TSUBAKI HALL便り

札幌・狸小路外れの小さなレストランバー「ツバキホール」。 美味しい情報や日々のできごとをホール担当がお届けしています。

ブログの引っ越しをしました。

http://kinoko1231.blog.fc2.com/?
no=169

タバタです。ブログの引っ越しをしました。

ピヤーって移動するにはどうしたら良いのでしょうか?

http://kinoko1231.blog.fc2.com/

↑上記のアドレスなんですけど…

とりあえず宜しくお願いします。

イロガワリのタヤリン

fe41ed1d.jpg

99c87d58.jpg

401d7605.jpg

タバタです。

先日お話したイロガワリ、徐々に採れ出しました。
(って、去年も同じような事ブログで紹介した…)

イロガワリはポルチーニやラクヨウなんかと同じイグチ科のきのこ。
(って、去年も同じような事ブログで紹介した…)

大変味も良く、香りもあるきのこなんです。
(って、去年も同じような事ブログで紹介した…)

傷を付けると一気に藍色に変色してしまうところからこの名前がついたのでしょうか。
(って、去年も同じような事ブログで紹介した…)

要は…

また今年もイロガワリの季節がやって来ましたよ。

という事です。

ご覧下さい、このビロード状の滑らかな表面の傘。

場末のスナックのソファのようなたたずまい…

相変わらずの変色っぷりをかましてくれます。

只今、
「イロガワリのタヤリン」1300円として提供中。

ん?イロガ?ワリ?の?タヤ?リン?

恐らく8割以上の方がこのメニューを目にしてもなんの事やらさっぱりでしょう…

これに限らず、めげずに広く伝わるよう頑張ります。わからないメニュー表記などございましたらなんなりとお尋ね下さい。

イロガワリが終わったらいよいよヤマドリタケシリーズの登場です、こちらもお楽しみに。



それではまた。 タバタ

7月14日(土)は貸切営業となります。

3d2d35f3.jpg

1504c70b.jpg

aaa185b9.jpg

こんにちは、タバタです。

明日7月14日(土)のディナータイムは貸切営業となっております、ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。



暑いと思いきや、涼しくなったり、
不安定なお天気が続きますね、
皆様体調など崩さぬようお過ごし下さい。



先日のきのこ散策で写真のイロガワリが収穫できました。(ほんの少しですが…)

これからもう少し採れると思います。
今朝もみてきましたが幼菌がチラホラ出ていました。

沢山採れたらまた改めてご紹介させて頂きますね。


最近のメニューより。
・からすみの冷たいカペッリーニ
・夏アンコウのサルティンボッカ
・穴子と新ゴボウのアグロドルチェ
・鰯と茴香、松の実のブカティーニ
・鴨モモ肉のラグーと万願寺唐辛子のガルガネッリ
・帆立とフォンティーナチーズを詰めたアニョロッティ・プリン
・イロガワリと伊産ポルチーニのタヤリン(あと一人前…)
・青森産地鶏“軍鶏ロック”のカチャトーラ
・池田牛モモ肉のビステッカ

