2010年06月

2010年06月30日

2.雲取山(百名山回顧録)

東京都最高峰、雲取山(標高2017m)に登りたいと思いました。日本百名山2番目の挑戦です。

1994年12月23日(水)天皇誕生日、朝3:30に車で家を出て、奥多摩湖岸の鴨沢駐車場に5:30到着。まだ暗かったので少し休んでから歩き始めました。

七ツ石山手前あたりから凍結した道がところどころ出てきて冬の寒さがしみて来ます。

小雲取山手前あたりから雪道となりますが、尾根に出てからは眺望も開け、息苦しいながらも気持ち良く高度を稼いでいきます。

頂上には10時過ぎに着きました。快晴、360度の山並みが広がっています。

CIMG1315






長沢背稜、酉谷山、三ツドッケ、川乗山、やはりスケール感が違います。高度にシステム化された都心と2000m峰。何だかつり合いがとれないようですが、これが世界に誇れる東京都の良さなのかもしれません。

 No.2
雲取山(東京都 標高2017m)
1994年12月23日(水)晴れ
鴨沢(6:37)→七ツ石山→小雲取山→(10:17)雲取山(11:03)→鴨沢(14:30) 帰宅(17:10)


tsowonder at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本百名山回顧録 

2010年06月29日

久しぶりに山へ

行かなきゃ行かなきゃと思いながらなかなか行けない山歩き!

CDA講座が終わり、ここを逃したらズルズル・・・剱岳!

前回の山から3ケ月半、行けばドギツイ山歩き!

何を言っているのでしょう? 行けない理由を一生懸命探しています。面白いですね。行きたくなきゃ行かなければいいのに。でも行きたい気持ちもあるんですね。不思議ですが。

雨が気になりましたが、27日(日)に思い切ってホリデー快速奥多摩行きに乗りました。

9:20奥多摩駅から歩き始めます。小雨が降ってきます。

雨の山は、しっとりしていて、ほんとに気持ちのいいものです。天の恵みを森全体で受け止めているようです。木に耳を寄せると水の流れが聞こえますよ。命の循環ですね。都市の生活はこの森が支えていることを忘れがちですが。

CIMG1348






歩きはノロノロです。少し歩くとすぐ止まります。前回3月は雪のせいもあったのですが、がんばってバテちゃいました。今回はがんばるのを止めました。

ゆっくり行けばいいじゃん。そうしていると景色が少し違って見えます。登山道のわずかな変化も見えてきます。へぇー、こんなふうに変ってるんだぁ。

力が落ちた時にはそれなりの歩き方があるんですね。再確認しました。ヘボはヘボなりにと言っている岡田監督、へたくそなりにと言っている闘莉王選手、何か見えてきたのかもしれません。

CIMG1343






時間はたっぷりかかりましたが、おかげ様でバテることなく山歩きを楽しむことができました。


tsowonder at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山歩き 

2010年06月28日

キャリアカウンセラー講座

5月から毎週土曜日に受けていたキャリアカウンセラー講座が26日に終わりました。

自分としては、かなりスピードを上げた講習内容、という印象が強く、とても多くのものを詰め込まれた感じがします。

キャリアカウンセリングという分野は、米国における職業指導運動から始まりましたが、”職業選択”に関する個人の生活・人生への影響は計り知れないものがあり、各種理論から支援ツール、機構まで広範囲にわたっています。

2ケ月間の講座において、適性検査やチャート、職務経歴の確認等々いろいろやりましたが、『第三ステージ』のスタートにあたり、とてもいい経験が出来たと思います。

なるほどと思うことや新発見など、けっこう面白くもあったんですよ。

CIMG1275






1次試験は10月です。まだまだ先と思っていましたが、それほど時間はありません。詰め込まれた内容は盛りだくさんで、今は整理が付かない状態ですが、そろそろ準備をしないとマズイ!そんな感じがしてきました。


tsowonder at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キャリアカウンセリング 

2010年06月23日

1.大菩薩連嶺(百名山回顧録)

子供の頃に登った山を別にすると、始めて登った日本百名山は『大菩薩連嶺』(山梨県 標高2057m)でした。

1994年12月17日(土)、朝4:40三鷹を出て、立川で乗り換え、7:00に塩山に着きました。

7:30発のバスをひとり待っていると、学生さん2人に声を掛けられ、タクシー同乗です。何でも、バス停よりも先まで行ってくれるというのです。正規の登山口から登るつもりでしたので、ちょっと気になりましたが、お付き合いすることにしました。

ところが、登山口近くのバス停で通行止。結局正規の登山口(裂石)から歩きました。

歩きだすと、道の状態は良く、スイスイと上日川峠まで行きました。そして、介山荘、大菩薩峠を経て、ピークに到達。眺望も良く、秩父や奥多摩の山並みが遠くにに見えます。やはり2000m級はすごい。

