高坂駅前つばめ整体軒

高坂つばめ整体院のブログ

高坂つばめ整体院ホームページ
http://www.tsubame-seitai.com/

ここのところ個人セミナーが続いてますが、続けて学びに来てる方は、かなりの成果を上げています。

案の定、自分の腕を上げると、患者さんのレベルも引き上がるので、常に新しい課題を突き付けられているようで嬉しく思います。

治療以外で気功を学ぶ人たちには、気の運用に使える「立禅」をベースに練習出来るようにしました。


気の運用をマスターするのに、武術のやり方はなかなか使えるのですが、暗中模索でやるしかない伝統的なやり方は、そのままだと今の時代には合わないので、先に気功技術を基本から伝授してからやらせると、スタートから楽に練習出来るようになりました。

八極拳の「馬歩」という練巧は、非常に下半身がキツイので、運用に関しては形意拳の「三体式」だとクンダリーニを理解するのに適してますし、小周天に関しては「馬歩」が良いと思います。

「動禅」として八卦掌の走圏を練ることで同時に「トランス」をマスター出来ますし、その先に「大周天」があります。

最近は、武術に応用出来るアイディアが尽きないので、来年あたりから道場のほうでも徐々に伝えて、核心に至る技術に関してはマンツーマンの指導もやって行こうと思います。

ウチの道場も、若者が増えて平均年齢も下がって来ましたが、オッサンズパワーは衰えを知りません。

ただ、いつまでも修行してるオジサンも悲しいですし、志し半ばで息絶えるよりは、ガンガン近道して達人の景色を見るべきでしょう。

一つの門派に拘らず、他の発想や理念なども学ぶことで、世の中に絶対に正しいモノはないことが理解出来ます。

その場面で必要な選択が出来れば良いのですから、多くの知識をベースにして、身体と精神のコントロールに長けて行きましょう。



燕嶽流式「聴気法」講座


内容
・はじめての気功「気の玉」
・燕嶽流式合掌錬気(開発法)
・「聴気法」とは

*理論と実践を交えて伝授します。

◎費用 
¥15000 → ¥12000 (年内価格)

◎時間
スケジュールを合わせ約60分~

◎場所
東松山市元宿1-9-1「高坂つばめ整体院」
*東武東上線「高坂駅」徒歩2分

◎連絡

tsubameseitai001@gmail.com

*気軽にお問い合わせ下さい。



<おわり>

今年も残り少なくなって来ましたね。

前に書いた記事ですが、桑田欣児の「霊法秘伝書」に書いてあった一文を引用しようと思ったのですが、見当たらないので、たぶん売っちゃったんでしょうね。


まだ手元にある「寂玄術」と「霊能開顕法 一名寂玄術」には載っていなかったので、書けなくなってしまいました。

確か「鷹が空から鼠を捕らえる能力も、蜘蛛が芸術的な罠をしかける能力も、人間には備わっていないが、我々には他の生き物にはない霊能力が備わっている。それは向上することで高まるモノで、この世は全てが創造と破壊の繰り返しであり、それらは偏に向上するためにある。もし弛まぬ努力をして向上せんとするならば、それは必ず幸せをもたらすのが道理であり、もしそれで幸せになれないようなら、我々は神にだって怒って良いのだ。」

といった内容だったと思います。


もしかしたら、かなり創作が入ってるかもしれませんが、ニュアンスは割と近いと思われます。

なので、このハナシはこの辺で止めときましょう(笑)


さて、そろそろ店の中を模様替えしようと、チョットずつ準備を始めています。

手始めに患者さんから本棚を貰ったので、先日暇な時間を作って、弟子と一緒に受け取りに行って来ました。

弟子のクルマはワゴンタイプなので、余裕かと思っていたら、途中でつかえてしまったので、ロープをぐるぐるに巻いて、赤い布を付けて走ることになりました。

患者さんのお宅はワリと近いので、ドキドキしながら走って来ましたが、弟子が気の利く男だったので、なんとか時間内に作業が終われました。

こういう共同作業をすると、タイプによっては支障をきたす場面があったりするモンですが、彼は阿吽で作業出来たので非常に助かりました。


私の所蔵コレクションは、大部分は実家に残してありますが、稀本や数万もするマニア本とか、表に出ない類いの資料(スケベじゃないヤツ)などがいつの間にか山積みだったので、キレイに並べてしっかり南京錠で封印することにしました。


興味ない人には全く価値がありませんが、それがマニア道であり、変態道でもあるのです。


燕嶽流式「聴気法」講座


内容
・はじめての気功「気の玉」
・燕嶽流式合掌錬気(開発法)
・「聴気法」とは

*理論と実践を交えて伝授します。

◎費用 
¥15000 → ¥12000 (年内価格)

◎時間
スケジュールを合わせ約60分~

◎場所
東松山市元宿1-9-1「高坂つばめ整体院」
*東武東上線「高坂駅」徒歩2分

◎連絡

tsubameseitai001@gmail.com

*気軽にお問い合わせ下さい。


<おわり>

そういえば昔、とある人が「宮沢賢治は人殺しですよね」と言っていて大変驚いたことがある。

私が「え、そうなんですか?」と問うと「昔、ハマコーが(浜田幸一)国会でバラした」と自信満々に言っていたので、個人的に彼の作品が好きだった私は軽いショックを受けたのだが、実際は国会答弁で興奮したハマコーが、共産党の宮本顕治を宮“沢(ざわ)”顕治と言い間違えただけってオチでしたね。

