2005年09月

2005年09月28日

バーガースタイルのLightTouch激鳴りチューン!

82140fb2.jpgARIA製の非常に珍しい?(私は始めて拝見しました)バーガータイプのギターのLightTouch激鳴りチューンをご依頼いただきました。本体自体は、韓国製の様ですが、マホガニーで出来ているネックの状態はよく、無事作業は完了〜。 その際、ご要望から、ポット類を国産のものに交換して、ワイヤリングも一掃しました。  今回はまずはPUの交換等々は無しでのチューンですが、PU自体、かなりのターン数を巻いている模様で、レゾナントピークもかなり低め。また低域の出方はまさに、異方性フェライトと言う感じで、少々ブーミーなサウンド。PUは、鳴りが激変したこれから検討されるとのことですが、オーナー様のお手元に届いて、早速コメントをいただきました。
ありがとうございました。

<コメント>
さすが……と申しましょうか、厳格に調整されたクラシック楽器のように仕上げていただきました。こんなに小さなギターであるにもかかわらず、生音でチューナーが正確に動作することに、強靱な基音の威力を感じています。(略)


tsc_2005 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月27日

ご来店ありがとうございました。

今日は、インターネットの某BBSで、当店のLightTouch激鳴りチューンが話題になっていると言うことで、大阪在住のお客様が代表してお越しいただきました。
現在、店頭試奏用のGeki-NARI-5MIDI(BLUE)と、Geki-NARI-6FL(RED)が、清水玲氏のDVD撮影用に出ていて不在・・・でしたが、4弦のGeki-NARI-J4Bや、その他4弦ベース、Geki-NARIサイレントベース、Geki-NARIギターなどなど、存分にお試しいただき、その鳴りをご体験いただきました。 やはり、サウンドは文章での表現が非常に難しいので・・・・まずは試奏いただき、高いご評価を頂けるのは非常に嬉しく思います。

今年は、11月に楽器フェアもありますので、前回のように、多くの方々と、アポを取って、会場にて激鳴り体験をしていただければなどとも、考えています。

サウンドでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせ、ならびに、ご来店を心よりお待ちしております。

tsc_2005 at 01:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月25日

BP&激鳴り ロスコーベックモデル!

54259a81.jpg先日、フェンダーロスコーベックモデルの13ピン化&LightTouch激鳴りチューンのご依頼をいただきまして、ご感想を頂きましたのでご紹介したいと思います。
ベースを拝見したところ、ネックやフレットなどなど、標準的な状態でしたので、PUなどの交換も無しに、LightTouch激鳴りチューンを施してから、美しくBPシステムを組み込みました。
よく問い合わせを受けるのですが、LightTouch激鳴りチューン、13ピンシステムの搭載、PU交換、プリアンプ内蔵などの、順番としましては、まず、LightTouch激鳴りチューンで、本体の鳴りをベストな状態にした後、PU交換や、13ピンシステムの搭載などと、進んで行くのが、お奨めだと思います。

コメントは、オーナー様の、バンド(PONI★PONY)のホームページ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=0946135
の、中の日記
http://ip.tosp.co.jp/NIki/Tospi400.asp?I=0946135&P=0&SPA=12&AQ=&AWQ=&DT=20050923&MD=
にありますので、覗いてみてくださいませ〜。

tsc_2005 at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月22日

ピックアップについて〜

最近、驚くほどに多いのが、PU交換のご依頼なんです。ギター、ベースを問わず、LightTouch激鳴りチューンを施されたお客様が、PUのポテンシャルに満足出来なくなって、ご相談に来られます。 そこでお奨めするのは、超ワイドレンジ・オリジナルPUなのですが、タイプ別に数種類あります。

ギター用
GMG(S&H)>>6mmアルニコポールピースの非常にクリアーで太くヌケるのが特徴。現在PROiX Geki-NARI-STに標準採用のピックアップ。特にオールジャンルのノンピークサウンド

GIG-Max Pro(S&H)>>5mmポールピースを4面カットした、お馴染みのスタイル。特にドライブさせたときに、ヌケる中高域をしっかり備えたピーク・設計で、歪み時の音の分離は非常に高い評価を頂いております。 ルックスどおりのヌケとサウンドですが、出力自体は非常にコントロールしやすいライト・パワー

ベース用
GMB-Custom>>4弦〜7弦まで、幅広いスタイルに対応する、アルニコ8mmポールピース採用の超ワイドレンジ・ピックアップ。 現在のPROiXカスタム・ベースは全てこのPUを搭載。LightTouch激鳴りチューンと合わさって、その太くヌケるサウンドは、清水玲さんのサウンドでお馴染み! フレッティッド、フレットレスを問わず、非常に心地よい中低域が最近特に人気です。

