何やらきな臭い事件が連発しています。


さらにえげつないほどの言論統制、日本の報道に違和感を覚える人は少なくないでしょう。


海外メディアのほうが実情をダイレクトに放送していますが、日本ではドローン撮影禁止だとか…。


PSX_20240107_094607
PSX_20240107_094649
PSX_20240107_094726


コレらはロシアで放送された映像ですが、昨年海外の島で起こった火災の状況とソックリなのは、私の気のせいでしょうか。


自民党が能登半島の被災地に、一切救助隊を入れず、上空からの写真撮影を禁止しているのは、あの地域で知られたくない秘密が露見してしまっているからだと言われていますね。


1.自爆した能登半島地下○○の残骸があり、上空から見ると、または現地に行くと、そこに巨大な地下○○があったことがわかってしまうから?


2.D○Wで焼き払った輪島の町が、完全に消滅していること、○や○の屋根の家だけが残っていることがバレてしまうから?


3.志賀原発が事故を起こしており、施設が大破していて、周辺に○○○漏れが発生していることがばれてしまうから?


コレらの真偽がわかるのは時間の問題ですが、少なくとも自民党がボランティアから支援の要請まで固辞したことで、被災地の避難所で低体温症の死亡が確認されたのは事実です。


岸田は胸に造花をつけて、まるで祝辞でも語るようなキチガイぶりで語ったのは、憲法改正に向けての決意でした。

PSX_20240108_175411

ヤツが見殺しにした能登半島の方々が、どれだけの人数になるかわかりませんが、決して許してはならないでしょう。


逆に、我々が最悪の敵であるかのようにず〜っと洗脳されてきた北朝鮮の将軍•金正恩氏が、異例の見舞い電報を岸田に送りました。


PSX_20240108_180655



米国は、現在「エプスタイン島の誘拐幼児売春事件」の顧客リストが公にされ、誰もが知る大物たちが連日叩かれています。


とんでもなくヤバイ人物(日本人)の名前もリストにありますが、それが事実ならば日本終了はそれほど非現実的では無くなりますね。




以下は、まだ海外ニュース情報なので、事実が明らかになるのはそんな先のことでは無いでしょう。



・クリントン夫妻は2023年12月29日に出発して以来、アメリカに戻っていない。

・オバマ家は12月以降、いかなる公式声明も出していない。

・ジェフリー・エプスタインと関係がある億万長者の投資家、レオン・ブラックは荷物をまとめて妻とともにニューヨークを出た。

・アレクサンダー・ソロスは12月以来何もツイートしていない。

・ロイド・オースティン国防長官が入院した。




さらに自民党安倍派の池田佳隆議員が逮捕という話が出て、さらに数名の逮捕が出る流れのようです。


巷では、電車での通り魔的事件も多発していますが、それが本当にあったのかどうかというレベルで、我々は報道を信じるに値するか精査しながら受け止めなければなりません。

PSX_20240108_173901



さらに、ここまで書いてる間に、中国が米国に制裁したようで、防衛企業5社、の口座凍結をしたようです。


シンガポールのロックダウンが始まったとか、諸々の情報が錯綜していますが、少なくとも帝国の崩壊は始まったと見ていいでしょう。


ついで…といっては失礼ですが、先日、政治家や官僚の裏金問題に久しぶりに出て来て言及した、田中真紀子さんへの報復なのか、田中角栄邸が燃えていますね。

PSX_20240108_173655
PSX_20240108_173725


とにかく気をつけましょう。





一ヶ月分の食料確保、懐中電灯、枕元に靴くらいは準備していても良いかもしれませんよ。


<おわり>