2017年01月18日

懐かしかった白木山

 随分前に、子どもたちを連れて行った白木山平野コース。車道ではつまらないので、ルートを探し、同僚を連れて下見し、最後は子どもたちの遠足コースにした白木山平野コース
 昨日、7年ぶりに行ったが、何も変わっていなかった。しかし、結構疲れた。

【コースタイム】 3.0km
登山口(12:17)〜白木山山頂(13:05~08)〜登山口(13:40)
Screenshot_2017-01-17
登山口ミカン畑清々しい竹林登る石鳥居1月らしい
山頂展望台から


tssune3 at 15:30|PermalinkComments(0)いわゆる日記 

2017年01月17日

油宇嶽山敗退

 雪山に行きたかったが、道路が心配。そんなわけで、また周防大島へ。鯛ノ峰に登ったとき、気になっていた山。嶽山。油宇にあるので、油宇嶽山と呼ぶ。
 朝、ネットで調べる。一人の方(法師崎さん)が3度も行っていた。何とか行けそうだなと、地形図のみもって出発。ふれあい観音から入山。10:45。基本、みかん集荷用のモノレールに沿って登る。ときどき藪をこぎながら竹林帯に入った。あと半分だ。峠から東側を詰める。凄い竹藪が続く。ちょっと、これでは進めない、少し下に下り、いいルートを探す。法師崎さんの赤テープを探そう。ここを上がろう。上がりかけると、近くで「バシ、バシッ!」という大きな音。人間が竹藪を思い切り踏んだような音。「人間ですかー!」と大声を出す。シーーーン。「バシ、バシッ!」。・・・・・・思わず、下山していた(笑)。狸か猪かも知れない。また上がろうとも思わなかった。11:25。ズボンはひっつき虫だらけ。40分の山歩き。久々にピークに行けなかった。誰か?といつの日か再挑戦しよう。

 空しく、帰路につく。なんか寂しい。白木山にでも寄るか。平野コースで白木山をピストンした。結構疲れたが、懐かしかった。
北側から見た油宇嶽山
Screenshot_2017-01-17
こんな道を進むもうすぐ峠だ
まっすぐ進めないのでルートを探す


tssune3 at 16:59|PermalinkComments(0)里山徘徊 

2017年01月16日

テレビ

 テレビを観る。相撲と「刑事フォイル」が面白い。「刑事フォイル」は前・後に分かれて放送するので、録画しまとめてみている。以前も書いたが、今回の続編も面白い。相撲はモンゴルとか日本に関係なく、熱い力士は極めて魅力的である。今場所は御嶽海、勢を応援している。豪風の一本背負いも面白かった。

tssune3 at 18:21|PermalinkComments(0)いわゆる日記 

2017年01月15日

海田観音免の大クスノキ

 西中国山地等、大雪のようだ。我が田布施町は全く雪無し。

 写真を整理する。日浦山を歩いた時、観音免に向かって下山した。そこで、予想外な大クスノキを見た。調べると、有名なクスノキだった。
海田観音免の大クスノキ
海田観音免の大クスノキ


tssune3 at 16:42|PermalinkComments(0)いわゆる日記 

2017年01月14日

鯛ノ峰のページ

 あまりの絶景に、山のホームページに加えた。
 http://www.geocities.jp/tssune/20170113tainomine.html
鯛ノ峰の断崖


tssune3 at 16:59|PermalinkComments(0)いわゆる日記 

2017年01月13日

鯛ノ峰(周防大島町)

保木鼻? 南の方の天気はピーカン模様。以前から行ってみたかった周防大島の鯛ノ峰に行った。南の断崖絶壁からの大展望は圧巻だった。感動!

 油田中(閉校)の空き地に車を置き、出発。しっかりした町道油宇和田線を歩く。ひたすら歩く。ラジオを聴きながら歩く。中電無線中継所を左に折れ進む。docomo基地局の先。東の林へ分け入り、登ると、山頂。三角点は発見したが、樹林帯の中で何も見えない(笑)。地形図を見る。展望地があるはずだ。戻り、ヘアピンカーブ南のブッシュの中にエィ!と入る。ささやかな樹林帯だが、小さな尾根を進む。この先に展望地はあるのかなぁ?進む。赤テープがあった。こりゃ行ける。少し下る。デーン!文字通り、断崖絶壁の真上。凄〜い眺望。来てよかった。
 車道をとことこ下りながら、この絶景を周防大島の友人「さのっち」に伝えようと決心。すぐにキャンプ場に向かう。「絶景見つけた!もう1回行こう!仕事なんかしてる場合じゃないよ」と言い(笑)、さのっちに黄色テープを用意してもらい、再び(今度は)車でブッシュ入り口まで行く。黄色テープを数カ所につけながら1,2分歩くと断崖に着いた。さのっちも喜んでくれた。
 実に楽しい一日となった。明日にでも詳しいページを作ろう。

【コースタイム】 5.2km(9割は車道歩き:笑)
油田中学校(10:47)〜鯛ノ峰(11:30)〜大展望地(11:40~46)〜油田中学校(12:13)
Screenshot_2017-01-13
ここからスタート林道を歩くブッシュ入り口ここを少し下ると
湯宇の集落
四国の松山が見えた

    

tssune3 at 17:11|PermalinkComments(0)里山徘徊 

2017年01月12日

石童山

 ほどよく冷たいので、美川町南桑の石童山に行ってきた。石童山林道から登る最短ルートだ。「石童山」の標識(山頂まで800m)そばの路肩に車を置き、出発。予想通り暗いルートだ。しかし、歩きやすい径で清々しい気分。汗を掻かず、かといって寒くもなく心地よい。気温4度。
 視界がない植林帯をたんたんと進む。ラジオでごぜん様さまを聴きながら進む。道標に従い左に、右に回り込み、明るい山頂が上部に見えた。山頂に着く。360度、樹林が大きく遮り何も見えなかった。残念。昔は南面が開けていたと言うが。やはり展望のない山は空しい。すぐに下った。
 登山口に下り、車で林道を下る。一瞬、錦川が見えた。美しかった。
 週末は雪が降りそうだ。

【コースタイム】 2.1km
林道の登山口(10:32)〜山頂(11:06~08)〜登山口(11:35)
Screenshot_2017-01-12
スタート地点歩きやすい道最初の道標山頂直下山頂三角点なにも見えない山頂にて
石童山林道から


tssune3 at 15:04|PermalinkComments(0)里山徘徊