インターネットのおかげで、正しい情報を見つけられる良い時代になりましたが、自分本意で立場のある人間が誤った情報を流布すると、学んでいる人間が道を誤ったり、悪い影響を受けて人生の時間を浪費したりするので、今でもしっかり記憶しています。


人間というのは、自分一人の感性だけで何かを得るには限界があり、社会という場が人間を育てるとも言えるので、誰と付き合うかという問題はとても重要です。

だからこそ、その縁起を掴むためにもゴール設定というのが命題となります。


ただし、同じようにやれば同じ結果になるというほど、人間は画一的ではないし、感性の違いは如何ともし難いモノです。


確かに現状を打破して行かないと未来は変えられないかもしれませんが、個人的には未来は自分で選択するモノなので(そうでないと後悔する)無理やり絞り出すようなやり方を、私は好みません。

時期やタイミングがありますから、だからダメなんだと言われても、腹一杯で食えない時は喉を通りませんし、毎日クライアント相手に挑戦していれば、否が応でも自分の実力は白日の下に晒されますから、常に真剣勝負の世界に身を置けば、嫌でも腕は上がります。


この仕事をやっていて分かるのは「自分の実力はクライアントが決める」ということで、困難な症状の方ばかり続けば、それは進化する前触れですし、暇になればテンションが低いか、他にやらなきゃ行けないことがあるのでしょう。


人生の時間(寿命)は自分で決められませんが、使い方の選択は出来るので、腹が減れば食うだけで、時が来たから食うワケではないし、場合によっては飯よりも他を優先するし、それら全て自分で決めるモノでありたいです。

学びも同じで、先ずは自分のクライアント優先だったり、家族優先だったり、自分が大事に思うことさえも、場面で目まぐるしく変わるので、そのチョイスはその時の気分で決まったりします。


私は治療においては相手をコントロールしたりしますが、学びにおいてはその人間のタイミングを尊重して、必要なタイミングを見計らった上で適切に厳しくしたり、放置してみたり、伸ばしたりします。

一つだけ決めているのは「相手が望む以上のモノは与えないこと」。

古い中国には、保守的な思想があり、特に伝統的な技術は他人に教えるどころか見せることさえしない。

そして、それでも体裁を整えなければならない時は、その対処法さえも存在するから恐ろしい。


それは「一気に大量の情報を与えて消化不良を起こさせる」というやり方。


そうすると何も学んでいない(教えていない)のと同じことになるのだ。



巷に拡がる中国武術の道場は、大半が親切な中国人に短期間で全部伝えられた人だったりする。

本人は気付かないから、誰も傷付かず恨まれないという、彼らの経験から紡ぎ出された知恵なので、単純な日本人ほどあしらわれたことに気付けていなかったりする。


そうやって守られている技術もあるのだ。


人というのは、どんなに好物でも同じモノをずっと食べたら嫌いになるし、どれだけ寝ていたいと思っても必ず目は覚めるし、過剰摂取は水でさえ死を招くのだ。


若い時分なら強要も強制もアリだと思うが、歳を取って来たら自分の時間と体力との兼ね合いでやらなきゃならないことばかりで、常に自分に負荷をかけることさえ出来なくなる。


大きな変革を求めない人生を歩むことが、決して悪いとも思わないし、そもそも望むと望まざると、起こるべくして事は起こる。


幸せと高揚感は別物だし、今さら心の平安を感じられない人生を歩もうとも思わない。

危険なことも修羅場も、常人以上に経験して来たつもりだが、失うモノに対する認識が無いから出来ただけのハナシで、実際は単に視野が狭く、自分という存在が自分だけで成り立っているという勘違いの末の出来事に過ぎない。

孤独で孤高な生き方を評価されたとて、何も持ち得てないことに気付いてしまう人生ほど、悲しいことはないだろう。


私が現在他人様を指導していて、過去の学びを感謝することがあるとすれば「良師とは弟子の成長を待てる者」と学んだことだ。


自分のスピードやリズムと相手のペースは違うかもしれないし、自分は待つのが苦痛だからといって、新しいことをやらせても身に付かず、勘違いしてしまった人間を増やすだけで(商売としては良いかもしれんが)本末転倒になりかねない。


大金持ちになるのも、有名人になるのも、全ての人のシャングリ・ラではないし、キリキリ生きることに疲れてしまうウサギにも、ペースを崩さず休まないカメでもなく、自分を取り巻く環境の変化に対応しながら、マイペースに生きて行くのも良いではないか。


今の幸せは今しか感じ得ないのだから、変わらないと思うことがそもそも幻想なワケだし、永遠は無いと知りながら、それでも求めてしまうモノなのさ。


最終的には妖怪にでもなるしかないのだろう。




燕嶽流式「聴気法」講座


内容
・はじめての気功「気の玉」
・燕嶽流式合掌錬気(開発法)
・「聴気法」とは

*理論と実践を交えて伝授します。

◎費用 
¥15000 → ¥12000 (年内価格)

◎時間
スケジュールを合わせ約60分~

◎場所
東松山市元宿1-9-1「高坂つばめ整体院」
*東武東上線「高坂駅」徒歩2分

◎連絡

tsubameseitai001@gmail.com

*気軽にお問い合わせ下さい。


<おわり>

このページのトップヘ