東京ヤクルトスワローズ応援宣言!

東京ヤクルトスワローズの事を中心に書いていきます。脱線した話もあり。

お知らせ

こちら↓

東京ヤクルトスワローズ応援宣言にゅー

にて再開したしました。

東京ヤクルトスワローズ応援宣言!閉鎖のお知らせ

皆様もご存じの通り、

ライブドアの

堀江貴文社長が

証券取引法違反の容疑で

逮捕されました。

-----------------------------------------------------------

【ライブドア・ニュース 01月23日】− ライブドアグループをめぐる証券取引法違反容疑事件で、東京地検特捜部は23日夜、同法違反の疑いで、ライブドア社長の堀江貴文(33)と、同取締役の宮内亮治 (38)、 ライブドアマーケティング社長の岡本文人 (38)、ライブドアファイナンス社長の中村長也(38)の4容疑者を逮捕した。

 堀江容疑者は東京大学在学中の1996年にオン・ザ・エッヂを起業。2000年には、新興市場である東証マザーズに上場した。02年に無料インターネットプロバイダー「ライブドア」の営業権を取得し、04年には社名をライブドアに変更した。その後は、プロ野球参入表明や、ニッポン放送株の大量取得などで注目を集めた。05年9月の総選挙では広島6区から無所属で出馬し、次点で落選した。

 宮内容疑者は横浜市立横浜商業高校を卒業後、95年に税理士登録。99年にライブドア(当時オン・ザ・エッヂ)に入社し、取締役として積極的なM&Aなどグループの投資事業・財務を統括して、同社の急成長の中枢を担った。同容疑者を社長として迎える予定だったマンション分譲会社ダイナシティは20日、社長人事を白紙に戻す方向で検討に入った。

 岡本容疑者は広島大学卒業後、90年にリクルートに入社。99年にレンタルサーバー会社の起業を経て、同社をライブドアに売却。02年にライブドア(当時オン・ザ・エッヂ)取締役、03年バリュークリックジャパン社長に就任した。株式公開買い付け(TOB)で買収したセシール社長に内定していたが、就任予定だった20日に辞退した。【了】(ライブドアニュース)

-----------------------------------------------------------

ライブドアブログを利用している私としては、ライブドア最高責任者である堀江貴文が容疑者となってしまったサイトを利用するという訳にいかなくなりました。もちろん、残ったライブドア社員の皆様には、経営を再建して欲しいという気持ちはございますが、現社長の逮捕という結果には、ライブドア一利用者として非常に残念で仕方がありません。

誠に勝手ではございますが、本日を以て、

東京ヤクルトスワローズ応援宣言!

終了とさせていただきます。短い間でしたが、ご愛読本当にありがとうございました。また、別の機会でお会いできたらと思います。

第11回全国都道府県対抗男子駅伝

 第十一回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝=日本陸連、中国新聞社主催、NHK共催)は二十二日、広島市中区の平和記念公園前をスタート・ゴールとする七区間四十八キロのコースで争われ、長野県チームが、大会初となる三連覇で三度目の優勝を飾った。タイムは2時間20分23秒。中国勢は地元広島が六位、山口が八位入賞を果たした。

 優勝候補の長野は、一区で十位と出遅れたものの、区間を重ねるごとに順位を上げ、五区で兵庫をかわしてトップに立つと、一気に差を広げ勝負を決めた。兵庫は三、四区で首位に立つ力走を見せたが届かなかった。三位にはゴール前の競り合いを制した愛知が入った。

 中国勢では、地元広島が、三区油谷の区間賞となる十五人抜きの力走などで六位に入り、山口は二年連続入賞となる八位に入った。このほかの中国勢は岡山二十三位、島根二十四位、鳥取四十四位だった。

 区間賞の広島・油谷は「調子は悪くなかったが、まさか区間賞とは。追う展開は自分に合っている。最後は尾崎が頑張ってくれた」と入賞を喜んでいた。(中国新聞)

 

続きを読む

BSディベート

http://www.nhk.or.jp/bsdebate/

このようなテーマで、1月29日に放送されるそうです。スワローズ関係者は出演されませんが、興味ある方は、ご覧なってみてください。ちなみに私の家庭は、BSに入っていないので、見る事ができません。ちょっと見てみたいんですけどね。

首都圏、雪でした

東京都心で9センチ

横浜で11センチ

北海道や東北など、毎年雪の積もる所にお住まいの方からすれば、笑われてしまうかもしれませんが、こちらでは久々の大雪と呼ばれるくらいの雪となりました。雪になれていない環境のためか、200人を超える怪我人も出てしまいました。

前日、私の観戦仲間の方と飲んでいまして、最終電車で帰宅し、起きたのが10時過ぎ、その時点で今日は家にいるかという結論になり、ほぼ一日家にいました。家の隣接する道路は、道幅が狭く車がそれほど通らないので、雪かきもせずに積もったままとなってます。

ところで、昨日のコレって、マスコミに発表する前だったのですね。

スワ通006 緊急メッセージ届く

石井一久、本人と名乗ってます。

----------------
Subject: スワ通006 緊急メッセージ

突然ですが、失礼いたします。スワローズファンの皆様覚えていらっしゃいます
か?石井一久です。スワ通の読者の皆様に初めてメールします。
このたび私、石井一久は東京ヤクルトスワローズに戻ってくることを決意しまし
た。他球団からも良いオファーをいただいていましたが、やはり僕の帰る所は神
宮だと思っています。古田新監督とファンの皆さんとスワローズ優勝を目指して
頑張りますので皆さん、よろしくお願いいたします。

このメールに覚えのない方はその旨をご返信下さい。

イ・スンヨプ

78deee0b.jpgここの球場を本拠地とするチームに移籍ですか…そうですか。

 

飯腹誉士??

