アメリカのCCRCを訪問しました

7月26日~27日、国際老年学会議に参加した折に、サンフランシスコの対岸にあるCCRC(Continuing Care Retirement Community) Piedmont Gardensを訪れました。ここには、昔からの知り合いであるRuth & John Campbellが暮らしています。

これまでサンシティ(アリゾナ)をはじめとして、ハワイ、マイアミ、ロスアンゼルス、パロアルトなどのretirement communityを見てきましたが、自分で暮らしてみたいと思ったところは一つもありませんでした。それらは、高額で超豪華なものか低価格でサービスがお粗末なものに二極化されていました。超豪華版は、デベロッパーが経営するものが多く、バブルの頃にできた日本の有料老人ホームのように、シャンデリアやどっしりした家具が置かれ、入居者はいずれもドレスアップして食堂に現れるという感じ。私には到底無理と思いました。他方、低価格のものは、宗教団体や慈善団体が経営するものが多く、なかには清潔で明るいものもありましたが、一番の不安は医療介護サービスです。超豪華版には常駐の看護師がいましたが、低価格なものには看護師はおらず、緊急時にはかかりつけ医に連絡するか救急車をよぶということでした。PGは、初めて私が暮らしてみたいと思ったRetirement Communityです。

Piedmont Gardens は、非営利、無宗派のHuman Goodという組織が運営しています。HGは、全米18か所にCCRCを展開しています。最初のPGは1969年に開設され、自立型・Assisted Living(日本のケアハウスに近い)・Skilled Nursing(日本の特別養護老人ホームに近い)を備えていましたが、2011年にはMemory Support(認知症ケア)がスタートしました。住宅戸数は、自立型173、Assited iving 58, Memory Support 16, Nursing Center 88床(二人部屋)だが、一部を個室にするので、最終的には80床になるとのこと。

現在の入居者は、女性72%、男性28%。平均年齢は88歳。入居時の平均年齢は83歳。もっとも若い入居者は62歳。自立型住宅195人、Assisted Living 53人、Nursing Center(Skilled Nursing) 71人,Memory Support 14人。

入居一時金は、90日以内に契約解除した場合には全額が、44か月以内に退去または死亡した場合には、未償却分を日割り計算した額が払い戻されます。入居者が全資産を使い果たしあ場合には慈善ファンドによって入居し続けることが可能です。入居一時金は、部屋の広さによって異なり、もっとも狭いアルコーブで葯10万ドル、毎月の費用は一人で約3000ドル、二人で約4000ドル、もっとも広い2ベッドルームで18万ドル~24万ドル、毎月の費用は一人5000ドル前後、二人6000ドル前後。この費用には、食費(2~3食)、家事サービス(主として掃除)、24時間警備および緊急呼び出し、リハビリ室やトレーニングルームの利用(トレーナーが常駐)、さまざまなイベント、劇場や音楽会の予約やその他の行事に出かける際の定期的な送迎サービスが含まれます。

PGが魅力的なのは、何よりも普通の住宅街にあって、歩いて街に出られることです。街には、素敵なブティックやレストランがあります。人里離れた場所が苦手な私には、とても気に入りました。もう一つ魅力的なのは、住民たちがfriendlyなこと。超豪華版では、入居者全員がほぼ白人で、何となく気取った雰囲気ですが、PGには日系人や日本人も暮らしています。そのうちの3人にインタビューしましたが、皆さん、ここの暮らしに満足しているようでした。

日本では、サービス付き高齢者住宅を指してCCRCと称していますが、要介護になっても、認知症になっても、そしてお金を使い果たしても暮らし続けることが保証されていなければ、CCRCと名乗るのはおこがましいと、つくづく感じさせられました。



今日は敗戦記念日でした

今日は、8月15日。72年目の敗戦記念日です。例年は、靖国神社から千鳥ヶ淵を回るのですが、今年は取りやめにしました。いつも8月15日は、かっと照り付ける晴天なのに、なぜか今年は、梅雨時のような雨。外に出る気分にはなれませんでした。

