2016年 夏期講習講座例 718日~821日実施

TSK

*これ以外の講座もご希望があれば設定します。

講  座 

内  容

対象学年

 

Step Ladder Summer Stage

大学受験英語の基礎速習講座

大学受験に必要な英語の基礎を短期集中で完成させます。部活などで夏から本格的に受験勉強に取り組む受験生や今年の夏から受験勉強をスタートさせたい高2生、高校英語を一気に完成させ英語を得意科目にしたい高1生に最適です。

1~高卒

 

 

難関国立2次英語対策

難関国立2次英語長文を徹底分析し、全体構造を踏まえた論理的な解き方を提示します。

3~高卒

 

 

早慶英語「長文総合編」

早慶レベルの長文総合問題を、ゼミ形式で文章構造を分析しながら解いていきます。

3~高卒

 

 

早慶・マーチ英語「文法・語法編」項目別+問題類型別編

マトメ付録付き

文法・語法項目を頻出順に取り上げ、さらに問題類型別に分けて演習・解説をしていきます。各項目の詳細なマトメを配布。

3~高卒

 

 

マーチ英語「長文総合編」

明中法英語長文問題の文構造を利用した解き方・読み方を学習していきます。

2~高卒

 

 

私大英語長文総合

中堅私大の長文総合問題を使って、長文総合問題の読み方や問題の解き方を丁寧に解説していきます。

2~高卒

 

 

大学受験英語

-入試頻出構文・文法単元の基礎力完成-

2015年度の入試問題分析を元に何度も勉強する価値がある構文・語法・文法問題に取り組みます。また、読解を通して、It ~ that … 構文が「強調構文」なのか、「形式主語構文」なのか、その分け方などにも触れていきます。

1~高卒

 

大学受験基礎英語-動詞の変化からのアプローチ-

英文攻略の決め手は文法の基礎をがっちりと固めることですが、高校ではコミュニケーション力に重点を置いた授業時間が多く、なかなか文法力を伸ばす機会が見つからないのではありませんか?この講座では、動詞の変化という観点から、時制・態・準動詞(不定詞・分詞・動名詞)までを解説→演習→確認テスト形式で学習していきます。その際、各自が自分の理解が足りなかった個所を確認し、自宅でも学習できるプリント教材を渡します。夏期のこの時期に徹底的に学習することで、大学入試突破の糸口としていきましょう。

高1~高卒

 

現代文「センター現代文」

センター現代文は評論問題&小説問題から成り立っています。本講座ではそのことを前提とし、評論&小説問題の読解力を鍛え上げます。センター試験は決して「簡単な」ものではありません。得点率7割突破を目指して読解の基本を徹底的に叩き込みます。

2~高卒

 

現代文「ハイレベル現代文」

早稲田&上智&マーチレベルを想定し、過去問を解いて確実に得点できるだけの文章読解力を養成します。基礎的な読解力を身に付けている人が対象ですが、何が何でも早稲田・上智に行きたいという情熱を持っている人も歓迎です!

2~高卒

 

小論

志望校の入試で小論文が課せられるとわかっていても、「なんとかなる」と言いながら、なんの対策も打っていない受験生を多く見ます。「小論文・誰でもすぐなんとかなる」式の安易なハウツー参考書を手にして不安をまぎらわしている受験生も少なくありません。「どうしてなんとかなるのか?」ときくと、たいてい「日本語だから書ける」「個性の評価だから自由に書けばいい」という答えが返ってきます。重大な誤解です。そういう受験生の本音は、ズバリ「実は不安でたまらない」「どこから手をつけていいのかわからない」でしょう。もちろん直前の追い込みで「なんとかなる」受験生もいます。たとえば「新聞部員で学校新聞の社説を執筆していた」「読書感想文コンクールで受賞したことがある」「弁論大会で優勝した」などです。いずれもかなりの少数派です。この講座では小論文の基本の解説から志望校の傾向分析、そしてこれからの学習の方向づけをしていきます。もちろん徹底した添削指導をおこないます。また、AO 入試などで自己推薦書の提出を求められている受験生のニーズにもこたえます。

3~高卒

 

早稲田古文

単語、文法の知識を文章の中で有効に用い、文構造を押さえつつ丁寧に読んでいく。論理的な解釈・読解により、ムラの無い得点力の養成を目指す。

3~高卒

 

