2007年12月

カルパッチョ

とりあえずこれだけは伝えておきたい。
ビランクーロのPescadorというレストランで食べたこのカルパッチョは最高だったということを。

なんと、しょうゆとわさびと紅しょうが(!)で味付けしてある。
ライムを搾っていただきます。
使っている魚はキングフィッシュだとか。
オーナー(?)のおじいちゃんは日本の富山などにいたことがあるらしい。

たまたま道に迷って見つけた新しめのホテル&レストランだったんだけど、LonelyPlanetにも載ってなかった。
こんなところでこんな味付けの料理に出会えるとは。

その他の写真はこちらにアップしたのでよかったら見てみて。


www.flickr.com




26日から29日までビランクーロという海がきれいなところへ、
31日から4日まではザンビアにヴィクトリアフォールを見に行ってきます。
ザンビアは初の任国外旅行でもあります。

戻ったら写真などアップします。
それではまた!

去る2月、長年同居していた祖母の姉が永眠いたしました。
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご遠慮させていただきます。

なお、今年も多くの方々に大変お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げると共に
明年も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。

11月・12月は授業がないはずだったのですが、急遽、全く経験のなかったBlenderというソフトを教えることになりました。

Blenderをひとことで説明すると3次元のCGアニメーションを作るためのソフトです。
難しそう&面倒くさそうということでずっと敬遠していた分野だったのですが、やってみたらこれが意外にも簡単で面白かったんですね。

例えば授業はこのサイトを参考に進めさせてもらったのですが、
http://www.forest.impress.co.jp/article/2001/03/23/dojo1.html

このサイトの説明どおりにやれば、こんな感じのCGアニメがわりと簡単に作れてしまいます。

もっと頑張れば映画で使われているような自然なCGもできるかも!?
こんなソフトがフリー(無料!)というのがまたすごい。

まあ操作系がWindowsとは一味もふた味も違って、とっつきは(ひじょーに)悪いんですが、おもしろいですよ。
Illustratorなどのベクター系のお絵かきソフトを使ったことのある方ならすぐに慣れると思います。
ぜひ一度おためしあれ。


ちなみに、授業の最後の方で生徒たちを2つのグループにわけて、15秒のテレビコマーシャルを作らせてみました。
片方はmcel(エムセル)という携帯電話、もう一方は2M(ドイスエミ)というビールのCMです。
両方ともモザンビークでは超有名企業です。
日本で言えばDocomoとキリンビールに匹敵するくらい(もっとか?)有名。

これをやらせた時、実を言うと自分ですらまだ15秒の動画は作ったことがなかったんですが、まあそんなことはおいといて。。

まずはmcelチームの作品


とてもきれいにまとまってますねー。
ただ、CMとしてはちょっとわかりにくい。
最初コンテを見たときは(一応最初に絵コンテのようなものを書かせてプランを立てさせた)なんで交通事故??? みたいに思ったのですが、どうやら青の丸いやつはライバル会社のVodaCOMを表しているそうな。
で、mcelの企業カラーの黄色い丸いやつがライバルを追い出す、ってなことを表現しているらしい。。
うーむ。。言われてみればわかるような気もするけど。

他にも細かいツッコミどころはありますが、照明の具合や色のバランスもなかなか良いし、うまくまとまってるんじゃないでしょうか。

次の2Mチームの作品は非常な意欲作。


まず「人」をふたりも使おうというのがすごい。
これと比べるとmcelチームがいかに手抜きしているかがわかります。mcelのCMでは球や直方体など、基本的な図形ばっかり使ってる。それを要領がいいというのかもしれないけど。

場面進行も凝ってます。
給仕がビールを運んできて、客がそれをグラスに注いで飲む。
そこまで表現しようとしている。
CGじゃなくてふつうに撮ろうとすればえらく簡単なこれだけの場面も、CGでやろうとするとかなり大変なはずです。

そういう意味でとても意欲作なのですが、いかんせん難しすぎた。(CM作れって言う方がもともと無理な要求だったのかもしれないが・・)

まず、最初に右の方からなにやら2つの物体が飛んできますが、これは歩くアニメーションに失敗した給仕の足だったりします。
かなりスプラッタな出だしです。

そして暗い。
ビールのCMのはずなのに、全然爽快感がありません。
テーブルとか床とか背景の色を明るくするだけでもかなり違うだろうに、もうちょっとなんとかならなかったのか。
本当はもっと全体的に暗かったのですが、あまりに暗かったのでここに載せる際に照明を少し明るくしました。

さらに途中で不自然にゆれるカメラ。
なぜか照明の位置も動き、人物とテーブルの影が伸びる。。
ホラー作品のような演出です。

散々落としたあとで言うのもなんですが、時間がない中で精一杯がんばったあとはものすごく感じられる作品です。
しかしいかんせん目標が高すぎた。

結局mcelチームと2Mチームには同じくらいの点数をあげましたが。

モザンビークで頂いたデザイン関係のお仕事を紹介します。

・所属先の学校で始まる新コースのための新聞用ポスター。
Jornal

こちらの新聞でよく使われているデザインを踏襲しました(パクったとも言う)。左上のロゴマークは既に所属先で使われていたもの。


・某数学隊員が作成した参考書の表紙
Passo

シンプルでクールに、という依頼でした。キャッチコピーは数学隊員からの指示によるもので、Passo a Passo Construindo とは、一歩一歩作り上げる、というような意味。


・隊員で作ったモザンビーク機関紙に載せた交通運賃マップとマプト地図
MozamMap

Maputo

この他にも各地域の地図を10枚くらい書きました。K井隊員が資料用に書いてくれた味のある手書きの地図を参考に作ったのですが、楽しい作業でした。


まだまだ素人ではあるものの、これからもこういった仕事について少しづつ精進していきたいと思っているので、こんな私でよければ何かお仕事ください。

ちなみに、これまでに作ったモノはこんな感じ。

↑このページのトップヘ