などなど…


暑くても涼しくても、ツバキホールは営業中。宜しくお願いします。

パッションフルーツとリコッタチーズのセミフレッド&ドルチェまとめ

71fe0a48.jpg

df46684c.jpg

200bd542.jpg

タバタです。

暑いですね。

でも相変わらず月曜日だけは雨…
または低温…。


気を取り直して。

只今ツバキホールはそんな夏い暑にぴったりの季節のフルーツを使ったドルチェが賑わいをみせてます。

写真は新作セミフレッドの、
「パッションフルーツとリコッタチーズのセミフレッド」

もうすっかりツバキホールではお馴染みになったセミフレッド。

今回は沖縄産のパッションフルーツが入荷しましたので、2〜3日焦らず追熟と熟考のせめぎ合い。

考えた答えがセミフレッド。

甘酸っぱいパッションフルーツと、コクのあるリコッタチーズで冷やし固めて。

仕上げにもパッションフルーツとハチミツのソースをかけて出来上がり。

パッションフルーツの爽やかさが印象的な夏らしいドルチェに仕上がりました。

さらに、今年もやってきました、カリフォルニア産、黒イチジク。

今回は半分をコンポートにしてバルサミコのジェラートを添えて。

残りはセミドライにして焼菓子にしようと思います。

さてさて、ここで久しぶりに只今のドルチェメニューをおさらいしときます。

・生姜とハチミツのカタラーナとヨーグルトのソルベ
・ブネーと赤ワインのジェラート
・ババと葡萄のコンポート
・ピスタチオのトルタと杏のソルベ
・黒イチジクのコンポートとバルサミコのジェラート
・ルバーブのマルメラータとゴルゴンゾーラのジェラート
・パッションフルーツとリコッタチーズのセミフレッド

以上、こんな感じです。

定番メニューあり、季節限定メニューあり、いろいろ入り混じってドルチェ・バトルロイヤル状態。

食後のお楽しみ、ツバキホール謹製ドルチェどうぞ宜しくお願いします。

明日は定休日を頂きます。

明日の天気は…

ヤホーさんによると…

雨…

22度…



(涙目…)

それではまた…

いつの日かお会いしましょう…

タバタ

torchio per bigoli

8677b0fa.jpg

e7b75656.jpg

b0c7de0d.jpg

こんにちは、タバタです。

皆さん、一枚目の写真なんだかお分かりですか?

え?子供のおもちゃ?

そろそろアンパンマンのぬいぐるみでは飽きてきたから、乗り物系のおもちゃを買った?

うーん、それもあるけど違います。

正解は「Torchio」(トルキオ、圧縮の意。)というパスタを作る為の道具なんです。

このトルキオから作られるパスタは「Bigoli」(ビゴリ、ヴェネト地方の方言で「太麺」の意。)と言いまして、北イタリアはヴェネト州の伝統的なパスタなんです。

このトルキオ、欲しいなぁ、と、ずっと思っていたのですが、お世話になっている平岸の手打ちパスタが評判の
ラ メーラさんよりウチで今使ってないから貸してあげるよ、と有難いご好意によりツバキホールにレンタル移籍してきました。

作り方は冷麺のようにパスタ生地をシリンダーの中にいれて、上についてるハンドルをグイグイと回して圧搾していくと、うにょー、とビゴリとなって出てくる、という仕掛けです。
(写真2枚目)

これがまた結構な力を使います。

次の日は軽く筋肉痛になりました。

まだつくり初めなので、卵麺だったり、水と粉だったり、はたまた卵白だったり、全粒粉をまぜたりと、いろいろなレシピがありますのでいろいろやってみます。

写真はビゴリの伝統的なソース、アンチョビ風味の玉ねぎのソースに今回はトレビスも一緒に炒めて、甘くて
ほんのり苦味もきいたソースでお出ししています。
ビゴリの表面はよくみると、ササクレ状になって、そのササクレにソースが、よくからんで美味しいです。

宜しくお願いします。

それではまた。 タバタ

ルバーブを使って。

c5c78256.jpg

1925f025.jpg

97350a8e.jpg


こんにちは、タバタです。

暦は7月に突入しましたね、一年の半分が過ぎました。

6月は周年月ということもあり、忙しく過ごすことができました。

この調子で7月も…


さてさて、写真はおすすめドルチェ。

ルバーブのマルメラータとゴルゴンゾーラのジェラート。

近年本当によく目にするようになったルバーブ。

マルメラータ(ジャム)や、コンポートに、甘酸っぱく仕立て、初夏の爽やかな美味しさの一つ。

立派な赤ルバーブをお客様よりいただいたので、お砂糖やスパイスで一晩マリネ。鍋でコトコト炊いて鮮やかな色合いが印象的なマルメラータに。

合わせたジェラートはゴルゴンゾーラ。

甘酸っぱいルバーブと刺激的なゴルゴンゾーラのジェラートが好相性のドルチェに仕上がりました。

宜しくお願いします。

このほかにも…

・平目と桃のカルパッチョ
・夏鱈のヴァポーレ 冬瓜のピューレ添え
・帆立のミンチを詰めた椎茸のカツレツ
・メジマグロのタリアータ サルサプッタネスカ
・夏イカとズッキーニのラグーソースカヴァテッリ
・イワシとウイキョウのブカティーニからすみ添え
・十勝池田牛のビステッカ
・日高ポーク肩ロースのロースト
・コチのソテー甲殻類のソース
・バナナとヘーゼルナッツのセミフレッド
・ババとぶどうのコンポート