という感じで、高級楽器の、高級PUを交換される方が非常に多い今日この頃です。
まず、LightTouch激鳴りチューンが必須ですが、是非一度体験いただきたいサウンドです。


tsc_2005 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月17日

トーンとヌケについて。

今日は、トーンについて少々。LightTouch激鳴りチューンを体験された方々はすでに経験済みのことと思いますが、施工後はトーンの効きが、超ワイドレンジになります。先日も、某ギタリストの方に、オリジナルのGeki-NARI-STを試奏頂いたところ、何かフィルターのようなものが入っているに違いない!ということで、バックパネルを外して見ていただいたというような事もありました。
トーンを絞る=コモる ということで、トーンを外されたりする方もいらっしゃいますが(私も数年前までは、自分のギターにトーンはありませんでした・・・・)数年前、清水玲氏の、EQのHighを絞ったサウンドではなく、トーンを絞った「ダークなサウンド」が欲しいというリクエストから、パッシブトーンを選定、追加。 まさに、コモるのではなく、「地を這うかのようなダークなサウンド!」が完成し、以来、LightTouch激鳴りチューン+パッシブトーンが必須のアイテムになりました。
その動作ですが、ギター、ベース共々、80%くらいまでは、コモらずに、低音弦側から、ローブースとしたかのように太くなり、そこを越えると、高音弦も丸い?サウンドとなります。(言葉では非常に表現が難しいので・・・・弾いていただくのが良いと思います。) ファンダメンタルが増強している効果で、トーンを絞ってもゲインが落ちずに、低域でヌケルと皆さんにご評価頂くサウンドがまさにこれですね。
面白い事に、Geki-NARI-6などのLow-F#あたりの重低音の場合、トーンを絞って高調波を削ることで、より音程感が増して、低域でヌケルなんてことも起こったりします。
今日から、清水玲氏は九州セミナーで、Geki-NARI-5を炸裂させて頂いてる事と思いますが、「低音でヌケル」サウンド!是非体験してみてくださいね。

tsc_2005 at 23:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月15日

激鳴り!サイレントベース

e04d9f8c.jpg先日、当店の激鳴りサイレントベースを試奏いただいた方から、ARIAのSWBシリーズのご注文をいただきまして、入荷後、早速チューニング作業に入りました。 ところが、まず施工前のサウンドチェックをしますと、内蔵されているプリアンプが少々難あり・・・。というのも、激しいノイズとEQがあるポジションで「ちゅわぁ〜ん」と発振してるではありませんか・・・。そこで、急遽、プリアンプをワンオフ製作し、入れ替えを行い、LightTouch激鳴り化! 非常に良い感じに仕上がりまして、オーナー様より先ほどメールを頂きました。 特にサイレントベースは、ピエゾのみでは音が「薄い・・・」ので、マグネットPUとの組み合わせなど、色々と試行錯誤されているものも多いようです(私も以前は、メーカーからのプリアンプ開発のご依頼を受けたときは、マグネットPUとの組み合わせの回路&マグネットPUを製作して苦労しました・・・)が、LightTouch激鳴りチューンが可能になった現在、施工後のファンダメンタルが激増したサイレントベースでは、ピエゾのみで十分、太く、バランスよくヌケるサウンドがアウトプットされ、よく「本当にピエゾのみ??ですか??」と驚いていただいております。ご参考までにオーナー様のコメントの一部を掲載させていただきます。

<オーナー様のコメント>
いやー予想以上の出来上がりに驚いております。ほんとに弾きやすいし低音も高音もよくなります。生音の感触はコントラバスずばりですね。
よくなるので音程もはっきりしており、きっちりポジションを取らないとならないですね。しかしライトタッチチューニングのおかげで左手のストレスも少なく何年もコンバスを弾いていない身ですが長時間の練習もOKでしょう。アンサンブルでの演奏が楽しみです。

追伸:サイレントベース(激鳴りベクター)で大活躍中の清水玲氏ですが、矢野真紀さんの、アルバム「いい風」の3曲目「まだ足りない」で、激鳴りウッドベース
http://www.proix.com/product/shimi_wood/index.html
をプレイされていますので、そちらの方も一度聞いてみてくださいね。

 

tsc_2005 at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月11日

ハートフル無事終了〜!

