2006年02月18日

アサルト13 要塞警察 70点(100点満点中)

V2バスター
公式サイト

ジョン・カーペンターの出世作「要塞警察」のリメイク。

旧作は敵の正体がわからないまま、暗闇と静寂の中一人ずつ殺されていく恐怖感を主軸にしたアクションスリラー映画といった趣きだったが、本作はかなり早い段階で敵の正体が分かるなど、旧作とは全く違った方向性で映画を作ろうとしている。これがいいかどうかは個人の好みなのでどうでもよく、要は面白いかどうかなのだが、本作は文句無しに面白いサスペンスアクション映画となっている。

主人公のトラウマとなる、冒頭の麻薬捜査シーンは、作風の方向性を巧みに見せつつ観客を作品世界にすんなりと引っぱりこむ事に成功している。

多くの登場人物が入り乱れる作品において、誰が誰だかわからなくなるという致命的な失態が出ない様、13分署に立て篭る事になる警察官・事務員・一般人・囚人達のキャラクター配置と、それぞれを別のキャラクターとしてしっかり認識させる描写も秀逸で、命のかかった緊急事態に際して、それぞれのキャラクター達が取る行動を、その状況に応じた自然なものと見せる演出も上手く、また、誰が犠牲になって誰が助かるのか、誰が内通者なのかといった予想を何度も裏切る構成も見事で、最後の最後まで目が離せない緊迫感をずっと維持し続ける上に、ラストにはある種爽やかともいえる「別れ」のシーンを用意し、大量に死者が出ているにも関わらず、後味の悪さは残らないという、なかなかの良作。望月三起也のアクション漫画が好きならハマる事間違いなし。

本作自体も出来は良く、観れて良かったと思うのだが、本作が作られて一番の収穫となるのは、現在入手難な上に画質もあまり良くない旧作「要塞警察」のDVDが、おそらくは本作のDVD発売とほぼ同じ頃にニューマスター発売されると思われる事だ。出たら間違いなく買う。


tsubuanco at 16:41│Comments(0)TrackBack(2)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. アサルト13 要塞警察  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年05月23日 20:11
 コチラの「アサルト13 要塞警察」は、ジョン・カーペンター監督の原題は同じ「要塞警察」をリメイクしたB級アクションです。公開時、B級らしい劇場での小規模公開だったのですが、本当にいかにもB級な作品ですねぇ〜(='m') ウププ  主演は、イーサン・ホーク♪好きな俳...
2. アサルト13 要塞警察  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年06月19日 09:11
TV鑑賞―(かなり前に・汗)【story】大晦日のデトロイト。その日で閉鎖される13分署には、巡査部長のローニック(イーサン・ホーク)を含む数人の警察官がいた。そこへ、吹雪による悪天候のため、凶悪犯ビショップ(ローレンス・フィッシュバーン)たちを乗せた護送車が緊急...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments