2014年12月

2014年12月30日

ありがとうございました。

2014年も滞りなく営業を終了いたしました。
本年もたくさんのお客様にお引き立ていただきまして本当に感謝しております。
ありがとうございました。

2015年も変わることなくTSCをご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします。

尚、新年は6日からの営業とさせていただき、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

店主

TSCカラーロゴ263

tsc_2005 at 20:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

G-707 完了!

t_DSCN2809






超大変な作業でしたが、G-707が完成!
ご納品させていただきました。
t_DSCN2814t_DSCN2821






トレモロユニットをケーラーに載せ換え。
色々な部分で寸法が合わないので・・・塗装前にボディーを加工。
しかし関節の多いケーラーユニットは色々とデメリットの多いブリッジです。
ヘッドはロックナットとシュパーゼルの組み合わせ。
t_DSCN2816






そして最も難関な24ピンシステムを残したまま、13ピンシステムを搭載する作業。。
トレモロユニットと組み合わせるGK PUのブラケットを3mmのアルミ板を加工して製作。
それに伴い、トレモロユニットも一部改造を施し見事に完成いたしました。
TSC独自のGKシステムとLightTouch激鳴りモディファイにより、13ピンシステムにおいては
VG99で各弦の感度設定が20台でバッチリOKとなっています。
t_DSCN2830t_DSCN2825






そして、13ピンアウトジャックは色々と位置を考慮した結果、24ピンジャックの横に配置。
勿論、ケーブルロックもOK!
ギター出力は独立した位置に加工。

という事で、本当に大変な作業でしたが、今まで蓄積したノウハウを駆使し、無事に作業完了。
2014年を締めくくるにふさわしい大仕事でした。

tsc_2005 at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月29日

SONIC JB

t_DSCN2754






今回のご依頼はSONIC フレットレスJBのLightTouch激鳴りモディファイ
拝見したところ、指板にエポキシ樹脂をコーティングしてありましたので
まずは剥離作業!
そして、モディファイ作業と進み無事に完了。
オーナー様のもとにご返送いたしました!
t_DSCN2762

tsc_2005 at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月28日

スピリット!

本日は、たくさんの方々が大注目の清水玲さんのシグネイチャー・フレットレスを
軽量ペグに交換し、メンテナンス。
やはり衝撃的なサウンドとプレイアビリティーは非常に心地よく、皆様もライブ等で
是非ご体験くださいませ。
t_DSCN2753











そして本日のご納品は、スタインバーガースピリットベースを激鳴り販売いたしました。
問題はストリングスアダプターなんですが・・・真鍮の無垢棒を加工して製作!
なかなか良い感じです。
形状から少々弾きにくい面もありますが、可搬性の高さは他にはないメリット。
そして、モディファイ後はもう「スピリット」とは呼ばせたくないサウンドに大変身。
t_DSCN2529t_DSCN2533t_DSCN2538






皆さんも『持ち運び激鳴りベース』にいかがでしょうか?


大注目のG-707は現在進行中です!
ご期待ください。


tsc_2005 at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月26日

G707続き

t_DSCN2708






G707の塗装が無事に上がって来まして、早速組み込み!
まずはネックとスタビライザーの連結。
ロックナットになった事でスタビライザーの端が干渉・・・。
ペグをシュパーゼルに変更するのですが、穴が合わず。。
写真では白に見えていますが、パールホワイトの塗装。
樹脂への密着性があまり強く無いので、塗装に最善の注意を払い
スタビライザーを少しずつ加工し。
無事にペグも装着完了。
ネックはLightTouch激鳴りモディファイの下準備もバッチリ完了です。
次は難関のボディ組み込み。
まだまだ完成には程遠い・・・たくさんの工程が待っています。

乞うご期待!

tsc_2005 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月02日

G-707加工中!

現在お預かりしているG-707 ケーラーの取り付けや、13ピンアウトの位置など、
色々と思案していましたが・・・アウトラインを決定してトライ!
t_DSCN2240t_DSCN2241






ボディーエッジが斜めカットされているので13ピンアウトが付かないなぁ・・・と思案。。
24ピンアウトの横のギターアウトスペースに13ピンジャックを取り付け!
そして、ボディーエッジの斜め面にギターアウトを増設!
非常に美しい仕上がりとなりました。
t_DSCN2242t_DSCN2244






そして、ケーラーユニット。
全ての事柄を考慮し、落とし込み加工を施し、目的の位置に取り付け完了。

第一のステップは見事にクリア!
これからボディーのリフィニッシュ。そして、GK-3の搭載、LightTouch激鳴りモディファイへと進みます。

少し光が差した気分です。
ネックにはロックナットの取り付けや、ペグの交換等。
まだまだ長い道のりです。

tsc_2005 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)