2007年02月

2007年02月28日

ZICO STUDIO

かれこれ20数年前に、PAの事など、多くのことを勉強させていただいた奈良県のSound ZIBAさんが、昨年オープンされた、スタジオ&ライブスペースを拝見しに行ってきました。 大きな建物の3階部分に、広いスペースの練習スタジオとキャパ80人ほどの立派なライブスペースがあり、まさに「音響のプロ」が作ったスタジオ!で、練習スタジオにも今まで培ってこられたノウハウが凝縮されていて、バンドマンには嬉しい「サウンド第一志向」のスタジオ。
ライブスペースには、数々の現場で実際に活躍してきた、PAシステムがリ・チューニングされて設置されており、私には、懐かしくも、信頼できるシステムで嬉しくなって、昼食も忘れて・・・・話に盛り上がってしまいました。
特に、奈良県は、音楽文化も盛んで、練習スタジオも多く、激戦区!のようですが、ユーザーにとっては、音響のプロが身近にいて、色んなアドバイスや経験談などをじかに聴けるスタジオが誕生したことは、非常にありがたいことだし、要チェックです。 
近郊の方々は、そのノウハウを吸収すべく、是非足を運んでみてくださいね。

<ZICO STUDIO>
http://www1.kcn.ne.jp/~ziba-k/zico_studio/

tsc_2005 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月23日

「マスキング」について

皆さんはバンドや、アンサンブルの中に入って演奏したときに、せっかく、苦労して。夜なべして作ったサウンドなのに「自分の音が聞こえない・・・」や、「何かサウンドが違う!?」などということを経験したことがありませんか? この大きな要因の一つが「マスキング」です。
ドラムやキーボードなどの他の楽器のサウンドが混ざって、カブッてくることで、どんどん、消されていくわけで、最後に残った・・音が聞こえてくる。または聞こえなくなると言う現象が起こってくるわけです。
その「マスキング」に強い楽器こそが、「ヌケる!!楽器」と言うことになるのですが、「ヌケない・・・」要素と言うものは色々とありまして、楽器本体が直接問題になっている場合が非常に多いのです。
特に、電気回路が内蔵されたギターやベースではエフェクターと同様に「音ヤセ」が大きく起きていることも多く、これも、「マスキング」に弱くなる大きな要因です。
(「音ヤセ」「ヌケ」については又の機会にお話しましょう。)

と言うことで、当店では、アンサンブルの中での「マスキング」に強い!「ヌケるサウンド」を追求した結果、Geki-NARIシリーズが完成しました。
 各方面でご活躍中の清水玲さんのレポートでもありますように、「レコーディングでサウンドチェックが不要!」だったり、リハーサルのサウンドチェックが「一瞬!」で終わってしまったりと言うのがその効果を象徴している現象です。

皆さんも、今ひとつ、サウンドにお悩みでしたら、マスキングに強い「ヌケ」をご体験に、一度、試奏されてみてはいかがでしょうか。 

tsc_2005 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月18日

1971年モノ復活!

KASUGA



KASUGA LOGO







今回のギターは、KASUGAのアコースティックギターですが、なんと、1971年に製作された物で、36歳! 当時、¥7,000くらいだったそうで、全体的にかなりお疲れ気味ご様子・・・でした。
しかし、LightTouch激鳴りモディファイで見事によみがえりました!
弦高もほどよく下がり、トップ板等々の「お疲れ具合」も考慮して、LightTouchCustomGaugeAcousticStringsの.011をセレクト。同時にペグも交換。
非常にライトなタッチで、しっかり鳴るギターになって、これから益々活躍していただけることと信じております。

TSCでは、愛着あるギターを末永くお使い頂くためのお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。 

tsc_2005 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月16日

Geki-NARI の日々・・・。

先日のRolandイベントは大変多くの方々が来場され大いに盛り上がったようでした。貸し出しに出ていた、Geki-NARI ベース&ギターも無事に戻って、店内は、試奏機だらけの(笑)にぎやかな状態に戻りました。
現在、入荷した、Geki-NARI ベースの組み込み作業にカンヅメ状態の毎日で・・・すが、続々とLightTouch激鳴りモディファイも、お持込いただいておりまして、本当に嬉しい「悲鳴」をあげております〜。少々、思考回路がパンパンですが・・・納品を心待ちにしていただいている皆様、あと少し、お待ちくださいませ。
しかしながら、今回の2007年第一弾も超強力なモデルが目白押しで。完成した暁にはHPでご紹介させていただきますので、楽しみにお待ちくださいね。

では、もう一踏ん張り・・・頑張ることに致します〜。


tsc_2005 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月07日

VG-99 & FC-300

今宵はRolandサウンドスパークで盛り上がっている方々もたくさんいらっしゃると思いますが、今日は、Rolandの新製品発表会に行ってきました。もちろん、注目は、大幅にパワーアップしたV-GuitarSystemのVG-99! 先代のVG-88に比べると、エンジンが大幅にパワーアップしたとの事で、サウンドはよりリアルになって、機能も満載!詳細は、これからじっくり検証していきたいと思いますが、会場では、展示頂いている、PROiX Geki-NARI-ST MIDI を早速プラグイン!して試奏。ピッキングニュアンスも非常にスムースで、SNも格段に向上。特に、ピッチシフト系(12弦ギターモデリングなど)は、非常にナチュラルになっていて、永い玉のアルペジオでも、先代とはかなり違う印象で、発売に期待大!です。そのまま、Rolandのスタッフにも試奏いただきましたが、そのサスティ-ンに唖然。大いに盛り上がってしまいました。
そして、私的に最も注目していたのが、フットコントローラーのFC-300! 特に当店ではラックシステム等々に永くかかわって来ましたので、皆さんのリクエストにお答えできる、MIDIペダルの登場をずっと熱望してきましたが、今回登場したFC-300はまさに最強の一品! 早く最終バージョンを試してみたなぁ〜と、久しぶりにワクワクしてしまいました。
10日には、東京にてサウンドスパークが開催されますので、関東方面の皆様、最新のVGのみならず、当店のGeki-NARIシリーズを是非この機会に、試奏くださいませ。

tsc_2005 at 20:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)