カテゴリ: モザンビーク記

自分は帰国時にモザンビークの郵便局から荷物を自宅宛に直接送ったのだけれど、料金は17.95キロの荷物で4754MTでした。

アナカン(航空別送荷物?)とかで送ると到着時に空港で手続きをしなければならず、同期の一人はそれでちょっと手間取ったりしていたので、そういう面倒がないのでおすすめです。

料金的にどちらが安いのかはアナカンの方を使ったことがないので詳しくはわからないけど、話を聞く限り、かなり大量の荷物を送るのでなければこちらの方がお得&便利な気がします。

部屋を整理していたら、モザンビークの郵便局から荷物を送った時のレシートが出てきたので何かの参考になれば。

とうとうモザンビークを、アフリカを出発してしまいました。
今は香港のネットカフェでこれ書いてます。
あと6時間ほどで東京に到着です。

日本で会うことになっている方々、よろしくです。

モザンビークでお世話になった方々、本当に、ほんとうにありがとう。

イベントごとが続いてます。
先々週はビレーネという海岸へ行く送別大旅行をひらいてもらい。
先週はナマアシャでの日本紹介イベントに書道で参加。
その他、送別大宴会、送別大夕食会などなど、何かと大送別なんちゃらというタイトルをつけてもらえるのでうれしいかぎりです。

Tシャツはできました。
1枚500円(115MT)です。

が、まだまだいろいろばたばた。。
活動終盤こそ計画性をもってやらにゃいかんよー。

官民連携プロジェクトでアフリカをまわっている自民党のやまぎわ衆議院議員さんらと一緒に食事をした。
総理が辞任して大変な時にもかかわらず、プロジェクトに残ってアフリカを回り(議員の一人は途中で帰ってしまった)、隊員を激励するために時間をとってくれたということでとてもありがたく、なかなか楽しく話ができた。

のだが、最後に何か言いたいことがあれば言ってくださいと言われたときに、格差社会を解消してくださいとお願いしてみたら、意外な答えが返ってきた。

まず、日本ほど格差の少ない国はないんだと。
そして、がんばったものがむくわれる社会にして、そこからあぶれてしまった人は、上りつめて上に立った人間がノーブレスオブリージュで助ける。そういう社会に日本もなっていかなければいけないんだと。
そう言っていた。

確かに日本ほど格差の少ない社会はないと自分も思う。
でも、日本でノーブレスオブリージュで上に立った人間が困っている人間を助ける、というのは、日本の文化的な背景や、国民性から考えてちょっと難しいのではないかと思うのだ。

そう言ってみたら、「まあそうかもしれないね」と笑顔であっさり返してきたので拍子抜けしたけれど、そこで会が終わってしまったのでそれ以上の話はできなかった。

国際的に見たら日本というのは格差が非常に少ない社会なのは間違いない。
けれど、それと現実に日本で格差が広がっていることとは別問題なんじゃないだろうか。

そしてその「格差」というのは、がんばっていない者とがんばっている者との格差が広がっているわけでは必ずしもない、というのが味噌だ。
今の格差というのは世代間格差なのだ。
若者の中で、がんばっても全く報われない人間が増えていることが格差の主因であって、それは多くの場合、本人が悪いわけではなく、社会の状況が変わってしまったことが原因なのだ。

…といった格差に関する話は、このブログで紹介した「少子化社会日本―もうひとつの格差のゆくえ」や「仕事のなかの曖昧な不安」などの本からの受け売りなのだけれど、社会を変えることができるのは政治だけなので、そのあたり政治家の人にはしっかりと考えてもらって、もうちょっとなんとかしてもらいたいものです。
ダメ出しするだけなら誰にでもできるし建設的な提案をしたいところだけど、それは政治家の仕事なので。

8/3追記
たくさんのご注文ありがとうございました。
これにて受付は終了させて頂きますが、もし注文が間に合わなかった!という方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。若干余分に購入した分がありますのでおゆずりできるかもしれません。


今年はこんなTシャツ作ります。
ほしいデザインがあったら連絡ください。
実費でおゆずりします。

続きを読む

・18−1が帰国した
もう2週間も前のことになるが、自分の前の隊次が帰国していった。一番長いあいだ一緒の時間をすごした隊次なだけあって、色々と感慨深いものがあった。そして、これで自分が一番古株の隊員になってしまった。ついにこの時が来たか、という感じ。
やれることはやり尽くして帰れるように残り3ヶ月頑張っていこうと思う。

・4人目の甥、または姪
実家から連絡があり、妹が4人目の子供を授かったとのこと。こないだ帰ったときに3人目が生まれたばっかりだったと言うのに、少子化社会の問題解決に向けてずいぶんがんばっているようだ。3人目まで男だったので女の子だといいけれど、4人男ってのもあんまり聞いたことがないので面白いかもしれない。どちらにしても帰ったら妹の家は相当にぎやかなことになっていそうだ。

・「あわてない」ということ
先日、ほぼ日の今日のダーリンで、糸井重里氏がこんなことを書いていた。
たとえば、なにか質問されたとしてもね。
あわてて答えるくらいなら、
相手を待たせたほうがましだっていう気がするな。
人は、その人の持ってる「よさ」というものを、
あわてるだけで、発揮できなくしているんじゃないか。

そう言われてみると、なにかつまらないことを言ってしまったなあ、という時は、たいていあわてていた気がする。そういうわけなので、これからはあわてて何かする、ということはなるべくやめようと思います。何かと待たせることもあるかと思いますが、どうかよろしく。

・涼しくなってきた
こちらモザンビークは冬に入ってだいぶ涼しくなってきた。日陰にいれば少し肌寒さを感じるくらい。ここ数日は日中暑かったりするけれど、夜はけっこう冷える。日本は梅雨も終わってだいぶ蒸し暑くなっていたりするんだろうか。お互い体調には気をつけたいものです。
では、また。

↑このページのトップヘ