などなど…

いよいよ暑くなってきた札幌、夏メニューたくさんご用意しておまちしております、宜しくお願いします。

ちなみに明日は定休日を頂きます。

天気予報は…

雨…

最高気温は…

21度…



きのこでも探してきます…

イロガワリ出てるかなー

それではまた。 タバタ

おっと忘れてた、3枚目の写真はきのこ土産シリーズ。

木彫りのアミガサタケです。

素晴らしいですね、とても気に入ってます。

僕でも作れそう…

トップページ

□■□■□■□■□最新記事はこの「トップページ」記事の下に表示されます□■□■□■□■□

TSUBAKI HALL restaurant & bar のブログへようこそ!

当店TSUBAKI HALLは、札幌市中央区のアーケード街「狸小路」の
道はずれにある席数20席の小さなレストラン・バーです。

☆店内の様子はこちらをどうぞ♪

季節感を大切にした、イタリアン主体の料理と、
ワインをはじめとする美味しいお酒、
そして楽しくくつろいで頂けるお時間をご用意しております。


新メニューの紹介や店からのお知らせ、はたまた日々のよもや話など・・・気まぐれに更新中!

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

◆住所◆札幌市 中央区南2西1 5−2F  ☆地図はこちら
(狸小路1丁目の中小路を北に入って左手4軒目、東向きの一戸建てです)

tel & fax◆011-271-9614 ご予約・お問合せはお電話でお願いいたします。
少ないスタッフで営業していますので14:00〜18:00/22:00以降にいただけると有難いです。

◆営業時間◆◇LUNCH・・・12:00~15:00(14:00ラストオーダー)
☆詳しいランチメニューはこちら
            ◇DINNER・・・18:00~24:00(23:00フードメニューラストオーダー)
      ☆ドリンクのメニューはこちら   
 ☆フードのメニューはこちら
☆コース料理やパーティープランはこちら

◆毎週月曜日定休・月一不定休◆
 
                      
7月のお休みは
2(月)9(月)16(月)17(火)30(月)です。
※尚、23日(月)、24日(火)はla Blancheurとのコラボレーションの為、
当店での営業はございません。
スタッフ募集中!! 詳しくはお店にご連絡ください。

□■□■□■□■□  □■□■□■□■□  □■□■□■□■□
2009年11月に北イタリアへ研修旅行に行ってきました♪
全10回のイタリア旅行記はこちらをどうぞ