今年のキャンプ、浦添組と西都組のメンバーが発表されました。

---------------------------------------------------

2006年度春季キャンプメンバーは以下のとおりです。

■浦添キャンプメンバー(一軍)
【投手】(19選手)
高木啓充、佐藤賢、村中恭兵、高井雄平、藤井秀悟、石川雅規、松岡健一、花田真人、河端龍、リック・ガトームソン、木田優夫、ディッキー・ゴンザレス、松井光介、五十嵐亮太、宇野雅美、石堂克利、石井弘寿、吉川昌宏、本間忠

【捕手】(4選手)
古田敦也、小野公誠、福川将和、米野智人

【内野手】(10選手)
岩村明憲、アダム・リグス、度会博文、土橋勝征、宮本慎也、田中浩康、武内晋一、城石憲之、グレッグ・ラロッカ、川端慎吾

【外野手】(6選手)
志田宗大、アレックス・ラミレス、青木宣親、真中満、宮出隆自、松元ユウイチ


■西都キャンプメンバー(ファーム)
【投手】(13選手)
上原厚治郎、川島亮、鎌田祐哉、館山昌平、山部太、三澤興一、坂元弥太郎、田中充、アレックス・ラミレス・ジュニア、山田裕司、丸山貴史、平本学、松谷秀幸

【捕手】(4選手)
川本良平、高橋敏郎、細見直樹、水野祐希

【内野手】(8選手)
鈴木健、畠山和洋、三木肇、梶本勇介、大原秉秀、野口祥順、丸山泰嗣、大塚淳

【外野手】(4選手)
久保田智、飯誉士、内田和也、牧谷宇佐美

※メンバーは変更になることがあります。

(公式ホームページより)

続きを読む

昨年4月24日、ライトスタンドより撮影その2

02672d02.jpgヒーローインタビュー後に投げたボール(2000本安打のボールではありません)です。

昨年4月24日、ライトスタンドより撮影その1

b2fbe65f.jpg達成の瞬間、こんな感じでした。

第24回全国都道府県対抗女子駅伝

 第24回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連、京都新聞社主催、NHK共催)は15日、京都市右京区の西京極陸上競技場を発着点に左京区の国立京都国際会館前で折り返す9区間42・195キロのコースで、47都道府県チームが出場して行われ、京都が2時間15分26秒の好タイムで2年連続10度目の優勝を飾った。2位は埼玉、3位は長崎。滋賀は28位だった。

 京都は序盤でやや出遅れたものの、4区で昨年の世界選手権マラソン代表の小崎まり(ノーリツ)が区間新をマーク。残り約600メートルで長崎、埼玉を一気に抜き去りトップを奪った。続く5区の小島一恵(立命館宇治高)も区間賞の力走で弾みをつけると、その後は後続とのリードを広げ、アンカーの3000メートル、5000メートルの日本記録保持者、福士加代子(ワコール)が笑顔でゴールへ飛び込んだ。

 2位埼玉は1区3位の好スタートを生かして2区でいったん首位に立ち、後半も粘り強くたすきを継いで第16回大会の優勝以来の好成績をあげた。長崎は1区11位と出遅れたが、諫早高勢と実業団勢が粘り強く上位を保ち3位に食い込んだ。

 京都の優勝タイムは2時間15分19秒の大会記録(第15回大会の熊本)にあと7秒に迫る、歴代2位の好記録。4位の岡山までがチームの過去最高記録を塗り替えた。(京都新聞)

 

続きを読む

2006年1月1日付山形新聞より

年も明けて2週間ですけど、元日山形へ行った際に購入した山形新聞の別冊版に、古田PMのインタビュー記事が載ってました。

-------------------------------------------------------------------------

「ファンに耳を傾けて」監督兼任 新風吹き込む

 リーグ優勝5度、最優秀選手に2度輝くなど数々の栄光を手にしてきたヤクルトの古田敦也捕手がプレーイングマネージャーの大役に挑む。労組・日本プロ野球選手会の会長としても尽力してきた球界の旗手が「新たな挑戦」への抱負を語った。

−監督就任を機に、ファンサービス拡充計画の「Fプロジェクト」を立ち上げました。
 「これまでは球団はファンの声を傾ける機会が少なかった方だと思うので、やっていかないといけない。球団からもファンに情報を発信して双方向でやっていきたい」

−7年間務めた選手会長から、監督の立場に。
 「交流戦など実現できたこともあるし、まだまだの部分もある。今後は世界や子供に目を向けないといけない。選手の意識も変わってきているし、いい方向に進んでいくと思う」

−就任を決断した理由は。
 「肉体的、精神的にも負担が掛かるし、その能力が自分にあるのか、非常に悩んだ。約1ヶ月、周りの反応を聞ける時間があった中で、見てみたいという声が多かった。ファンの期待があったことが一番大きく、期待に応えたと思った」

−仕事量や責任が増えますが、どう対処しますか。
 「捕手は体力的にきつい上、監督として総合的に判断していかないといけない立場になる。今まで以上に重圧や困難があると予測はつくが、不安を広げても仕方ない。最善を尽くしたい」

−理想の監督像は。
 「一番は、選手が試合で発揮しやすい環境を整えること。能力を百パーセント出せるように配慮するのが仕事と思っている」

−監督として選手・古田への評価は。
 「去年は、けがもあって満足できる成績ではなかった。でも僕がいい成績を出せば、他の選手に刺激になるし、チームにプラスになる。僕ももっと上を目指してやりたい。今シーズンは100試合以上には出たい」