これまで8月15日前後には、戦時中の日本人の苦労を描いたセンチメンタルな長時間ドラマがテレビで放映されるのが常でした。こうしたドラマに対して、あまりにも被害者意識が強すぎることに、私は違和感を抱いていました。ところが、今年はそうしたドラマはなく、いくつかのすぐれたドキュメンタリー番組が放映されました。特攻、731部隊、東京大空襲、インパール作戦等など。いずれも日本が無謀な戦争に突入し、ぎりぎりのところまで追いつめられていたにもかかわらず、なかなか降伏しなかったことの愚かしさを描いています。今晩見たインパール作戦を描いたNHKスペシアルでは、勝ち目のない戦に駆り出され、虫けらのように死んでいった兵士たちの無念さと命令を出した司令官たちが戦後も生き残って天寿を全うしたことの矛盾をつきつけられました。奇跡的に生き残った兵士が、戦友の肉を食べたり、売ったりしたという壮烈な地獄絵を語っていました。戦争は、人間としての理性や品格を失わせるのです。

私は、30年近く教えた老年学の授業で、高齢者の聞き書きを課題に与えてきました。多くの学生は祖父母や曾祖父母から話を聞いていましたが、なかには施設に入居する高齢者や近所のお年寄りから話を聞く人もいました。何と言っても忘れがたいのは、戦時中の体験です。満州から引き揚げる際に、泣き叫ぶ赤ん坊を殺すか中国人に渡すよう命じられたが必死の思いで連れ帰ったという祖母。その時の赤ん坊が、後に学生の父親になりました。もしあの時、殺されていたら今の私はなかったと、彼女は書いていました。また、引き揚げの途中、ソ連兵に襲われ、窓から飛び降りて逃げた祖母は助かったが、逃げ遅れて強姦された少女は一夜にして白髪になったとのことです。

南方に送られ飢えに苦しみ、蛇、とかげ、ネズミ、草の根を食べ、なかには死んだ戦友の肉を食べた兵士もいたと語る祖父。「もしやして、おじいちゃんも」という文章にはぎくりとさせられました。第二次大戦で命を喪った兵士の半数以上が餓死であったといわれます。十分な食糧もなしに前線に送り込んだ軍の上層部の人間性を疑わざるを得ません。

こうした過酷な体験を、高齢者たちは、自分の子どもたちには、まったく伝えていません。学生から話を聞かされた父母たちは、「そんなことがあったの」と驚いていたそうです。時間がたち、世代を隔てることで、重い口を開き始めたのでしょう。孫や曾孫から尋ねられたことで、やっと語る気になれたのかもしれません。戦争体験者は誰もが、「二度と戦争をしてはならない。平和が大切」と語っています。

集団的自衛権の容認、共謀罪の成立、そして憲法改正へと、日本は戦争のできる「普通の国」に向かいつつあります。日本の歴史上、こんなに長い間、戦争に巻き込まれずに済んだのは稀有なことです。戦争体験者が90歳を超える今こそ、彼らの体験と平和への想いを聞き取る最後の機会かもしれません。








世界老年学会議に行ってきました

7月23日から27日にサンフランシスコで開催された第21回世界老年学会議(IAGG)に参加するために、7月22日から28日までアメリカに行ってきました。これは、4年に一度開催されるもので、これまではほぼ毎回、参加してきました。今回はサンフランシスコなので、アメリカに長く住んだ夫も連れて行こうと楽しみにしていました。ところが、ここ2年近く、双極性障害の夫は鬱状態。とうてい外国に出られそうもありません。

