2006年06月15日

初恋 40点(100点満点中)

花園実業高校 影の大番長
公式サイト

「私は三億円事件の犯人かもしれない」と称する謎の人物が発表した同名小説の映画化。

タイトルとなっている"初恋"は、メインテーマというよりはむしろ隠し要素として登場し、メインとなるのは当時を生きた若者達の描写と、三億円事件の(作品世界内での)真相である。

本作は、ここ最近、『三丁目の夕日』など、"古き良き昭和"をノスタルジックに描いた作品がいくつか作られているのとは真逆に、大阪万博前夜、安保闘争真っ盛りの"時代"に生きる若者達の、堕落し屈折した生き様が、リアルな空気感でかったるく描写された、時代の闇の側面に視点を絞った作品となっている。

宮崎あおい演じる主人公をはじめとした若者達を、冒頭より"何を考えてるのかわからない存在"として動かし続ける事で、当時の一見堕落した印象を受ける若者像をリアルに表現し、また、薄暗い画面や突き放したかの様な長回しカットを多用する事で、当時の厭世観とも言うべき時代の空気をも醸し出しておる。

それが狙いであるのは充分わかるのだが、そのせいで、「だるい、眠い」と感じ、投げ出してしまう人もいるであろう事も事実。万人向けの娯楽作品ではない事は確かだが、映像・演出的にはしっかり作りこまれているので、ちゃんと見ないと損だ。

上述の演出により、当初は感情移入を拒まれていた登場人物達ではあったのだが、本題である三億円事件にストーリーが展開しだしたあたりから、主人公視点やアップを多用するなど、一転して臨場感溢れる演出へと切り替わり、"犯行"が行われるあたりでは、もうハラハラドキドキとすっかり感情移入してしまっている事に気づかされる。このギャップはかなり上手く、前半の気怠さに耐える事が出来た者だけが、これを楽しめるのだ。

"事件"の後も物語は続き、いくつかの"真相"が明らかになる下りは、ベタではあるのだがそれなりに上手くまとまっている様に思う。なかなかの良作。一見の価値はある。

蛇足:小嶺麗奈がひっそりと脱いでるのだが、これには一見の価値はない(笑



tsubuanco at 17:35│Comments(1)TrackBack(5)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 初恋  [ 映画とDVD ]   2006年06月17日 14:36
三億円事件の犯人が女子高生という犯罪的インパクトの強いストーリーなんですが、それよりも注目したいのが恋に落ちた主人公の、事件の狭間で揺れ動く心の模様。愛する者のためなら犯罪をも恐れない、痛々しいほどにまっすぐな少女の恋の物語です。
2. 映画のご紹介(141) 初恋  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2006年06月17日 19:40
4 ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(141) 初恋-宮崎あおいのアイドル映画ではないけど、 彼女のファンでない人は、 最後まで見通せないだろう。 主演の宮崎あおいは、1985年生まれの21歳。 4歳で子役とし....
3. 3億円強奪を描いた「初恋」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年06月22日 23:18
 実際あった昭和の事件3億円強奪事件。そんなことは僕にとってはどうでもいい。宮崎あおいさんの最新作初恋を見てきました。
4. 初恋  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年07月08日 13:34
    評価:★6点(満点10点)     公式サイトはこちら。 監督:塙幸成 主演:宮崎あおい 小出恵介 宮崎将 2006年 114min    高校生のみすず(宮崎あおい)は、小さい頃から孤独だった。 みすずの母親は....
5. mini review 07209「初恋」★★★★★☆☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2009年02月12日 17:23
高校生のみすずは、小さい頃から孤独だ。みすずの母親は小さい頃、兄を連れていなくなったきりだった。ある放課後、みすずはとある場所に足を運んでいた。目の前にはBというネオン看板。みすずの手に握られたマッチの名と同じだ。数日... 続き ある時代の「共犯幻想」がも...

この記事へのコメント

1. Posted by kimion20002000   2009年02月13日 17:53
昔むかし、あんなジャズバーがありましたね。
セットで飾られてた写真(新宿の風景)のカメラマンは、僕も知っている人です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments