2006年03月

2006年03月29日

サウンド・オブ・サンダー 65点(100点満点中)

雷伝説
公式サイト

古典SF作家レイ・ブラッドベリの同名小説を元にしたSFアクション映画。原作はタイムトラベルによる歴史改変を描いた短編で、歴史が変わったところで話が終わってしまうのだが、本作はその先の展開を追加しており、過去への干渉により変化してしまった地球の生態系が、「時間の波」と呼ばれる現象とともに段階的に変化していく様子の描写と、進化を正常に戻すために奔走する主人公達のサバイバルアクションがメインとなっており、原作とは全く違った印象の作品となっている。というか凄くヘンな映画である。

ブラッドベリ原作のSF映画と言えば、「原子怪獣あらわる」なども、原作とは全く違った作品になっている事が思い起こされ、つくづく映画化に運の無い作家なのだと痛感させられる。

本作、超大作SFサスペンスアクション映画であるかの様な宣伝が行われているのだが、実際の作品は、種々の製作上の事情により予算規模が大幅に縮小されてしまったため、21世紀の映画とは思えない、70年代テイスト溢れるB級モンスター映画となってしまっているのだ。個人的にはその手の作品は大好物で、本作も非常に楽しんで観る事が出来たのだが、リアルなCGを駆使した超大作を期待していたであろう普通の観客にとっては、大いにガッカリさせられる結果となってしまっている事は間違いなく、なんとも御愁傷様である。

映像的には、上述の通り話のスケールに対して予算が足りなすぎるため、ミニチュアやプロップは作り物丸出しで、CGや合成のクオリティも日本のTV番組レベルと、決して褒められたものではないが、何度も同じ時間を行き来する場面に、何度も同じ映像を繰り返し使うなど、演出手法として工夫されている部分もあり、とりあえず頑張っているのはわかる

生態系の変化によって登場する異形の生物達は、ご丁寧にも陸・海・空の3種類が登場するのだが、何故か3種とも肉食獣で、植物もやたらと攻撃的と、食物連鎖の概念を無視しすぎだろうと突っ込みたくなる程の、地獄の様な世界が描かれており、B級映画的ご都合主義世界設定が全開である。これを楽しめるか楽しめないかで、この映画の評価は天地に別れる。もちろん個人的には大喜びである。こんな70年代デザインのモンスターを、新作映画で見れるなんて、楽しくて仕方がないのだ。

ストーリー的には、タイムマシンものでは定番の「先祖殺しのパラドックス」が根底となっている。「ドラえもん」などの子供作品でもお馴染みで、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などのヒット作もあり、普通の日本人に取っては説明の必要もない題材だろう。が、当初、商売として行っていた「恐竜狩りツアー」は、歴史的事実として死ぬ事が決まっている一体の恐竜を、「本来の死」の直前に狩って殺す、という行為を、客を変えて何度も何度も同じ時間に行く事で、何度も何度も行っている。という、歴史分岐による無数のパラレルワールドを想起させる概念の元に描かれていたのに対し、事件の解決法は、「先祖殺し」が行われた瞬間に戻ってそれを阻止する、というもの。これは冒頭の描写と明らかに矛盾しており、とてもフォローできない問題点である。が、そんな厳密なSF考証を求められている作品でもない(笑)ので、深く考えない方がいいだろう。

本作は他にも、話を進めるためだけに用意されている都合のいいギミックが満載で、突っ込みどころは無限に点在するのだが、そういった部分を大いに突っ込み、ヘンテコなデザインのモンスターの活躍や、登場人物達の理不尽な行動を楽しむ事が出来る人間に取っては、宝箱の様な娯楽映画となっているのだ。テレ東の洋画劇場や深夜枠などで地上波放送されれば、実況板が大賑わいになる事は間違いない。



tsubuanco at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!映画 

2006年03月26日

SPIRIT 85点(100点満点中)

このばんぐみにでてくるドルゲはかくうのもので、じつざいのひととはかんけいありません
公式サイト

清朝末期の実在の武術家、霍元甲の生涯をドラマチックに描いたフィクション映画。あくまでもフィクションなので、鵜呑みにせず映画として楽しむのが正解。日本の作品で言えば、実在の武道家、大山倍達の半生を描いた劇画「空手バカ一代」の様なものと考えればわかりやすいかもしれない。

