2013年07月

2013年07月08日

「音楽療法」との接点

昨日、「ドイツ音楽療法センター」で音楽療法を学ぶ応用コースの最終回が終わりました。応用コースとしては4月から全4回。基礎コースは昨年10月からの全6回ですから、10カ月間の音楽療法士養成講座となります。

「音楽療法」というと音楽主体による癒しをイメージしますが、「ドイツ音楽療法」は心のケアがメインの心理メソッドです。従って、音楽はその道具であり、楽器が弾けなくてもOKということになります。

こころのケアが主体ですから、精神科領域に属し、ドイツでは保険がききます。これは森林療法であるクナイプ療法などとも同じです。

代表のU氏は、ドイツで10年間音楽療法を学んでこられました。そして、心理カウンセリングを主体にした「ドイツ音楽療法」を日本で普及させようと昨年から本格的に活動を始められています。

そんな時に、私にカウンセリング面のサポートをする様お声がかかりました。

CIMG4390ドイツの心理メソッドですから、理論的な背景はフロイトの「精神分析」です。講座では代表のU氏が担当します。

私の方は、カウンセラーとしてまず自分を知らなければいけませんので、そうした訓練、そして面談手法をご紹介していきます。「精神分析」との整合性を意識しつつ、どうしたら実務家として面談手法を活用していけるか。

応用コースでは、毎回テーマに沿ってご説明を行い、予備面談や代表面談練習を行いますが、基礎コースとは違って、皆さん表情や表現が豊かになり、ご自身の語りが進んできます。

こうしたことから交流が深まり、場が活性化されます。いいチームになったなぁとある感慨さえ浮かんできます。

最後はみんなで好きな楽器を持ちながら即興演奏です。いろいろな音が心地よく聞こえ、風となって流れていきます。皆さんそれぞれ、職場で、大学院で、あるいはドイツで、更に学びを深めていきます。

この1期生が羽ばたく頃、どんな社会が待っているのでしょうか? この先の行方を見届けたくなってきました。

P.S.
カウンセリングの手法については、音楽療法もCDAも基本部分は同じです。CDA資格を取得し、「ドイツ音楽センター」の戸をたたく方がいてもいいのではないかと思えてきます。

ご参考:CDA実践研究会(CDA2次対策)/レジュメ/理論講座/ロープレ研修


tsowonder at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション | CDA2次対策
〔街の時計コレクション〕
  • 不合格、そしてリベンジ!(CDA2次試験)
  • CDA2次対策「どうすればいいの?」
  • 普通の光景
  • 時泥棒/江戸しぐさ(24)
  • 価値観を使ってワーク(2)
  • 十五理/江戸しぐさ(18)
  • 適性検査を受けました(2)
  • 九つ言葉/江戸しぐさ(16)
  • 六つしつけ/江戸しぐさ(15)
  • 「検定」を受けてきました
  • 曖昧さへの耐性
  • 支援者に求められる資質(1)
  • コーチング・ミニミニ講座(45)のお知らせ
  • 江戸しぐさ(1)/華麗なるかな大人の文化
  • バーベキュー(BBQ)しませんか?
  • オジサン達の香港もりもりツアー
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
記事検索
Livedoor PICS
presented by ネット旅行.com