神田つばきな日々【R18】



専業主婦からライターに転身! 女性発信のイベントと映像作品をプロモートする
神田つばきのプライベートページ。ここでは秘密のヒトリゴトだけ、完全おとな向けです

貴方のお悩み、くださいな。

7/5(土)13時〜ロフトプラスワンのバースデートークに川上ゆうちゃんが参戦してくださることになりました!
トークの第一部は秋山豊監督、第二部はゆうちゃんをゲストに、司会はいずれも月花さんです。

IMG_3092


第二部はニャン2倶楽部ライブウインドウズの連載「つばきズム!」(私が好き放題にエロいことを書かせていただいているページ)に寄せられた、読者さんからの性のお悩みに、川上ゆう・月花・神田つばきの三人がお答えします。

IMG_3129


・・・とは言ってもこの三人ですから、通り一遍の回答になるはずもなく、お昼間にはあり得ないエッチなトークに花が咲くことでしょう!

IMG_3201


会場でアンケート用紙に書いていただいたお悩みにもお答えします。
何でも書いてください〜
どうぞ遊びにいらしてくださいね、お待ちしております。

IMG_3078


http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/24539

遊びの記憶

ルミネ氏に紹介された女の人は私より二歳上で、カウンセリングラインという「エッチな話のできる相談ダイヤル」を主宰している人でした。
彼女は自宅に伝言システムの機材を持っていて、別の場所にカウンセリングルームも持っていました。

… こう書くと、「あっ、電話したことある!」という方がいるかしら?
ここでの私は「リカさん」でした。

IMG_2213


何年ぐらいカウンセリングラインに参加していたでしょうか…

一日一回、私たちは好きなことをメッセージに吹き込み、そのメッセージは誰でも聴くことができました。
それを聴いて、直接話がしたいと思った人は会員になり、通話時間を買って、私たちと直接お話する… というシステム。

季節の話題、自分自身のこと、ふと思ったこと… 自由な話題をメッセージ録音していた。
お客さんも、まじめなメッセージからにじむ何かを感じ取って、自分の性の話を打ち明ける相手を見つける…

このシステムはとっても楽しかった。
お客さんも楽しかったと思う。
下半身を解放するのが風俗店なら、カウンセリングラインは脳の解放のできる場所だったから。

IMG_2242


私はお客さんの打ち明け話をきくだけじゃなく、自分の飢えや悶えも打ち明けていた。
水商売も風俗も経験のない私は、お客をもてなすという感覚も、お客をあしらうという感覚も持っていなかった。
今思うと、冷や汗が出る…
一度、主宰の彼女に叱られました、「心に白衣を着て会話して!」と。

私はたぶん心に白衣どころか、何も着ていなかったんじゃないかな。
心のどこかで、自分だけのご主人様に出会えるかも知れない、という密かな期待があって…
実際にかけてくる男性はM願望の人が多かったんだけど…

IMG_2227


自分の性的な妄想を女性に話したのは彼女が初めてだった。
彼女は本当の意味で友だちだったし、親友だったと思う。

彼女を紹介してくれたルミネ氏とは、初めは恋愛感情があったはずなのに、いつしか友だちに変化してしまった。
夫とはすでに試験的な別居を開始していた。

私はさらに加速していろんなテレクラに電話をかけまくり、夢中になれる相手を探したの…
探せば探すほど混乱に陥りながら…
こんな曲を聴いていました。


ちょっと告知です…(スミマセン)

7月5日に55歳になる私。
まさか55歳の自分がAVの脚本を書いているなんて想像したこともなかったなあ〜
でも、物心つくかつかないかの頃から、自分は「性的敏感症」な子どもでした。
気づいていたけれど、認めたくなかった… 自分のときめきはジメジメと薄暗くて、後ろ暗いものだと感じていたからです。

私の性の目覚めは大人が捨てたエロ本ではありませんでした。
『連合赤軍』を報道した週刊誌の記事だったり、医療ドラマ『ベン・ケーシー』だったり、『ウルトラQ』の怪獣だったり…。
♂と♀がどうやってセックスするのかも知らないのに、永田洋子やケーシー医師やタランチュラのことを考えると火照りが収まらない子ども。
自分でも「私、大丈夫かなあ?」と心配でした…
セックスではなく、先に倒錯に目覚めちゃったんですね…

