「ゲイ映画を見倒す」がお届けする二次創作ゲイまんが、連載スタートです!
2012年に連載された『アナザー・L.A.・コンフィデンシャル』の続編となる本作、著者ゲイミタが1年半を投じて書き上げたその中身とは?今回は連載直前に控え、そのポイントをご紹介します。

ゲイミタ『アナザー・L.A.・コンフィデンシャル2』ゲイミタ
ALC2-001

前作『アナザー・L.A.・コンフィデンシャル』同様、下敷きとして柱になっている映画は『L.A. Confidential (1997)』です。今回はLA市警の黒き守り神だったDudley警部を殺害し、警部となった Edのそれからのお話となっています。

(映画紹介記事⇒Guy Pearce出世作『L.A. Confidential (1997)』:私を抱くって彼を抱くのと同じよ!?それでも新米刑事が彼女を抱いたのはやはり??1950年代LA市警に潜む血塗られた秘密)

さらに、他4本の映画が絡み合う構成。
まず、『S.W.A.T. (2003)』から Jeremy Renner演じた Brian Gambleが登場。S.W.A.T.をやめて LA市警の刑事課にやってきた設定になっています。
そして、『Casino Royale (2006)』からまさかの James Bond登場。Mの理想の男性像を生きさせられてきた Bondの苦悶が明らかになります。
最後に、『RocknRolla (2008)』から Tom Hardy演じた Handsome Bobが仲間入り。ご存じイケメンのゲイのギャングスター!ある男のハートをかっさらいます。
もう一本はと言いますと、それは読んでみてのお楽しみ♪

(映画紹介記事⇒Jeremy Renner出演『S.W.A.T. (2003)』:正義と悪、対極の道へ歩んだ男達。列車近付く線路の上で殴り合いの喧嘩、勝つのはどちらか)
(映画紹介記事⇒Tom Hardy出演『RocknRolla (2008)』:弟分から愛の告白をされたギャングと謎の風水絵画が結び付た父子関係)

ゲイ、ドラッグ、セックス、殺人・・・今作も暗くてエッチな世界にユーモアを見出しながら制作しました。
また前作に拍車をかける形でSF色が打ち出されています。
ただ、今作ではテーマを「本当の愛」としています。その人間の中で最もコンフィデンシャルな部分を主人公達は大切な人の死、新たな生命の誕生を経験しながら内面化していきます。

20代半ばの1年半を投じて書きました。私が途中であきらめたら、創作を人生を・・・日の目を見ることがなかった。この作品は私の生きるための大きな力になりました。
『アナザー・L.A.・コンフィデンシャル2』、どうぞご高覧ください!