2011年9月20日から書き始められた、海外ゲイ映画を中心にオリジナル・イラストを添えてご紹介するブログ「ゲイ映画を見倒す」は、なんと今年で三周年です。

ゲイ映画を見倒す三年目の宣誓 投稿者 GAY-MITA-tsonagu
 
合い間に大相撲を特集したり、Guy Pearce, Jeremy Rennerに関してはゲイ映画とは関係のない映画も紹介してきました。それらを除くと三年間でご紹介したゲイ映画(LGBT映画)は280本、ありました。
   昨年2013年10月22日からはアメリカン・ゲイポルノビデオのスターを特集するブログ「ゲイポルノを見倒す」を並走させており、ゲイ映画を見倒す決心に浮気をするときもあるのですが、絵の描き方を忘れてしまった私に「ゲイ」というテーマを示してくれたのは後にも先にもゲイ映画です。学校教育を12年受けて興味を持てなかった英語が二年あまりで読めるようになったのもゲイ映画のおかげです。
 映画ばっかり見て一年間引きこもっていたけど、今年から映像制作の会社で働いている運命もゲイ映画が呼び寄せたのでしょう。

 三年間書いて、このブログが多くの人の共感を得るに至っていないことを重く受け止めています。
 「ゲイ映画を見倒す」の今後の目標は世界のゲイ映画のデータベースとして機能することと、現段階では完全に一方的な情報発信でしかない為、これからは リアルタイムで役に立つ情報の交差点になっていくこと。漠然としていますが。そして引き続き、日本の方々に世界中の映画を見倒せる現代日本の平和を意識してもらうことです。
 まずは、ディープwebを減らす目的でつくり上げたホームページがディープweb化している現状をどうにかし、宣伝を打つ手立てを考えて行こうと思います。そして、今まで tsonaguというユーザーネームを使っていたのですが、これは分かりにくいので、筆者を表す名前は「ゲイミタ」、シーンによっては「三田」とすることに決めました。 

 あなたが一瞬にやっとしたり、ぞくっとしたり、感動までできなくても映画と出会って日々の緊張がほぐれる瞬間をお届けできるよう、「ゲイ映画を見倒す」を書き続けます。ゲイ映画を見倒す、決心を新たに。

    2014 09 20 ゲイミタ