そんな過去55年間の社会事象や流行と、性の覚醒(長い長いご主人様選び)をリンクさせた年表を作りたいなぁ〜と思います。
時は7月5日(土)の13時〜(開場12時)、場所は新宿ロフトプラスワン、聞き手は『毒蟲』を主宰する月花監督、特別ゲストには私とほぼ同時代を生きてきた、映画『けっこう仮面シリーズ』・舞台『贋作一条さゆり』の秋山豊監督をお招きしています。
会場の皆さんからも、「あれが好きだった」「これで変態になった」…と参加してもらえたらうれしいです!

003


実は…誕生日イベントをやるのは初めてです(^^)
これまでどこにも書いていない濃いお話をしますので、ぜひ遊びに来てほしいなー。
どうぞよろしくお願いします♪ 
詳しくは→ http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/24539

遊びの記憶

テレフォンレディのバイトをしていて、お客さんと会ってしまう女性は意外にいるみたいです。
私だけじゃなかったんだ・・・と、ずいぶん後になって知ったけれど。

ルミネで会ったその人はドSタイプではなくおっとりした人で、職場では女の子に頼まれたらイヤと言わないタイプなんだろうな・・・と。

IMG_2157


だんだん私もわかってきた。
最初は低い声で命令してくるような人とばかり話していたけれど、それは電話でご主人様プレイがしたい人で、必ずしも女に会いたいと思っているわけじゃないっていうこと。
現実に会える相手を探している人はナチュラルな感じ、オラオラな喋り方はしない・・・

その人は本当にSMプレイのしたい人で、いわゆる「一通りのこと」をした。
綿ロープで私を縛ったその人は「出来た!」と言った。
私が生まれて初めて縛られたのは、このときなのかな・・・
エロい気持ちとはちょっとちがったような気がする(お互いに)。

IMG_2175


新宿南口から甲州街道を少し下りたところにランジェリーショップがあった。
ホテルに入る前に下着を買ってくれたのは、私が野暮ったい恰好をしていたからかも。
行きずりの男の人と遊ぶのに、PTAみたいなワンピーススーツに真珠のネックレスしてた。
スカートも自分では短いつもりで、今より長かった。
あのお店はもうない、ずいぶん前から。

写真も撮ってくれた(何度かの引越しのときに捨ててしまった)。
エロい私を撮りたいのではなく(実際、私はエロくなかった!)、縛りの型を残しておくような感じで。
当時は写メもまだなく、デジカメもなかったのかな、自分で現像できるラボで紙焼きしてきてくれた。
こう書くと、本当にすごく昔のことだったんだな、と思う。

IMG_1785


信用できる男の人と交際して「一通りのSM」をするなんて、とても安全で楽しいことだと思う。
でも、私はどうしてか満たされなかった。
その人に不足不満があったのではなくて、自分の奥にあるねじれた芯のようなものを見てほしかったから。

その芯は、SMより倒錯と呼んだほうがぴったりくるもので、でも当時はそれもわかっていなかった。

私はそれまでと変わらず、やっぱりいろんなテレクラや2ショットダイヤルにかけ続けた。
自分が何を求めているのかわからないままに。

IMG_2270


縛ってくれたその人も、私の焦燥みたいなものは感じ取っていたみたいで、ある日一つの電話番号を教えられた。

「この人に電話してみたら? 2ショットで話した人なんだけど」

教えられた名前は女性の名で、私はとても驚いた・・・。
それから長い間、彼女との不思議な交流が続くとはこのときは思いもかけなかった。


当時はピアソラもよく聴いていた。
ピアソラを聴くと官能的な気分になって、どうしても触ってしまう。
今でも・・・

遊びの記憶

そのころははまだ詳細な日記などをつけていなかったし、ライターになる前なので原稿もないし、いつ誰とつき合っていたのか正確に思い出せない・・・

IMG_1847-001


名前も顔も覚えていない人のことを、

「駒沢大学の環七の歩道橋の下で待合せしたことがある」とか・・・
「歌舞伎町のホテルに入ったら、相手の人が腰痛のコルセットをしていて侘しくなった」とか・・・
「ローターの電池が切れかけてヨワヨワでイケなかったことがある」とか・・・