主演はジェット・リー。だが自分の様なカンフー映画ブーム世代にとっては、リー・リンチェイという呼び名の方がしっくりくる。彼は単なるアクション俳優ではなく、実際に武術の達人であり、その動きや技のキレは、中国武術を使うアクション俳優の中でも群を抜いてトップレベルだ。デビュー作であり日本でも大ヒットした「少林寺」で見せた、リアルな武術アクションの衝撃はいまだに忘れられない。これで顔がナイナイ岡村似でなく美形なら最高なのだが、天は二物を与えずか。

ストーリーは巧妙に伏線を織り交ぜ、最終的に一つのテーマに到達する上手い構成で、なおかつ説教臭くなりすぎず、娯楽作品として楽しめるものとなっている。

本編は、霍元甲の幼少時から始まる。天津有数の武術家を父に持つ元甲少年は、父の教えに背いて学問もせず、強さのみを求め隠れて拳法の修行に明け暮れる。元甲の父は、武台上の決闘において敵の胸部への正拳突きを寸止めし、その結果負けてしまう。これを見た元甲は「父は弱い」と思い込むのだが、この決闘の前、父は素手で石柱を叩き割っており、元甲もこれを目撃しているのだ。この一連の展開は、試合の勝敗という、表面的な結果に捕われた結果、石柱をも破壊する突きで相手を殺さないために寸止めとした父の考えを理解できていない、元甲の未熟さを説明するものとなっており、これが最後までの伏線となってくる。

大人になった元甲は、父亡き後の道場を継ぎ、天津で一二を争う強さを誇る様になり、その名声に群がる取り巻きの媚声甘言や酒に溺れ、母親や幼なじみの親友の諌めも聞かず増長する。この時に元甲が行う決闘の一つに、高く組まれた櫓の上の武台で戦い、元甲は相手が台から地面に墜落する事で勝利する事となる場面があるのだが、落ちた相手を一応気遣うが、落ちる前に助ける事はしなかった。これもまた、後の展開につながる事となる。

元甲はついに天津一を競うライバルとの死闘に及ぶ事となる、この死闘が、本作で最も凄惨で迫力のあるアクションシーンとなっている。夜の酒家で剣と拳の限りを尽くし、二人の武術家が戦う様は圧巻。死闘は、正拳突きを力一杯相手の胸部へ打ち込み、死に至らしめた元甲の勝利となり彼は天津一の武術家となるのだが、その直後に、元甲は家族・親友・財産の全てを同時に失ってしまう。この時、街に住むキチガイ乞食が、彼を「天津一!」と褒め叫ぶ場面はあまりにも虚しくブラックな描写。

自暴自棄になった元甲は、放浪の末にとある辺境の村で行き倒れ、その村に滞在する事となる。行き倒れた元甲の面倒を見たのは盲目の美少女・月慈。彼女は浜崎あゆみを53万倍可愛くした様な超美少女。こんな娘に親切にされて、勘違いしない男はいないだろう。この、目は見えないが心は開いている彼女との出会いや、自然と共存し、互いを尊重する村人の生活に溶け込む事を通じ、元甲はついに、真の強さ・真の武術に開眼する。村人との田植え作業を通じて、競うだけでなく協調する事の大切さを学んだり、風を感じ、心身を休ませる村人の描写など、最低限の事は描かれているが、やはりこの過程は少し急ぎ足の感がある。実際に、隣村のムエチャッカーと戦うシーンなど、丸ごとカットされているシーンもあるらしいのだが。

天津へと帰った元甲が目にした光景は、外国人達が街を大きな顔で闊歩しているというものだった。元甲が辺境で過ごす間に、清国は列強国による侵略を受けていたのだ。列強国は、搾取を容易にする目的で清国人の心をも支配するために、異種格闘技試合を開催。西洋の巨漢レスラーに対抗できる清国の武術家達はおらず、清国人は心を折られていた。その事を知った元甲は、自らこの試合に参加。真の武術家として、巨漢レスラーと戦う。この試合で元甲は、リングから落ちそうな相手を救うのだ。これは先の高武台上の決闘で、落ちる相手を助けなかった元甲が、今度は助ける事で、相手から負けを認め元甲を讃えるという展開を見せ、元甲の成長をハッキリと示す伏線構成となっている。

民族の誇りを蹂躙されていた清国人の心に、光を与える存在となった元甲は、列強各国の最強の戦士・武道家達との連続決闘を行う事となってしまう。欧米各国の戦士達を、相手の得意とする武器を使った勝負で次々に退ける元甲。ここはやはり、剣・槍・棍など、あらゆる武術に秀でているジェット・リーの面目躍如で、その武器捌きのカッコ良さは天下一品だ。

