先々週、マダガスカルに行ってきた。
そのあと自分の前の隊次が帰国するので送別会を開いたりしていて、久しぶりの更新になってしまった。

マダガスカルはとてもよかったですよ。
料理も本当においしかったし、風景は綺麗だし。
あんまりアフリカっぽさは感じず、東南アジアとヨーロッパを強く感じた。
首都は特に、石畳の道やオレンジ色の屋根の建物など、ヨーロッパっぽい雰囲気があった。
久しぶりに同期で同じ班だったふたりに会えたのもうれしかった。


首都アンタナナリボの街
首都アンタナナリボの町並み。坂の上に街が広がる。

首都アンタナナリボの市場
切った野菜なども売ってる。ひとつひとつ籠に入ってるのがちゃんとしてる感をかもしだしてる。

タナのタクシー
こんな感じの古くてぼろっちい、かわいいタクシーがわんさか。というか、こういうタクシーしかない。

モザンビークの方角に沈む夕日
西海岸のモルンダバにて、モザンビークの方角に沈む夕日。西の方ではカニが採れる。マングローブガ二はうまかったー。

バオバブの並木道
今回のタイトル画像。モルンダバにあるバオバブの並木道。マダガスカルで一番有名な風景。なにか懐かしいような、それでいて全然見たことのない、不思議なところだった。

マダガスカルの田んぼ風景
こういうのがけっこう典型的な農村の風景らしい。田んぼがアジアっぽさを倍増。

ヨハネスの高級ホテル
帰りの飛行機が送れ、南アでマプト行きの飛行に乗り遅れた。が、おかげで南ア航空の金で高級ホテルに泊まり、食べ放題のビュッフェ&熱いシャワーに大きなベッド。むしろラッキーだったかもしれない。。