−今年の決意を。
 「とにかく優勝したい。僕自身はある意味、老いへの挑戦。けがも増えてくるだろが、その中で自分がどれだけ出来るのか楽しみでもある」

−選手兼任監督としても、何度も美酒を味わうことを期待しています。
 「頑張ります。期待してください」続きを読む

オフシーズン徒然2

今日は、特にこれと云ったスワローズの動きがありませんのでしたので、昨シーズンの観戦(何を今更と言わないでね)等をもう一度振り返ることにします。

05年11月2日付のブログに紹介しているとおり、87試合観戦に行ったわけですが、

昨年の観戦ベストゲームは、7/30の甲子園(13−0、レフトスタンド全体での東京音頭は快感)、逆にワーストゲームは、5/5のナゴヤドーム(0−1、昨年はこの試合以上にムカついた試合はなかった)でした。それからスワファンが選んだ4/24の松山、試合内容そのものはベストゲームという訳ではありませんでしたが、偉業達成の瞬間に立ち会えたことは、ファンとして誇りに思いたいです。

このように、私は

「スワローズの追っかけ」

をしているので、神宮以外の球場にも積極的に行ってます。

こんなに観戦するようになったのは3年ほど前からで、以前は神宮・ハマスタでの週末の試合を中心に行ってました。遠征に関しては、過去ナゴヤ球場(初めての遠征で大学時代に1度)、甲子園(2001年10月2日・胴上げならず、サヨナラ負け)、盛岡(2002年5月19日・萩原元投手の一軍初登板の日)に行った事はありましたが、今ほど積極的に行っていたわけではありませんでした。

私の観戦(応援)スタイルは、実の私を知っている方ならご存じでしょうが、

ユニフォーム着用(平日は着用しない事が多い)

攻撃時には立って応援し、

大声を出して応援してます。

ちなみに、昨年スワ戦87試合観戦の内、内野で見た試合は1試合もありません。小さいからほとんど外野で見ていたので、私の中で外野で見るのが当たり前という感覚になってますね。

宮本慎也、再び日本代表へ

 プロ野球コミッショナー事務局は12日、ことし3月に開催される国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の日本代表を辞退した井口資仁内野手(ホワイトソックス)に代わって宮本慎也内野手(ヤクルト)の代表入りを発表した。
 井口の補充選手として荒木雅博内野手(中日)に出場を打診していたが、荒木はこの日、体調面の不安を理由に王貞治代表監督に辞退を申し出たため、2004年アテネ五輪で日本代表主将を務め、遊撃と二塁を守れる宮本に要請し、了承を得た。
 長谷川一雄コミッショナー事務局長は「守備のスペシャリストで技術だけでなく、人格的にも宮本がいいのではないかという意見が複数のコーチから挙がった」と理由を説明した。
 松井秀喜外野手(ヤンキース)、井口と辞退者が続いた日本代表はようやく30選手が固まり、3月3−5日に東京ドームで行われる1次リーグで韓国、台湾、中国と対戦する。(共同通信)

 プロ野球のコミッショナー事務局は12日、ヤクルトの宮本慎也内野手(35)が3月に開催される国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の日本代表入りを受諾したと発表した。代表を辞退した米大リーグ、ホワイトソックスの井口資仁内野手に代わっての出場となる。
 井口の辞退を受け、中日の荒木雅博内野手に出場を要請していたが、この日、断りの連絡があった。一方で、アテネ五輪日本代表チームの主将を務めた宮本を推す声が複数のコーチからあり、同選手とヤクルトの古田敦也監督の快諾を得て代表入りが決まった。(時事通信)

「日本代表なんでうれしかった。井口が辞退して候補に挙がっていたんで、もしかしたらとは思っていました。五輪とはまた違うと思いますんで、アテネでの経験というよりは、チームのために、代走でも守備固めでも雑用でも何でもやるつもりで行きます。最後に選ばれていますし、レギュラーも補欠もないと思う。試合に出るとか出ないとかは抜きにして、しっかり準備をして、日本プロ野球のために頑張りたい。古田監督とは話しました。『お前がその気ならこちらは全然構わない。ケガだけは気をつけて頑張ってきてくれ』という話をしてもらいました。調整はこれから急いでやります。今年はゆっくりと思っていたんですけど、そうも言ってられないんで、これからピッチ上げていこうと思います」(公式ページより宮本選手のコメント)

続きを読む

新人選手合同自主トレスタート

11日、戸田球場で今季入団した全7選手が参加する新人合同自主トレが始まりました。

伊東ヘッドコーチら多くの首脳陣が見守る中、ランニングなどのウォーミングアップで体をほぐした7選手は、その後もキャッチボールやペッパー打撃、ノックのメニューを難なくこなします。午後は室内練習場で汗を流し、初日の練習を終えました。

武内晋一選手は「いつもと違う環境で緊張もあったけど、一日目にしては思ったより動けたと思います。まだ慣れてないので、一日でも早く慣れる生活をしたいです」と感想を話していました。

新人合同自主トレは25日まで戸田球場で行う予定です。(公式ページより)

続きを読む

東京ヤクルトスワローズ誕生!