連勝する元甲を最後に迎え撃つ事となったのが、日本の武道家・田中安野(中村獅童)。「中国映画に敵として出てくる日本人なんか、どうせ非道な極悪人にされてるんだろう」と思いきや、なんとこの田中は立派な武道家であり、求道的武術論を唱える元甲に対し、最大の敬意を表し、正々堂々と戦いを挑むのだ。こんな「ラストサムライ」にでも出てそうな、理想の日本人像が中国映画に出てくるとは、これには正直驚いた。

田中の使う武器はもちろん日本刀。それに対する元甲の武器はなんと三節棍! リー・リンチェイ時代の彼の映画を必死で見ていた世代にはタマラない武器の登場だ。クライマックスにこれをチョイスしたセンスにはシビレる他ない。

武器の勝負で決着がつかず、勝負は素手による組打ちへ移行するのだが、本作に一人だけ登場する悪い日本人・三田の陰謀で、元甲は毒を盛られ倒れる。親友や弟子達が病院へ運ぼうとするが、元甲は試合の続行を主張。文字通り命を懸けて挑む元甲に、改めて真の武術家の姿を見た田中もまた、全力で相手をする。中村獅童はあまり好きではないのだが、この田中はカッコ良すぎる。思わずファンになってしまいそうだ。もちろん中村獅童は武道家ではなく単なる役者なので、アクションシーンはほぼ吹替えであるが、そんな事は関係なくカッコいいぞ獅童。

元甲は毒に苦しみながらも戦い、最後の一撃・田中の胸部への正拳突きを寸止めし、倒れる。父が拳を止めた理由、それを理解した元甲もまた、拳を止めた。かつて、拳を止めなかった事で、多くの人間が不幸になってしまった、その過ちを繰り返さないために。真の武術家として、自分自身に打ち克つために。序盤から張られた長い長い伏線が、ここで結実する事となるのだ。これで燃えない奴は男じゃない。

テーマは充分に語られたが、この映画はまだ終わらない。倒れた元甲を見た三田は、審判に田中の勝利を宣言させようとする。だが田中はそれを制止し、元甲を抱き起こし、元甲の腕を手に取り高く上げ、「霍元甲!!」と、元甲の勝利を高らかに叫ぶのだ。そして試合会場を引き上げる途中。田中は「どういうつもりだ」とまくし立てる三田の胸倉を掴み、柱に叩きつけ、「貴様は日本人の恥だ」と言い捨てる。つまり、田中こそが本当の日本人の基準の姿であり、三田はイレギュラーな異端者であると描写しているのだ。ここまで見事な日本人を描いてくれるとは。素直に感動だ。

本作は、一人の武術家の姿を通じ、「真の強さとは何か、真の勝利とは何か」という、男なら誰もが憧れる万国共通のテーマを見事に描ききった、素晴らしいアクション映画となっている。男なら見るべし。

これは余談だが、「真の強者に悪人はいない」「命懸けの戦いを通じて互いを尊敬する」といった要素や、「人を殺す事で、頂点からドン底に突き落とされた主人公が、農村で精神を成長させ、戻ってくる」という展開など、冒頭で例に挙げた「空手バカ一代」との共通項が多く見られるのが興味深い。どの国の人間も考える事は同じ。男の夢に国境は無いのだ。



tsubuanco at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!映画 

2006年03月25日

タイムマシンにお願い

今日の買い物
060325
超合金魂 バトルフィーバーロボ
マスターピース ドラゴンカイザー
聖闘士聖衣神話 キグナス氷河 最終青銅聖衣


これだけ買ったけど開けて遊んでる暇がないのだ。
というか、今月11日に買った「DX超合金 強行型アクエリオン」もまだ開けてないし。

一日が100時間くらいあればいいのに。


tsubuanco at 18:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!自分語り | 玩具

2006年03月24日

荷物運び用荷物

買い忘れたドラえもん のび太の恐竜2006のパンフ、買ってきました。

で、ついでに↓こんなのも購入。
small1
スモールライト風ライト〜! という商品名の劇場グッズ。
いかにも藤子っぽいネーミングがナイス。
どんなギミックがあるかというと…
small2
ボタンを押すとこんな風に、ピー助の画像が壁に投影されます。それだけw

ネーミングのみが勝負の出オチ商品ですね。
来年も同様のグッズが出るとしたら、タイムふろしき柄風呂敷とかかな?
その機能はいろんな物を包める。それだけ。


tsubuanco at 16:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!映画 | 玩具

2006年03月21日

ミラーマンREFLEX 75点(100点満点中)

