TSK通信

2020年4月8日

緊急事態宣言に対するTSKの対応に関して

 4月7日緊急事態宣言が発令されました。それを受けまして、TSKでは4月13()まで1週間休講とします。4月14()以降に関しましては、今後の状況及び政府や東京都の発表を踏まえたうえで、今後一週間ごとに状況を判断し、ご父兄と相談させていただいた上でTSK独自の対策をとっていく所存です。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

  1. 春期講習での先取り学習の成果

実は今期の春期講習では、このような展開になった場合に備えて、各教科で通常授業の先取りを行っていました。英語では、ステップラダー英語で、昨年までなら6月まで授業で行うところを講習で終了させました。また長文も通常授業で行う予定の1か月分を講習で実施済みです。数学では来年の共通テスト対策を行い、今後の学習の指針を示しておきました。他の教科も春以降夏までどのように学習していけばいいかという点に重点を置いて講習を行いました。他塾や予備校で4~5月の授業で行う内容を先取りして実施しました。休講期間中、しっかりと春期講習の復習をしていただければ、少なくとも3~4月期の学習の遅れはありません

 

  1. 今後の授業予定

    政府の緊急事態宣言があった4月7日から1週間休講としましたが、14()以降につきましては、一週間単位でウイルス拡大の状況や政府や東京都の対応を見ながら、クラス毎に、実施する否か、実施する場合にはどのようにリスクを避けて行うべきかを判断していきますTSKの場合他の予備校や塾と異なり、1名クラスや2名クラスも多く、クラス毎に異なった対応が可能です。例えば、1名クラスで週1コマの場合、隔週2コマで通塾の負担を減らし、比較的人が少ない日中実施するなど、リスクの少ない方法をとっていくことができます。再開する場合にはそのクラスのご父兄のご意見も参考にさせていただきます。連絡はラインや電話にてさせていただきます。なお、土曜演習は4月一杯お休みとさせていただきます

     

3.休講分の振替授業に関して

今回の非常事態宣言に伴う休講は入会に当たって読み合わさせていただいた「入会に当たっての注意事項」の中の「自然災害に準じる事項」に相当し、振替の対象となるものではありませんが、TSKには年を通じて月4回の授業を行うための調整休講期間を設定しており、それらを振り替え授業に充てることで今回の非常事態宣言の期間内の休講に関しては十分対応できます。宣言解除後、可能な限りその期間を振替授業に充て、またそれ以外でも休日などを利用して授業数を確保していきます

   

<参考:調整休講期間> 24日あります

A期:5月3~6日(4日間)   B期:7月2~4日(3日間)

C期:8月24~9月6日(14日間)D期:11月2~4日(3日間)

 

4.自習室利用に関して

都立高校をはじめゴールデンウイーク明けまで首都圏の高校は休校となっており、学習する場を確保する意味で、自習室を開放していきます。ただし、ウイルス感染のリスクを避けるため、入室する際は手の消毒、特に手洗いを必ずしてもらいます。自習室と502号室の入り口にアルコール消毒液を、男女各トイレの洗面所と台所にそれぞれ消毒用せっけんを置いてありますので、ご利用ください。またいったん入室したら、途中外出を禁止します自習中もマスクを着用してください。お弁当や食事、買い物などの外出は認めませんので、お弁当などご家庭で用意していただくか、塾へ来る前に買ってきてください。どうしても外出する必要がある場合には、目的、場所、時間などを塾長に説明し許可をもらってください。着席は隣り合わせを避けてください。万が一、くしゃみ、鼻水、咳、微熱等風邪に似た症状や味覚・嗅覚障害が起きた場合、直ちに塾に連絡し、登塾を控えてください。以上の項目に反したものは、直ちに自習室の利用を禁止します

 

5.今後、授業再開する場合のTSKの対応に関して

講師やチューターの体調管理には万全を期します。塾に来る前、くしゃみ、鼻水、咳、微熱等風邪に似た症状の有無の確認を行い、少しでも症状があるならば休講にします。入室時の手の消毒、授業中のマスクの着用、教室の換気や席の配置を適切に行わせます。また、塾生にも入室の際は、必ず手の消毒をしてもらいます。授業中は、マスク着用を義務付け、座席の間隔をあけて着席してもらい、講師との間隔をあけるため、最前列は着席禁止とします。教室のドアは授業中、開けておきます。また、一定時間ごとに部屋の換気を行います。自習室も同じように間隔をあけて着席してもらい、ドアを開けて換気に努めます。

 

 6.自宅学習のフォローについて

   (本多)と塾生との間でラインを交換していますので、それを利用して質問などの学習相談を受け付けます。英語以外の教科に関しては私を通じて回答させていただきます。何か必要なプリントがありましたら郵送で送ります。1でお知らせしたように春期講習でかなりなボリュームをやりましたので、その復習を今一度やらせるようお願いいたします。また、科目進行表を同封しますので、休講期間中の自習内容をそれに記入させておいてください。再開後それを見て休講中の学習内容をチェックしていきます。

 

7.感染リスクと学業維持との戦い

  現在コロナウイルスの感染拡大が続き、いつ収束するのか誰も予測できない状況となっています。果たして5月6日までに落ち着いているのかも分からない状況となっております。さらに延長という事態も想定しておく必要がありそうです。その一方で来年から新しい入試制度が始まりますが、今のところその日程に変更はなさそうです。高校でも夏休みを2週間短縮して授業を行うなどとのうわさもあります。いずれにせよ、今後、異常な状況下での学習・受験勉強を強いられることになりそうです。TSKでは講師・チューター・塾生そしてご父兄様との間で緊密な連絡を取り合って、この難局を乗り切っていきたいと思っております。ご協力のほど重ねてお願い申し上げます。

 

                             TSK東京進学会 

代表 本多正明