんの件で大変勉強になったことがありました


その電話では、急に上顎の奥の歯茎が腫れて痛みもあったので、都内の歯科医院を受診したところ、「歯周炎」との診断で飲み薬(抗生剤・鎮痛剤)が出たとのことでした


しかし、残念ながら、そのお薬では症状が治まらないので、困り果てて、当院に電話をくれたようでした


私は電話で、まず始めに「若干19歳という年齢で、歯周炎のために歯茎が腫れるというのは考えられない。もしかしたら、親知らずが原因かも知れません。」とお話しました


それから、Hさんのレントゲン写真や検査結果を見ながら、電話でいろいろお話をしましたが、「高校を卒業した時(1年半前)に最後に診せてもらった時の状態を考えると、虫歯が原因で腫れるということも考えづらい」とお答えし、帰省された時に診せてもらうことにしました


そして、今年のお正月明けに当院を受診して頂きましたが、やはり、右上顎の奥歯の頬っぺた側の歯茎が結構大きく腫れているのです


通常、10代20代で頬っぺた側の歯茎が腫れるとなると、歯周炎(歯槽膿漏)ではなく虫歯がかなり深くなって神経が死んでしまって、歯の中や骨の中の方で細菌が増殖した場合に起こることが多いです


ですから、通常は神経に到達するくらいのかなり大きい深い虫歯がなければありえないことです


ところがHさんには、そのような虫歯はなく、わずかに嚙み合わせの面の溝が黒くなっているだけでした


そこで、レントゲン撮影をして診査してみました


そうしましたら、驚くことに、中の方で結構大きい虫歯が出来ているのです


それも、明らかに神経まで行っていそうな虫歯なのです


お口の中での診査だけでは、想像もつかない状態でした


後半へ続きます

インプラント(骨をできるだけ削らない方法)・口腔外科・ホワイトニング・歯周病(内科)治療・バネなし入れ歯の矯正治療(抜かない子供さんの歯並びの治療&大人の方の成人矯正)のささき歯科医院

月・火・木・金曜日 午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
水曜日       午前 9:00~12:30
土曜日       午前 9:00~12:30 午後 14:00~16:00
日曜日・祝日    休診 


〒013-0074 秋田県横手市三本柳字寺田197
TEL 0182-33-8020 
ホームページ 
http://www.sasakishikaiin.com/


このページのトップヘ