2006年10月18日

いちばんきれいな水 80点(100点満点中)

加藤茶の娘はどうかと思う
公式サイト

古屋兎丸の短編漫画を原作に、PVを主戦場としていたウスイヒロシが初の劇場映画監督作品として製作した映画。

小学6年生の夏美(菅野莉央)は、夏休みも毎日塾に通う優等生。彼女には、11年前に"むずかしい病気"で昏睡状態となったまま、一度も眼を覚まさない姉・愛(加藤ローサ)がいた。不測の事態により、夏美は数日間、両親のいない家で一人で留守番する事となったのだが、そんな時に愛が突然眼を覚ました…というストーリー。

クレジット的には加藤ローサが主演となっているが、実質的には主人公は菅野莉央の方だ。(大人の事情)

表面的には大人びた言動の優等生である、12歳の夏美と、8歳までの記憶しか持たない19歳の愛という、外見と内面が逆転した奇妙な姉妹関係を、ひとつひとつの事象に対する対応、リアクションの対比などによって丹念に丁寧に描き、観客に感情移入させる、そのストーリーの進め方とキャラクターの見せ方は秀逸。

夏美が通う塾の同級生達が、極めてありがちにリアルに描写されている一連の場面は、本筋の有り得なさを観客に受け入れさせるための導入部として上手く機能している。

最初から最後まで、夏美の視点を通じて見せられる、町の状況、自分自身の立場、姉への意識、といった要素が、姉との関わりによって変化して行き、成長を遂げる、という展開も、普通、"子供の成長"を描いた作品においては、"子供から大人へ"の精神的成長が描かれる場合が多いのだが、本作の場合はそうではなく、元々大人びて冷めていた夏美が、子供のままでありながら、それでも以前とは全く違う意識変化を起こすというもので、独自色を打ち出している。

タイトルにもある"水"が登場する一連のシーンは、水面の上から、あるいは中から、見事な照明効果とカメラワークによって、"水と姉妹"が、あくまでも美しく撮られている、まさに"いちばんきれい"の言葉に偽りのないものだ。

姉妹の配役もまさに適任と言ったところで、子役とは思えない菅野莉央の見事な演技と、加藤ローサの透明感のある容姿にピッタリの天使の様な役柄によって、この姉妹のドラマをいつまでも見続けていたい、そんな気分にさせられてしまい、伏線が収束し、事実が明らかになる終盤は、涙なくしては見れないものに。

ひとりの少女が体験した、ひと夏の不思議な出来事を、ファンタジックに描いた、良質のジュブナイル映画。あくまでもファンタジーでありおとぎ話なのだから、現実的なツッコミは無粋というものだ。機会があれば是非。

蛇足:
本作の菅野莉央も充分可愛いのだが、ピークは『ノロイ』の頃だった様だ。残念。

夏美の同級生役、石山蓮華と、愛の子供時代を演じた馬場有加は今後が楽しみ。特に馬場有加は、加藤ローサの顔の特徴の一つ、ωの形をした口元がそっくりでハマり役。



tsubuanco at 16:54│Comments(7)TrackBack(5)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【劇場鑑賞113】いちばんきれいな水(2回目)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年10月20日 21:50
4 11年前の大切な秘密を伝えるために、 今夜、彼女は目を覚ます。 姉と過ごした奇蹟の3日間。姉妹のかけがえない夏がはじまる。
2. いちばんきれいな水  [ 丼 BLOG ]   2006年11月19日 10:09
(06年11月鑑賞) 「加藤ローサさんがカワイイ!。もうそれだけでいいじゃないか...
3. いちばんきれいな水  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年11月27日 01:20
いちばんきれいなみず [ユナイテッドシネマ豊洲/SC6/メンバー料金] 公式サイト 『11年前の大切な秘密を伝えるために、今夜、彼女は目を覚ます。姉と過ごした奇蹟の3日間。姉妹のかけがえのない夏がはじまる。』 今秋、ローサちゃん第2弾。[夜のピクニック]では、留学...
4. なっちゃんと愛ちゃん  [ 世界の中心で、愛をうたう ]   2007年08月17日 23:24
加藤ローサ主演 パッケージとタイトルに大分前から惹かれていた映画。 DVDにて鑑賞。 それがこの ? グリム童話で御馴染みの「いばら姫(「眠れる森の美女」も同じ系統のお話。様々な諸説あり)」 がモチーフになっているようだ。 ? 8歳の時から11
5. 『いちばんきれいな水』  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年01月25日 21:15
'06・日あらすじ小学6年生の夏美は、11年間眠ったままの姉の愛と父と母の4人で、穏やかに暮らしていた。しかし夏休みのある日、姉妹が生まれてはじめて2人きりになったその夜に、奇蹟は起こる。愛が突然目を覚ましたのだ・・・。感想『レナードの朝』から着想を得...

この記事へのコメント

1. Posted by めそーず   2006年10月18日 02:46
5 つぶあんこさんはこの映画評価高いと思ってました。
個人的には、今年公開の中で時かけの次に良い作品だと思っています。
最近、日本映画はジュブナイルが元気良いですよね。

ところで、この映画の後日談的なショートフィルム「夏美のなつ」はご覧になりましたか?
監督は違うのですが、豊洲の町を舞台に子供たちが子供たちらしく描かれてます。夏美の元気な可愛らしさはこちらの方が存分に見られますのでお勧めです。
2. Posted by さむらい   2006年10月18日 09:03
5 漫画読み直しました。
この作品をどう膨らましてるか、若干興味はあります。
しかし、何故に映画化?。
3. Posted by つぶあんこ   2006年10月18日 18:18
めそーずさま
 劇場でもらったDVDに入ってるみたいなんですけど、
 まだ見てないのです。

おさむらいさま
 大津パルコへゴー
4. Posted by なつやすみ映画   2006年10月19日 23:55
妖怪大戦争・小さき勇者たち・鉄人28号・花田少年…
少年が主人公だと夏休み冒険映画には「年上のおねいさんとの甘いロマンスの思い出」がセットでついてくるんですが、夏美の場合はそれどころじゃなかったようですね。女の子は大変だ。
5. Posted by つぶあんこ   2006年10月20日 15:08
この映画の場合は、観客がお姉さんに恋する仕様なんでしょう。
6. Posted by 咲太郎   2007年08月17日 23:22
いつも思うのですが、美少女子役の掘り下げが素晴らしく、勉強になります。
確かに口元似てますよね。
好きな作品なので、劇場で見られなかったのは残念。
7. Posted by つぶあんこ   2007年08月20日 17:40
公開劇場が少なかったですもんね。自分も隣の県まで行きましたし。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments