最近、急激に新しいクライアントさんからの依頼が増えていて、私の経歴などを聞かれることが増えているので、軽く書いておきたいと思います。


私が整体師になるキッカケは、丁度3.11が起きた年で、私は40歳でしたが無職になりました。



woman-4335235_640



そこで道場の後輩が鴻巣市で整体院を始めたと聞いて、見習いとして雇ってもらったところからスタートします。


当時は「ほぐし」と呼ばれるマッサージから入って、骨盤矯正などのカイロプラクティックの技で姿勢を整えて、足つぼやって、頸椎アジャストと頭蓋骨調整で終了という感じでした。


今とは違ってメニューをこなすだけの仕事だったので、楽ではありますが、チョイチョイ時間オーバーして怒られてましたね。


その時期に習っていた道場から支部として独立して、現在の「埼玉鴻巣武壇」を立ち上げました。


紆余曲折してイキナリ「気功マスター」になった経緯は長くなるので、また別の機会に書きますが、今回は施術にあたって起こる問題点について語りたいと思います。



landscape-7697855_640



なかなか難しい症状の方は、やはりそれなりに時間が掛かってしまいます。


特に長年月慢性的に悪さをしている場合には、その複雑な謎を解くまでにあらゆる症状をクリアしなければなりません。


さらに、治療している最中に痛みが出る人は、治る過程にあるので我慢してもらいますが、逆に痛みの出ない人は、そちらのほうが問題でそれはある意味「麻痺」しているので危ないのです。


その為、回復する過程で痛みが出たりしますが、中には「もっと悪くなるんじゃないか?」と不安になられる方もいます。



underwater-3183295_640


いやいや、私は触っているだけなので、物理的に変化が起こるなら、それは何か動き始めた兆候ですよね。


身体に触れることで筋肉や筋膜の硬縮を弛めるテクニックが、私の気功技術の基本になります。


身体に変位が見られるくらい筋肉が悪さをしていれば、それは拘縮して寝ている筋肉と起きてる筋肉とが綱引きしている状態なので、そこで作られていたバランスは私が施術することで一気に崩れます。


その過程で今まで痛くなかった場所が痛く感じたり、張りや痺れが強くなったりしますが、その因果関係をクリアするのが目的です。


綱引きが始まった時に立ち会えれば、少なくとも痛いまま帰すことはありませんが、翌日やその後に出ることも稀にあります。


それは、俗に言う「好転反応」に由来するモノですが、巷の整体院がやり過ぎて痛めたり、揉み返しを起こした可能性のための言い訳と、私が語る「好転反応」は全く異なります。


私の気功のやり方は、とにかく触れて痛い場所(悪いポイント)を探るところから始めて、見つけたらその部位に変化を起こす技術を使いますが、物理療法(押したり揉んだり)の類は一切行いません。


触れている状態で、私の頭の中でチャンネルを変えたり、思念術などを使うので、感度の高い人は痛みとして感じますし、そうでない人も流れてる感覚というのは大なり小なりあります。


施術が終わったあとで、急に眠気に襲われたり、倦怠感が生まれたり、腹を下すなどの代謝が始まることがありますが、これが気功による「好転反応」でホメオスタシス(恒常性)が移行する際に起こる自然現象です。


しかし、人によっては潜在的に変化を嫌い、自律神経が悪い方に対してクリエイティブに働いて「現状の最適化」を図ることがままあります。


そうすると「こわい」とか「もっと悪くなりそう」とネガティブに考える人もいて、本人の意思が治療に向けて統合されないと難しいこともあります。


私が神の使いかなんかで、聖なるエネルギーでも発信しているなら、私のさじ加減で悪くなることもあるでしょうが、そういうやり方ではなくあくまで本人の自浄作用を促しているに過ぎません。


そのパワーが強烈なだけであって、それは長年月の内功(武術的成果)に過ぎません。



sunbeams-1799757_640



気功家は出来る出来ないが問われるのではなく(誰でも出来るので)、強烈な書き換えが出来るかどうかが問うべき評価になります。


そして「ホメオスタシス同調」と「共感覚による書き換え」でやる全く新しい手技療法を「気功整体」と称しています。


不定愁訴などの原因不明は、自律神経系のエラーから起こるため、改善する兆しは大きな変化を起こすところから始まります。


自律神経は自分でコントロールは出来ませんから、せいぜい呼吸で心拍を制御することでホルモン分泌を促す程度が関の山でしょう。


そのさらに先のコントロールをするならば、他人の力を借りて誘導してもらう必要があるので、それを薬物でもなく、言語誘導でもなく「非言語コミュニケーション」でやるのが「気功整体」と言えるでしょう。



野口晴哉が手当て療法を「愉気」と称して伝えた技術は「天心」という精神状態を大事にしていますが、その深さが能力差となります。


また、どんな人間であっても「治せない状態」というのが存在します。



『You can take a horse to the water, but you can't make him drink.』というイギリスのことわざで「水辺の馬」というのがあります。


『馬を水辺につれていけても水を飲ませることはできない』という意味ですね。


コレは中国だと確か「牛」になると思いますが、要は本人の覚悟が無いと促すくらいしか他者にやれることは無いんです。


私の仕事も「水先案内人」みたいな、身体の流れを交通誘導する仕事ですが、ある程度は寄り添えても少しの変化も軽んじていたり、一步でも変わろうとしない限り連れて行くことは出来ないのです。


これは逆に自殺しようとする人を止めるのが難しいのと一緒で、プラスでもマイナスでも本人が頑なに決めてしまっている場合は、なかなか難しいのです。


所詮はたかだか整体師ですから、民間療法の限界はあります。


しかし、数々の奇跡と呼ばれるような現象を叶えて来たのは紛れもない事実なので、私のクライアントさんの中でも「クチコミ」を書いてくれるのは稀ですが、その文章から漂うリアリティを感じてもらえたらわかると思います。


私から「クチコミ」をお願いして見返りにサービスをしたり、割引をしたりすることはありませんし、ネカフェに通って自分で書くような恥ずかしい真似も一切していませんし、弟子や家族、友人に書いてもらったことすらありません。


ただ、自分でも会心の出来と思える仕事をした時は「良かったら書いてね」くらいは言いますし、書くのが苦手な人も、また別の誰かに話してくれたりはするので、ウチが広告宣伝費をゼロ円にしてもやれているのは、そういう方たちのおかげです。


以上がウチの特徴なので、これを読んでやってみようと思う方はぜひ連絡頂きたいですし、ココの情報をキャッチ出来てる時点である意味「縁」があると思います。



つばめ整体院メニュー


✡ 気功整体 初回      ¥8,000
 二回目以降     ¥5,000
 回数券5回分    ¥23,500


✡ 遠隔治療  一回   ¥4,500
✡ 一週間連続で遠隔 ¥30,000


※遠隔は基本的に前払い、遠方の場合は銀行振り込みになります。

※遠隔は「縁起構築」のため事前に面談が必要になります(家族の場合は依頼者との面談になります。オンライン可)

 
☆気功技術伝授  (他記事を参照)


お問い合わせ 
tsubameseitai001@gmail.com



気功ランキング

整体ランキング

心理療法ランキング


「#カイロプラクティック」人気ブログランキング

「#気功講座」人気ブログランキング






人気ブログランキングでフォロー


<おわり>