2017年06月24日

「怒り」から「○○」へ

まあ、怒りの種は尽きないもので、次から次と頭にくることが降りかかってきます。ですから、なんだかしょっちゅう怒っている感じです。

不平、不満を除いたとしても、思った以上に怒っていますね。

最近の傾向としては、面と向かって直接怒りを感じるよりも、間接的な怒りの方が多いようです。

これは、まさに受け取り方の問題ですね。

従って、冷静になろう、大人げないと自分に言い聞かせますが、その内、敗北感みたいなものが頭を持ち上げてきて、また怒ったりします。

時間が経てば忘れてしまいますし、直接会ったら何て事は無いことだったりする訳ですから怒ったら損です。また、怒らなくて良かった!という事例が殆どです。


そこで、どうしたら怒りを早目に収められるかということを考えてみました。「冷静に考えよう」はダメです。効果はありません。

たどり着いた結論は、「この状況を笑いに変えるにはどうしたらいいか?」ということです。これは良いですよ。効果抜群です。

「冷静に考える」だと弱い。「怒り」に対抗できるのは「笑い」しかありません。

「笑い」を考えることで、なぜか冷静になれます。当事者ではなく、外在化というか、状況を客観的に見ることができるんですね。

実際に笑いに換えられなくてもOKです。笑いが出て来なくても良いんです。

ポイントは「笑いを”考える”」という過程です。「怒り」から「笑い」へのニュートラルゾーン、ここに意味があるような気がします。

まだまだ、気づきの段階ですが、しばらくはこれでいってみようかと思います。

tsowonder at 19:27│Comments(0)TrackBack(0) ひとり言 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
〔街の時計コレクション〕
  • 不合格、そしてリベンジ!(CDA2次試験)
  • CDA2次対策「どうすればいいの?」
  • 普通の光景
  • 時泥棒/江戸しぐさ(24)
  • 価値観を使ってワーク(2)
  • 十五理/江戸しぐさ(18)
  • 適性検査を受けました(2)
  • 九つ言葉/江戸しぐさ(16)
  • 六つしつけ/江戸しぐさ(15)
  • 「検定」を受けてきました
  • 曖昧さへの耐性
  • 支援者に求められる資質(1)
  • コーチング・ミニミニ講座(45)のお知らせ
  • 江戸しぐさ(1)/華麗なるかな大人の文化
  • バーベキュー(BBQ)しませんか?
  • オジサン達の香港もりもりツアー
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
  • 街の時計コレクション
記事検索
Livedoor PICS
presented by ネット旅行.com