なにやら新規の方が三人ほど同日に来る流れとなって、なかなか珍しい現象ですね。


その誰もに満足頂いたようで、次の予約をして行きましたが、皆さんなかなか難しい身体の壊し方をしています。


cat-3092650_640



最近、後輩と飯を食っていた時に「顔出ししないで人が来るのはスゴイ」と言われて、確かに自己紹介みたいなプロフィールはやってないなーと思ったのでした。


「ネット予約が無いから躊躇しました」と言われたこともありますが、地方で整体院やってる元兄弟子の方が、ネット予約が全く機能していないのを見てると、逆に人気の無さを露呈しているようで、それもどうかと思うのですよ。


何故か、キャンセル料に関する項目が追加されていましたが、整体院でキャンセル料とかだけは、絶対やめたほうがよい悪手ですけどね。


mistake-7633351_640



飲食店と違って用意するのにコストが掛かるワケでも無いし、ただでさえ調子悪い人を相手にしてるのだから、来れなくなる時や連絡出来ない時もありますよ。


ウチなんかは、お婆ちゃんが「すっかり忘れちゃった」とか、違う日に来ちゃうとか、朝イチでドタキャンっぽい流れだと15分くらい待ってから電話入れますが、午後の一コマくらいなら「休めるw」と思って昼寝しちゃいます。



昔の職場でお客さんに聞いた話でも、勘違いしてドタキャンしてしまったので謝りに行ったら、着替えを入れるカゴを投げつけられたとか…。


私が「そいつは頭オカシイね」と話していたら、お客さんが帰ったあとに「いや、わかりますよ」と院長が言っていましたが、実際に独立して10年以上経った今でも、そいつの気持ちはわからんですね。


用事が無くて来ないなら、自分と相性が悪いとか、腕が無かったと思えばよいワケで、稼ぎが減ったら何か売るか、バイトするか、借金でもして凌げば良いのです。


野口晴哉は「三度の飯が二度になってもいいじゃないか」と言っていました。


治療家ってのは「治したい病」を患っているワケで、自分の腕を奮いたくてやってるし、治してやろうという恩着せがましい感覚も無く、あくまで自分の知恵や能力と症状とのバトルに過ぎません。


titanium-2812785_640



治療をビジネスや労働にしてしまえば、脳内ではドーパミンも出ませんし、嫌々やっていればパフォーマンスは1/5まで下がります。


緊張感というのはあって構わないのですが、楽しんでやらなければ閃きも直感も働かないので、名探偵のようなステキな仕事は出来ないのです。


難しい症状…特に物理的な問題に対しては時間も掛かるし、見落としがあるのか、心の問題なのか、焦りつつ試行錯誤しながら多方面からアプローチしますが、会話の中でもなにかを切欠にして問題が一気に解決することも少なくありません。


clouds-1735595_640



先日、気功講座を間もなく卒業という生徒さんに遠隔気功を教えるために体験してもらいました。


元々色んな不思議体験をする御婦人なのですが、彼女は「凄いことですね! 気功の奇跡というと気功のことがわかってないと仰っしゃられるでしょうが、やはり奇跡でした」と言って来ました。


なので「奇跡といえば奇跡ですね。逆にイエスや釈迦が行なった奇跡が気功なんじゃないかって話でもありますがw」と返しておきました。


statue-5135429_640



気功を学ぶ世界線において、遠隔は自分の殻や境界線を突破する通過儀礼のようなところがあります。


ここを理解するのはとても難しいですが「腑に落ちる」という言葉で納得出来れば良いと思います。


この世は、自分の生ですら証明するのが困難ですから、そういう曖昧模糊とした事象の中で、自分の好みで人生をデザイン出来る領域が見つかれば、それが気功を学ぶ醍醐味になると私は思います。



随時、募集中です!




☆気功セミナー(個人レッスン)


気の玉、結界、式神等、全12回構成で、解りやすく理論を交えて伝授します。


第一回 気を感じ操る 「気の玉」

第二回 情報空間の操作「結界」

第三回 身体のリセット「浄化」

第四回 運気を呼び込む「龍脈」

第五回 気を機能させる「式神」

第六回 書き換え技法①「封入」

第七回 書き換え技法②「祓(はらえ)」

第八回 書き換え技法③「自己修復止観法」

第九回 自己開発技法①「クンダリーニと魂の浄化法による小周天」

第十回 自己開発技法②「チャクラと丹田の覚醒による大周天」

第十一回 究極非言語技法①「脱洗脳と縁切り」

第十二回 究極非言語技法②「ハイパー遠隔技法」

★特別伝授 「同一体止観法と絶招魂抜き」


*内容の変更がある場合もあります。

講習時間 希望日 約60〜90分

価格 一回の講座 ¥20.000(税込)




お問い合わせはコチラまで↓

tsubameseitai001@gmail.com


<おわり>