パンダマンは出ません
公式サイト

1971年に放送された、円谷プロ製作の巨大特撮ヒーロー番組「ミラーマン」のリメイク。本来は各50分全3巻のVシネとして、「銀河ロイド コスモX」の様に、オタク向けとしてひっそり発売されるだけだったはずが、何を思ったか3本を一つの長編にまとめて、劇場映画として公開するという暴挙に。まぁミラーマンは好きだし、監督・脚本が平成ウルトラでおなじみの小中兄弟なので、少なくとも駄作ということはないだろうと観に行く事に。

旧作では、鏡の世界を二次元世界とし、二次元人と三次元人の間に生まれた(どうやって?)ハーフである主人公が、鏡の前でミラーマンに変身し、侵略者インベーダー(そのまんまだな)と戦うという内容だったのだが、本作では、鏡の世界をカクリ世・冥府と設定し、生者と死者の中間の存在である主人公・鑑(唐渡亮)が、巫女であるヒロイン・ももそ(石田未来)と鏡の力で変身し、闇の存在である邪仙と戦うという内容となっている。平成ウルトラではクトゥルフ神話の世界観をベースとし、光と闇の戦いを描いていた小中千昭が、本作では日本古来の神道や陰陽道、密教、呪術、言霊といった要素で構築された世界観において光と闇が戦うという、和風テイストの巨大ヒーローとでもいうべき異色な方向性を打ち出しているのが面白い。

ストーリー構成は、光・ミラーマン側と、闇・邪仙側の戦いを主軸に、古代鏡の研究をしていたもう一人のヒロイン・緋呂亜佐美(伊藤裕子)が、鏡の秘密を発見したために戦いに巻き込まれる事になってしまい、自分を救った謎の超人を探し求める中で、「本当の自分」も同時に探していく。というもの。こういった「心に傷を持つ者の自分探し」はいかにいも小中千昭と言ったところ。「現実」を受け入れられずに生きてきた女が、「鏡の世界」に触れる事で、自分の現実を自分で掴みとろうとするというストーリーは、メインストーリーである光と闇の戦いとリンクし、2重構造のドラマが最後に一つにつながる上手い構成。

この様に、新しい作品として、独自の要素を前面に出しつつも、ミラーマンのデザインが旧作のNGデザインのアレンジであったり、登場する異形の邪仙も、旧作に登場するアイアン、ダークロン、ゴールドサタンを、和の意匠をとりいれてアレンジしたものとなっていたり、旧作で主人公を演じた石田信之が、本作主人公の兄として出演していたり(兄から弟へ剣を投げ渡すシーンなどは、続編企画として立消えた「ミラーマン・兄弟」を連想させ燃える)、もちろん変身ポーズも同じ。ミラーナイフが宙を斬って敵を刺し、ゴールドサタンとは鏡の中の世界でのバトルも用意されている。ラストバトルが終わった後、朝焼けの光の中に立つミラーマンの影のバックに、旧作主題歌「♪あ〜さ焼け〜の〜光の中に、立つ影は、ミラ〜マ〜ン♪」の部分をアレンジしたBGMが流れるシーンもあるなど、旧作ファンがニヤリとするような要素がふんだんに盛り込まれており、旧作初期の陰鬱な独特の暗い空気も感じられるのだ。

本作、もともとVシネだった事もあって、予算的な苦しさが画面に反映されている部分もあるのだが、実力もあり旧作に対する知識も思い入れもある小中兄弟が、思い入れを込めて丁寧に作ったという事が、同じく旧作を愛する者として強く感じられる良作に仕上がっている。ミラーマンが好き、あるいは特撮ヒーローが好きなら、見て損はない。




tsubuanco at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!映画 

2006年03月19日

THE MYTH/神話 70点(100点満点中)

喋る兵馬俑人形
公式サイト

ジャキー・チェンの伝奇アクション映画。宣伝で見た限りでは、古代中国を舞台にした武侠モノという印象だったのだが、実際には基本的に現代がメインの舞台で、ジャッキー演じる主人公は香港在住の考古学者。彼が頻繁に見る夢のビジョンとして、古代中国のドラマへと切り替わる構成となっている。夢の中での彼は、始皇帝に仕える将軍・蒙仁であり、従国からの貢物である姫の警護役として戦っているのだ。この夢の話と、現代で仕事として調査する事になった、飛空石にまつわる冒険ストーリーが、交互に進んでいき、最終的にはその2つの流れが一つにまとまり、一気にカタストロフへとなだれ込むという脚本構成は、いい加減なストーリーがほとんどのジャッキー映画としてはかなり秀逸。