昨年末、実行委員会で承認を得ていた球団名称「東京ヤクルトスワローズ」が、本日オーナーの書面にて正式に認められました。また、3月末に新ユニの発表があります。

ファン心理としては、開幕前までに新ユニのレプリカが欲しいので、もっと早く発表して欲しかったという気持ちがありますね。

続きを読む

1周年記念

1年前のブログ内容

挨拶程度で始めたものが、2年目を迎えることになりました。今後ともよろしくお願いいたします。

第84回全国高校サッカー選手権大会

「野洲高校(滋賀)初優勝」

 第84回全国高校サッカー選手権は9日、東京・国立競技場で45分ハーフの決勝を行い、野洲(滋賀)が20分の延長の末、2―1で鹿児島実(鹿児島)を下し、2度目の出場で初の全国制覇を達成した。

 決勝は2大会連続で延長にもつれる熱戦。野洲は1―1の延長後半7分、中川からの右折り返しに途中出場の滝川が決勝ゴールを決めた。鹿児島実は史上9校目の2連覇を惜しくも逃した。(スポーツニッポン速報記事より)

滋賀の野洲高校が、初優勝を飾りました。決勝戦、テレビで見ていたのですが、個人の技術が発揮してました。攻撃的なサッカー、俗に云う南米スタイルといいますか、実況アナ(NTV・鈴木健)も「見ていて楽しいサッカー」を実践していたように思います。本当におめでとうございました。

続きを読む

第85回全国高校ラグビー大会

伏見工(京都)優勝

桐蔭学園(神奈川)準優勝

〜この物語はある学園の荒廃に、戦いを挑んだ熱血教師たちの記録である。高校ラグビー界において、全く無名の弱体チームが、後輩の中から健全な精神を培い、わずか数年で全国優勝を成し遂げた奇蹟を通じて、その原動力となった信頼と愛を余すところなくドラマ化したものである。〜

このフレーズ、覚えてらっしゃいますよね。このドラマのモデルとなった伏見工が5年ぶり4度目の優勝を達成しました。ドラマの舞台は神奈川の高校で、今回の決勝戦は実際の神奈川代表桐蔭学園だったのですが、攻守とも圧倒し、見事優勝を飾りました。京都市内では号外も配られたと「すぽると」で言ってました。

かつて同大会のスポンサーだった「住友グループ」が撤退し、3年前から地上波の中継が準決勝以降(今年は決勝戦のみ)となってしまいました。ローカル局では、地元代表の試合を録画中継(映像はJスポーツのもの)をしていたのですが、東京代表の成蹊、國學院久我山の試合は中継すらありませんでした。こんな事で良いのかなと思います。

続きを読む

WBC

弘寿問題もさることながら、こちらも問題です。

---------------------------------------------------------------------------------------

 米大リーグ、ホワイトソックスの井口資仁内野手が、3月に行われる国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)に参加しないことになった。自主トレーニング中の沖縄県内で7日、井口選手自身が辞退する考えを明らかにした。

 WBC日本代表は昨年12月に29人が発表され、井口選手も名を連ねていた。しかし、メンバー発表以降、井口への日本プロ野球組織(NPB)からの説明は十分ではなかったようだ。「いつから合宿をやるのかなど連絡がなかった。(選ばれても)どうすればいいのかわからなかった」と困惑の表情で明かした。

 チーム事情などから辞退を決意した井口は「WBCという大会自体は非常にいいと思う。今回はタイミングが合わなかった」と話した。日本代表を率いる王貞治監督(ソフトバンク)は、米大リーガーを含めた最強チームの編成を望んでいたが、松井秀喜外野手(ヤンキース)に続く不参加となった。(スポーツニッポン速報記事)

続きを読む

弘寿、どうなるのだ?

 ポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍を希望しているヤクルトの石井弘寿投手が6日、神宮球場のクラブハウスで球団が移籍を認めないのは約束違反として法的手段を検討することを明らかにした。石井投手は「(今オフの移籍を認めるという)約束を守ってほしい。弁護士と相談し、いろいろな方向で調べてもらう」と語った。

 石井によると、2004年オフの契約更改交渉で多菊善和球団社長が「1年間フルに活躍すれば移籍を認める」と確約。その際のやりとりを記したメモもあるという。昨季チーム最多の61試合に登板し、4勝37セーブを挙げた石井は「約束を励みに頑張ってきた。メモに法的な拘束力があるか、どのような手段が取れるのか、弁護士と検討したい」と話した。

 石井の代理人を務める水戸重之弁護士は「口頭で合意した契約で法的効力はある。球団は約束を果たす義務がある」と語った。

 これに対しヤクルトの多菊球団社長は石井側の出方を見てから対応するとの姿勢を示した。(スポーツニッポン速報記事)

 

続きを読む

W石井、どうなる?

ヤクルトが5日にも石井一にオファー!多菊球団社長GOサイン(サンスポ)

石井一、2001年を最後にスワローズを離れ、早4シーズンが経過しました。その間、スワローズは優勝することなく終わり、ファンからは石井一復帰論が多くなってきております。昨年メジャーを見ていた人ならお分かりかと思いますが、今の石井一は過去の石井一ではありません。球速が落ちている、しかしコントロールは日本とさほど変わっていない、いくらスワファンの間では人気があっても果たして、今まで通りの活躍が出来るのかどうか、現時点で私は非常に疑問を持っています。スワローズに復帰したら、勿論応援しますから、私の予想が杞憂に終わることを祈ります。

石井弘、「昨年の井川状態」になってますね。本人はすぐにでもメジャーに行きたい、しかし球団側が認めない、ポスティングは選手側の権利ではなく、球団側の権利であるので、見た目我が儘に映ってしまっている点で石井弘は不利ですね。ただ、阪神と違って、スワローズはポスティングで過去(金銭的に)美味しい思いをしているので、本来なら今年ポスティング移籍を容認したいところだったのでしょう。ところが監督が代わり、環境も変わったという事で、今回は認めない、石井弘としてはこれでは腑に落ちないという気持ちも分からなくはありません。ただ、実社会で、環境等の変化で無効とすると事はよくあることなので、この辺りは「大人の対応」をして欲しいなというのが、私の感想です。

