2017年11月18日

秋の宮島2017(その3 大聖院の五百羅漢)

 そばは何度も歩いたが、初めて大聖院の中を歩いた。五百羅漢に感動した。

 境内に入ると長い石階段がある。その左下に奥ゆかしい通路があり、左右に五百羅漢様が祀られている。実にいい感じである。信者が帽子を被せている。五百羅漢は、釈迦から直接教えを受けた500人の弟子たち。
大聖院の五百羅漢 (1)
大聖院の五百羅漢 (2)
大聖院の五百羅漢 (3)
大聖院の五百羅漢 (4)


tssune3 at 16:40|PermalinkComments(0)歴史的遺構 

2017年11月17日

秋の宮島2017(その2 宮島弥山)

 私は弥山にはあらゆるルートから何度も登っている。奥の院にも行った。昨日は、自分の体調も心配だし、最もポピュラーな紅葉谷ルートを上り、下りは、山頂で考えることにした。
 美しい紅葉谷。しかし、観光客が多い。すぐに紅葉谷ルートを進む。
宮島を歩く

【コースタイム】8.3km
宮島桟橋(10:50)〜紅葉谷付近(11:06)〜獅子岩・弥山分岐(12:10)〜弥山(12:30~12:55)〜仁王門跡(13:10)〜大聖院(14:06~22)〜焼きガキのはやし(14:40)

々藩嫦コース
 一挙に人は減り、一部の登山者と観光客の外人のみ。谷間が狭くなってくると、苔むした深遠な森。急坂の石段が続くが、涼しくて心地よい。登山者はヤッケを着ている人が多い。私はTシャツのみだった。カミさんが首をかしげる。やはり私の感覚はおかしいのかも知れない。船に乗るまでTシャツだった。
 獅子岩・弥山分岐を過ぎると、南西の海に小島が見えてくる。瀬戸内海をはさんで大黒神島、大奈佐美島、能美島、江田島などが美しい。ウリハダカデが増え、これまた美しい。しかし、急に人が増えてくる。ロープウェイ客がどっと押し寄せるからだ。
宮島を歩く (1)
宮島を歩く (2)
宮島を歩く (3)
宮島を歩く (4)
宮島を歩く (5)
宮島を歩く (6)


¬鏤鎧劃瑳辺
 人混みの霊火堂広場を過ぎ、石段を進む。三鬼堂、文殊堂前を過ぎ、巨岩をくぐると山頂である。もの凄い人だった。
宮島を歩く (7)
宮島を歩く (8)
宮島を歩く (9)
宮島を歩く (10)

※ ミシュランの三ツ星を得た宮島の「弥山展望台」から眺める瀬戸内海の島々      
      
B臉傘.魁璽
 本当は弥山尾根を下るつもりだった。石段がないからだ。しかし、新しい展望台になり、下りルートの入り口が分からない。ロープが張られ、行けないようになっているのか?無理してもしょうがないので、大聖院に下ることにした。大聖院の上に鳥居を見下ろす展望地がある。大聖院にも寄ってみよう。まだ行ったことがない。ひたすら石段を下った。足が痛くなった。
宮島を歩く (11)
宮島を歩く (12)
宮島を歩く (13)
宮島を歩く (14)


tssune3 at 16:43|PermalinkComments(0)里山徘徊 

2017年11月16日

秋の宮島2017(その1 紅葉谷)

 カミさんは秋の宮島に行ったことがないので、晴天の今日、紅葉谷、弥山、大聖院、焼きガキのはやしに連れて行った。11月中旬だが紅葉は真っ盛りだった。そして平日なのに多くの観光客に溢れていた。
 登山道には、外人客が多く、弥山山頂はロープウェイで来た人も含め、もの凄い人だった。すぐに大聖院方面に下った。歩行距離は8.6km。足は疲れた。登山者は少なく、静かだった(明日詳細を)。

 以下に、紅葉谷周辺の紅葉を(クリックすると大きな画像)。
宮島紅葉谷 (1)
宮島紅葉谷 (2)
宮島紅葉谷 (3)
宮島紅葉谷 (4)
宮島紅葉谷 (5)


tssune3 at 17:30|PermalinkComments(0)里山徘徊 | 植物観察