古代編では、歴史の流れに翻弄される男と女の悲恋をシリアスに描いた歴史劇であり、史記の知識がないと展開の意味がわからない部分も多いのだが、その程度は一般常識なので知らない方が負け。ジャッキーとしては珍しい直剣を使った剣劇アクションがメインで、最近のジャッキー映画にしてはこれまた珍しく、血飛沫が飛び乱れる凄惨な戦闘となっている。が、大量にエキストラを使った戦争シーンは、エキストラにやる気がないのか、演出が不徹底なのかは知らないが、背景として戦っている兵士達の動きがいい加減なのがやたらと目につき、ここはマイナス点。それでも、権力闘争に翻弄される将軍や兵士達の、己の存在意義を懸けた戦いぶりと死に様はなかなか感動的に作られている。

現代編は、謎の飛空石を求めてインドへと渡り、そこで遺跡荒らしとされて警備兵や警察官に追い回される様をコミカルに描いた、ジャッキー定番のドタバタアクションを前半とし、後半は中国の山奥に始皇帝の真の陵墓を発見し、秘宝を狙う悪人と対決する無重力アクションが見どころとなっている。前半のインド編に登場する現代編のヒロイン・マリカ・シェラワットは、超をいくつ付けても足りない程の美人でしかもナイスバディのダンサー。そんな彼女が、粘着シート工場でのアクションシーンではほぼ裸になってしまうなど(残念ながら乳首は見えません)、楽しみどころも盛りだくさん。現代でのジャッキーが何故強いのかについては一切説明がないのはお約束です。後半の無重力陵墓でのアクションシーンも含め、全編を通してジャッキーが倒すべき敵をあまり倒せていない事もあって、今ひとつカタルシスに欠ける感はあるが、本作は伝奇ロマンとしての悲劇映画であり、古代編、現代編共に、悲劇的な結末は大いに盛り上がり感動できるものになっているので、これは正解としていいだろう。

ただし、エンディングは例によってNG集なので、せっかくのドラマの余韻も物悲しい主題歌も台無しw 無重力シーンのグリーンバック撮影の様子を見れるのは嬉しいが、もう少し考えてもよかったのでは。まあこの方がジャッキーらしいと思っておこう。



tsubuanco at 17:08|PermalinkComments(2)TrackBack(4)clip!映画 

2006年03月18日

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! 65点(100点満点中)

会社丸焼け記念
公式サイト

NHKでおなじみのクレイアニメーションの、初の長編映画。本来のサブタイトルを直訳すると「ウサギ男の呪い」なわけだが、どう考えてもそっちの方が面白そうだ。日本配給会社の余計なお世話とセンスの悪さはどうにかならないものか。

冒頭のオープニングでは、今まで語られる事のなかったウォレスとグルミットのこれまでの歴史が、壁に飾られた写真という形式で紹介され、本シリーズのファンならいきなりグッと来てしまうこと間違いなし。特にウォレスの家にやって来た赤ん坊のグルミットの写真や、グルミットの大学の卒業式の記念写真などは、笑えつつもいろんな想像を巡らせる事が出来る秀逸な演出。

続いてサンダーバードやタイムボカンシリーズの様な、コミカルかつカッコいい発進シーンですんなりと物語世界に導入され、その後もテンポのよい展開でラストまでダレる事なく魅せられる。全てのシーン、全ての画面に意味があり、序盤から幾つも引かれまくった伏線が巧妙に絡み合い、謎解きや事件の収束に機能していくストーリー構成も良く出来ており、笑いあり感動ありアクションありマニアックなパロディありの盛りだくさんな内容は、老若男女を問わず楽しめる見事な完成度で、娯楽作品のお手本と言って差し支えないだろう。相変わらず飼い主より有能なグルミットの忠犬ぶりも可愛らしく頼もしい。

とはいえ、あまりのまとまりの良さ、逆に少し物足りなさを感じてしまう嫌いもあるのだが、ここまでの作品にそれを言うのは贅沢というものだ。肩の力を抜いて素直に楽しむべし。

余談だが、この作品の人間キャラの、ギョロ目と出歯の顔づくりを見て、前谷惟光のキャラクターを連想してしまうのは自分だけだろうか。




tsubuanco at 17:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!映画 
Comments