ポスティング制度、もともと伊良部のFAでメジャーへ移籍した際に揉めたことがきっかけで米国側が提案した制度なんですよね。

3年目の青木宣親

燕・青木06ノルマは.330!三振減&四球増でイチロー超え(サンスポ)

昨年首位打者をとり、一躍脚光を浴びた青木選手、オフシーズンでも引っ張りだです。元日のテレビ(私は旅行に出かけていたので、良いところ見られず)での活躍も記憶に新しいと思います。

今年はマークが厳しくなり、昨年のような活躍が出来るかどうかといったところですが、記事通りの成績を残せば、まず大丈夫でしょう。三振数については、序盤が余りにも多かったので、成績が急上昇した5月以降はそれ程目に余る三振は少なかったと思います。四死球については、ボールは成績が急上昇した5月以降はキチンと見えていたと思います。結果的に少なかっただけだと私は見てます。もっとも、八重樫コーチのよくある指示に

「追い込まれる前に打て」

というのがあると聞いてます。こういう指示されれば、「そりゃ(四球なんか)増えませんよ」、というのはあります。2ストライクと追い込まれても気持ちで動じず、クサイ所はファールで粘ったり、又は堂々とボールを見る勇気(堂々と見てれば、どちらとも取れる球をボールと判定されることもある)を持たせるような指導をして欲しいと思います。

第82回東京箱根間往復大学駅伝競走

優勝 亜細亜大学
*2位 山梨学院大学
*3位 日本大学
*4位 順天堂大学
*5位 駒澤大学
*6位 東海大学
*7位 法政大学
*8位 中央大学
*9位 日本体育大学
10位 東洋大学
-------------------------------シード権--------------------------------
11位 城西大学
12位 大東文化大学
13位 早稲田大学
14位 國學院大学
15位 専修大学
16位 神奈川大学
17位 中央学院大学
18位 明治大学
OP 関東学連選抜
19位 国士舘大学

亜細亜は、往路復路ともトップタイムではないのですが、総合で優勝をもぎ取り、29回目にして初の優勝を成し遂げました。毎年9区の某所から見ている(割と近所なので)のですが、亜大は見ていた所では2位、しかしトップ駒大との差が20秒も無かったと思います。その後、沿道のファンから亜大が逆転したという声が上がり、「おおっ」という歓声になりました。亜細亜大の選手関係者の皆様、本当におめでとうございました。

その駒沢は8区で首位に立つも次の9区で捕まってしまい、10区ではまさかのブレーキで5位と残念ながら5連覇なりませんでした。5連覇となると一回りしたことになりますので、学生スポーツの難しさが出たのでしょうね。大八木監督もそのようなコメントを残してますからね。

往路首位だった順天堂、8区難波選手の不測の事態で順位を落としてしまったことが大きかったですね。

山梨学院大の2位、1年生モグス選手の「僕一人で駅伝しているじゃないんだ」という檄が功を奏したのか、モグスの走った2区の流れに乗り、各選手実力+αを引き出したのでしょうね。復活の狼煙を上げました。

続きを読む

2位亜大

0980c1f1.jpg9区の山下選手、初優勝に向けて、必死の追い上げです(この時点では2番手でしたが、その後逆転して、先頭に立ってます)。

日帰り旅行

今年もJR東日本が発行している「正月パス」を利用して、日帰り旅行に行ってきました。昨年は、函館へ(滞在時間3時間)行ってきたのですが、今年は、山形と仙台へ行って参りました。ちなみに、東北地方の県庁所在地の中で唯一、山形駅だけ降りたことがなかったので、それを今回の一つの目的にしました。

朝8時8分の「つばさ105号」で山形へ向かい、10時59分に山形駅に到着。昼食で蕎麦を食すべく市内を歩くも残念ながら蕎麦屋はすべて閉まっており、やむなく駅弁で済ませました。12時24分発の仙山線快速で山寺に向かい、12時40分山寺駅到着。参道の雪道に少し戸惑いながら、山寺で初詣をし、14時58分発の仙山線普通で、15時58分仙台に到着します。

16時6分仙石線普通で16時8分榴ヶ岡で降ります。そこから10分弱歩き、フルキャストスタジアム宮城に向かいます。ただ、現在第2期工事中で囲いが敷かれ、近くに寄ることは出来ませんでした。工事概要によると、この工事ではスタンド増築の他、室内練習場を設置するようなのですが、1月1日現在、スタンド増築は順調のように見えましたが、室内練習場は形すらありませんでした。

フルスタ見物後、近くにある仙台育英高校を見回し、16時56分宮城野原からあおば通に向かいました。あおば通駅から仙台駅まで気温1度の中徒歩で戻り、仙台駅の牛タン通りで夕食を済ませ、19時54分「はやて88号」で仙台を後にし、上越新幹線停電の影響もなく、21時36分定刻通り東京駅に到着しました。その後、最寄りの駅まで戻り、今年の「正月パス」日帰り旅行を終えました。

フルスタ宮城

f5a4a643.jpgただ今、工事中です。囲っていて、近くには寄れません。

仙台育英も近くにあります。

夕食は、牛タンです。

山寺

8a5351a6.jpg「五大堂」から写したものです。雪化粧に包まれた壮大な山々が美しいです。

しかし、途中の参道(山道)、 雪中行軍でした。

今日は

fd86fcf7.jpgこのキップを利用して、日帰り旅行に行って来ます。

新年、あけましておめでとうございます

本年もどうぞ、当ブログをよろしくお願い申し上げます。

早速ですが、

---------------------------------------------------------------------------------------