栗蟹のカペッリーニ

f9fb11ee.jpg

0be37039.jpg

タバタです。

先日お話した栗蟹を使ったメニューのご紹介。

写真は夏の定番カペッリーニを使った冷たい前菜。

「栗蟹とカラスミのカペッリーニ」

超極細麺のパスタ“カペッリーニ”。
栗蟹、ニンニクオイル、アンチョビ、レモン汁なんかがベースのソースに、茹で上がったカペッリーニを投入。

氷水で一気に急冷させます。

お皿に盛ったならば、一心不乱にカラスミをガリガリと摩り下ろします。

蟹肉の甘み、カラスミのこく、レモンの酸味が全体をキリッと、そしてさっぱりとまとめてくれます。

これからの暑くなる季節にぴったりの冷前菜に仕上がってます。

数量限定、お早めにどうぞ。

あ、でも…

栗蟹がなくなっても、カペッリーニは夏の定番としてメニューにのせてます。

と、いうことは、栗蟹にこだわらなければ、別にお早めということでもないか…



なにはともあれ、宜しくお願いします。

それではまた。

あ、2枚目の写真は賄いで食べた蟹塩ラーメン。
どんぶりが無かったので、やや深めのお皿にスープ少なめで…

栗蟹。

5e9fc21f.jpg

56914662.jpg

52df7b20.jpg

栗蟹。

毛蟹よりも一回りくらい小さな蟹。

身質も毛蟹のようで、大変美味しいです。

お世話してる…

あ、間違った。

お世話になってる中標津のフレンチ食堂、fenetre(フェネトレ)さんより。

30杯くらいはあったでしょうか、土日のうちに、(休日前に)茹でるわ、裁くわ、ほぐすわ、と、蟹そうじに大奮闘。

最後は殻で出汁をとり、ひとまず下拵え終了。

賄いで蟹スープラーメンを作ろうか思案中。

火曜日からメニューに登場予定。

お楽しみに。

三枚目の写真は、ヒダのリクエスト、
酔蟹をつくってみて、というので、とりあえず、マルサラ酒やスパイス、の中に投入しただけ。

中国4000年の歴史を参考に…。

どなたか一緒に味見しませんか?

それではまた。

フェネトレの皆様ありがとうございました。
今年はなんとかお店にも…。

またまたやります La Blancheur × TSUBAKI HALL コラボレーション。

72529d10.jpg

ffa9e420.jpg

2d1fc082.jpg

タバタです。

先日のピエモンテワイン会の興奮も冷めやらぬ初夏だというのに肌寒い日が続く昨今(長い…)、皆様いかがお過ごしでしょうか…

よーし…

いくぞー!!

またまたやります、ラ ブランシュールさんとのコラボレーション第二弾!
(すいません、ローマ字打ちしてたら指攣りそうなので…)

3月の、いろいろな意味で“雪解け”以来、2度目この企画。

この間、中本シェフは見事ミシュラン北海道一つ星を獲得!

さらに…

まさかの…

札幌市内単身赴任開始!

やっぱり、四六時中マダムと一緒だから…



いやいや、違います。

仕込みが大変で家に帰るのもままならないそうです。

お店の近くに部屋を借りて、そこで寝泊まりしているそうです…

そんな24時間臨戦体制の中本シェフ率いるラ ブランシュールさんと、時計の針が0:00を回れば完全に労働意欲が減退してしまうタバタ率いるツバキホールとのコラボレーション企画。

今回は、7月23日(昼、夜)24日(昼のみ)
の3部制。

例によって早めの告知です。

えっと、今のところ決定していることをまとめると…

日時 7月23日(月曜日)
昼の部 12:00〜14:00
(ご都合の良いお時間でご予約下さい)
夜の部 18:00〜20:00
(ご都合の良いお時間でご予約下さい)
7月24日(火曜日)
*昼の部のみの開催となります、お時間は同上。

料金 昼 3500円
夜 7000円

場所 ラ ブランシュールさん

お問合せは…

ラ ブランシュール011-621-0929
ツバキホール 011-271-9614マデ。

ご予約はラ ブランシュールさんのみで受け付けております。

盛夏にふさわしい、季節感溢れる夏野菜をふんだんに取り入れたメニューを組み立てていこうと思います、皆様のご予約、心よりお待ちしております。

宜しくお願いします!

ありがとうございました。

1a940faa.jpg

dba96958.jpg

d6d6c736.jpg

タバタです。

無事に7周年を迎え、8年目に突入することができました。

皆様からのお心遣い、お言葉、ありがとうございました。何よりの励みになります。

これからも宜しくお願いします。


さて、誠に勝手ながら、12日火曜日はお休みを頂きます。

さらに…

13日水曜日はテーブル席が団体様のご予約があり。カウンター席のご案内となります。

そして…

17日日曜日は19:30まで貸し切りとなります。一般のお客様のご案内は20:00頃からとなります。

諸々宜しくお願いします。

最近のメニューより。

・赤貝とカラスミの冷たいカペッリーニ
・蟹肉を詰めた花ズッキーニのフリット(写真)
・ツブ貝と水ナスのサラダ柑橘風味
・イカスミを練り込んだタリオリーニ
甲イカのラグー和え
・鴨腿肉のラグーと万願寺唐辛子のガルガネッリ(写真)
・伊産ポルチーニとカステルマーニョのリゾット
・ズッパ ディ ペッシェ
・仔豚とポルチーニのファゴット
・天然真鯛と道産ホワイトアスパラのヴァポーレ
・バナナと黒糖、アーモンドのセミフレッド
・イチゴのズッパとブルーチーズのジェラート

