2006年10月16日

ストロベリーショートケイクス 45点(100点満点中)

火葬場には親族しか行かないよ
公式サイト

人気レディコミ、魚喃キリコの『strawberry shortcakes』を実写映画化。

デリヘルの電話番・里子(池脇千鶴)、その職場仲間のデリヘル嬢・秋代(中村優子)と、20代後半OLちひろ(中越典子)、そのルームメイトでイラストレーターの塔子(岩瀬塔子=魚喃キリコ)の、4人の20代女性が送る日常の、人生・仕事・恋愛などなどの様々な悩みや願いを描いたもの。

基本的な大筋は原作を基盤としているが、キャラやエピソードを演者のイメージに合わせて変更したり、あるいは作品に話題性を持たせるためにエロ描写を多くしたり、あるいは時間の関係もあって細部を省略したりと、適度な改変が加えられたものとなっている。

クレジット上では池脇と中越が大きく取り上げられているが、実際は4人が同格の主人公という扱い。里子と秋代、ちひろと塔子はそれぞれ友人関係だが、生活範囲が近似している事以外、両組の間には基本的に何の関係もなく、各キャラクターの描写が並行して見せられ、ところどころで微妙に関わり合いながら、最終的に一つにまとまる、という構成。

「恋がしたい」という漠然とした願望を漠然と抱きながら自分からは何もせず、ただダラダラとフリーター生活をしている里子、デリヘル嬢をしながら本当に好きな男には告白出来ない秋代、占いや流行ものに何の疑問も持たず追従し、男に依存する事しか頭にないちひろ、自分の仕事への思い入れと社会の対応のギャップに苦しむ塔子、と、自分の事しか考えていない典型的バカ女の見本4種類とも言うべき主人公達が、そのバカっぷりを晒し続ける様を、時にコミカルに、時にシニカルに、丹念に描き続けられる。

ストーリー自体は特に目新しいものはないが、本作の見せ所となるのは、ストーリーではなくキャラクターを描く事であろう。その点に関しては、キャラクターの見せ方、絡め方を、演者の容姿や特性を活かした演技・演出、あるいは映像的な工夫などで、随所に唸らせられる部分を見る事は出来る。

それは、各主人公達の、それぞれの個性を視覚的に象徴する様な居住環境の描写や、それぞれに当てられる照明の差であったりと、特に映像的な観点においては、時にあからさますぎて引いてしまう箇所もありながら、淡々としたドラマが2時間以上も続く長尺に、充分耐えられるものとなっている。

ちひろが自分で飼い始めたはずのハムスターを、飽きてロクに世話もせず死なせてしまい、その後始末すらせず、死んだ時間が書かれた紙を丸めてゴミ箱に投げるが入らない、というシーンと、ちひろが男とセックスした後、男が使用済みコンドームをティッシュにくるんでゴミ箱に投げるが入らない。というシーンを対比して見せる構成の様に、言葉による説明でなく、描写を積み重ねる事で、各主人公の内面、あるいは置かれている立場を見せる、その手法は巧く、"自分の問題すら自覚していないバカ"を、観客に納得できるかたちとしている。話題だけが先行した感がある、"顔射シーン"も同様の狙いだろう。

だからと言って、そんなバカの愚行を延々と見せ続けられて楽しいかと言われると、困ってしまうのが正直なところだ。女性ならともかく、男性から見て共感も容認も出来ないバカっぷりには、実際にその手の女はよくいるとはいえ、呆れる他ないのだから。

本作、主人公に共感したり見下したりして自分を安心させたい若い女性なら、それなりに楽しめるのかもしれないが、それ以外の層にはあまり楽しめるものではないだろう。エロい映像が見たいだけなら、好きなジャンルのAVでも見た方が手っ取り早いというものだ。

注意:
一部週刊誌などで書かれていた"中越典子の乳首"は映りません。明らかに不自然な演出で徹底的に隠されているので、そこを期待して行ってガッカリしない様に。



tsubuanco at 14:11│Comments(0)TrackBack(5)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【劇場鑑賞112】ストロベリーショートケイクス(strawberry shortcakes)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年10月18日 23:11
3 フリーター 里子 デリヘル嬢 秋代 OL ちひろ イラストレーター 塔子 痛々しくて、いとおしい彼女たちの”選択” 最悪な出来事を乗り越えられたあたしには、 なんだってできるような気がしたんだよ
2. ストロベリーショートケイクス  [ Thanksgiving Day ]   2006年11月08日 01:24
映画「ストロベリーショートケイクス」を観てきましたよ! 前から少々気になってたんですけど、ちょっと評価が微妙っぽかったんで、観るかどうか悩んでたんですよ。でも帰る前に時間的にちょうどよかったので、ふらっと観に行ってきたというわけです。 あ、魚喃キリコ原...
3. ストロベリーショートケイクス  [ シネマ de ぽん! ]   2006年11月16日 10:15
ストロベリーショートケイクス公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総
4. 『ストロベリーショートケイクス』'06・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2007年08月14日 22:51
あらすじデリヘル店の電話番として働く里子(池脇千鶴)は恋の訪れを待ちわびる毎日を送っていた。そんな里子が憧れるデリヘル嬢の秋代(中村優子)は同級生の菊地(安藤政信)に思いを寄せながらも恋心を伝えられないでいた。一方、ふたりで同居するOLのちひろ(中越典...
5. 映画『ストロベリーショートケイクス』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年11月14日 01:56
観覧車の見える浜辺で、ストロベリーショートケーキをほおばる、不思議と集まる4人の女性、神様なんかいらないと、"石ころの神様"を海に投げてしまう・・・ フリーターの里子(池脇千鶴)、デリへル嬢の秋代(中村優子)、OLのちひろ(中越典子)、イ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments