英語詞バージョンに続いて
:
 (紹介記事⇒「ゲイ映画を見倒す」2周年記念アニメーション紹介:ゲイみぃたんのテーマソング (英語詞版))
:
 日本語詞のテーマソングによるビデオを公開しました。どうぞご覧ください。

ゲイみぃたんのテーマソング (Japanese Ver.) 投稿者 GAY-MITA-tsonagu
 :
 :
 開設2011年9月。基本的に日本語サブタイトルの存在しない海外ゲイ映画を中心に紹介するブログ「ゲイ映画を見倒す」は、今月で2周年。三日に一本のペースで映画紹介記事を更新しています。
 本ブログの"ゲイ映画"の定義はどんどん広がり、ホモセクシュアルなシーンやその他 LGBTものであれば、すすんで紹介するようになってきました。また時に、筆者のゲイ映画を見倒す決心をした人が大好きな Guy Pearceなどがとりあえず出演している映画さえも紹介対象としており、首を傾げる読者の方もおられると思いますが、もし Guy Pearceが『Priscilla (1994)』に出演していなければ私はファンにならなかったでしょう。つまり、今やビックスターの彼のような人が過去にゲイ映画に出演していたんだ、と読者が知るきっかけにはなるはずなんです。
:
 (映画紹介⇒ゲイ映画を見倒す : Guy Pearce主演『Priscilla (1994)』:オーストラリアの赤土の上、 ドラッグ・クイーン三人組が最高のショーを夢見、エンジン全開オカマ度全開でバスの旅)
:
 筆者はゲイではありませんが、ずっと性についてコンプレックスを抱え、混乱してきました。映画というのは結局は作り話ですから、実際に世の中の晴れ舞台や暗闇に飛び込んで行く方がどんなに有効かしれません。しかしそれがすぐにはできない人が世界の考えの多様性を教えられ、生きた心地を取り戻すために、映画というのはもっとも手っ取り早い方法です。
 これまで日本未公開の映画なんて見られる機会はありませんでした。 しかし、今や、映画はダウンロードして PC上で見る時代。素晴らしい時代に生きていると思います。これからもゲイ映画を見倒す決心をゆるめませんので、どうぞ新しい映画紹介記事をチェックしに来て下さいね。

 ―ゲイ映画を見倒す決心をした人より
---*-----*-----*-----
 ゲイ映画を見倒す決心をした人の日常を綴るブログ「ゲイ映画を見倒す決心をした人の日常」はご存知ですか?
 ⇒ゲイ映画を見倒す決心をした人の日常