ヤクルトスワローズのファンの皆さま、新年あけましておめでとうございます。

2006年は古田選手が兼任監督に就任し、我々スワローズは新たなスタートの一年となります。これまで以上に盛り上がりを見せるプロ野球の中で、12球団で一番若い監督として頑張ってもらいたいと考えています。
昨年は青木選手がシーズン202安打、首位打者と輝かしい実績を残し、これでスワローズからは過去4年で3人の新人王が誕生するなど、新しい芽が次々と育ってきています。
さらにこのオフには、ラロッカ選手、木田投手と実績のある選手が入団し、新人でも武内選手や松井投手など即戦力と期待される選手が新たにスワローズのユニフォームに袖を通しました。
また昨年の秋からは古田監督のもとで選手たちがダブルポジションを練習し、ますます選手層が厚くなることが期待されます。新しい選手の入団、若手選手の成長でこれまで活躍してきた選手たちも刺激を受けて頑張ってくれると思いますし、多くの選手が競い合う中でチーム力も高まっていくと考えています。
古田監督には選手全員の力を活かして、チームを勝利に導いて欲しいと願っています。

また、現在「東京ヤクルトスワローズ」とチーム名の変更を申請していますが、今年は神宮周辺の青山、渋谷、新宿といった街を中心に、都会のチームとしてのイメージやカラーをさらに膨らまして、洗練されたチームにしていきたいと考えています。
そして昨秋に発足した「F-Project」を中心に、これまで以上にお客さまへのサービスを第一に考えていきます。選手の間からもファンサービスに積極的に協力したいという声が出てきていますし、イベントなども例年以上に展開していきます。お客さまにも一度は神宮に来てもらって直接選手たちと触れ合ってもらい、「神宮に来れば楽しいことがいろいろある」と期待してもらえるようにしていきたいと考えています。

新生「東京ヤクルトスワローズ」として、ファンの皆さまとともに2001年以来5年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一を目指していきますので、これまで以上のご声援をよろしくお願いします。

2006年 元旦
株式会社ヤクルト球団 代表取締役社長 多菊善和
(スワ公式ページより)

---------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

2005年大晦日

これが、今年最後のブログ更新となります。

ブログを始めたのが2005年1月10日でした。

古田選手(現在PM)が、ブログを始めたのがきっかけでやったのですが、皆様のおかけでここまで更新することが出来ました。本当に感謝しております。

2006年は、「東京ヤクルトスワローズ」として古田スワローズが船出します。

スワローズを

リーグ制覇

日本一

アジア一

にさせるべく、ファンも応燕していきましょう。

2005年も残りわずかですが、良いお年をお過ごし下さい。

ユウイチ外野手の今季の成績

打率  .241
試合数 75
打席数 151
打数  137
得点  10
安打  33
二塁打 6
三塁打 0
本塁打 2
塁打数 45
打点  13
三振  23
四球  8
死球  3
犠打  2
犠飛  1
盗塁  0
併殺打 2
出塁率 .295
長打率 .328

得点圏打率 .222

 

続きを読む

ヤクルトジュニアチーム優勝

優勝したヤクルトスワローズジュニアチーム

 

 

 

日本野球機構が主催し、12球団が推薦、編成したチームによる小学生の軟式野球大会、第1回「NPB12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP」が29日、ヤフードームで決勝を行い、ヤクルトが3―2でロッテを下して優勝した。(スポーツニッポンより)

続きを読む

土橋勝征内野手の今季の成績

打率  .259
試合数 101
打席数 276
打数  247
得点  19
安打  64
二塁打 11
三塁打 0
本塁打 3
塁打数 84
打点  14
三振  29
四球  20
死球  3
犠打  5
犠飛  1
盗塁  0
併殺打 9
出塁率 .321
長打率 .340

得点圏打率 .200

 

続きを読む

スワローズVパレード

サンケイスポーツ

スポーツニッポン

スポーツ報知

3紙が報道してました。

サンスポは渋谷駅を起点、スポニチと報知が神宮球場を起点と記事内容が異なりますが、コース設定は3紙とも同じとなっております。来季のパレード、今から楽しみですね。

 

続きを読む

トリノ代表決定(フィギュア)

男子フィギュア 高橋大輔

女子フィギュア 村主章枝、荒川静香、安藤美姫

アイスダンス 渡辺心・木戸章之組

※敬称略

安藤選手の演技、今回の村主、荒川選手と比べ、(なんとなく)キレを感じませんでしたね。疲れをいやしトリノでは万全の状態で挑んで欲しいですね。村主選手、転倒しかかりましたが、こらえてましたし、演技後の大声と声援に応えた際の声、ウルッときました。荒川選手、ここに狙いを絞っていたのか、見ていて安定感がありました。また余裕を感じる雰囲気を出してましたね。トリノではもっと良い演技を披露できそうですね。

そういえば、選ばれた3選手、「ロッテガーナチョコレート」のCMに出てますね。

浅田真央選手、今回トリプルアクセル2回成功しました。今回のトリノは出場できませんが、今後の為にも順調にいって欲しいですね。

続きを読む

玉砕

51fbfbea.jpgハーツクライ及び関係者の皆様、おめでとうございます。 馬券は…(T_T)でした。

※阪神最終レース(JRA今年の最終レース)も見事にはずれました。

レース終了後、有馬記念回顧、タップダンスシチー引退式、松本英子ミニコンサートが開かれました。

激混み

dce799fb.jpg中山競馬場、ギュウギュウです。

全日本フィギュア選手権(女子ショートプログラム)

