2012年10月19日

自己のCL事例について

CDA2次対策のロールプレイで行うクライエント(CL)役の事例を、いくつ持っていますか?

私は、トレーニングとしての「クライエント役」がカウンセリング能力の向上にとって、大変役に立つと思っています。

よくひとつの事例で練習をずっと通される方がいらっしゃいますが、勿体ないですね。

最低でも3つ以上ほしいところです。

自分の事例を持つということは、自ら「自己探索」をやってみることであり、
・自分自身を振り返る機会になる
・事例にまつわる事柄、感情、意味などを再確認できる
・あらたな気づき(意味)を得る可能性がある
・自らクライエントになることで、クライエント心理を学ぶことができる
など、メリット満載です。

また、複数の事例を持つということは、
・違った事柄に沿って、違う感情や違った意味があることに気づく可能性がある
・あるいは、他の事例との感情や意味についての共通点を感じることができる
・事例によって違ったCDAのアプローチを体験できる
などなど、これまた良い勉強ですよね。

CIMG6715と言っても事例を探すのは結構大変です。なかなか思い浮かばないかもしれません。ならば、ライフラインチャートを書いてみましょう。

山・谷、ありますよね。その時の感情を思い出してください。感情はエネルギーを持っていますから、そのエネルギーを受け取るトレーニングです。(=クライエントの感情を受け取る練習につながります。)

小さな感情でもエネルギーが感じられれば、それが無意識領域からのヒントです。是非、そのヒントに耳を傾けてください。

事例は完全じゃなくても全く構いません。むしろ完全じゃない方がいいと思います。その方がリアルだし、本当の勉強になります。

不完全なところをCDAに手伝ってもらって探索してみる。つまり、真剣にCDAに相談してみる訳です。そうすると、どういうアプローチだと自己探索が進むのかがより鮮明になります。

但し、自分の中で「感情」や「意味」が浮かんでいるのに、そこを拾ってくれなかったから話さなかった、という「演技」だけは止めてくださいね。

既に「感情」や「意味」が浮かんでいることの現実を把握してください。そして、その奥にもっと何かが潜んでないかと「探究者」に徹してください。

こうした「クライエント」をやってみることが、「トレーニングの3本柱」につながり、大変有効です。

クライエント役は決してCDA役の為に「やってあげる」ものではありません。自分のカウンセリング能力向上の為にやるものなんですね。

このことを練習に当たっては頭に入れておくといいと思います。そして、「ここを拾ってくれなかったから」というコメントが出てきたら・・・、それは、あなたがCDA役に嫉妬しているからかもしれません。ちゃんとした臨床事例を持ち、しっかりした理論体系をお持ちの先生以外、われわれレベルでこうしたクライエントを”演じる”ことは危険だと思います。

是非、ご自身の学習のために、真剣に「クライエント役」に取り組んでみてください。それが共に学ぶ「CDA役」の学びにもつながると思います。

〔関連情報〕
CDA実践研究会」(勉強会、ロープレ研修、レジュメ、逐語添削等の情報及びお申込)
CDA実践研究会Facebook
ナチュラル・スタイル」(「CDA二次対策」の頁)
tsowonder at 23:39│Comments(0)TrackBack(0) CDA2次対策 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
〔街の時計コレクション〕
  • 不合格、そしてリベンジ!(CDA2次試験)
  • CDA2次対策「どうすればいいの?」
  • 普通の光景
  • 時泥棒/江戸しぐさ(24)
  • 価値観を使ってワーク(2)
  • 十五理/江戸しぐさ(18)
  • 適性検査を受けました(2)
  • 九つ言葉/江戸しぐさ(16)
  • 六つしつけ/江戸しぐさ(15)
  • 「検定」を受けてきました
  • 曖昧さへの耐性
  • 支援者に求められる資質(1)
  • コーチング・ミニミニ講座(45)のお知らせ
  • 江戸しぐさ(1)/華麗なるかな大人の文化
  • バーベキュー(BBQ)しませんか?
  • オジサン達の香港もりもりツアー
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
記事検索
Livedoor PICS
presented by ネット旅行.com