などなど、メニューの方も夏めいてきました、宜しくお願いします。

それではまた。 タバタ

来年は6月7日で8年目かぁ、なんだか末広がりでいいなぁ…。

続7周年感謝祭

8670b273.jpg

6a1b263c.jpg

0a685a0c.jpg

タバタです。

今週7日から3日間は7周年感謝期間。

イタリア ロンバルディア州より皮付仔豚、ポルチーニ、フランスからは窒素仔鳩などが入荷してます。

ポルチーニって美味しいの?って聞かれた事だし…

勝手にポルチーニ&仔豚フェアも開催しちゃいます。

まずはファゴット。

最近のお気に入り、もう手を替え品を替え、定番化しそうな勢い。

今回はなんと、“イタリア産皮付仔豚とポルチーニのファゴット”

お客様にも大変好評を頂いているファゴット。

今回はちょっとどころじゃなく、仔豚とポルチーニのなんとも贅沢なファゴットに。

むっちりとした皮付きの仔豚と、香り高いポルチーニを、これまた仔豚のミンチで繋ぎ、ソフリットやチーズ、お米なんかと一緒にキャベツで包みファゴットに。

さらに、今回は、バターやチーズを振りかけ、オーブンで焼き上げ、ピエモンテの伝統料理“capnnet”(カプネット、または、カポネーなど地域によりいろいろ呼び名がかわるようです。)
仕立てに。

こちらを、期間中、1700円でご提供!

他にも、仔豚を詰めたアニョロッティ プリン 1400円で!

ポルチーニとアスパラのタヤリンを1500円で!

皮付き仔豚のローストを1800円で!

などなど、期間中特別価格でいろいろご提供します。

是非この機会にご賞味下さい。

あと、スプマンテのサービスを日曜日まで延長決定、お一人様で、カッポーで、グループで、みなさんのご来店お待ちしております。

それではまた。 タバタ

あー!間違って3枚目の写真に僕の息子の可愛い写真のせちゃった!