センター・私大古文

夏は古文基礎固めの最後のチャンスです。秋以降はまとまった時間がとりにくくなります。また、過去問などで本格的な演習に取り組まなければならなくなります。基礎が不十分のまま演習に取り掛かっても「フィーリング古文」になるだけで、いくら必死にやっても効果はありません。まず語彙力。「最低の最低300、500は当たり前」などといわれますが、「最低」は夏にクリアーしておかなければ勝負になりません。つぎに文法。これはやっかいです。「詰め込み」では意味がありません。「理解」しなければならないのです。穴をあけてしまった受験生は独力では対応が難しいかもしれません。古文常識や文学史の知識も必要です。そして古文読解の基礎技術。これらの知識の習得と訓練がなされていなければ初見の文章の内容を読み取ることはできませんし、点数を稼ぐこともおぼつきません。やるべきことはたくさんあります。この夏、古文と真剣に取り組もうとしている受験生の参加を待っています。

3~高卒

 

受験漢文

一人では学習しづらい漢文の単語・句法といった基本事項を身に付けながら、これらを実際の入試問題(初歩)の中でいかに使っていくのかを研究する。満点を現実とする「導入」講座。

3~高卒

 

受験日本史A

「江戸時代の文化」

江戸時代の文化は儒学をはじめとした学問、芸能、芸術など多岐にわたり、ボリュームもある分野です。苦手としている受験生が多いため、ここを得意とすることで確実に点差をつけることが出来ます。

3~高卒

 

 

受験日本史B

「昭和史」

昭和の歴史は、順番としては通史の最後に学習する範囲です。しかし、政治・経済・外交が密接に絡み、その仕組みも複雑であり、受験間近では落ち着いて学習することが難しいのです。そこで時間に比較的余裕のある夏に徹底的に理解してしまおうというものです。

3~高卒

 

 

受験世界史-20世紀の現代史-

複雑な20世紀の現代史をすっきり整理し、力の付く演習問題で得点力アップを図ります。

3~高卒

 

受験世界史―テーマ史A

古代オリエントから古代ローマまでを整理します。

 

3~高卒

 

 

受験世界史-テーマ史B

中国史を王朝の変遷に従って整理します。

3~高卒

 

 

受験政経「国際政治マスター」

政経選択者が苦手とする国際政治について入試問題演習を織り交ぜながら解説していきます。

3~高卒

 

 

センター地理

センターレベルの自然地理(地殻、気候、植生、土壌)について総整理します。

3~高卒

 

 

大学受験数学の基礎速習講座

 

 

 

数ⅠABの基礎となる範囲を短期集中で完成させる講座です。整数、二次方程式・二次関数、三角と図形、三角・指数・対数、微分・積分、数列、ベクトルを中心として授業を進めていきます。

2~高卒

 

 

 

 

受験数学-数B-

 

『ベクトル』を扱います。自力で学習するには難しいが入試では確実に出題される分野です。レベルは入試基礎レベルを扱います。この夏が基礎を固める最後のチャンスです。共にがんばりましょう!

2~高卒

 

 

受験数学-数Ⅲ-

数Ⅲで最も出題の多い分野が、微分と積分です。講習では「積分とその応用」を扱います。教科書の基礎総整理です。

3~高卒

 

 

受験化学A(内部生用)

理論化学,無機化学の頻出問題のマスターを目標とします。主に,気体,溶解度,電気化学などを中心に無機化学などが絡むテーマを扱います。

3~高卒

 

 

受験化学B(外部生用)

センター試験を目標とした化学の内容を扱います。化学基礎ではありませんの,この点はご注意下さい。

3~高卒

 

受験生物

4日間で「生物の体内環境の維持」の領域を扱います。特に、恒常性と免疫を中心に扱います。この領域は、生物基礎・生物双方の頻出領域なので、必ずマスターしておきたいものです。最終日には、受験問題演習で知識を確認します。

3~高卒

受験物理

電磁気学をメインに授業を行います。「電磁気」は「力学」とともに必ず入試で出題される分野です。ところが、教科書に従って勉強を進めると、最後に置かれているため、例年、不十分なまま本番に臨む受験生が少なくありません(学校によっては、電磁気・力学が同時進行で学ばれているところもある)。夏のうちに電磁気をある程度仕上げておくとかなり有利になるでしょう。とは言え、物理の基本はやはり力学です。力学については、課題出題、添削という形式で仕上げていく予定です。

3~高卒

完全個別指導夏期集中講座

[各教科あり]

前期に克服できなかった弱点や手薄な教科、自分ではなかなか学習を進めることが出来ない生徒を集中的にマンツーマンで教えていきます。

1~高卒