2018年02月24日

美しい雪景色

 久々にm.saitoさんのページを覗く。
 ときどき眺めては、心癒されている。「雪の星生次峰と朝日」
 足跡のないペラーンとした雪の表面がとても好きだ。「九重山行脚」から。
saitoさんの写真から


tssune3 at 13:05|PermalinkComments(0)風景 

2018年02月23日

周防大島,真宮島の海

 周防大島の大見山に登ろうと、登山口に向かう。登山口に着く。登山口が荒れている。腰が痛い。
 止めた。
 せっかくなので、周防大島の真宮島周辺を歩いた。真宮島は陸地と島が干潮時にだけ地続きになる。
DSCN6642
DSCN6643
DSCN6646
DSCN6649


tssune3 at 18:47|PermalinkComments(0) 

2018年02月22日

緊張で汗ビッシャになる「映画」

0001 すごい映画を観た。amazonビデオで観た「クライマー パタゴニアの彼方へ」。最後の30分は、観ているだけで、手にも足の裏にも汗を掻いた。ビッシャだ。映像を見ているだけで緊張した。こんな緊張は、初めてかもしれない。見終わって、どっと疲れが出た。
 いつものことだが、撮影チームも素晴らしい。

“アルゼンチンとチリの両国に跨る、南米パタゴニア。その氷冠の間にそびえ立つ、3,102mの花こう岩の鋭鋒“セロトーレ”。1959年の謎めいた初登頂以来、50年以上も物議を醸し続けながらも、世界中のクライマー達を惹き付けて止まない難攻不落の山に、2008年ワールドカップ総合優勝を果たしたクライミング界の若き天才“デビッド・ラマ”が、“フリークライミング”による前人未到の登頂に挑む。”

 ドキュメンタリー映画なので、全て本物のクライミングの映像だ。セロトーレを登ろうと思う人間がいるのが私には不思議だ。途轍もない岩峰である。尖塔である。

tssune3 at 16:24|PermalinkComments(0)映画、ドラマ 

2018年02月21日

龍頭山の龍頭観音

 駒ヶ滝は古くから霊山勝地の道場として多くの修験者などの往来があった。その道標としての龍頭観音が一丁(約109m)毎にあった。駒ヶ滝まで龍頭観音が6丁〜1丁と導いてくれた。
DSCN6604
DSCN6610
DSCN6612


tssune3 at 19:24|PermalinkComments(0)寺社仏閣 

2018年02月20日

龍頭山の駒ヶ滝

 雪山が歩きたくなり、龍頭山の駒ヶ滝に行った。汗をたっぷり掻いた。雪山ではあるが、暑すぎた。駒ヶ滝は見事であった。
 
 広島北ICに着くと、雪が全くない。おまけに気温8℃。こりゃ、戸河内に行くべきだったかなと思いながら、龍頭山の正規の登山口に向かう。無積雪期に瀧ヶ馬場駐車場まで車で行き、ルンルン気分で山頂を目指したことがあった。
 駐車場まで除雪されていたが、遊歩道入口から30cmの雪があった。よかった。スノーシューをザックの背面に着け、ルンルン気分で出発。調子がよかったら前龍頭辺りまで行きたいと思っていた。雪はあるが、ここ数日の高温でモナカ雪。トレースを外すと、膝上まで潜る。トレースの表面は少し凍っている。登山口までで足が疲れる(苦笑)。この土日のトレースだろう。凄いトレース。トレースがないのもキツイが、こんなにあると少々興ざめ。クマ出没注意なので、ときどき「ホーイ、ホイ、ホイ」と声を出し、リズムを作る。腰が痛くなった頃、駒ヶ滝分岐に着いた。今日は駒ヶ滝だけでいいと決める。
 駒ヶ滝は素晴らしかった。タバコを吸う間も惜しみ、様々な角度から鑑賞。高温のため上は水しぶき。下は巨大な氷柱。実にいいバランスだ。
 楽しかった。ルンルン気分で下山。雪は滑る。二度転けた。

【コースタイム】 2.1km
駐車場(11:00)〜登山口(11:11)〜駒ヶ滝(11:35)〜登山口(12:02)〜駐車場(12:13)
龍頭山の駒ヶ滝登山ルート図

〕景眛仔口(駐車場付近)
龍頭山の駒ヶ滝 (1)

登山口
龍頭山の駒ヶ滝 (2)

E个
龍頭山の駒ヶ滝 (3)
龍頭山の駒ヶ滝 (4)
龍頭山の駒ヶ滝 (5)
龍頭山の駒ヶ滝 (6)
龍頭山の駒ヶ滝 (7)

ざ陬滝(下の動画は一見の価値有り)
龍頭山の駒ヶ滝 (8)
龍頭山の駒ヶ滝 (9)
龍頭山の駒ヶ滝 (10)

    
ゲ爾
龍頭山の駒ヶ滝 (11)

α偉尭を振り返る
龍頭山の駒ヶ滝 (12)


tssune3 at 17:00|PermalinkComments(0)里山徘徊