ま、いいか。


イタリア産ポルチーニ入荷。

0ff96e2d.jpg

29f64b73.jpg

タバタです。

イタリア産ポルチーニ入荷してます。

お店のメニューでは、イタリア産ポルチーニとトリッパのストゥファート
1500円

温かい前菜としてお出ししてますが、
パスタやリゾット、お好みの調理方法でもお出ししますのでリクエストお申し付け下さい。

下の写真は仔鳩のローストトリュフ風味のザバイオーネソース(この他に内臓のコロッケが付きます) 残り1羽です、こちらも宜しくお願いします。

短い更新です、それではまた。

キッシュのホール販売始めます。

aba434c3.jpg
こんにちは、タバタです。 ツバキホールの数少ない? 人気メニューの一つ。 「Quiche」キッシュのホール販売を始めました。 かねてから、いつかやりたいなぁ、とは思っていたのですが、なかなか、行動に移せなくて… 価格は、1500円。2日前迄の要予約で、具材は基本的にはベーコンと玉ねぎの “ キッシュ ロレーヌ ”です。その他、具材について、リクエストがあればなんなりと、お申し付け下さい。 サイズは直径15cmくらい(写真をご覧下さい。)、CDよりも一回りくらい大きなサイズです。 高さは4cm弱、お二人で、軽いお食事に、3~4名様くらいでちょっとしたツマミになる位の食べ切りサイズと言ったらよいでしょうか? 昨年のオセチックをお買い上げ頂いたお客様、あのサイズです。 またまたあぐら家具企画さん謹製のボックスに詰めてお渡しします。 リサイクル可能で、二回目からお買い上げのお客様、ボックスを持参して頂けたら、100円引きとさせて頂きます。 ひとまず、このワンサイズで販売してみます。ホームパーテーや休日のブランチなんかにいかがですか? 今から15年ほど前、初めて厨房で働いたお店のメニューにあったキッシュ。 キッシュってなんだべ?と言った感じの、ド素人の僕は、小麦粉や卵、バターなどの“ 素材”が、人の手を介して、キッシュという“ 料理 ”が出来上がるのを見て、すげーなー、と、感動したのを覚えています(今思えば、あまり美味しくなかったけど…) その感動を胸に秘め、キッシュには特別な思い入れがあります。 ツバキホールの前身、くろねこから数えて、11年、いまままで何億回作ったでしょうか… 一年が365日だから、ざっと計算して、約4000日だからぁ… やめた…とにかく、 紆余曲折。 試行錯誤。 七転八起に、 独り切磋琢磨…。 なんかを経て、今に至るキッシュ。 もっともっと美味しいキッシュを作れるよう、これからも努力していきます。 いろんな思いが詰まったツバキホールのキッシュ、宜しくお願いします。 価格 1500円(税込) サイズ 直径 約15cm 高さ 約4cm ご予約はお電話、又は店頭にて、2日前迄の要予約とさせて頂きます。

お陰様で7周年。

3ac2bcda.jpg

7669d638.jpg

70c864d6.jpg

タバタです。

早いもので、6月7日を持ちまして、ツバキホールは無事7周年を迎えます。

月並みですが、これもひとえにツバキホールにご来店下さるお客様はもちろん、スタッフ、業者さん、その他お店をとりまく全ての方に支えられてこうしてまた今年も6月7日を迎える事ができそうです。

あらためまして、この場を借りて御礼申し上げます。

毎年恒例となっている周年パーティー、今年はスバリ、行いません。

その代わりと言ってはなんですが、6月7日〜9日の3日間はささやかではありますが、食前酒としてスプマンテをお一人様一杯サービスさせて頂きます。

また、期間中は普段なかなかグラスでは開けないワインも特別価格で開けちゃいます。

さらにさらに、なんか特別メニューもご用意してお待ちしております!
今考えてます…

あまりパンチのない告知かもしれませんがきっと来て頂いたお客様には満足してもらえるような企画を、ご用意する予定(は未定…)。

皆様お誘い合わせの上、ご来店お待ちしております。


最近のメニューより
・天然カンパチのカルパッチョと水ナスのサラダ 柑橘のヴィネグレット
・ミンククジラのカルネクルーダ
・ほたるいかと笹竹のサラダ黒オリーブ風味
・メジマグロのタリアータ 新玉ねぎのサラダ添え
・平目のインボルティーニ(写真)
・アスパラガスとムースロン(しばふ茸)のタヤリン
・道産仔牛を詰めたアニョロッティプリン
・牛テールと原木椎茸のファゴット
・仏ランド産窒息仔鳩のローストトリュフ風味のザバイオーネソース
・ピスタチオのトルタと杏のソルベ
・ブネーとバルベーラのジェラート

などなど、いろいろご用意しております。

5月もラストスパート、みなさんよろしくお願いします。

ワイン会終了しました!

65547fc1.jpg

c8855f28.jpg

1fa8eb58.jpg

タバタです。

昨日無事にワイン会終了しました。

お越し頂いた皆様本当にありがとうございました。

僕自身の性格なのですが、かなり緊張しました。(プレッシャーに弱いタイプ)

馴染みのお客様にも来て頂いてましたが、大半は初めてのお客様。

でも、最初にご挨拶をして、付き出しをお出ししたらもう待った無しです。

いつも通りに、と、開き直って。

そして理恵さんのピエモンテ話なんかも交えながら、途中から僕達もなんだかとても楽しくなり、全8皿のお料理と7種類のワインをゆっくりと3時間ちょっとかけて堪能して頂けたのではないでしょうか。

