2006年10月29日

虹の女神 Rainbow Song 60点(100点満点中)

むしろ相田翔子なら大歓迎です
公式サイト

岩井俊二がプロデュース、脚本は桜井亜美、そして監督が熊澤尚人と、それぞれ独自の情感表現に定評のある3人によって作られた映画。特に熊澤尚人は本作が初の全国ロードショー作品となる。

映像制作の現場で最下級のADとして働く主人公・岸田智也(市原隼人)と、彼が映像方面の仕事に就くきっかけを与えたヒロイン・佐藤あおい(上野樹里)との、出会いとすれ違いの青春が描かれたストーリー。

全体が7部+最終章に分けられており、これはもちろんタイトルにある"虹"の色数に合わせたもの。最初の第一部で先に"結果"を出しておき、続いて第二部から過去のいきさつを時系列順に見せて第一部とつなげ、その先にある"結末"を見せる、という構成は、この手の青春・恋愛ものにおいて、"人の死"をクライマックスに持ってきて泣かせる、定番の流れを外す意図もあったのではないかと推測される。

特定のキャラクターが死んでしまう、と、観客が"予想している"のと"知っている"のは、全く意味合いが異なるものであり、当該のキャラクターに対する、観客の目線感覚や感情移入具合を、製作者の意図通りにコントロールする事に成功していると言えるだろう。

大学の映画研究部における8ミリ映画製作を題材としたストーリーや、劇中で見せられる、その"現場"や"作品"などでは、例えば、撮影現場の空気に始まり、キスシーンが嫌で降板する女優であったり、スタッフの親が役者として出演していたり、同級生が母親役だったり、岩井俊二や熊澤尚人がそうであったごとく、かつて同様の経験をしていた映像好きからすれば、「そうそう、こういうのあったあった〜」と思わず吹き出してしまう、リアルな再現がなされており、スンナリと感情移入できるものとして楽しめる。

また、ヒロインが監督として製作したその作品の内容が、作中ではあえて見せられない"死に様"を代弁する形となっているなど、映研での8ミリ映画製作という要素が、単なる舞台や題材だけに留まらせず、作品自体を構成する極めて重要な存在として活かされている。

そして盲人であるヒロインの妹(蒼井優)が、"目に見える美しいもの"である虹をタイトルとし、劇中でも重要な要素として扱っている本作において、"見えなくても(見えないからこそ)わかる"存在として配置される事で、表面的な事にとらわれがちな主人公との対比として描かれており、これが、蒼井優という映画女優が備えている、独自の存在感によって更に強調される結果となっている。

映像的な観点でも、映画製作を題材とした映画で映像がつまらないといった、本末転倒な状態には全くならず、意図的に水平を取らない画角であったり、何度も見せられる事となる、主人公とヒロインの長回しの掛け合い、あるいは空の虹を見る場面も、直接ではなく間接的な表現をあえて用いるなど、全編通して、様々な工夫が楽しめるものとなっており、飽きる事は無い。

が、その画作りや、また、演出や編集のテンポ、タイミングなどに、熊澤尚人よりもむしろ岩井俊二のセンスと見られる部分が多々あり、これは推測だが、岩井俊二がかなり現場に首を突っ込み口を出していたであろう事が感じられてしまい、監督の複雑な心境が忍ばれる。

本作、映研出身者なら間違いなく楽しめるものだが、そうではない観客にとっても、緻密に作りこまれた映像や、不器用な等身大の青春劇などを楽しんで鑑賞できる作品だ。興味のある人はどうぞ。