しかしながら風が強く、止まっていると身体がしんしんと冷えてきます。途中の山小屋で見た寒暖計は―5℃を指していましたので、峠はもっと低いのでしょう。

CIMG1313






下りの途中で、朝同乗した柔道家と再会し、一緒に降りて来ました。何でも彼は昔山岳部で、アルプス縦走を何度もやったそうです。「アルプスを歩いていると、百名山の30位すぐいきますよ」彼の言葉でした。

へぇー、『百名山』かぁ。

奥多摩、秩父、丹沢と低山志向の山歩きから、登山に変わっていくひとつの転機でした。

 No.1
大菩薩連嶺(山梨県 標高2057m)
1994年12月17日(土)晴れ
裂石(8:00)→上日川峠→勝縁荘→介山荘→大菩薩峠→大菩薩嶺→丸川峠→裂石(15:00)


tsowonder at 23:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 日本百名山回顧録 

2010年06月22日

世界を驚かせよう/監督のチカラ(3)

25日のデン戦必勝を祈願して、我が「オヤジの森『サッカー部長』」にインタビューしてみました。

・先発メンバーは、どうしましょう?
(部長)勿論変えずにスタートだね。監督のつなぐサッカーから解放されて自由にやっているところがいいからね。

・攻めますか、守りますか?
(部長)そりゃもう攻めるっきゃないでしょ。負けたら終わりだからね。 ま、言ってみれば、決勝トーナメントが始まったと考えればいいんだよ。

・なるほど、深いですね。 身長差が6cmもあるようですが?
(部長)君ィ、よく考えてみてくれ。身長が高いということはそれだけ重心が高いということなんだよ。密着して下から攻略すればヘディングでも崩せる筈だ。

・だんだん説得力が出て来ましたね。
(部長)サイドから崩して、ディフェンスの裏に走り込む、これが基本だよ。

・そうですね。ところで、デン軍のカメ戦を見ていると、ロングボールで一気にチャンスというパターンが見受けられましたが。
(部長)それだよ。そのパターンは要注意だ。逆サイドを抑えておく必要がある。

・そうすると、あんまり考えたくないんですが、1点先行されるという状況も考えられますか?
(部長)ん~。まぁ、そういう事態も考えておいた方がいいだろうな。そうなったら、もう全員攻撃だ。何点差で負けたって、負けたら終わりなんだから。

・そうすると、選手交代なんかも重要になってきますね。
(部長)勿論!走れる選手じゃなきゃだめだ。岡~、憲~、稲~が鍵だな。

・ほほー、そうきますか。俊~はどうでしょう?
(部長)彼はセット・プレイヤーだから動ける選手じゃない。かえって流れを止めているからね。

・言い切りましたね。期待する選手はいますか?
(部長)松~、大~~。それに憲~のミドルもあるかもしれないな。

・それでも、点が取れない場合、何と言うか、起死回生のというか、無回転ギャグ的超レアもの秘策などありませんかねぇ。
(部長)へへへ、ここだけの話だがね、5つほど秘策中の秘策を考えておいたんだよ。

CIMG1292

〔がんばれニッポン!〕




・???
(部長)
①田~(部長は闘~~のことをこう呼ぶ)をトップに上げる。(それはありますね。)

②憲~が俊~のユニフォームを着て出る(そんなこと許されるんですか?)

③俊~はベンチで尚一層癒し系の微笑みをたたえ、相手の気勢をそぐ。(はぁー???)

④ハーフタイムに全員”バカ殿メーク”をして出てくる。こうすればデン軍は誰が誰だか分からなくなり、マークが外れる。どうだ。(カツラはどうするんだろう?)

⑤ただし、大~~だけはノンメークでよし。現地人と間違えてかえって道を空けてくれるかもしれないからな。ハハハ(・・・)


・・・ 大分お酒が回ってきたようです。部長はたわごとを言いながら寝てしまいました。

とにかく、世界を驚かせる(?)サッカーが見たいですよね。がんばれ、ニッポン!


tsowonder at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 
〔街の時計コレクション〕
  • 不合格、そしてリベンジ!(CDA2次試験)
  • CDA2次対策「どうすればいいの?」
  • 普通の光景
  • 時泥棒/江戸しぐさ(24)
  • 価値観を使ってワーク(2)
  • 十五理/江戸しぐさ(18)
  • 適性検査を受けました(2)
  • 九つ言葉/江戸しぐさ(16)
  • 六つしつけ/江戸しぐさ(15)
  • 「検定」を受けてきました
  • 曖昧さへの耐性
  • 支援者に求められる資質(1)
  • コーチング・ミニミニ講座(45)のお知らせ
  • 江戸しぐさ(1)/華麗なるかな大人の文化
  • バーベキュー(BBQ)しませんか?
  • オジサン達の香港もりもりツアー
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
記事検索
Livedoor PICS
presented by ネット旅行.com