ちなみに当日のメニューはこんな感じ。

・付き出し
道産ホワイトアスパラのスフォルマート
・前菜の盛り合わせ
ヴィテッロトンナート、塩タラを詰めたペペローニインボルティーニ、
ミンククジラのカルネクルーダ、
カルヒエッテ
・屈斜路湖産ヒメマスのアルネイス風味 越冬インカとアスペルジュソヴァージュのバーニャカウダ和え
・パニッシャ
・芽室産グリーンアスパラガスのタヤリン サマートリュフ添え
・道産牛頬肉のバルバレスコ煮
ゴルゴンゾーラ風味のポレンタ添え
・フォルマッジョ
・ブネーとバルベーラのジェラート

メニューに関してはギリギリまで悩みましたが、ピエモンテらしさは出せたのではないかなぁ、と、思ってます。

今回は僕も改めていろいろ勉強し直して、新たな発見なんかもあったりとてもいい経験になりました。

ご来店頂いた皆様はもちろん、今回このような機会を設けて下さった理恵さん、フェルミ工藤さん、本当にありがとうございました。

地方色が濃いイタリア伝統料理。なぜそこにはそういう料理が根付いたのかを掘り下げる作業が僕は好きかも…

なんか改めて考えると…



イタリア料理店として頑張っていきたいな、と、深く、強く思ってしまいました…。

地方料理の集合体と言われる「イタリア料理」、実はその言葉はとても曖昧な表現でもあり、広く浸透させてくれる言葉でもあります。

僕にとってのイタリア料理は言わずもがな、ピエモンテ州。

銀行でも行こうかな…

いや、やっぱりやめようかな…

どうしよう…



それではまた、 タバタ

ワイン会のお知らせ。

タバタです。

先日のLa Blancheurさんとのコラボレーションも記憶に新しい早春の候。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて…

間髪いれずにコラボレーション企画第二弾!!

今回は、北イタリア ピエモンテ州ノヴァーラ県在住、ワインの輸入販売、日本への観光誘致etc…

様々な形で日本とイタリアとの架け橋的なお仕事をされてるA.I.S(イタリアソムリエ協会 シニアソムリエ)の奥山理恵さんをお招きして、奥山さんセレクトのピエモンテワインと、これまたチーズ専門店のFERMIERさんと、なぜか、ツバキホールとのトリプルネームコラボレーション!!

きっかけは、昨年末お客様の紹介でちょうど来札されていた奥山さんをご紹介していただきました。

ピエモンテ話で盛り上がり、意気投合。ワイン会でもできたらいいですね、と言った感じで今回に至りました。

理恵さんセレクトのワイン、フェルミエさんのチーズ、そしてツバキホールのお料理で楽しんで頂こうというこの企画。

早めに告知しようと思います。
ツバキホール単体では集客力があれなので…。

そして、しばらくこの記事をトップ下に(サッカーみたい…)。

えっと…

日時 5月17日 木曜日 19:00〜

会費 8500円(税込)

定員 16名様

ご予約はお電話にて011-271-9614

お料理は、前菜からドルチェまで全7品程度を予定しています。

ワインももちろんオールピエモンテで数種類予定されているようです。

この企画、8500円と少し高値ですが、とてもお得だと思います。

語弊を恐れずに言えば、僕にとっても、やりたいことを出せる機会です。

初夏(でもないか…)の北海道の食材を
僕が学んできたピエモンテの郷土料理に落とし込み、ワイン、チーズを楽しんで頂こう、というこの企画、タヤリンや、ノヴァーラの代表的な郷土料理“パニッシャ”、メニューをあれこれ考えるだけでも今からわくわくしてます、皆さんのご参加お待ちしております、宜しくお願いします!