女子ショートプログラム、結果。

1位 荒川静香
2位 村主章枝
3位 浅田真央
4位 恩田美栄
5位 中野友加里
6位 安藤美姫

ポイント争いで、やや不利とされていた荒川、村主が上位に来たことにより、明日よりトリノへのキップが熾烈を極めることになりましたかね。

先週の世界フィギュアファイナルに出場しなかった荒川、村主両選手が上位に来たということは、如何に2週連続しての演技披露が難しいのかを表しているのかもしれませんね。

続きを読む

宮出隆自外野手の今季の成績

打率  .320
試合数 99
打席数 304
打数  275
得点  39
安打  88
二塁打 14
三塁打 1
本塁打 8
塁打数 128
打点  46
三振  54
四球  22
死球  4
犠打  2
犠飛  1
盗塁  5
併殺打 4
出塁率 .377
長打率 .465

得点圏打率 .350続きを読む

F-PROJECTブログ、始まる

こちら

おとといの話になりますが、F-PROJECTブログが始まりました。

穐田氏が提案している、同じ東京を本拠地とする読売との対戦カードについてですが、「大江戸ダービー」と称するのがベターではないかと思います。東京ヴェルディ1969がJ2へ降格となり、来年はサッカーでの「東京ダービー」はありませんし、野球の方で「大江戸ダービー」とアピールでしょうね。

個人的には、横浜側が以前から提案していますが、「東横ダービー」と称して、横浜戦の方を盛り上げて欲しいなと思っております。神宮は勿論のこと、ビジターの試合にもっとスワローズファンが駆けつけて欲しいと思っております。ハマスタの試合、レフトスタンドと3塁側、あまりに閑散としてます。

F-PROJECTの本来の目的と違うかもしれませんが、ビジターでの試合もスワファンが多く来てもらえるよう提案して、盛り上げて欲しいなと思いますね。

関東在住のスワファンには、シーズン中はスワローズを追いかけるべく、全国各地の球場へ駆けつけて欲しいなと遠征族の一人として願ってます。

鯉から燕へ、グレッグ・ラロッカ

今日のタイトル、こちらから(私が作ったトピなのですが)拝借しました。

待ってました!

この一言です。12月3日付の当ブログでも書きましたが、ラロッカ選手獲得により、野手の層を厚く(これが一番重要)できますし、セカンドとファーストのポジション争いもより激しくできますからね。

来年の古田スワローズ、優勝を狙えるだけの状況を整えつつありますね。楽しみです。

真中満外野手の今季の成績

打率  .302
試合数 99
打席数 244
打数  225
得点  20
安打  68
二塁打 12
三塁打 0
本塁打 5
塁打数 95
打点  28
三振  29
四球  15
死球  0
犠打  3
犠飛  1
盗塁  2
併殺  11
出塁率 .344
長打率 .422

得点圏打率 .264続きを読む

東京ヤクルトスワローズへ(1)

15日のスポーツニッポンから発端となり、来季より「ヤクルトスワローズ」から「東京ヤクルトスワローズ」へ球団名を変更するとの報道で、多くのスワファンブログでは様々な反応がありました。

私も書こうと思ったのですが、その日の夜の仰木彬氏の逝去により、延び延びとなっておりました。

私は、横浜市民ですけども、「東京ヤクルトスワローズ」、

「賛成」

です。新規ファン獲得への一助となればと思います。私自身、あまり「ヤクルトファン」と言わず、「スワ(ローズ)ファン」と言ってますし、そういう点でも抵抗がありません。北海道日本ハムや福岡ソフトバンクみたく、字面が長いのですけど、それはそれで、問題ないでしょう。

続きを読む

米国産牛肉、輸入再開

---------------------------------------------------------------------------------------

 米国産牛肉の輸入再開を記念し、米国の牛肉生産・加工・輸出業者の団体「米国食肉輸出連合会」が出荷した約130キロの牛肉が18日、成田空港に到着した。連合会が、日本の食肉業界関係者向けに開く昼食会で振る舞われるという。
 到着した牛肉は、農林水産、厚生労働両省の検疫所の検査を通過。その後、連合会のフィリップ・セング会長が空港内でお披露目し「日米両国の業界が2年間待っていたこの日が来て非常にうれしい。日本向けの輸出ルールに沿うようあらゆる努力をする」と話した。
 この日は、焼き肉レストランチェーンを経営するゼンショク(大阪府茨木市)が輸入した約2トンも成田に到着。19日から、特設メニューとして販売するという。

(共同通信)

---------------------------------------------------------------------------------------

BSEの影響で、輸入停止されていた米国産の牛肉が今日飛行機で空輸され、再開の第一歩を果たしました。

これにより、牛丼チェーン最大手の吉野家などの一部外食チェーン店でメニュー再開を打ち出している所もあります。

さて今回解禁される牛は、生後20ヶ月以上の牛で特定危険部位を除去してあるものに限ると云うことですが、これ、守ってくれるのでしょうかね?

20ヶ月以上の牛については、まず肉にしてしまえば、ほとんどの人は分かりませんし、牛自身の生産履歴も日本と違って、確立されておりません。また、特定危険部位除去についても除去方法がいい加減だったりで、消費者も不安が残ります。それ以上に、肉骨粉等の飼料を使った飼育法も改めさせる必要もあるのではないでしょうかね。少なくとも今の段階では支持を受けていない今回の輸入再開問題、一人一人の自覚が求められるでしょうね。

続きを読む

浅田真央選手、GP制覇

今日もフィギュアスケートの話題を。

---------------------------------------------------------------------------------------