869a76c1.jpg天候もなんとかもって、昨日のハートフルライブも無事終了しました。 10グループがバラエティに富んだ演奏で、ご来場いただいたお客様も一緒に楽しんだ一日でした。 今回は、お花畑の特設ステージという事で、急遽ステージにテントを上げたりと色々と大変でしたが、最後まで、雷様も待ってくれた〜って感じでした。

今日は朝から一日じゅう片付けでしたが、良い機会でしたので、店内、スタジオの機材の入れ替えも行い、試奏、レッスンがよりやりやすい形に! ギタースピーカーの比較などもしやすくなりましたよ。

明日からは、たまった〜仕事をジャンジャンこなしていかなくてわぁ〜。

tsc_2005 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月09日

明日はいよいよ〜

連日のリハリハ・・・三昧で、ブログを更新する間もなくバタバタしていましたが、いよいよ明日は本番!です。13時から18時までのプログラムで、11のグループが、バラエティーに富んだサウンドを披露してくれます。 今回は、ギターシンセは登場しないものの、もちろん、「激鳴り!」大集合で、PAのオペレートも非常に楽! 特に、ベースはGeki-NARIシリーズのオンパレード! 私も今回は、鉄弦にスタッフォード&ARC、ナイロン弦にParadise、エレキはGeki-NARI-STと、全て「LightTouch激鳴り」仕様で、楽しみたいなぁ〜と思っています。 Liveの様子は、HPでご報告しますので、お近くの方は是非、足をお運びくださいませ〜。

tsc_2005 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月05日

ゴールドパーツについて

今日は、ゴールドパーツのメンテナンスについて少々。
新品の時には、非常に綺麗なゴールドパーツも、あっという間に曇ってしまって・・・・おまけに、磨けば磨くほど、白っぽくなったり・・・・。
というような経験をされている方も多いと思います。(私自信もその一人です。)

 最近は、ゴールドパーツの保護・艶出しに、「ブリス」をお奨めしています。
元々、車用なんですが(こう言うのってTVショッピングなんかで色々やってますが、どれもこれも全然、良くなくて・・・・色々試したんですが、ブリスは宣伝通り!で現在は、愛車もブリス1本でラクラク洗車しています。)、施工も簡単、表面を簡単にガラスコーティングしてくれるので、ゴールドパーツには本当にお奨めだと思います。 施工もギターパーツなら、塗って拭き取るだけです。興味のある方は、パチパチ〜っと検索してホームページ探してみてくださいね.
bliss

tsc_2005 at 23:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月03日

2年ぶりのイベント!

来る9月10日(土曜日)に2年ぶりのハートフルライブをハーベストの丘特設ステージにて行う事になり、今回はアコースティック?ライブということで、たくさんのユニットをギターでお手伝いする事になり、今日は一日、「リハ」三昧でした。久々に弾いたなぁ〜と実感する一日。 今回の出演者はGeki-NARI三昧で、特にベースはGeki-NARIシリーズの5弦〜7弦まで!総出演!です。 お近くの方は是非ご来場お待ちしています。

9月10日(土曜日)13:00〜18:00
 ハーベストの丘「お花畑」特設ステージにて


tsc_2005 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

現在の試奏状況〜

ようやくPROiX Geki-NARI シリーズのラインナップも整いましたので、今日は、現在のTSCの店頭で試奏可能な楽器たちをご紹介いたします。
写真の番号を参照ください。(もちろん全てLightTouch激鳴りチューン済みです)
スタッフォード・エレアコ(弦高も超低く、非常に気持ち良いサウンドですよ) ウクレレ(ダイエーで販売されていた玩具に近いものです・・)TSCの守り神の黒ウサです。Geki-NARI-6(Low-F#・フレットレス)
Geki-NARI-5 MIDI(先日、Rolandイベントで清水玲氏が弾いた、あのベースです)
Geki-NARI-7 MIDI(Low-F#〜High-C・フレッティッド)Geki-NARI-ST MIDI(H-S-Hレイアウト・GK&PIEZO)Geki-NARI-ST(超人気の3シングルモデル)Geki-NARI-J4B(皆さんにパッシブ????と尋ねていただける最新JBです)Greco LP-600(かれこれ25年前の、グレコ・レスポール。激鳴りチューンで完全復活!数々の高級ギターたちと渡り合ってきた噂のギターがこれです。現在はGK-400も搭載)
FenderUSA’85Vintage(激鳴りチューンによって完全復活!是非弾いてみてください)
その他にも、フロイトローズや、ヘッドレス、ナイロン弦などなど〜LightTouch激鳴りサンプル等々、店頭には出ていませんが、お試しいただける楽器を数々取り揃えて皆様のお越しをお待ちしています。


店内写真

tsc_2005 at 00:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年09月01日

フラットワウンド

a3f5caa7.jpgES-175のLightTouch激鳴りチューンにあたり、フラットワウンドにてというご依頼をうけ、あれこれと作業を進めておりました。ネックのコンディションを整えるのに時間は少々費やしましたが、ようやく完成! やはりラウンド弦と比較すると、サスティンは劣るものの。。ファンダメンタル増強による、「伸びる」フラットワウンドもなかなか味のあるサウンドで、ほんとに.013ゲージ??と思わせるプレイアビリティーはセットアップしながら、思わず弾いてしまいました・・・。

tsc_2005 at 23:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

ブログスタ〜ト!

本日より、TSCのブログをはじめようとおもいます〜。
頑張って更新いたしますので、お楽しみくださいませ〜。

tsc_2005 at 13:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)