あ、因みに理恵さんのブログ
「北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして」
は、現地のリアルな情景がアップされていてとても面白いです、皆さんも是非ご覧になって見てください。

それではまた。 タバタ

今日は写真ナシです。

明日5月12日のランチは貸切営業。

b79a3813.jpg
タバタです。

明日のランチは貸切営業となっております。

告知が遅れて申し訳ありません。

宜しくお願いします。

お客様の小さな結婚パーティー、と、いうか、お食事会。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

本日はこれにて失礼します。

トロフィエ

8772411d.jpg

07503b44.jpg

9e78ebf9.jpg

タバタです。

ずいぶんご無沙汰しておりました。
ゴールデンウィーク皆様いかがお過ごしでしょうか?

ご報告が遅れてしまってましたが、
実は、このツバキホール便りもゴールデンウィーク休暇を頂いておりました…

後付け…

すいません…

今日はパスタのご紹介。

写真は「トロフィエ 塩鱈とじゃがいものジェノベーゼソース和え」

鮮烈な香りを放つバジル、香ばしい松の実、ペコリーノ、オリーブオイルなんかで構成されるペスト・ジェノベーゼ。

イタリア料理を代表するパスタソースの一つですよね。

産まれは北イタリア、リグーリア州、
ジェノバ。

特産のバジルをふんだんに使ったこのパスタソースに合わせるのは、これまたリグーリア州の代表的なパスタ
“トロフィエ”

北イタリアにしては珍しく、卵の入らない水と粉だけで練るパスタです。

もちもちとうどんのような食感、のどごしが信条のこのトロフィエ、爽やかなバジルの香り、チーズや松の実のコクとあいまって、大変美味です。

是非ご賞味下さい。


〜お知らせ〜

ツバキホールのFace Bookページができました、おすすめメニューや毎日の出来事、いろいろお知らせしますので良かったら、「いいね!」ポチッとお願いします。

あ、あとアミガサタケが採れたしました、こちらはまた後日改めて。

それではまた。 タバタ

牛テールと筍のファゴット。

c1da0251.jpg

29aefd0d.jpg

6182bcf8.jpg

タバタです。

今日は以前ご紹介した「牛テールのボッリート」があまり出ないので…

もとい!

ちょっと春めいてきたし、気分転換に少しアレンジした一品のご紹介。

写真は「牛テールと筍のファゴット」

ファゴットとは、「包む」と、いう意味。

文字通り、ほぐした牛テールと筍、そして、つなぎに牛挽肉、ソフリット(香味野菜のみじん切り)、ハーブ、スパイス、チーズなんかをキャベツで包んだいわばイタリア版ロールキャベツ。

って言うか、完全にロールキャベツ…


このファゴットをさらに網脂でくるみ、こんがりと焼き目をつけてから煮込んでいきます。もちろん、テールからとった美味しいスープで…。

むっちりとしたテール、歯応えの良い筍に、ハーブやスパイスがアクセントとなり食べ応えのあるセコンドピアットに。

自らの出汁で煮込まれたテールのローリングキャベツ、お母さんはこんなロールキャベツはつくらないでしょう。

なので…



是非ツバキホールでお試しくださいませ。





さて、4月も早くも下旬に突入です。

みんなウキウキ、ゴールデンウィークの営業案内です。

ゴールデンウィーク中は…



いつも通り。

以上。



そして!

今日の一枚。

ご覧下さい、三枚目、この立派なフォルムのポルチーニ。

フランスのお土産(だったらセップか?)、と言うか、キノコグッズをリクエストして買ってきてもらったんです。

これ陶器なんです。

なんでも、職人さん?が、一つ一つ手造りしているんだとか。

妙にリアルです、思わず休憩中に外で撮影してみました。

このポルチーニの他にアミガサタケ、アンズタケもあります。

とても気に入ってます。

でも…

お値段は可愛くない。

以外と高かった…

お店に飾ってるので探してみて下さい。


何はともあれ、牛テールと筍のファゴット、宜しくお願いします。

あ、あと、5月17日のワイン会、24日現在で13名様のご予約を頂きました。
残り3席となっております、こちらも合わせて宜しくお願いします。

それではまた。 タバタ
Profile
QRコード
QRコード
Recent Comments
livedoor 天気
  • ライブドアブログ