ふとした瞬間に思い出す。
出来事だけを思い出す。

IMG_1903


家事と育児の合間を縫って、西新井大師から駒沢大学まで行ったなんて・・・。
(東京中、行ってない土地はないんじゃないかしら)。
しかも夜だったのだ。
しかも何もせずに顔だけ見て帰ってきた。その時は。

軽蔑されると思うけれど、私はそのころ一度に複数の男性と連絡を取っていた。
一度会って、二度と会わないことが多かったから、常に新しい人を求めて電話していた。
何本も釣竿を仕掛けておく釣り人みたいに。

IMG_1926-001


そんな中、新宿で会ったテレクラのお客さんとは、三ヵ月以上交流があったはず。
その人がおっとりした人だったからだと思う。
そしてガーターストッキングの好きな人だったから。

「子供のころ、お母さんがガーターベルトを留めるのを見てドキドキした」

と言うのを聞いて、なんだかわかるような気がした。
私もガーターに憧れていたから。

IMG_1866


(そして今もガーターが好きなのです…。)
その頃はこれを聴いていたんじゃないかな。
いろんな人と遊んで、お腹いっぱいになって帰ってくるのに、これを聴くと急に淋しさに立ち返ったような、そんな記憶が微かにあるの。

大人のケータイ小説


いつでもどこでもケータイ・スマホ・PCでも読めるR18官能小説!毎日更新中!神田も毎夜読んでます。
投稿官能小説のコンテストの審査員を務めさせていただくことになりました。どの作品が受賞するのか楽しみです!
週刊現代10月26日号


「実はみんなやっています 明るく楽しいSEX生活 2013」にコメントを寄せています。だって本当にやってるんだもーん☆
新連載"つばきズム!"
↓クリックでジャンプします↓



あの!ニャン2ライブウインドウズに神田つばきのページができました。「厳選!投稿M女レビューBEST3」「読者のお悩み相談室」「M女のお作法」と神田だらけの見開き2ページ。性のお悩みの投稿お待ちしております♪
壮快11月号


9月16日発売! マキノ出版『壮快11月号』の特集「下半身の活性術」で「女性の体は休火山! 豆腐タッチでイキやすく…」というお話をしております。
杉浦則夫×美帆
「杉浦則夫プライベート調教写真集 縄いちもんめ」



決して許されたくない女・美帆。叫ぶような、抉るような杉浦則夫のアンプラグド撮影。作品撮りとはまた異質の新しい緊縛写真集!
脚本を書きました!
「美しすぎる女調香師の哀情 麻生ゆう」



麻生ゆう主演・三島六三郎監督・神田つばき脚本・アタッカーズより1月7日発売☆堕ちるほどに輝く女・麻生ゆうの本格凌辱ドラマ!!
GALAKU

女性の体にフィットするレディ・グッズを選びたい。いつまでも、いつも美しく在るためにGALAKU
週刊現代6月23日号
熟年セックス講座
「50歳から妻とやり直す」


セックス研究家兼ライター・神田つばきとして「中折れを愛でる」というお話をしています。
VANESSA STYLE
一生女子宣言!! 女性として愛され続けるための応援ポータル


12月24日発売のVol.4に『男の浮気を"見破る方法"教えます!!』を書いています。書店・楽天・Amazonでどうぞ。
JUICY DINER
神田つばき推薦!!女性向けアダルトビデオレーベル


新世界6
神田つばき×安藤ボン×荊子
エロスの鬼才、奇跡の競演

メスブタ日記PAGE1
amazonで販売中!神田つばき2006年の私生活記録


livedoor プロフィール
GALLERY
  • 貴方のお悩み、くださいな。
  • 貴方のお悩み、くださいな。
  • 貴方のお悩み、くださいな。
  • 貴方のお悩み、くださいな。
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • ちょっと告知です…(スミマセン)
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
  • 遊びの記憶
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