1. コロナウイルス感染拡大を防ぐための臨時休校に伴うTSKの対応

    3月2日から政府の要請により各高校は臨時休校に入りました。今のところ、春休み終了(4月5日)まで続くということです。かなり長期間続くということでカリキュラムの遅延、学力の低下、特に受験生への影響が懸念されます。そうした休校に伴う軽減するため、TSKではウイルス対策をとりつつ、通常授業・春期講習を実施していきます。ただし、通常授業の繰り上げ実施や春期講習の日程変更など行う場合があります。また、休校期間中、学校への立ち入り禁止、図書館の閉鎖などで自習する場所がない場合があります。TSKでは早朝5時から自習室を開放していますのでご利用ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

   2.感染を防ぐための注意
  1. 入り口にアルコール消毒薬を置いてありますので、入室の際は必ず手を消毒して

    ください。また、洗面所に消毒用石鹸がありますのでご利用ください。

  2. トイレや台所のタオルは当面の間撤去しますので、ハンカチを持参してください。

  3. 通塾途中は必ずマスクを着用してください。授業中もマスクの着用を許可します。マスクを忘れた場合は塾の方で渡しますので申し出てください。

  4. ドアノブや机の上は定期的に清掃・消毒しますのでそのときはご協力をお願いいたします。

  5. 塾内で体調が悪くなった時は塾長に申し出てください。

  6. 塾へ来る際には体温を計測してください。体温が37.5度を超える場合はもちろん、微熱や鼻水、くしゃみなど風邪の症状が出ている場合も登塾は控えてくださるようお願いいたします。その場合、塾へ連絡してください。