あはは!やはり私の引きはヤバイですな。


難易度五つ星の超レアアイテムを導かれたかの如く、出品後わずか1分でゲット!


たまにこういう神懸かり的なことがあるからコレクター癖はやめられないのです。


探し続けて2年くらいは経つでしょうが、途中紛い物を掴まされたので、紳士的にモメまくって返金まで交渉したりと紆余曲折を経ながらなんとかホンモノを手にすることが出来ました(何を手に入れたかはナイショ♪)


検索を日課にしないとコレクターというのは成り立ちませんから、これを努力とは呼ばずただの習慣にすることが大事です。


5192687_s


気功も武術もそうですが、手の使い方や力の抜き方にも順序があり、それを習慣化して当たり前のように無意識にこなせるようになることが肝要です。


そういう地味な作業を努力してしまうと息が上がってしまうので、無意識についやってしまうところまで行くと、流れに乗れるようになります。


どんなアイテムにも探している者にとっては生き物なので、釣りのようにそろそろ来るとか、ここはダメとか見えるようになります。


治療もそうです。


今日は調子よいから良い仕事が出来るとか、あってはならないのです。


コンディションとか気分に左右されずに常に「無」で入るのが大事なポイントで、そこから夢中になっていつの間にか終わってるくらいが良い仕事です。


アイテムを探す時も患部を探す時も、今度は必死にならなければ見つかりません。


微細な変化や閃きを見過ごさないように、突然引っ張られたように検索をかけると見つかったりするんですね。


3881002_s



逆に情熱が薄いと見逃します。それは冷静になったら必要ないモノだったりもするので、人生で必要ならば人もモノも時期が来れば出会えます(たぶん)


大事なのはその時に「準備が整っていること」ですね。


チャンスには前髪しかない!というのは、そういうつもりで構えていろってことでしょう。


そして物欲は、戒めるべき欲望でもありますが、モチベーションにしたり自分の気運とか流れを知るのに適しています。


そして、失敗しないためのルールが私にはあります。


  • 手放す時に買った値段かそれ以上で回収出来るモノしか手を出さない
  • 偽物は買わない
  • 流行りに乗らず、流行りが来たら手放すこと


出来れば誰も持っていない、唯一無二みたいなアイテムか、公式には販売されていない流通経路が無いようなマニアックな世界を持つと尚面白くなります。


闇ルートの犯罪になるような趣味はダメですけどね。


コアな世界を深堀りして一気に情報が広がる感覚は、まるで包摂半順序そのものですが、知識が増えれば世界も変わり、仲間が出来たら情報も増えます。


まあ、基本的には一人で密かに楽しむのが吉ですけどね。



<おわり>