2014年06月

2014年06月30日

ピックガード その3

本日は、第二弾の栃杢ピックガードの加工!
もっとも大変なのが、ジョイント部分の落とし込み加工・・・。
ようやくオイルフィニッシュまで漕ぎ着けて・・・作業終了。
取り付けてから、光ファイバーを通す加工等々が残っていますが
ひとまず終了。
t_DSCN3864t_DSCN3863






やはりこの美しいルックスは非常にリクエストが多いカスタムパーツです。

tsc_2005 at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月28日

Geki-NARI-4JB FL

t_DSCN3590






本日ご納品させていただいたのはGeki-NARI-4JB FL
渋いカラーにウッドPGがベストマッチングな1本に仕上がりました。
勿論、サウンドはLightTouch激鳴りサウンド!
t_DSCN3593t_DSCN3596






PGは栃杢材をブックマッチしたもの。
コントロールパネルは栗杢材を使用。
何とも言えない『和』なテイストがGood!
t_DSCN3599






ボディーバックには、PROiX 3バンドプリアンプのトレブル&ベースのスライダーを装備。
オーナー様も唸るサウンドがさく裂しています!!

沢山のベーシストの方々にご体験いただきたいJBです。

tsc_2005 at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月27日

ピックガード その2

t_DSCN3645






本日は、栃杢PG第二弾を製作中!
カンナを購入して、フラットを出したりとかなり大変な作業。。。
両腕に乳酸が・・・って感じで、ギターカッティングに切れがなくなるほどでした。
2、3日放置して、また加工です。
でも、この美しい杢に癒されますね〜!

tsc_2005 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月26日

GP-10 その1

t_DSCN3394t_DSCN3537






当店にもBOSS GP-10が入荷いたしました。
13ピン機器を最大限のポテンシャルで使いこなすには、色々とノウハウが必要。
先日、BOSSの開発者が来られた際にも色々とチェックさせていただきましたが
今回はセットアップについて。
まずギターをGP-10に13ピン接続してしなくてはいけないのが各弦の感度設定。
出荷時の設定は写真の通り全ての弦について 65 となっています。
t_DSCN3540t_DSCN3541






しかしこの状態では特に歪系のサウンドの場合S/Nの悪さが顕著になり・・・・
パッチエフェクトのノイズサプレッサーのスレッショルドが出荷時の 45 でも完全に閉じず、
50 を過ぎたところで完全に閉じるようになりますが、スレッショルドの高い状態では、
弱いピッキングではかなり不自然なサウンドになってしまいます。
そのために、13ピン機器はS/Nが良くない等のお声をよく耳にします・・・。

しかし、これは13ピン機器の問題ではなくギター側の問題なのです。
写真下は当店のGeki-NARI-ST MIDI でのもの。
t_DSCN3538t_DSCN3539






独自のGKシステムとLightTouch激鳴りモディファイの相乗効果により
GKセッティングは 40 を切る事が実現可能になります。
これによりノイズサプレッサーのスレッショルドは 5 でも完全に閉じるようになりました。
結果、高S/Nで、弱いピッキング時でも自然なサウンドでの演奏が可能になります。

13ピン機器で色々と悩まれている方は是非、お問い合わせくださいませ。

tsc_2005 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月23日

PGの製作!

t_DSCN2942








先日、加工した栃杢材を加工しJBのピックガードが出来ました。
結構厚いのでツバの部分など、色々と大変ですが、なかなかの出来栄え!
仕上げはナチュラルオイルフィニッシュ。
t_DSCN2943t_DSCN2947








そして、コントロールパネルは栗杢を使用。
なかなか『和』の雰囲気が素晴らしい!
取り付けには色々と加工が必要なので、まだまだ先は永いなぁ…。。

tsc_2005 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月21日

FC-300の改造!

t_DSCN2876






FC-300の空きスペースにSWを増設。
ループマシン RC-3のコントローラーを内蔵しました。
t_DSCN2878t_DSCN2879






こういう少しのことで、飛躍的に操作性がよくなったりします。
皆さんも、色々とお考えの事をご相談んくださいませ。

tsc_2005 at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月20日

PG製作

t_DSCN2799






本日は、JBの組み込みをしながら、栃杢のPGを製作中!
左右対称ではありませんが、流石になかなか美しいブックマッチPGになります。
接着まで数日、店内に放置!

tsc_2005 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月17日

コメントをいただきました!>8弦ギター

t_DSCN0181






先日、ご納品させていただいた8弦ギターについて、現在は、高音弦側にVG99とGR55、
低音弦側GR55を接続されておられるとの事。
オーナー様よりコメントいただきましたので、ご紹介させていただきます。

<コメント>
激鳴りモディファイのスゴさはわかっているつもりなのですが、実際弾い
てみると、弾くのが楽しくなってただただ嬉しくなってしまいます。
低音の7弦8弦も、細めのゲージにも関わらずちゃんと鳴ってくれるのは
やはり驚きですね。
追加した GR-55 はベースモードにしていますが、全くベースとして鳴って
くれます。モデリングやシンセを使った時に、激鳴りモディファイの真価
が更に発揮されることがよくわかります。

ギター側と合わせた自分なりのパッチ設定の仕方を現在思考錯誤中です。
弾き方も含めてまだまだ自分の思い通りに使いこなせる程ではないですが、
徐々に慣れていって、楽器のポテンシャルをちゃんと引き出せるようにな
りたいと思っています。

