2006年07月13日

ブレイブストーリー 30点(100点満点中)

魔神英雄伝
公式サイト

宮部みゆきの同名小説を、GONZOによってアニメ映画化。ジブリやピクサーという、世界的にブランド力を持つアニメ映画に真っ向から対決する形となった本作だが…、出来は微妙

宮部みゆきの小説(ライトノベルと呼ぶ人もいるが、呼称はどうでもいい)の特徴は、人(特に女子供)の心情・情念の描写にあると思うのだが、この小説もまた、主人公・ワタルと、親友かつライバルとなるミツルの両者が、異世界を冒険する動機として、人間の持つネガティブな心情を執拗なまでに描き、冒険を通じて成長するとともに心情も変化していき、その事によって物語が進行し完結するという、"宮部らしさ"溢れる人間ドラマが盛り込まれてあった。

が、今回の映画化において、配給側は本作の"題材"である「少年の冒険ファンタジー」の部分に作品を特化させ、"ファミリー向け娯楽映画"として興行しようと考えた様で、上述した現実世界における導入部のドラマが大幅にカットされており、同時に"宮部らしさ"も大幅減となってしまっている。

さらに、文庫で全3巻と言う、長い原作を2時間弱の尺で終わらせる暴挙に出てしまったため、冒険のほぼ最初と最後だけしか描写せずに、途中は完全省略されてしまっており、まるで総集編を見ている様な構成

ゲーム脳このため、作者が題材として意図していた"あからさまなRPG風世界に紛れ込んだ少年の冒険と成長"という本作の娯楽的要素が、全体的世界観も冒険も成長も全く描かれていないという構成により、完全にスポイルされてしまっている結果となってしまっている。

当然ながら、過程が飛ばされている事で、ワタルの冒険の仲間となる各キャラクター達の個性も役割も活躍も省略されて、単に一緒にいるだけとなってしまっており、彼らとの交流によって、異世界に対する愛着が生まれる等の、冒険の結末へ向かっての蓄積となる描写も全く無く、ワタルの最後の選択に対する説得力が弱くなってしまっている。

ここまで省略してしまうくらいなら、無理に原作に沿おうとせずに、本作でも少しは伏線として機能していた"ハイランダーとしてのワタル"という要素に方向性を特化させるなどして、オリジナルストーリーに近い形に再構成してしまった方が、映画作品としてのまとまりは良くなったのではないかと思う。

むしろ、映画化するよりも、深夜枠のアニメ番組として2クール(26話)程度のシリーズで製作した方が良かったのでは。と、本作を観たアニメ好きなら誰もが思ってしまうだろう。それならば、クライマックスの対決も、最後の選択も、ラストシーンも、もっともっと感動出来るものとなるであろう事は間違いない。ストーリーの積み重ねによる感情移入なくして、クライマックスの感動は有り得ないのだ。

GONZOによるアニメーション自体は、劇場映画だけあってクオリティの高いものではあるが、脚本があまりに中途半端で、原作の良さは削られ、代わりとなる新しい面白要素もないという、決してダメではないのだが、特に良くもない、人にはお勧めできない作品となってしまった。題材は悪くなかっただけに残念。

追記:もはや定番となってしまったタレント声優だが、主人公のワタルを演じた松たか子はじめ、常盤貴子や大泉洋など、特にひどい違和感はない出来であった。が、それならそれで、わざわざアニメ声を作らせてアニメ演技をさせるくらいなら、別に普通の声優でいいじゃないかという気もする。

ウエンツだけは、もう声優はしない方がいいかと。



tsubuanco at 17:07│Comments(10)TrackBack(0)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by     2006年07月13日 21:22
>ウエンツだけは、もう声優はしない方がいいかと。

そこまで言うほど酷くないと思ったけどな
2. Posted by つぶあんこ   2006年07月13日 21:48
いやいや〜、そこまで言うほど酷かったですよ〜(^∀^)
3. Posted by wwwwwwww   2006年07月14日 08:24
ひどかったな
4. Posted by wっうは   2006年07月14日 12:45
>ウエンツだけは、もう声優はしない方がいいかと。
リアル小学生っぽくてよかったよ。
5. Posted by tomizou   2006年07月16日 16:12
1 見る前に読んで良かった。30点か…。やめとこ。(笑)
6. Posted by つぶあんこ   2006年07月16日 16:21
目当ては大泉かッ!
7. Posted by くろ   2006年08月06日 10:15
松さんはよかったですよ。
キムタクよりはましだったかな。ウェンツ。
画面とかはきれいなんだけど・・・。
原作ものの映画化の中では原作を大事にすごいがんばろうという意気込みはあったように思う。

ほかの改悪作品も教訓に映画化は2時間のオリジナルストーリーにして、「原作」にしないで「原案」と言うくらいの方が原作ファンも裏切らないし、映画を作製する方も気楽かも。
8. Posted by つぶあんこ   2006年08月06日 22:36
う〜ん、オイラはキムタクとウエンツでは
どっちかと言うとウエンツの方が好きなんですが、
声優としての評価は、キムタクの方がマシと見てます。
9. Posted by ☆   2006年12月10日 04:00
2 ウエンツの声よかったと思いますよ それにしても途中のはしょりは本当にひどかったですね(;_;)
10. Posted by つぶあんこ   2006年12月11日 17:33
ウエンツ、次は実写版鬼太郎…
そんな仕事ばっかですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments