2006年10月17日

ブラック・ダリア 90点(100点満点中)

ほんとに切るやつがあるか!
公式サイト

『L.Aコンフィデンシャル』で有名なジェイムズ・エルロイが、実際に起こった事件を元に書いた同名小説の映画化。監督は映像の魔術師ブライアン・デ・パルマ

実際のブラック・ダリア事件に関しては、ここあたりを読んでもらうとして、本作は、その事件の捜査に関わる事で、人生までも大きく動かされる事となった一人の刑事を主人公とし、ハードボイルド・タッチで描かれるフィクションである。

"ブラック・ダリア事件の真相に迫る!"などと宣伝されているせいで、あくまでもその事件が本題でその謎解きで話が進むストーリーだと思って鑑賞に臨むと、主人公と同僚刑事がボクシングをする話が延々と続く序盤の展開に面食らってしまう事だろう。

その後も2人の刑事とヒロインの三角関係の話などがしばらく続き、「あれ? 何の映画だっけ?」と困惑がピークになった頃にやっと死体が登場。まるで最初は柔道ばかりやっていたドカベンの様だ。

だからと言って、前半の展開がつまらないかと言えば全然そんな事はなく(というかドカベンの柔道編だって面白いんだが)、彩度を落とし、40年代の空気を表現した画面の色調や、デ・パルマ得意の計算されつくしたカット割り・カメラワークによる画面作りの迫力や美しさには目を奪われ続け、方向性が見えにくいストーリーや、感情が見えにくいキャラクターも、逆にこの映像美を増幅する要素となり、一時たりとも目が離せないものとなっている。

事件が起こってからも、どんどん歪んでゆく人間関係や、ますます深まって行く謎、徐々に現われ出す狂気などが、映像と相まって独特の雰囲気を醸し出し、ゾクゾクする時間を過ごす事が出来る。

序盤から随所に仕掛けられ散りばめられた様々な伏線が、畳み掛ける様に収束し、あらゆる謎が明らかとなる終盤は、それまでの展開がゆっくりと進められていた事もあって、スピーディーなテンポが小気味良いのだが、そのあまりに狂気に満ちた真相のせいで、後味は決して良くないというのも、陰鬱なカラーに支配されている、作品全体の妙味を象徴しており、満足出来るものだ。

しかも伏線の回収の際には、いちいちフラッシュバックの回想映像を挿入するというわかりやすさで、謎の連続で頭が爆発しそうな一部観客にも配慮した、親切なつくりに優しさを感じる。

2時間の映画にするには長く、様々な登場人物の心情を緻密に描いた原作に比べると、かなりの省略が行われている事は確かで、"原作の映画化"に期待していた人からは不満が出るかもしれないし、決して娯楽作はなく、大衆向けの作品とは言えないが、その映像、空気などは、突出した味わい深さがあり、天才的映像作家であるブライアン・デ・パルマの、後期の最高傑作と評しても過言ではない出来だ。

映画好きなら決して観て損はない。興味のある人はどうぞ。ただし集中力散漫な人は寝ます



tsubuanco at 15:23│Comments(0)TrackBack(5)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『ブラック・ダリア』  [ 唐揚げ大好き! ]   2006年10月18日 02:49
    『ブラック・ダリア』   若き2人の刑事の運命を狂わせ、 関わる者全てを虜にした 「ブラック・ダリア事件」の真相とは―――?   序盤はつまらなかったんですよ。 CMで”世界一有名な死体になった彼女を人はこう呼んだ”みたいな事言ってるじゃないです...
2. 真・映画日記(2)『ブラック・ダリア』  [ CHEAP THRILL ]   2006年11月10日 23:49
(つづき) 午後3時半に家を出る。 5時に渋谷到着。 109の近くに金券ショップで映画の券を何枚か買う。 TSUTAYA渋谷店に行きビデオを3本借りる。 JR山手線に乗り、秋葉原に。 6時半から「ビジュツイッキ塾」に参加。 女性3人を含め17人で 先日見てきた「ダリ回顧...
3. ブラック・ダリア [映画・DVD]  [ mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々 ]   2007年05月26日 19:30
ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 販売元:東宝発売日:20
4. ブラック・ダリア−(映画:2007年79本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2007年07月17日 00:01
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 映画が始まり数十分。 登場人物たちの関係がよくわからず、また、ブラックダリ....
5. ブラック・ダリア  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年03月03日 19:51
 『世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。』  コチラの「ブラック・ダリア」は、ハリウッドの伝説的迷宮入り事件に着想を得て書かれた「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名ベストセラー小説を映画化したR-15指定のクライム・ミステリーです....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments