2006年10月07日

ザ・センチネル 陰謀の星条旗 30点(100点満点中)

キーファが最後まで帰って来ないとは思わなかった
公式サイト

マイケル・ダグラスとキーファ・サザーランド出演の、米大統領暗殺の陰謀を巡るポリティカル・サスペンス・アクション映画。

大統領夫人の警護を担当するシークレットサービス職員である主人公(マイケル・ダグラス)が、テロリストの陰謀によって"裏切者"として追われる身となってしまう。どうすれば潔白を晴らせるのか? 本当の裏切者は誰か? 大統領暗殺を阻止出来るのか? というストーリー。

だがこの映画、まず最初に、誰が何者でどういう位置づけなのか、という必要最低限の説明が不足している様に感じられ、それを把握するまでに時間がかかってしまったため、結局最後まで登場人物の誰にも感情移入出来ずに終わってしまった。こういう基本的な部分で、すでに観客の興味を引きつける事に失敗している。

セキュリティを知りつくしている主人公が、その知識と経験を最大限に活用して、追われる身でありながら真の裏切者を捜索する、そのアイディアや、場面場面での主人公の行動力の描写などは、それなりに楽しめるものがあるが、全体的な構成としては、伏線も何もなく行き当たりばったりの後出し説明ばかりで、あまり評価出来るものではない。

裏切者が判明しても、先述の通りあらゆるキャラクターの印象が薄いせいで「こいつ誰だっけ?」状態だし、大統領暗殺計画は計画と呼ぶのが恥ずかしくなる程の強引な力押し作戦でしかなく、主人公も含め登場人物の頭が悪すぎる言動には拍子抜けしてしまう。

上映時間の間はそれなりに退屈する事なく観ていられるが、1年後にこの作品について聞かれても、自分がこれを観た事すら忘れているであろう、そんな映画だ。

出演者や内容から、人気TVドラマシリーズ『24』を連想されがちだが、作品の面白さ的には『24』には及ばない凡作となってしまった。


tsubuanco at 09:58│Comments(0)TrackBack(2)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ザ・センチネル 陰謀の星条旗  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年07月30日 02:18
DVDで鑑賞也。 強固な体制でアメリカ大統領護衛をするシークレット・サービス。 かつてレーガン大統領暗殺を防いだ前歴を持ち 最も優秀だと言われるピートだが、 ファーストレディのサラと密かに愛し合う関係にあった。 ある日ピートの同僚が何者かに殺され、 情報屋...
2. ザ・センチネル 陰謀の星条旗  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年03月13日 20:30
 『大統領暗殺…、そのシナリオは巧妙に仕組まれた! 141年間、シークレット・サービスから裏切り者は決して現れなかった…』  コチラの「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」は、10/7公開になった「24-TWENTY FOUR-」を超えるポリティカル・アクション映画との事で、観て来...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments