2017年05月29日

炭倉山(周南市莇地)

炭倉山 (1) 朝のウオーキング。
 車を運転しながら、どの山を歩くか考える。外は暑苦しそう。すぐ登れる炭倉山に決める。地形図も持たず、登山口に行く。近くに熊出没注意の看板。登山口を覚えていた。ここからは一本道だ。イノシシ柵をずらし入山。熊には遭いたくない。「ホーイ、ホイ」と時々声を出しながら、歩く。樹林帯の道は意外と涼しい。しかし、10分も過ぎると汗を掻き出す。片道20分だよなと思いながら進む。分岐。左に朽ちかけた表示がある。読めないが、唯一の表示は山頂だろう。地形図を持ってきていれば明らかに右だったが(笑)、左の道を進む。しばらくして、間違いに気づき戻る。2度目の山頂(513m)。四熊ヶ岳が見えた。暑いが、気分の良い山頂だ。
 下山時も「ホーイ、ホイ」と声を出しながら、下った。いい汗を掻いた。

【コースタイム】 2.9km(ルート間違い含む)
駐車地点(9:50)〜炭倉山山頂(10:21~24)〜駐車地点(10:43)
炭倉山登山ルート図
炭倉山 (2)山頂にて
炭倉山 (3)山頂にて


tssune3 at 17:20|PermalinkComments(0)里山徘徊 

2017年05月28日

比婆山連峰の新緑

 ハウチワカエデの緑が美しかった。
比婆山連峰の新緑
比婆山連峰の新緑


tssune3 at 17:52|PermalinkComments(0)森林と環境 

2017年05月27日

備北丘陵公園のポピー

 昨日のこと。備北丘陵公園で電動自転車で回ったが、花がきれいだった。特にポピー。
     

tssune3 at 19:38|PermalinkComments(0)植物観察 

2017年05月26日

新緑の池ノ段最短コースを歩く

池ノ段へ (5)青空に向かって登る 今日は涼しそうだ。展望の池ノ段にカミさんを連れて行った。池ノ段は冬に何度か行ったが、比婆山連峰随一の展望地だ。今日は立烏帽子駐車場まで車で行き、のんびり立烏帽子山経由で池ノ段へ、最短ルートを歩いた。 
 久しぶりに高速を使い、立烏帽子駐車場まで車で3時間。
 立烏帽子駐車場に着くと、ガスっている。カミさんは車外に出るや、「寒い、寒い」を連発。自分にとっては適温で(笑)、気持ちよく準備をする。すぐに立烏帽子山に向かう。ブナが多い道。気持ちよい。ガスっているが、そのガスももう少しで抜けそうだ。ガスの中のブナを観ると、実に格調高い。いい感じだ。気がつくと、展望のない立烏帽子山ピーク。すぐに下りながら池ノ段を目指す、ガスが消えてきた。青い空が見え初め、一挙に池ノ段が見えてきた。ヤマツツジやイワカガミが美しい。天国のような稜線を楽しみながら池ノ段へ。文字通り360度の大展望。涼しい。大山も遠くに霞んで見えた。ケルンが立つ南稜まで行った。楽しかった。
 下山はすごく整備された近道を通り、立烏帽子駐車場へ。
 帰りに備北丘陵公園に寄った。初めて行ったが、広大なため、電動自転車を借りサイクリング道を一周した。ポピーが美しかった。

【コースタイム】 2.6km
立烏帽子駐車場(11:10)〜立烏帽子山(11:27)〜池ノ段(11:48~12:19)〜立烏帽子駐車場(12:37)
池ノ段最短ルート図

池ノ段へ (1)立烏帽子山へ向かう
池ノ段へ (2)立烏帽子山へ向かう
池ノ段へ (3)立烏帽子山
池ノ段へ (4)池ノ段を見る
池ノ段へ (6)池ノ段にて
池ノ段へ (7)池ノ段から観る比婆山、吾妻山
池ノ段へ (8)池ノ段から観る竜王山

     

tssune3 at 19:29|PermalinkComments(0)里山徘徊