tsubuanco at 16:49│Comments(5)TrackBack(19)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【劇場鑑賞118】虹の女神 Rainbow Song  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月01日 00:35
3 『彼女の死は、突然訪れた。』 あんなに近くにいたのに。 君が僕に伝えたかったこと──。
2. 虹の女神 Rainbow Song  [ 欧風 ]   2006年11月01日 07:18
先週も映画ハシゴ観したんですが、28日から公開の映画も結構観たいのが多いんですよね??。そんなに立て続けに公開しなくてもいいじゃんって思う訳ですけれども。私は邦画の方が好きなので、それだけ最近は邦画が多いって事か。今回は一番近いイオン下田TOHOシネタウン1館...
3. 虹の女神 Rainbow Song  [ ★試写会中毒★ ]   2006年11月01日 07:26
満 足 度:★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:熊澤尚人 キャスト:市原隼人       上野樹里       蒼井優       酒井若菜       相田翔子、他 ■ストーリー■  小さな映像製作会社で働く岸田...
4. 「虹の女神」試写会レビュー  やっぱり好きだった。  [ 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]   2006年11月01日 18:41
HP観て、また人死んで悲しくなる映画か、けっ!とか思ってたけど、やっぱり岩井俊二やなぁ〜、ええわ〜、とやっぱり高評してしまう映画だ。
5. Γ虹の女神」どこに女神がいたのだろうか  [ soramove ]   2006年11月01日 19:16
Γ虹の女神」★★★☆劇場にて 市原隼人、上野樹里主演 熊澤尚人 監督、2006年 学生時代の友人が 飛行時事故で死んでしまった。 そこから始まって、出会いから 現在まで主人公と友人の物語。 夢半ばで事故に巻き込まれて 死んでしまうというのは あまりに...
6. 虹の女神/Rainbow Song  [ Akira's VOICE ]   2006年11月02日 13:37
人間は,思い出があるからこそ生きていける。 悔いがあるから前に進める!
7. 青春は、過ぎてから気付く宝物。『虹の女神』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2006年11月03日 09:36
社会に出た一人の青年の目から見た、大学時代の青春を描いた物語です。
8. 『虹の女神 Rainbow song』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2006年11月04日 16:36
今回は『虹の女神 Rainbow song』の舞台挨拶。生・市原隼人は、先週の『天使の卵』(ココ)に続いて、2週連続2度目。生・上野樹里は、去年の『サマータイムマシン・ブルース』(ココ)以来こちらも2度目。それと岩井俊二プロデューサーと熊澤尚人監督に加え、予定されてい...
9. 『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞!  [ ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! ]   2006年11月06日 03:05
『虹の女神 Rainbow Song』鑑賞レビュー! 大切な人の存在を もう一度確かめたくなる 愛の物語 人は大切な誰かを失った時、何を考え 何を思うのだろう…… そして、その後の時間に 何を見出して生きてゆくのだろう…… この作品はいつも側に...
10. 虹の女神  [ 頑張る!独身女!! ]   2006年11月09日 21:24
この映画の感想をどのように表現したらいいのかなぁ。
11. 『虹の女神 Rainbow Song』(熊沢尚人)@TOHOシネマズ錦糸町  [ 香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎 ]   2006年11月10日 18:58
公式サイト→http://rainbowsong.jp/start.html 先週末の日曜日(5日)のレイトにて。高田馬場で頭を悩まし(?)、木場のプールで体力を消耗した後、「頭脳・肉体疲労にはやっぱ、アレしかないでしょ?」と勇んで行くも、呆気なく、麺切れの死刑宣告を受ける。まだ確か、
12. 真・映画日記『虹の女神』  [ CHEAP THRILL ]   2006年11月10日 23:37
11月9日(木) この日も昼間はごく普通。 仕事量、やや少なめ。 終わりなき日常、 というやつにちょっくら頭をかかえる。 脱出したいけど、 現実にいきなりの突風なんていうのもあるわけだから、 変わらない日常を有り難く思う。 さらには毎日映画を見れる環境に...
13. 虹の女神 Rainbow Song  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年11月11日 01:18
この映画は「死」について言っているわけでも「恋愛」について言っているわけでもない。「青春」そのものを言っている映画なのではないだろうか。 「死」を最初に描く事で悲しさや切なさが前面に押し出して来ず、「温かさ」がにじみ出ている、そんな映画だ。
14. 虹の女神(*^_^*)Rainbow Song  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年11月17日 15:52
今週で上映終了となるようなので、観に行ってきました。上野樹里さんは、最近結構ブレイクしている若手の女優さん確かNHKの朝ドラでデビューした人ですよね。特に個性の強い人ではないし、いたって普通ぽい・・・・。 お話映像制作会社に働く智也(市原隼人)はある日、大学...
15. 虹の女神 Rainbow Song  [ シネマ de ぽん! ]   2006年11月23日 11:43
虹の女神 Rainbow Song公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合
16. [ 虹の女神 Rainbow Song ]2人を見守る蒼井優  [ アロハ坊主の日がな一日 ]   2006年12月03日 17:56
[ 虹の女神 Rainbow Song ]@渋谷で鑑賞 監督は[ ニラカナイからの手紙 ]の熊澤尚人で、脚本は 作家の桜井亜美。二人とも本作プロデューサー岩井俊二を 通じて参加することになったようだ。熊澤尚人監督は岩井 俊二監督の[ スワロウテイル ]でプロデューサーとし...
17. 虹の女神  [ シネクリシェ ]   2006年12月05日 03:38
 岩井俊二プロデュース作ということで、見逃してはならぬと公開終了直前にスケジュールを無理して駆け込みました。  まさにぎりぎりセーフという感
18. 虹の女神。  [ この世界の憂鬱と気紛れ ]   2008年04月14日 00:32
 市原隼人、上野樹理主演、熊澤尚人監督、『虹の女神 Rainbow Song』、DVDにて鑑賞。  今脳内で大学の映画研究部を舞台にしたお話を考えていて、ストーリーラインはほぼ決まっているのだけれど、映画研究部に所属したこともなければ、自主制作映画に関しての知識も皆無...
19. 虹の女神 Rainbow Song  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年11月25日 21:38
 『いちばん近くにいた人が いちばん遠くに行ってしまった 失って、はじめて気づいた―大切なひと』  コチラの「虹の女神 Rainbow Song」は、「花とアリス」の岩井俊二監督が、自身の作品以外ではじめてプロデュースした、美しくせつない感動の物語です。監督は、「親...

この記事へのコメント

1. Posted by KICK   2006年11月14日 00:27
上野樹理のナガブチキックが見られたので満足です。(嘘)

2. Posted by つぶあんこ   2006年11月14日 16:44
のだめで殴られまくりなのと対称ですね
3. Posted by あきひろ   2008年04月11日 22:32
上野樹里は「のだめ」でも「虹の女神」でも「これが地なのかな」と思わせる位演技が上手いですね。蒼井優が独特な存在感を出しているのは確かに凄いですが、この、「普通を演じる」ことが実はとても難しいのではないでしょうか。智也を想いつつ、自分を出せず、自主映画で死の前の自分の感情を代弁させるところは胸が締め付けられるし、「日本なんだ、傍じゃないんだ」とようやく自分の本音を言ったときの寂しい表情が切ない。相田翔子のシーンはファンの間でも意見が分かれるみたいですが、熊澤尚人の静謐な世界にしては「生々しい」感じがあまりに強かったからでしょうね。それだけ相田翔子の演技が強烈だったということもあるのでしょうが。
4. Posted by せぷ   2008年04月14日 00:32
>むしろ相田翔子なら大歓迎です
自分もまったく同じことを考えました。
少しぐらい年上だった(事実が判明した)からって同棲していた女性を追い出す奴は男の風上にも置けないですよね。
5. Posted by つぶあんこ   2008年04月15日 17:53
上野樹里は顔が普通なところがポイントかと。

まあ、10代の頃って30代なんて老人扱いでしたからね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Comments