かなり面倒なお願いにも関わらず、希望通りにご対応いただき本当にあり
がとうございました。
また何かお願いさせていただくこともあろうかと思いますので(今回のよ
うなご面倒はもうおかけしないとは思いますが)、今後ともよろしくお願
い致します。

TSC>
こちらこそありがとうございました。
気に入っていただけて本当に良かったです。
メンテナンスや弦など、今後とも末永くよろしくお願いいたします。
また可能な限り、色々な事を実現したいと日々考えていますので、
まずは何なりとご相談くださいませ!
今後のご活躍に期待しています。

tsc_2005 at 09:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月16日

コメントをいただきました。

BT120MM 早速、オーナー様よりコメントいただきました。

<コメント>
早速、自宅でセッティングして鳴らしてみました。

後付け(GK-3)よりレスポンスが良いことに驚きました。
13ピンジャックの向き、スイッチ、ボリュームの位置関係など
難問がありましたが、仕上がりは完璧です。
今回の加工をTSCさんにお願いして正解でした。
他ではここまで出来なかったと思います。

〜中略〜

今後、何かありましたら、よろしくお願いします。
t_DSCN2205






TSC>
色々と大変な作業でしたが、気に入っていただけて本当に良かったです。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたしいます。

tsc_2005 at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月15日

BT120MM

t_DSCN2205






本日、ご納品させていただいたのは、13ピン化したFERNANDES BT120MM
t_DSCN2210t_DSCN2213






S1/S2やGKボリュームの位置など、加工も大変でしたが無事に作業完了!
特にGK PUの配線を通す穴の加工など。。かなり苦労しましたが、仕上がりは
ご覧のとおりです。

GP-10の話題で、13ピン化のお問い合わせも増えております。
エレキギターだけではなく、アコギによる13ピンコントロールも更に魅力的!
ご興味のある方は、是非、ご体験にお越しくださいませ!!

tsc_2005 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月12日

メンテナンス!

t_DSCN2095








本日は、清水玲さんのシグネイチャーベースをリセットメンテナンス。
ぱっと見には何事も起こっていないようで、色んなところにいろんな事が起こっています。。
バッチリメンテナンスして、ご返送いたしました!
次の活躍が楽しみです。

tsc_2005 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月09日

BT-120MM

本日はFERNANDESのBT-120MMにGK内蔵するためのボディ加工をやっておりました。
何しろ、S1/S2やGKボリュームが特殊な位置なのでそれに伴うボディー加工が非常に大変。
またEMGの配線が最近のものは半田要らずのためか大きなターミナルで、まとめられており
非常に場所を取る構造・・・。
取り回しなども考えに考え。。電池キャビティーを別に加工。
特にGKボリュームはトンネル状に加工して取り付け。
ようやく下準備がほぼ完了し、まだまだ先は永いですが・・・次なる作業に進めそうです。
t_DSCN1941t_DSCN1942






t_DSCN1943






元々、アウトジャック周りは加工されてお持込いただきましたので、13ピンジャックは上下逆付けになっています。(ロック解除のため)

tsc_2005 at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月06日

コメントをいただきました!

IMG_7845








先日、ご納品させていただいたGeki-NARI-24 MIDI 早速、オーナー様よりコメントと
写真をいただきましたのでご紹介させていただきます。

<コメント>
ギター到着後色々試しましたが本当に素晴らしいです。
今までギターを弾いてストレスに感じていた所が皆無です。
クリーントーンはもちろんのこと深く歪ませてもコード感をしっかり保って分離のいい音には
只々脱帽です。
GKのセッティングも大幅に変わりました。
あの感度の良さと、異常な伸びはなんなんでしょうか?
もう、細かなピッキングのニュアンスどうこうの話しじゃないですね。
悩みに悩んでGeki-NARI-24にしたのは本当に正解でした。
ルックスも当然気に入っていますが
何よりもアウトプットされるサウンドが脅威です。
まさにGEKINARIです!
コイルタップスイッチを付けたのも大正解。
これ一本で何でも出来るギターに仕上がりました。

TSCのギターに出会えた事に感謝しております。

簡単ではありますが約1ヶ月使用した感想です。

TSC>
ありがとうございました。
気に入っていただけて本当に良かったです。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

tsc_2005 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月03日

BOSS GP-10

本日は、BOSSの新製品。GP-10 を引っ提げて、開発者がTSCにお越しいただきました。
濃い、濃い、お話を長時間ん交わし、私の演奏も披露し、いい感じで盛り上がりました。
GP-10はなかなかの優れもので、音質、SNなどもVG99の1チャンネル分+αの性能。
そして、やはり接続するギターのクオリティーが全てっていうのも、従来の商品通り!
TSCではST、AcSteel、JazzStyle 全てが完全対応です!

http://www.roland.co.jp/products/jp/GP-10/

tsc_2005 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月02日

ウッドベース。。

t_DSCN1240






本日は、ウッドベースのLightTouch激鳴りモディファイ 作業を進めております。
何しろ 『デカイ!』
私自身、ダンモガを復活を機に10Kg減量してスリムになったので、関取と格闘
しているような・・・
『ガブリ寄り。。!』って感じです。
作業が完了すれば、素直で転がしやすい横綱になるのですが!

頑張ります。

tsc_2005 at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)