昨年秋に、40年近くの知り合いであるRuth Campbellさんに、日本のCCRC(Continuing Care Retirement Community)についてシンポジウムで紹介してほしいと頼まれていました。幸い内閣府の日本版CCRC有識者会議の委員であったり、一般社団法人コミュニティネットワーク協会の会長として、いくつかのCCRCづくりにも関わってきたので、話すことはたくさんあります。もしかして参加できない場合には、paperだけ送るということで、一応、承諾しておりました。夫は、例年、5月の連休明けくらいから鬱状態を抜け出し、躁状態に向かうので、7月までには何とかなるだろうと楽観視していました。ところが、今年に限って、一向に状態は改善しません。さすがに、1,2月の頃のように、「死にたい」とか「生きていても仕方がない」とは言わなくなりましたが、毎日、ほとんど外出することなく、閉じこもりの状態が続いていました。

どうしたものかと迷っていましたが、樋口恵子さんから、「それは行くべきよ」と励まされて参加する決心がついたのは6月に入ってから。ホテルや飛行機を抑えるのが大変でした。サンフランシスコのホテル代は、非常に高いので、学会割引がきくホテルを探しましたが、ほとんど満員。ほぼ諦めかけていましたが、直前になって会場のホテルを予約することができました。多分、キャンセルが出たのでしょう。飛行機も羽田を19時50分に出て、19時15分に帰るというJLを抑えることができました。

問題は不在中の夫をどうするかです。子どもはいないし、東京に暮らす2人の姉は、要介護1と要支援2であてにはできません。ケアマネに相談したら、あっと言う間にショートステイを専門とする社会福祉法人が経営する施設を見つけてくれました。豊島区ですが、家からは地下鉄を使って25分くらい。一度、見学に行きましたが、全部、個室でスタッフも若い人が多く、あまり重度の人はいないので、明るい雰囲気だったので、すぐに決めてしまいました。夫のかかりつけ精神科医と内科医に話したところ、気分転換になって、本人にとってもいいでしょう、と言われてほっとしました。

夫は、「なぜ行かなければならないのか」とごねていましたが、お迎えの車に大人しく乗ってくれたのが7月21日の午後3時。ショートステイの利用は初めてなので、持参するものが足らなかったりして、翌日の午前中に不足していたものを届けました。これが成田発の午後便だったら、不可能だったでしょう。急いで家に戻って、私の荷造りをいたしました。そして、何とか出発することができました。

私が参加したシンポジウムは7月23日の午後3時から1時間半。We are Now They: Old Gerontologists Living in Age-Segregated Housing. アメリカの報告者は全員、CCRCに暮らす女性の老年学研究者。私を含めて、全員、後期高齢者です。高齢者コミュニティに暮らす老年学研究者の個人的体験に基づいて、老年期の暮らしや年齢差別について語るものです。企画をしたのは87歳のMiriam S.Mossで、92歳の夫Sidney.Z.Mossも会場で参加者に手をふっていました。老年学は高齢化や高齢者を対象とする学問ですが、普通は高齢者を研究対象として扱うことが多く、高齢者である当事者が自らの体験を語るということはほとんどありません。最初、学会事務局からは、統計データもないし、体験談だけで科学的ではないと却下されたとのことですが、当事者が語ることの重要性を説いて、受理されたそうです。おそらくCCRCの日米比較という私の報告を含めることで、ちょっぴり科学的とみなされたのかもしれません。

学会初日であまり参加者が多くありませんでしたが、ユニークな企画でなかなか好評でした。しかし、終わってから、参加者の一人が、CCRCに入居するのは非常に金がかかるので、ごく一握りのアメリカ人しか入れないと語っていたことが印象的でした。近年、日本でも、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅に暮らす高齢の研究者が増えてきています。日本の学会でも、こういう企画をやってみれば面白いのではないでしょうか。

26日の午後には、Campbell夫妻の暮らすCCRCを、シンポジウムの報告者や日本人とタイ人の研究者たちと訪れました。このことについては、また、別に書くことにいたします。

7月28日の夜に自宅に戻り、翌日、夫を迎えに行って、タクシーで帰宅したらどっと疲れが出て、ひたすら昼寝をしてしまいました。やれやれ。




記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