自動詞の「face」では、ただ単に顔の向きをいっていますが、他動詞では目的語との関係性をいうため、目的語が危険なことなら「敢然と立ち向かう」、嫌なことなら「直視する・受け入れる」、会いたくない人なら「対応する・話す・対面する」となるのです。こういったことを ... もっと読む