 実力は世界一でも、五輪には出場できない――。17日に東京・代々木第1体育館で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで、優勝した浅田真央選手(15)=グランプリ東海クラブ=は、国際スケート連盟(ISU)の年齢制限規定に阻まれて、トリノ五輪の代表になることができない。屈託のない笑顔を見せる選手の周囲で、関係者やファンの間から同情の声が起きている。
 この日の試合前、オッタビオ・チンクアンタISU会長は会見を開き「年齢制限は総会で決めたもの。ルールはルール」と、出場を認めない意向を改めて示した。日本スケート連盟も具体的なアクションを起こす予定はない。
 これに対し、浅田選手の関係者は「日本スケート連盟からISUに、陳情もしてくれないのが残念。特例で出場できるかもしれないと言われた時期があったので、期待した分つらい」と嘆く。会場で観戦した東京都在住のモデル、堀内葉子さん(23)は「五輪に出てほしい。スポーツは時代によってルールが変わっていくもの。ここで特例を適用したら、競技がもっとパワーアップできると思うのに」と残念がり、同じく東京都の大学生、中川美沙子さん(21)は「ショックです。1位の人を五輪に出さないでどうするの」と不満を訴えた。
 それでも、競技後の浅田選手は天真らんまんの笑顔を振りまいた。五輪については「少し出たいという気持ちもあるけど、次のバンクーバー(五輪)に出られたらいい」のコメント。残念さも感じているようだが、気持ちはしっかりと前向きに切り替えていた。

(毎日新聞)

続きを読む

女子フィギュアGPファイナル

私が突如、詳しくもないのに、フィギュアのことを書くのは、造詣が深いharuさんのブログに申し訳ないのですが、私なりの見た感想を言います。

浅田真央選手の軽やかそうに演じて見えたに比べ、安藤美姫選手のは、演技が焦っている印象を受けました。それが、あそこまでの点差に繋がってのではないでしょうか。また、インタビューに対して、「4回転ジャンプします」などのコメントも何か少し自分を追い込んでいる気がするのですが、どうなのでしょう?

 

続きを読む

仰木彬氏、逝去

今日は、東京ヤクルトスワローズの記事について書こうかと思っていた矢先、訃報が飛び込んでしまいました。

---------------------------------------------------------------------------------------

 プロ野球の近鉄、オリックスの監督を務めて3度のリーグ優勝、1度の日本一に導いた仰木彬(おおぎ・あきら)氏が15日、死去した。70歳。福岡県出身。

 福岡・東筑高から1954年に西鉄に入団し、1年目から二塁手でレギュラーを獲得。中西太氏、稲尾和久氏らと西鉄の黄金時代を築いた。

 70年から18年間の近鉄コーチを経て88年に近鉄監督に就任。相手の意表を突く采配は「仰木マジック」と呼ばれ、前年最下位のチームを最終戦まで優勝争いを演じるチームに引き上げた。翌年にはリーグ優勝を果たした。

 94年から8年間はオリックス監督。「イチロー」の名付け親として知られ、2軍からイチローを1番打者に抜てき、前人未到の210安打を達成させた。阪神大震災が起きた95年から2連覇、96年には日本一に輝き、被災に沈む神戸市民を勇気づけた。

 2004年に野球殿堂入り。翌年に近鉄と統合されたオリックスの監督に就任したが、体調不安を理由に1シーズン限りで退いた。監督としての通算成績は988勝、815敗、53分け。イチローを始め、野茂英雄投手、田口壮外野手など多くの大リーガーを育て、飾らない人柄は多くの野球ファンに愛された。

 ▼中西太氏の話 10日ほど前に電話で話をしたのが最後になった。来年もキャンプへ来て、選手を教えてやってくれといっていた。ずっとチームのことを考えていたんだな。監督としては、選手を売り出すのが上手だったし、よく頑張った。大阪ドームにお客さんを集めたいと言い続けていたよ。寂しいかぎりだ。

(スポーツニッポン)

続きを読む

甲子園、全席指定化

噂には聞いていたので、特別驚きはありませんでしたが、とうとう正式発表された、という感じです。

甲子園、全席指定化

今のままでも、甲子園では

「暗黙の了解」

という形で、ファン同士の棲み分けができていたので、問題は無かったのですけどね。阪神主催の大阪ドームに至っては、ドーム側が誘導していたくらいきっちりとしていたので、ファンも安全に見る事ができました。

これで、全席指定に伴うビジター席設定は、東京ドーム、ナゴヤドームに続いて3球場目となりますが、共通しているのは、リーグ優勝した翌年から行っていることですね。

続きを読む

オープン戦日程発表

本日、正式に発表されました。11月下旬ごろから何故かスワの携帯サイトには日程が掲載されており、日程についてはすでに把握していたのですけどね。発表もその通りのものでした。

2月25日(土) 対中日(浦添)
2月26日(日) 対北海道日本ハム(名護)

3月*7日(火) 対福岡ソフトバンク(ヤフードーム)
3月*8日(水) 対福岡ソフトバンク(ヤフードーム)

3月10日(金) 対オリックス(スカイマーク)
3月11日(土) 対阪神(甲子園)
3月12日(日) 対千葉ロッテ(千葉マリン)

3月14日(火) 対オリックス(神宮)
3月15日(水) 対中日(神宮)
3月16日(木) 対広島(神宮)

3月18日(土) 対オリックス(神宮)
3月19日(日) 対東北楽天(神宮)
3月20日(月) 対福岡ソフトバンク(神宮)
3月21日(祝) 対福岡ソフトバンク(神宮)

3月22日(水) 対読売(神宮)
3月23日(木) 対阪神(神宮)

3月25日(土) 対中日(ナゴヤドーム)
3月26日(日) 対中日(ナゴヤドーム)

続きを読む
Recent Comments
Profile
tsubamejan
横浜在住のスワファンです。
自宅から神宮、東京ドームまで1時間
自宅からハマスタまで30分
訪問者数

  • ライブドアブログ